シッティング・ブル その死

シッティング・ブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 08:42 UTC 版)

その死

タタンカ・イヨタケの墓とされる場所に立つ記念碑

ワシチュー達は、シッティング・ブルことタタンカ・イヨタケを「扇動者」として逮捕したがり、軍・民が逮捕権を巡って争った。まず筆頭はマクローリン保留地監督官だった。ネルソン・マイルズ将軍は民間人である保留地監督官を軽蔑しており、マクローリンを出し抜こうと、シッティング・ブルの旧友であるバッファロー・ビル・コディを利用して砦におびき出そうと企んだ。対するマクローリンは、自分がないがしろにされたことに腹を立て、連邦政府に掛け合ってマイルズのこの計画を阻止した。

1890年12月14日、シッティング・ブルがスタンディングロック保留地の南にあるパインリッジ保留地管理事務所を訪ねるらしいと聞いたマクローリンは、これを彼の逮捕の絶好の機会だと考え、「ゴースト・ダンスの首謀者」との虚偽の報告によって逮捕状を取った。周りのインディアンたちを警戒して、マクローリンは彼の逮捕をインディアン警官に任せることとした。「インディアン警官英語版」というのは、保留地管理官が保留地で従順な部族民から選んだインディアンの警察官である。もともと「権力者の下で部族民を取り締まる」というような立場や役職はインディアンの社会にはなく、白人の言いなりになる姿から、部族民から忌み嫌われた存在だった。マクローリンはこの任務をスー族警官のヘンリー・ブル・ヘッド警部補に命じた。

12月15日の早朝、43人のインディアン警官がグランド川そばのタタンカ・イヨタケの小屋を取り囲んだ。ブルヘッドは小屋に押し入って、タタンカ・イヨタケを寝床から引きずり出した。シェイプヘッド巡査部長が「抵抗すれば、この場で射殺する」と警告した。タタンカ・イヨタケは「いいだろう、服を着るから待ってくれ」と言ったが、押さえつけられたまま服を着るよう強要されたので、揉み合いとなった。この事態に、小屋の周辺にはスー族が集まりだしていた。タタンカ・イヨタケは戸外に引きずり出されたときに覚悟を決めた。彼はこう言った。

「私は行かない!」
イェール砦にあったタタンカ・イヨタケの墓(1906年)

この大戦士の叫びを聞いて、感銘を受けたインディアンがブルヘッド警部補に向けてライフルを発射した。ブルヘッドは重傷を負って倒れながらもタタンカ・イヨタケに銃弾を撃ち込んだ。彼を抑えつけていたレッド・トマホーク巡査長は、この大戦士の頭に一発撃ち込んだ。たちまちインディアンとインディアン警官との間で激しい撃ち合いとなり、インディアン警官6人、インディアンの村人が8人が死んだが、この中にはタタンカ・イヨタケの17歳になる息子クロウフットと義弟のジャンピング・ブルもいた[19]

この偉大な大戦士の死体は軍の馬車に乗せられ、石灰石をつめた棺に入れられてイェーツ砦のアメリカ軍墓地の片隅に葬られた。59歳だった。




  1. ^ 現在、ここはスー族のスタンディングロック・インディアン保留地となっている
  2. ^ フランス語で「叩く」という意味
  3. ^ スー族とは宿敵である
  4. ^ 大いなる神秘ワカンタンカ)」の使いである
  5. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』195~196頁
  6. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』196頁
  7. ^ Mcmurtry,Larry著『Crazy Horse』第3章
  8. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』197頁
  9. ^ Mcmurtry,Larry著『Crazy Horse』第3章
  10. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』199頁
  11. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』203頁
  12. ^ Capps,benjamin著『The Indians』213頁
  13. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』206~211頁
  14. ^ 白人たちはインディアンに、アメリカ大統領を「大いなる父」、イギリス女王を「大いなる母」と呼ばせていた
  15. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』211~212頁
  16. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』211~215頁
  17. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』210頁
  18. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』216~220頁
  19. ^ Capps,benjamin著『The Great Chiefs』220~222頁





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シッティング・ブル」の関連用語

シッティング・ブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シッティング・ブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシッティング・ブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS