サイコミュ サイコミュ兵器

サイコミュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 01:15 UTC 版)

サイコミュ兵器

遠隔誘導端末

リンク先を参照。

サイコ・ジャマー

機動戦士ガンダムUC』に登場するローゼン・ズールが搭載する対感応波兵器(アンチ・サイコミュ・システム)。敵機のサイコミュを妨害する。

サイコミュ・ジャック

サイコミュ搭載機同士の戦闘において、相手のサイコミュを封じる、あるいは乗っ取って意のままに操る機能および現象。ファンネルなど無線攻撃端末のミノフスキー通信は暗号化されるが、サイコミュの処理能力などによっては突破可能[38]となっている。名称そのものの初出は小説版『機動戦士ガンダムUC』で、宇宙世紀0096年にローゼン・ズールのサイコ・ジャマーによってユニコーンガンダムのデストロイモードが解除され自由を奪われたことを、アーロン・テルジェフが「まるでサイコミュをジャックされてるみたいだ」と表現した際にミネバ・ザビが発した言葉による[53]

OVA『GUNDAM EVOLVE』では、0087-0088年のグリプス戦役においてレッド・ゼータサイコ・ニュートライザー搭載機)に搭乗するユウリ・アジッサが、ゲミヌスの腕(無線攻撃端末)をサイコミュ・ジャック[38][54]した後に、ゲミヌスの頭部を破壊[54]している。

ユニコーンガンダムにも装備されている機能であり、こちらはフル・サイコフレームを援用した高い演算能力により[53]暗号化されたミノフスキー通信を突破し[38]操ることも可能とされる[53]。アニメ版ではアーロンがこのことを説明する描写はないが、小説版・アニメ版ともにこのとき以前のパラオ攻防戦の際に、デストロイモードの同機がクシャトリヤのファンネルを乗っ取って攻撃に転用しており、その様子を見ていたフル・フロンタルは「敵のサイコミュを支配する力」と表現している[55]。小説版『UC』では更に、MAシャンブロが対ビーム防御に用いるリフレクター・ビットをジャックしている。小説版では複座式のシャンブロにおいて、サイコミュ制御を専任していたロニ・ガーベイが内部のいさかいによって死亡すると同時に、シャンブロを守る「堅い圧」が消え失せたために、バナージがビットから制御を失わせることに成功している[56]。なお、アニメ版『UC』はシャンブロのパイロットがロニ一人に変更されており、リフレクター・ビットの制御も最後まで彼女のもとにある。また、ユニコーンガンダム各機はサイコミュ・ジャック機能を効果的におこなうため、デストロイモードでは頭頂部アンテナをV字に展開する[57][58]。ただし、WALL-G特別映像『機動戦士ガンダムUC ペルフェクティビリティ』において、ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティがネオ・ジオングのファンネル・ビットによってアームド・アーマーDEをジャックされ、シールドごと自爆に追い込まれていることから、彼我の能力差によっては、ユニコーンガンダム側がジャックされるという事も描かれている。

劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』では、0097年にナラティブガンダム B装備IIネオ・ジオング(となるハル・ユニット)をサイコミュ・ジャックにより[59]起動させて乗っ取っている。このとき、ナラティブガンダムは特殊管制システムNT-Dをパイロットの意思とは関係なく発動しているのは、パイロットであるヨナ・バシュタがリタ・ベルナルとの接触により、サイコフレームを介してニュータイプの素養が一時的に開花していた可能性[59]がある。

また、Ζガンダムバイオセンサー搭載)がジ・Oの操作を封じたのもサイコミュ・ジャックによるものとする資料もある[38]}。

サイコ・キャプチャー

劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』に登場するナラティブガンダム A装備に搭載される、フェネクス捕獲用の複合特殊兵装。

三叉のクローを備えた2つのアームを向かい合わせ、先端の爪部分が開いて形作られる八面体の「キャプチャー・フィールド」により、サイコミュ兵器を捕らえて起動不可能にする。また、フェネクスの放つサイコ・フィールド相殺する性能を発揮している[60][61]

ナラティブガンダム B装備インコムは、NT-D発動時のオプションとして、自動的に有線設備を外してファンネルとなりサイコ・キャプチャーを形成する。劇中では、二基のインコムがコロニー「メーティス」内でフェネクスを執拗に追撃し、キャプチャー・フィールドで捕らえると完全に機能を停止させた[62]

初期設定ではサイコ・ジャマーと同一視されており、設定画では「サイコ・ジャマー」と書かれている[63]

エンジェル・ハイロゥ

サイコミュを利用した脳波干渉型巨大兵器。


注釈

  1. ^ アルレット・アルマージュのように、ニュータイプだが(強い感応波を発せられるが)サイコミュには対応出来ない者もいる。

出典

  1. ^ a b c F91 オフィシャルエディション, p. 60.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 宇宙世紀ボックス PART.8, p. 38.
  3. ^ ガンダム辞典 Ver,1,5, p. 64.
  4. ^ a b c 小説『Vガンダム(5)』, p. 249.
  5. ^ 小説『逆襲のシャア(中篇)』, p. 83.
  6. ^ 宇宙世紀ボックス PART.13, p. 28.
  7. ^ a b c d e f g 小説『逆襲のシャア(中篇)』, p. 86.
  8. ^ a b c d 宇宙世紀ボックス PART.13, p. 29.
  9. ^ a b 小説『Vガンダム(5)』, p. 69.
  10. ^ 小説『Vガンダム(5)』, p. 351.
  11. ^ 劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT』
  12. ^ 小説『逆襲のシャア(後篇)』, p. 250.
  13. ^ 劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
  14. ^ 小説『Vガンダム(5)』, p. 114.
  15. ^ a b 小説『Vガンダム(5)』, p. 169.
  16. ^ a b 小説『Vガンダム(5)』, p. 284.
  17. ^ a b 小説『Vガンダム(5)』, p. 305.
  18. ^ a b 宇宙世紀ボックス PART.2, p. 40.
  19. ^ 宇宙世紀ボックス PART.3, p. 36.
  20. ^ 宇宙世紀ボックス PART.3, p. 38.
  21. ^ a b c 宇宙世紀ボックス PART.2, p. 46.
  22. ^ 宇宙世紀ボックス PART.2, p. 76.
  23. ^ a b 小説『逆襲のシャア(中篇)』, p. 87.
  24. ^ ニュータイプ100%コレクション23, p. 97.
  25. ^ 宇宙世紀ボックス PART.10, p. 37.
  26. ^ 機動戦士Vガンダム MECHANIC ザンネック
  27. ^ 小説『ガイア・ギア3』, p. 57.
  28. ^ 小説『ガイア・ギア3』, p. 43.
  29. ^ 小説『ガイア・ギア3』, p. 33-34.
  30. ^ a b c d e f g h i 逆襲のシャア シネマブック, p. 58.
  31. ^ ガンダム辞典 Ver,1,5, p. 272.
  32. ^ ガンダム宇宙世紀メモリアル, p. 31.
  33. ^ a b c アニメ『機動戦士Ζガンダム』第49話「生命散って」
  34. ^ a b c d アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』第47話「戦士、再び……」
  35. ^ a b c アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』第36話「重力下のプルツー」
  36. ^ 小説『Ζガンダム 第五部』, p. 301.
  37. ^ アニメ『機動戦士Ζガンダム』第50話「宇宙を駆ける」
  38. ^ a b c d e 週刊MSバイブル17 2019, pp. 22–27.
  39. ^ 『マスターピース ダブルゼータガンダム』ソフトバンク クリエイティブ、2009年3月、59頁。(ISBN 978-4797352856)
  40. ^ 週刊MSバイブル143 2022, p. 5.
  41. ^ a b c 週刊MSバイブル143 2022, p. 7.
  42. ^ モビルスーツアーカイブ MSN-06S シナンジュ, p. 122.
  43. ^ 漫画『アクロス・ザ・スカイ 4』, p. 19.
  44. ^ 漫画『アクロス・ザ・スカイ 4』, p. 146-147 P158-159.
  45. ^ プラモデル「シナンジュ」組立説明書, 1/144スケールモデル RG, バンダイ 
  46. ^ プラモデル「シナンジュ」組立説明書, 1/100スケールモデル MG, バンダイ 
  47. ^ PlayStation 3専用ゲーム『機動戦士ガンダムUC』「エピソード0:戦後の戦争」より。
  48. ^ モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム, p. 42.
  49. ^ a b c モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム, p. 43.
  50. ^ 機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス, p. 149.
  51. ^ MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編, p. 42.
  52. ^ F91フィルムコミック, p. 275.
  53. ^ a b c 小説ガンダムUC9 2009, p. 127-128.
  54. ^ a b ニュータイプ伝説ぴあ 2021, p. 96.
  55. ^ 小説ガンダムUC4 2008, p. 240-244.
  56. ^ 小説ガンダムUC6 2008, p. 300.
  57. ^ MGバンシィ 2012, p. 13.
  58. ^ 週刊MSバイブル93 2021, p. 29.
  59. ^ a b ニュータイプ伝説ぴあ 2021, p. 79.
  60. ^ 小説『機動戦士ガンダムNT』, p. 58-59.
  61. ^ 週刊MSバイブル63 2020, p. 8-9.
  62. ^ 小説『機動戦士ガンダムNT』, p. 171-172,174,216.
  63. ^ カトキハジメ「機動戦士ガンダムNT カトキハジメ メカニカルアーカイブス Vol.2」『ガンダムエース』、KADOKAWA、2019年3月、 20-23頁、 JAN 4910124010396
  64. ^ a b 機動新世紀ガンダムX 公式モビルスーツカタログ, p. 72,77.





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイコミュ」の関連用語

サイコミュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイコミュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイコミュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS