シルエットフォーミュラプロジェクト シルエットガンダム

シルエットフォーミュラプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 23:22 UTC 版)

シルエットガンダム

シルエットガンダムは、漫画『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場するMS。

諸元
シルエットガンダム
SILHOUETTE GUNDAM
型式番号 RXF-91
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 15.4m
本体重量 8.5t
全備重量 21.7t
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
出力 4,570kW
推力 31,460kg×2
19,920kg×1
4,620kg×2
武装 バルカン砲×2
メガマシンキャノン×2
ビームスプレーガン
ビームサーベル×2
ヴェスバー×2
ビームキャノン×2(ヴェスバーに搭載)
ビームライフル
ビームシールド
搭乗者 トキオ・ランドール
レイラ・ラギオール
その他 アポジモーター×50(ヴェスバー装着時は+6)[15]

SFPにおいて非合法に入手したサナリィのデータによって開発された機体[16]。宇宙世紀0122年8月に完成した[17]

開発の際に参照されたのはF90およびF91のデータであり[16]、設計の基本データを盗用しているため、機体バランスはF91にかなり近い[18]。AEの開発陣はサナリィの最新鋭機のクローンを制作することを目的[19]としつつ、後に開発され得るAFX-9000、エフェックスガンダムのたたき台として本機を制作した[16]

AEではF91の特徴でもあるバイオコンピュータの技術が未完成だったため、本機は代替装備としてパイロットの技術や癖を見込んで機体バランスを変更・調整するタイプの高性能教育型コンピュータを搭載している[18]。素材の流用が多かったことから軽量化はさほど達成化されていないものの、ジェネレーター出力で凌駕することから同等の性能を誇る[18]。また、通常はコンピュータが行う機体バランスのバイアスやベクトル調整を、コクピットのサイドコンソールパネル上にあるMACSS(マニューバ・コントロール・サンプリング〈サポート〉・システム)の各トリムタブにおいてマニュアルで変更できるという大きな特徴を持っており、能力を単一方向に偏らせた状態での瞬発的な機動性能は過去の歴代ガンダムを含む既存のあらゆるMSを上回るとされているが、その場合は機体およびパイロットに大きな負担がかかる。この状態について、サポートエンジニアのアイリス・オーランドは「機動性能が不安定なほど機敏になる」と述べている。

内部フレームには、RGM-109 ヘビーガンと同等のものが使用されている[注 1]

武装
ビーム・ライフル
ビーム・スプレーガン
ビーム・シールド
ビームシールド発振機の形状はノウハウ不足からビームシールド発生器部が大型になってしまっている[20]。しかし、後に利点が発見されている[18]
ヴェスバー
ヴェスバーは新たにサナリィから入手した技術により完成したが、内蔵されていた大規模コンデンサーの十分な解析ができなかったため、本体から分離しての使用は不可能である。また、盗用技術で技術の安定性に不安を持った開発エンジニアがフェイルセイフ用の武装として、本来ならば大容量コンデンサ部にあたるユニットスペースに通常のビームキャノンを併用搭載させている[21]。ただし、ヴェスバーの威力は独自の改造によってF91搭載の物より増大しており、Iフィールドを貫通可能とされている[16]

劇中での活躍

漫画『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』劇中に登場。主人公トキオ・ランドールの最初の搭乗機として活躍する。機体は右腕のビームスプレーガンが装備されておらず、ゼブラ・ゾーンにおけるテスト中のクロスボーン・バンガードとの遭遇戦では、当初は試験データで機体の制約があって圧倒されたものの、機体のMACSSをカットして本来の性能を取り戻し、ダークタイガー隊のデナン・ゾンを撃墜している。その後、エイジャックスに出頭した際には同機を使用し、トキオがガレムソンに造反してネオガンダム2号機を奪った際にレイラ・ラギオールがエイジャックスから持ち出し、自身の乗機とした。エイジャックスからの脱出の際にはガレムソンのいた作業ブリッジを破壊しており、彼の駆るネオガンダム1号機の追撃を受けた際にレイラは家族の敵を討とうとトキオの2号機と共闘し、1号機に致命傷を与えて無事に帰還している。

シルエットガンダム改

諸元
シルエットガンダム改
SILHOUETTE GUNDAM ADVANCED
型式番号 RXF-91A
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 15.4m
本体重量 9.2t
全備重量 21.4t
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
出力 4,890kW
推力 31,460kg×2
19,320kg×1
4,620kg×2
武装 バルカン砲×2
メガマシンキャノン×2
ヘビーマシンガン×2
ビームサーベル×2
ヴェスバー×2
ビームライフル×2(ヴェスバーに搭載)
改良型ビームスプレーガン
連装式ビームライフル
ビームシールド
グレネードランチャー
搭乗者 トキオ・ランドール

シルエットガンダムをクロスボーン・バンガードのブラックタイガー隊との交戦後、破損箇所の修復を兼ねて改装した機体[21]

本機は戦闘によって大破したシルエットガンダムに徹底的な改修を施した仕様である。胸部インテーク周りからコクピットハッチに至る箇所の装甲強化、メインジェネレーター出力向上、新型ヴェスバーへの換装による火力の向上[21]。本機は試験用のテストベッドとして建造されたことからメンテナンス体制が確立されており、同時に機体に対応したオプションユニットも開発が進んでいた。その仕様を見越して各種アライメントはマニュアル操作を前提に設計されていたため、本機の機体そのものは以後のMS開発研究のためにさまざまな機能を導入し、AE内部における小型高性能MSのスタンダードとして活用されたとされている。

型式番号に使われている「A」は、「ADVANCED(アドヴァンスド)=次の、新しい」という意味を持っている。総合性能ではネオガンダムにおよばないものの、瞬発的な機動力や運動性能では上回る側面を有する[21]

武装
新型ヴェスバーには、カウンタースラスターやサブノズル、ランダムスラスターユニットとしての機能が追加された。この機能は可変スラスターとしても優れており、本機の機動性能・運動性能を引き上げる結果を生み出した[21]。なお、この新型ヴェスバーにはネオガンダムの技術がフィードバックされていると解説されており[21][22]、設定画でもヴェスバー側面に「GBRD(G-B.R.D=G-バード)」というマーキングが確認できる[23]が、詳細な関連は不明。

目次へ移動する




注釈

  1. ^ バンダイメディア事業部出版課『MJ 模型情報 1992年7月号 Vol.156』シルエットフォーミュラジオラマストーリー より[要ページ番号]。なお、強度も不足しており、過剰な出力には1分間以上は耐えられないだろうとの記述もある。
  2. ^ F91とRXF-91の系譜であるとした資料も見られる[27]
  3. ^ なお、漫画版では2号機は1号機共々撃墜されたかのような描写となっているが、ゲーム『SDガンダム GGENERATION-F』のムービーではシルエットガンダムが攻撃した際に2号機は1号機から外れている。

出典







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シルエットフォーミュラプロジェクト」の関連用語

シルエットフォーミュラプロジェクトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シルエットフォーミュラプロジェクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシルエットフォーミュラプロジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS