サトウサンペイ 作品

サトウサンペイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 14:31 UTC 版)

作品

作風

  • 人物・背景問わずシンプルな描画をおこなう。もとは横山泰三に影響を受け[6]、細い硬質な線で等身の高い人物を描いていたが、次第に細くやわらかい質感の均質な線で、頭部の大きい人物を描く画風に変化した。スクリーントーンは使用しない。ふきだし内の文字は版下処理をせず、ペンによる手書きである。
  • 複数ページの作品におけるコマ割りは、枠線をハシゴ状に描いてコマを繋げ、1ページあたり5コマを縦に2列[18]や、横1列2コマを4段に分ける[19]など、均一に配置している特徴がある。4コマ作品においては、題材によっては通常4コマの枠線を書き換え、3コマ[20]や長大な1コマとしてしまう。このことについてサトウは「僕があつかましいせいもあるが、やはり育ちが映画世代だったからだ」「ワンシーンの動きを表現する手段」と述べている[6]

連載

[7][11][21]

著書

[21]

漫画
  • アサカゼ君
    • サラリーマンアサカゼ君(1965年 実業之日本社ホリデー新書)
    • 知ってます? サトウサンペイのアサカゼ君(1984年 有楽出版社)
  • フジ三太郎
  • スカタンCO.
    • スカタンCO.(1977年 奇想天外文庫)
    • 英訳 スカタンCO. 1巻 - 3巻(トミー植松訳 1982年、評論社文庫
  • 夕日くん
    • 夕日くん 1巻 - 15巻(1982年 - 1985年 新潮社
    • 夕日くん オトコのホンネ 1巻 - 6巻(1995年 朝日文庫)
  • 作品集
    • スカタンCO.とランチ君(1966年 コダマプレス)
    • 現代漫画 第1期8巻 サトウサンペイ集(1969年 筑摩書房
    • ランチ君・スカタンCO.(1976年 奇想天外文庫)
    • 現代まんが全集 17 サトウサンペイ集(1978年 筑摩書房)
エッセイ

共著の場合は括弧内に共著者

ドタンバのマナー海外編 スマートな日本人(改題再刊 1986年 新潮文庫
  • ドタンバのマナー(1982年 新潮文庫)
  • けっこうエーこといってるんですが(1977年 文藝春秋社、1983年 新潮文庫)
  • 食べ物さん、ありがとう(川島四郎 1985年 保健同人社、1986年 朝日文庫)
    • 続 食べ物さん、ありがとう(川島四郎 1986年 保健同人社、1986年 朝日文庫)
    • 続々 食べ物さん、ありがとう(川島四郎 1987年 朝日文庫)
  • ドタンバの神頼み(1989年 光文社カッパ・ホームス、1999年 朝日文庫)
  • 見たり、描いたり。(1995年 朝日新聞社
  • フジ三太郎旅日記(1994年 朝日新聞社、1997年 朝日文庫)
  • パソコンの「パ」の字から(1998年 朝日新聞社・Paso増刊号)
    • パソコンの「パ」の字から ウィンドウズ98対応版(2000年 朝日新聞社)
    • 新・パソコンの「パ」の字から ウィンドウズXP対応版(池辺史生 2002年 朝日新聞社)
    • パソコンの「パ」の字から ネット遊び(Paso編集部 2009年 朝日新聞社)
  • 人生いつも初体験(2002年 文藝春秋社)
  • サトウサンペイの「操体法」入門(佐藤武 2004年 中央公論新社
イラスト提供
  • 国弘正雄・サトウサンペイの英語はコワーイ!?(国弘正雄 1984年 パナ教育システム) - 連載広告を単行本化したもの。
  • ゆきあいの空 アルツハイマー・パーキンソン老人看病記(池辺史生 1992年 朝日新聞社)
  • 嘘ばっかりの「経済常識」(岩田規久男 1996年 講談社プラスアルファ文庫
  • みんなの健康(三省堂
    • リウマチとプール療法(橋本明、福原寿万子 1999年)
    • 笑いの健康学(伊丹仁朗 1999年)
  • 老楽笑歌 1集 - 3集(林あや子 2003年 - 2005年 保健同人社) - このうち2集は東海林さだお砂川しげひさとともに公募作品の選者として参加。
  • 遺伝子が喜ぶ長生きごはん(家森幸男 2010年 朝日文庫)

映像化作品


  1. ^ a b c d e f g サトウ サンペイ』 - コトバンク講談社 デジタル版日本人名大辞典プラス)・サトウサンペイ』 - コトバンク小学館 デジタル大辞泉)
  2. ^ a b c d 漫画家サトウサンペイさん死去、91歳 「フジ三太郎」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  3. ^ a b 漫画家サトウサンペイさんが死去 「フジ三太郎」を新聞に連載” (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 漫画家のサトウサンペイさん死去 「フジ三太郎」で世相描く”. 産経ニュース. 産経デジタル (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  5. ^ 真実一郎『サラリーマン漫画の戦後史』(洋泉社新書y、2010年)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』 毎日新聞社、1990年 pp.142-178「新聞漫画と正統ナンセンス」。同資料では生後1ヶ月で大阪に転居した、としている。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 峯島正行『ナンセンスに賭ける』(青蛙房、1992年)pp.9-31「サトウサンペイ サラリーマン漫画の名手」
  8. ^ 『現代日本人物辞典』(旺文社[要ページ番号]
  9. ^ a b c d 真実一郎『あのサラリーマン漫画をもう一度』第2回「ユーモアとウィットと風刺~『フジ三太郎』と4コマ漫画の時代ハーバービジネスオンライン、2017年4月2日
  10. ^ 斉藤明美『家の履歴書 文化人・芸術家篇』(キネマ旬報社、2011年)p.38
  11. ^ a b c d e f g 『現代漫画』第1期8巻「サトウサンペイ集」筑摩書房、1969年 pp.305-314 佐藤忠男「作家と作品」、巻末奥付「著者略歴」。同資料では生後3ヶ月で大阪に転居した、としている。
  12. ^ 店舗ディスプレイデザインを手掛けた商業デザイナー。共著に『デザイン大系 6 店舗・ディスプレイ』(伊藤憲治橋本徹郎 共編 ダヴィッド社 1955年)。
  13. ^ a b サトウサンペイ『けっこうエーこといってるんですが』(新潮文庫版、1983年)pp.169-173
  14. ^ 漫画家サトウサンペイさん死去「フジ三太郎」26年間、8168回連載”. 日刊スポーツ (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  15. ^ 芦田淳さんら4028人 秋の叙勲”. 共同通信 (2006年11月2日). 2013年2月16日閲覧。
  16. ^ 日本漫画家協会賞 第46回(2017年度) 日本漫画家協会
  17. ^ 月刊基礎知識 from 現代用語の基礎知識”. www.jiyu.co.jp. 自由国民社. 2019年9月29日閲覧。
  18. ^ ポツンポツンでいいから,というコメントにたっぷり甘えて……。 「ジーの思い出し笑い」、2013年8月8日
  19. ^ ロッキード事件 など 「ジーの思い出し笑い」、2013年11月24日
  20. ^ 『フジ三太郎』いろいろ 「ジーの思い出し笑い」、2013年12月12日
  21. ^ a b 「サトウサンペイ」に一致する資料 国立国会図書館サーチ


「サトウサンペイ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サトウサンペイ」の関連用語

サトウサンペイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サトウサンペイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサトウサンペイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS