サクラ 生態

サクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 02:36 UTC 版)

生態

サクラの蕾

日本では、ほぼ全土で何らかの種類が生育可能である。様々な自然環境に合わせて多様な種類が生まれており、日本においてもいくつかの固有種が見られる。たとえばソメイヨシノの片親であるオオシマザクラは伊豆大島など、南部暖帯に自生する固有種とされる。日本では少なくとも数百万年前から自生しているとされ、鮮新世の地層とされる三朝層群からムカシヤマザクラの葉の化石が見つかっている[25]

全てではないが、多くの種に共通して見られる特徴を挙げる。雌雄同株であり、中高木から低木程度の大きさである。若い樹皮は光沢がありカバノキにも似た水平方向の皮目が出来、この部分は細胞に隙間が生じて呼吸孔になっている。古くなると皮目が消えて表面から徐々に細かく風化していく。葉の形は楕円形であり、枝に互生し、葉の縁はギザギザ(鋸歯)になっている。葉に薄い細毛が生えるものも少なくない。葉は秋になると紅葉する。根は浅く水平に広がり、ここから新たな茎(ひこばえ)がしばしば生え、不定根も良く発生する。

サクラは木を傷つけるとそこから腐りやすい性質を持つ。昔は剪定した部分の消毒も難しかったため、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という諺もある。このため、花見の宴会でサクラの木を折る観光客の被害によってサクラが弱ってしまうこともある。しかし適切な剪定は可能である。本来、特に自生種は病害にも害虫にもそれほど弱くはないが、人為的に集中して植えられている場合や人工的に作られた品種はこれらに弱くなる場合もある。

長寿な種のエドヒガンヤマザクラと、エドヒガンの遺伝子を受け継いだ広義のシダレザクラに属する栽培品種に古木として知られる名桜が多い。日本三大桜がいずれも樹齢千年を超える老古木となっているほか、五大桜も古木が多く、内神代桜は樹齢が1800年を超えているとされる。それ以外にも有名で長寿の一本桜が多く存在する[26]

花弁の色
ピンク色のケンロクエンクマガイ(チョウシュウヒザクラ)は白色のオオシマザクラに由来する。

サクラの花弁の色は一般的に白色から濃い紅色までのグラデーションの範囲にあり、例外的に黄色のウコンや緑色のギョイコウなどがある。この紅色系の発色はアントシアニンという色素によるものであり、紅葉や若葉の赤系の色もアントシアニンの作用である。アントシアニンの合成には低温と紫外線が必要なため、温暖な地域や年、屋内での育成は白色が強い花弁となりやすい。そのため、クローンであり同じ特質のソメイヨシノでも、温度環境の地域差により西日本より東北の個体の方が紅色が濃いと言われたり、温暖化による年差により昔と比べて白くなっていると言われがちである。また開花から散るまでの色の変化もアントシアニンの密度の変化によるものであり、つぼみの紅色は開化と共にアントシアニンの密度が薄くなって花弁が白くなっていき、散り際には花弁で新たに合成されたアントシアニンが花弁や雄蕊やめしべの基部に集まって赤くなっていく[27]

花弁の数

花を観賞する栽培品種として好まれたため様々な姿の花が見られ、花びらの数は五枚から百数十枚まで幅広い。サクラに限らないが用語を挙げる。花弁が五枚までのものを一重、五枚から十枚のものを半八重、十枚以上の花弁を持つものを八重といいサクラの場合はヤエザクラと称している。また、花弁が非常に多く、一枚一枚が細長い場合、菊咲きと称する。さらに花弁雄蕊の中にさらに萼、花弁、雄蕊のある二重構造のものも見られ、これは段咲きと呼ばれる。花弁の枚数の増え方には雄蕊が花弁に変化するものと、花弁や雄蕊そのものが倍数加する変化が見られる[28]。なお、テレビ番組トリビアの泉(第36回、2004年04月28日放送)では、サクラの木一本(樹齢32年のソメイヨシノ)に付いている花びらの枚数を一枚ずつ集計したところ、およそ59万3345枚であることが判明した。

花の付き方と見分け方

西欧と北米の分類法ではサクラと同じスモモ属となるモモウメ花柄が短く枝から直接生えているかのように咲くが、サクラとスモモはこれらと違って長い花柄を持っており枝から離れて垂れ下がるようにして咲く。さらにスモモの特徴として前年に葉が有った葉痕の基部に2つか3つの冬芽がつくが、サクラは1つの冬芽が付き、これが花の集合体となる花序となり、この点でサクラと近縁の植物の見分けが可能である。さらにサクラの中の種を見分けるには、個体差があって見分けにくい花弁よりも、種ごとの差異が大きく見分けやすい萼や花序の形態に注目する必要がある[29]

開花期

開花期は種や地域によるばらつきが大きい。日本においては1月、沖縄県カンヒザクラを皮切りに咲き始め、東京ではまずカンザクラなどのカンヒザクラを由来とする早咲きの栽培品種が咲き、ソメイヨシノが咲いた後の4月中旬以降にヤエザクラが咲く。北海道のオオヤマザクラは5月に花を咲かせ、標高2000m以上ではタカネザクラが7月に花を咲かす。

クローンのソメイヨシノは同環境下になりやすい同地では個体ごとの開花期の差が少なく、ほぼ一斉に咲き一斉に散る。

日本の代表的な品種のソメイヨシノでは、開花から満開まで1週間で、満開から散るまで1週間、花の見頃は悪天で早まらなければ満開前後の1週間程度である。ソメイヨシノはクローンであるため同じ環境にさらされる同地では個体ごとの差異がほぼなく、ほぼ一斉に咲き一斉に散る。なおソメイヨシノが爆発的に植えられる前の江戸時代までの日本では、遺伝的に個体差のあるヤマザクラや多様な栽培品種が花見の主流であったため、個体ごと、種ごとに少しづつ次々と咲いていくサクラを長い期間をかけて鑑賞していくという花見のスタイルであった[30]

サクラには花と葉が同時に展開する種が多くあるが、日本の野生種の中ではエドヒガンが例外的に葉が展開する前に花が咲く特質を持っており、エドヒガンから誕生した栽培品種のソメイヨシノやシダレザクラもこの特質を受け継いでいる。エドヒガンは他の多くの野生サクラや昆虫の活動期より少し前に花を咲かせるが、他に開花している種が少ないため効率的に虫をおびき寄せることができ、これが生存戦略となっている[31]。なお、花が散る頃に葉が混ざって生えた状態から初夏過ぎまでを葉桜と呼ぶ。

サクラは花芽を作ると葉で休眠ホルモンを作って休眠する。その後に休眠解除(休眠打破)して再び開花するには、一般的に5℃程度の低温刺激が望ましく、低温時間の積算とその後の気温の上昇が必要である。この工程は一般的には冬から春にかけて行われることが多いが、秋に何らかの影響で葉がなくなった場合などに休眠ホルモンが足りず、寒い日を2 - 3日経てその後小春日和になるとこの条件を満たしてしまい狂い咲きが起きる。このように異常な個体の狂い咲きとは別に、毎年春に加えて秋から冬にかけて花を咲かせるジュウガツザクラフユザクラなどの二季咲きの品種もある[32]

サクラが以前に比べ若干早く咲く現象も見られている。これには休眠解除の一要素である気温の上昇が、地球温暖化の影響により春の早いうちに到来していることや、都市部でのヒートアイランド現象も影響している。また、九州では桜前線(ソメイヨシノ基準)が、普通とは逆に南下する例も現れた。これは温暖化によりソメイヨシノにとっては冬が暖かくなりすぎた九州南部では、休眠解除の一要素である低温刺激とその積算時間の条件を満たすまでに日数がかかり開花が遅れているからである[33]。これらは季節学的な自然環境の変化を端的に表す指標にもなっている。

花の蜜

ソメイヨシノの花を食べるオスのニュウナイスズメ

サクラの花からはが出ているため、サクラの花が咲く時期にはスズメメジロヒヨドリなどの鳥類が見られる[34]。メジロはを花に入れて蜜を吸うことが多いが、スズメは嘴が太くて短いため花の横から穴をあけて蜜を吸うことが多い[34]


注釈

  1. ^ ヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラタカネザクラミヤマザクラクマノザクラの10種。疑義のあるカンヒザクラを含めると11種。
  2. ^ 五穀豊穣の神が稲作の始まる春になると田に降りてくる。サケとサクラとサ神様

出典

  1. ^ コトバンク‐桜 小学館の『大辞泉』の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木の総称」と記され、また、三省堂の『大辞林』第三版の解説に「バラ科サクラ属の落葉高木または低木」と記されている。
  2. ^ 赤毛のアン』の冒頭にも桜の大木が出てきて、アンは「雪の女王」と名づける。松本侑子『誰も知らない「赤毛のアン」』(集英社)によれば、これはハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』が源泉であり、花言葉が樹は「良き教育」、花は「精神美」で、女主人マリラそのものとしている。
  3. ^ FAQ”. 財団法人日本花の会. 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ 桜の種類”. 財団法人日本さくらの会. 2011年2月1日閲覧。
  5. ^ 【仰天ゴハン】桜の花漬け(神奈川県秦野市)摘み取った春 食卓に咲く『読売新聞』よみほっと(朝刊別刷り)2019年5月12日、1面。
  6. ^ サクラの花言葉”. 花言葉-由来. イーガオジャパン合同会社. 2019年3月19日閲覧。
  7. ^ 勝木俊雄『桜』p60、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  8. ^ 勝木俊雄『桜』p24 - p32、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  9. ^ 勝木俊雄『桜』p16 - p18、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  10. ^ Wen, J.; et al. (2008). “Phylogenetic inferences in Prunus (Rosaceae) using chloroplast ndhF and nuclear ribosomal ITS sequences” (PDF). Journal of Systematics and Evolution 46 (3): 322-332. doi:10.3724/SP.J.1002.2008.08050. http://users.iab.uaf.edu/~stefanie_bond/Publications_files/Wen_et%20al_JSystEvol2008.pdf. [リンク切れ]
  11. ^ Infrageneric information from NPGS/GRIN: Prunus”. GRIN. アメリカ合衆国農務省. 2011年2月1日閲覧。
  12. ^ a b 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  13. ^ a b 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  14. ^ a b c 紹介 桜の品種 株式会社 日比谷花壇.
  15. ^ a b c 2016年4月 サクラ 一般社団法人 北九州緑化協会
  16. ^ a b c d 日本の桜について”. このはなさくや図鑑. 2010年10月20日閲覧。
  17. ^ a b c d さくらの基礎知識 公益財団法人 日本さくらの会
  18. ^ Origins of Japanese flowering cherry (Prunus subgenus Cerasus) cultivars revealed using nuclear SSR markers”. Shuri Kato, Asako Matsumoto, Kensuke Yoshimura, Toshio Katsuki etc.. 2021年2月27日閲覧。
  19. ^ 空欄に「Prunus ~~」と入力するとシノニムが表示される。 Advanced Query of GRIN-Global Species Data
  20. ^ 勝木 2017, p. 96-97.
  21. ^ a b 勝木俊雄『桜』p86 - p95、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  22. ^ a b 勝木俊雄『桜』p106、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  23. ^ a b 勝木俊雄『桜』p166 - p168、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  24. ^ DNAからわかったサクラ品種の真実 ―そのほとんどは雑種が起源― 森林総合研究所 2014年6月16日
  25. ^ サクラの化石”. 鳥取県教育センター. 2011年2月1日閲覧。
  26. ^ さくら長寿番付”. 桜雑学辞典. 2011年2月1日閲覧。
  27. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p78 - p81、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  28. ^ a b Newton』竹内均、株式会社ニュートンプレス、2004年5月7日、74-83頁。
  29. ^ 勝木俊雄『桜』p18 - p21、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  30. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p74 - p77、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  31. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p82 - p84、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  32. ^ 勝木俊雄『桜』p96 - p98、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  33. ^ 第7回 桜前線に異変あり! P3”. 日経BP (2009年3月12日). 2011年2月1日閲覧。
  34. ^ a b 今泉忠明、岡島秀治『自然観察』学研プラス、2018年、8頁。
  35. ^ 浅利政俊さんが「桜守」に Hakodate.com 2005年4月26日
  36. ^ “日本一のお花見”が楽しめる場所は北海道にある 桜と共に歴史を重ねる、松前町のあゆみ 松前町 2017年5月29日
  37. ^ a b c C・W・ニコル『歴史は眠らない サクラと日本人』日本放送協会出版会、2010年。ISBN 978-4-14-189541-1
  38. ^ a b 勝木俊雄『桜』p115 - p119、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  39. ^ 勝木俊雄『桜』p119 - p123、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  40. ^ 勝木俊雄『桜』p178 - p182、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  41. ^ 重イオンビームで世界初のサクラの新品種の作成に成功 理化学研究所 archeivwdate=2012-3-7 Internet Archive
  42. ^ 斎藤正二『日本的自然観の研究III:変化の過程』 <斎藤正二著作選集>3 八坂書房 2002年 ISBN 4-89694-783-5 pp.219-255.
  43. ^ a b 丸谷馨『日本一の桜』講談社現代新書、2010年。ISBN 978-4-06-288041-1
  44. ^ 「散る桜、残る桜も散る桜」、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」(平家物語)
  45. ^ 日本の国花はサクラということらしいが、正式な指定を受けたのか。また、いつ、何によってか。”. レファレンス協同データベース (2005年2月11日). 2012年4月7日閲覧。
  46. ^ 日タイ修好120周年 ロゴマーク・キャッチフレーズ発表!!”. 外務省. 2010年10月20日閲覧。
  47. ^ ワシントン桜物語 アメリカと日本の友情を深める花”. 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月9日閲覧。
  48. ^ 上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県”. 産経新聞 (2010年2月6日). 2010年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月20日閲覧。
  49. ^ トルコ交友120周年 「桜」から新たに始まるトルコとの友情物語。”. 和歌山県総合情報誌「和」. 和歌山県知事室広報課 (2010年7月23日). 2010年10月20日閲覧。
  50. ^ NHK放送文化研究所 (2007年12月1日). “日本人の好きなもの調査”. http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/071201_01.pdf 2014年8月16日閲覧。 
  51. ^ ウェザーニュース (2013年3月19日). “日本人のお花見意識を一斉調査”. http://weathernews.com/ja/nc/press/2013/130329.html 2014年8月16日閲覧。 
  52. ^ 「日本一の桜好きは宮崎県民」花見調査”. 日経ウーマンオンライン. 日経新聞社 (2010年4月8日). 2010年10月20日閲覧。
  53. ^ a b c d e 橘 1926, pp. 588-589
  54. ^ a b c jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026441
  55. ^ a b jpsearch.go.jp/data/nij04-nijl_nijl_nijl_21daisyuu_0000026442
  56. ^ 沿革」日本気象協会、2015年3月25日閲覧
  57. ^ 気象庁におけるさくらの開花予想の発表終了について」気象庁、2009年12月25日付
  58. ^ 気象等の予報業務許可についてよくある質問と回答」気象庁、2015年3月25日閲覧
  59. ^ a b c d 生物季節観測の情報」気象庁、2015年3月25日閲覧
  60. ^ まちの緑・街路樹の今昔/1 どんな木が多い?”. 毎日.jp. 毎日新聞. 2010年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  61. ^ 久保光 (2005年7月). “街路樹の本数と樹種の推移”. 福井県雪対策・建設技術研究所年報地域技術第18号2005.. 福井県雪対策・建設技術研究所. 2011年2月1日閲覧。
  62. ^ “桜のトンネル、列車迎える…青森・五所川原”. 読売新聞. (2014年5月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140430-OYT1T50167.html 2014年5月2日閲覧。 
  63. ^ 桜トンネル (豊川市)」など
  64. ^ 桜を魅せる基本型 日本花の会
  65. ^ a b 実際に植えてみよう 日本花の会
  66. ^ a b 成育に適した場所 日本花の会
  67. ^ 植える間隔 日本花の会
  68. ^ a b 土づくり 日本花の会
  69. ^ 勝木俊雄『桜』p198 - p202、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  70. ^ 台木にあった植え方 日本花の会
  71. ^ 植え穴のつくり方 日本花の会
  72. ^ 支柱 日本花の会
  73. ^ 整枝・剪定 日本花の会
  74. ^ 勝木俊雄『桜』p74、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  75. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p12 - p15、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  76. ^ 除草 日本花の会
  77. ^ 施肥 日本花の会
  78. ^ 健康診断 日本花の会
  79. ^ シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 環境省
  80. ^ 環境省 特定外来生物等専門家会合(第11回)議事次第 特定外来生物等の選定作業が必要と考えられる外来生物に係る情報及び評価(案)p13 (PDF)
  81. ^ クビアカツヤカミキリ 日本花の会
  82. ^ サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”情報 埼玉県環境科学国際センター
  83. ^ 獣害(ノネズミ、ノウサギ) 日本花の会
  84. ^ 鷽(ウソ)の被害と予防 日本花の会
  85. ^ フォローアップ”. 山梨県・実相寺ホームページ. 山日新聞 (2006年4月26日). 2011年2月1日閲覧。
  86. ^ a b c d e 勝木俊雄『桜』p119-123、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  87. ^ 勝木俊雄『桜の科学』p160 - p161、SBクリエイティブ、2018年、ISBN 978-4797389319
  88. ^ a b c d こころをつなぐ桜の名所 p.19 日本花の会
  89. ^ a b c d e 中国の人たちはなぜ花見をするようになったのか 日本を通じて桜を再発見した中国の人々 NEC 2021年3月24日
  90. ^ 中国で「日本風のお花見」と桜の名所が増えている理由 2/5 ダイヤモンドオンライン 2021年3月24日
  91. ^ 今天中国~中国のいま(24)大陸でも「桜花入魂」 西日本新聞 2017年4月17日
  92. ^ China’s East Lake Cherry Blossom Gaeden sweat and tears of the unsung hero from Aomori. From Aomori in Japan-Local News & Article Site. 2019年5月1日
  93. ^ 中国・武漢市訪問団が弘前公園の桜管理学ぶ 陸奥新報 2018年4月27日
  94. ^ 無錫国際花見ウィーク、桜が取り持つ中日友好 AFP 2019年3月27日
  95. ^ 中国専門家:桜の起源は中国 宋代に日本に伝わる 中国網 2013年3月27日
  96. ^ 桜の起源、中国にあり 日本へは唐代に伝来 中国網 2015年3月31日
  97. ^ 世界が「桜は中国の花」と思う日は来るか 日本と中国の「量か質か」問題(後編)2/3 日経ビジネス 2019年9月20日
  98. ^ サクラの故郷は日本か中国か、企業の広告が物議 ウォールストリートジャーナル 2016年4月1日
  99. ^ 日中韓の「桜の起源」論争に終止符?=中国専門家「奪うな、桜は日本のものだ」 2019年3月26日
  100. ^ 竹国友康『ある日韓歴史の旅 鎮海の桜』(朝日新聞社(朝日選書)、1999年) ISBN 4-02-259722-4
  101. ^ 文字さんぽ”. 国立国語研究所 (2007年4月1日). 2016年3月23日閲覧。
  102. ^ 事業活動”. 公益財団法人日本さくらの会. 2020年3月27日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サクラ」の関連用語


2
100% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

サクラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サクラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS