サイモン・ル・ボン サイモン・ル・ボンの概要

サイモン・ル・ボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 01:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Simon Le Bon
Simon Le Bon 2004
基本情報
出生名 Simon John Charles Le Bon
生誕 (1958-10-27) 1958年10月27日(61歳)
ジャンル ニュー・ウェイヴ, ロック, シンセポップ, オルタナティヴ・ロック
担当楽器 ボーカル、ギターハーモニカオカリナ
活動期間 1980–present
共同作業者 デュラン・デュラン, アーケイディア

生い立ち

サイモンは1958年10月27日、イングランドのロンドン郊外で生まれた。小さい頃から地元の教会の合唱団に所属していた。小学校の先輩にエルトン・ジョンがいる。バーミンガム大学に進学し演劇を専攻した。彼はパンクバンドのオーディションを受けたり、劇場の裏方として働いたり、テレビのコマーシャルに数回出演した。またロンドンのウエストエンドでミュージカルに数回出演した経験がある。1978年にはイスラエルの集団農場キブツで働いた。

デュラン・デュラン

1980年、彼のガールフレンドのフィオナが働いていたバーミンガムのナイトクラブで結成して間もないバンド、デュラン・デュランが定期的に演奏していた。フィオナはバンドがボーカルを探していることを知っていたため、サイモンにオーディションを受けてみることを勧めた。オーディション当日、彼はのプリントの付いたピンクのズボンを履いて、詩の沢山書かれたノートを持って現れたという。彼らはとりあえず夏の間だけ一緒に活動しようということになった。その後6週間、バーミンガムやロンドンで演奏を続けた後、その年の12月にはEMIレコードと契約することになった。

私生活

1985年 ファッションモデルのヤスミン・パヴァーネと結婚した。3人の娘がいる。2018年、2番目の娘が初孫を出産した。

脚注

外部リンク






「サイモン・ル・ボン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サイモン・ル・ボンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイモン・ル・ボンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイモン・ル・ボン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS