ゴールデンキャンドル ゴールデンキャンドルの概要

ゴールデンキャンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/21 13:51 UTC 版)


食薬区分では「非医薬品」に該当する植物で多くのデトックスティーの主成分として使用されている。 しかしゴールデンキャンドルに含まれる下剤成分センノシドの過剰摂取には注意が必要。 2014年1月23日。国民生活センターは、キャンドルブッシュ配合の市販製品(お茶)15品目を分析し、商品により異なるが、2杯から7杯など過剰に摂取すると、医薬品とほぼ同量のセンノシドを摂取する事になるとして注意を呼びかけた。 ただしこれは過剰摂取が問題であり、注意して1日の推奨摂取量(目安量)を飲むようにという注意喚起であったが、実際に検査した15銘柄中13銘柄には目安量の表記が無かった。 また過剰に摂取すると人によっては下痢や腹痛を起こすという注意表示をしている銘柄は無かった。 対して事業者は、「薬事法を考慮すると安易に表記できない」というジレンマがある。

形態

落葉樹で高さは大きいもので4メートル。緑色の枝で軟毛を持ち、葉は羽状で左右対称の偶数で生える。小葉は8-20対あり、長さ6-18 cmの長楕円形になっており、花は黄色、総状花序で頂生する。その姿かたちから、クリスマスキャンドルとも呼ばれる。

分布

タイインドネシアスマトラスリランカ南アメリカインドなどに広く分布。 とくにインドネシア、スマトラ島の湿地帯に多く自生している。現地では薬用のほか、日光を遮る街路樹として利用されている。

生態

黄色く美しい花を咲かせる落葉低樹。古くは1300年ほど前からインドネシア王室の貴婦人達の間で、美容やダイエット、かゆみや虫さされ等の皮膚疾患等で利用されてきた生薬である。

インドネシア・アーユルベーダが盛んなバリ島などで美と若さと健康のために古代から民間療法として伝承されており、現在でも皮膚炎(急性・慢性)には葉をすりつぶし湿布として用いられている。また、葉を煎じて飲めば抗真菌、便秘改善に効果があるとされており、薬膳として食したりもされている。

漢方医・矢数道明は応召され、ブーゲンビル島南端ブイン地区の兵站病院に勤務していた時、ケ号作戦やセ号作戦により引き揚げてきた患者のほとんどすべて罹っていた頑癬が、「カシアアラタ」の葉を少量の塩とともに揉み、その汁を塗擦することできれいに治ってしまうことを軍医部に報告、全軍各隊がこれを栽培し、やがて頑癬で苦しむものが全くなくなったと記している。(矢数道明『ブーゲンビル島兵站病院の記録』医道の日本社1976、122頁ぜにたむしによく効く「カシアアラタ」)

主な成分

ビタミンミネラルリンカルシウムマグネシウムカリウム亜鉛セレン、、フラボノイド

生薬として作用があるとされているもの

(活性酸素を除去する作用から得られるものは枚挙にいとまがない)

キャンドルブッシュは便秘茶などによく配合されており、その効果は「自然なお通じを促す」)




「ゴールデンキャンドル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴールデンキャンドル」の関連用語

ゴールデンキャンドルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゴールデンキャンドルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴールデンキャンドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS