ゴールデンウィーク ゴールデンウィークの概要

ゴールデンウィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 01:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
2021年 4月卯月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2021年 5月皐月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

概要

1948年国民の祝日に関する法律施行により4月29日から5月5日までの期間に休日祝日が集中し、この期間(平日土曜日も含む)がゴールデンウィークと呼ばれるようになった。直前・直後に土曜日日曜日振替休日がある場合、それらを含めて呼ぶことも多い。この期間は、4月29日(昭和の日[注釈 1])・5月3日憲法記念日)・5月4日みどりの日[注釈 2])・5月5日(こどもの日)が国民の祝日[注釈 3]である。5月1日メーデーのため休日になる会社(従業員)も少なくないことから、間の平日を休みにすることで長期連休にしやすい。

以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛石連休」という言い方がされた[注釈 4]1985年(昭和60年)の「国民の祝日に関する法律」(以下「祝日法」という。)の改正で5月4日が日曜日や振替休日でなくても「国民の休日」になってからは、この言い回しは少なくなった。

2005年(平成17年)に行われた祝日法の改正により、休日の名称および振替休日の規定が変更されたため、憲法記念日やみどりの日が日曜日と重なった場合、「こどもの日」の翌日が振替休日になり、その分ゴールデンウィークが延びることとなり、5月4日が日曜日となる2008年(平成20年)に最初に適用され、振替休日が初めて月曜日以外の火曜日となった。続く2009年(平成21年)も振替休日が初めて水曜日となった。

由来

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった『自由学校』が、大映創設以来最高の売上(当時)を記録[2]し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで[3]、この時期に観客を多数動員し活性化することを目的として、当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり[3][4]和製英語である。1952年(昭和27年) - 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり[4]、他の業界にも広まった。同時に大映は続いて秋の文化の日を中心とした期間を「シルバーウィーク」と名付けたが、当時こちらは定着しなかった[3][4]

「ゴールデンウィーク」の表現を変更しているケース

NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」という言葉が映画業界用語だったことから、NHKで禁止されている業界の宣伝(放送法第83条(広告放送禁止規定)に抵触する)になることや、年配者に分かりづらいという理由などで、「(春の)大型連休」という表現で統一している[4]。「ゴールデンウィーク」という言葉は保険その他の分野においては2004年(平成16年)に損害保険ジャパンが(第4824147号)、酒類においては2014年(平成26年)に宝ホールディングスが(第5713010号)商標登録している。

シルバーウィーク」についても、同様の表現差し替え(「(秋の)大型連休」)が行われている。

日本の旅行シーズン

ゴールデンウィークに観光客で混雑する登山電車乗り場(小田原駅にて1993年5月4日撮影)

ゴールデンウィークとの名称が用いられ始めた時代は、第二次世界大戦後のテレビ普及前の日本映画の黄金期で映画館も多数存在しており、映画鑑賞、近場の百貨店での買い物、近郊の遊園地への行楽、周辺の行楽地へのハイキングといった日帰り旅行などが、この時期の一般的な過ごし方で、1970年代以前は普段の日曜日・祝日の過ごし方と大きな違いはなかった。しかし、その後の振替休日制度の導入や土曜休みの普及に伴って、次第にこの時期全体を利用した泊まりがけの旅行や帰省が増え、1990年代以降は日本国外への海外旅行も一般的になった。

毎年ゴールデンウィークの序盤と終盤において、主要ターミナル駅空港・長距離列車などでは多くの乗客が見られる。特にテレビ新聞などのマスコミは、ターミナル駅や空港での子連れの乗客をよく取材するため、「ゴールデンウィークは家族連れの旅行が多い」というイメージが定着している。学校の児童・生徒における、この時期の複数回の宿泊を伴う旅行の一般化は、早くとも5月4日が「国民の休日」となった1980年代後半以降の時代で、その後2002年(平成14年)に公立学校で完全五日制が実施されたことによって定着した。それ以前は春休みに行うことが一般的であった。

日本人観光客の多いハワイなど海外の観光地では、ホテルバスレストランなど観光業に従事する人物の場合、日本に縁のない現地出身の人間であっても“Golden Week”で意味が通じるほど認知されている。

帰省行楽などのために長距離を移動する人も多く、その数は、夏休み(特に旧盆時期)・年末年始と同程度に多い[注釈 5]

このため、多くの場合、お盆・年末年始と共通する以下のような交通状況となり、そのためにそれらの期間に準じた制度が適用される。

  • 主要な高速道路の一部区間に渋滞が発生。10 - 100 km以上にも及ぶ場合もある。
  • 全席指定車の列車以外の新幹線や主要な特急列車・高速バスにおける混雑、列車の指定席特急券や航空券の入手の困難さ。
    そのため、JRの場合、指定席特急券には繁忙期が適用され、かつ新幹線特急列車を使用する多くの特別企画乗車券に利用制限がかかる(ただし、訪日外国人旅行者向けのジャパンレールパスと一部の特別企画乗車券は利用可能)。
  • 都市近郊を結ぶ快速列車では、行楽客の増加で通勤ラッシュ時並みの混雑が発生することもある。その他、各地の観光地・繁華街の混雑、ホテルなどの宿泊代、国内外への割引航空券の値段、レンタカーの料金などにおける、旅行費用の高騰も見られる(ハイシーズン料金)。反面、多くの航空会社の国内線正規運賃はピーク期運賃とはならない。また路線バス路面電車など近距離の交通機関の利用においては、逆にこの時期に割安な企画切符・料金が適用される例も多いなど、必ずしも他の時期に比べて割高ではない事例も存在する。他の繁忙期と異なり、青春18きっぷはこの時期に発売されない。これは、当初この商品が学生などの休業期間を見込んだものであり、この時期は春・夏・冬の休業期間とは異なり、本来その時期には当たらないという性格上のものからだった。しかし国鉄時代に初めて発売された「青春18のびのびきっぷ」は、有効期間がゴールデンウィークまであった。

ただし鉄道のダイヤ面では、ゴールデンウィーク中の平日については原則として平日ダイヤで運転されており、お盆期間中の平日が一部の鉄道事業者(主に近畿地方中京私鉄地下鉄)において土曜又は休日のダイヤで運行されていることとは対照的である(官公庁金融機関証券市場病院中小企業などでは暦通りに業務が行われているほか、学校も一部の私立学校を除いては平常通り授業が行われていることも理由)。


注釈

  1. ^ 1988年昭和63年)までは天皇誕生日2006年平成18年)まではみどりの日
  2. ^ 1988年(昭和63年)から2006年(平成18年)までは日曜日月曜日以外であった場合は国民の休日
  3. ^ 2006年〈平成18年〉までの5月4日を除く。
  4. ^ 1980年代前半以前は、4月29日が金曜日で始まる年は完全な飛石連休だった。当時は週休二日制もまだ一般的ではなかった。
  5. ^ 例えば、国鉄時代、東海道山陽新幹線の1日あたりの乗客数が最も多かったのはゴールデンウィーク期間中である1975年5月5日の103万人であった[5]

出典

  1. ^ 黄金週間(オウゴンシュウカン)とは - コトバンク
  2. ^ 牧村健一郎『獅子文六の二つの昭和』朝日新聞出版より。
  3. ^ a b c ゴールデンウィーク 語源由来辞典
  4. ^ a b c d 「ゴールデンウイーク」「大型連休」どちらを使う?”. NHK放送文化研究所]. 2020年8月2日閲覧。
  5. ^ 須田寬『東海道新幹線』JTBパブリッシング、2000年8月1日、34頁。ISBN 4533035639
  6. ^ “祝日等における郵便物等の配達” (pdf) (プレスリリース), 日本郵便, (2015年2月20日), オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304211412/https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/00_honsha/0220_01_01.pdf 2018年9月16日閲覧。 
  7. ^ ゴールデンウィーク期間中における郵便物等の配達 (pdf)”. 日本郵便 (2016年4月1日). 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月16日閲覧。
  8. ^ 祝日等における郵便物等の配達”. 日本郵便 (2018年2月21日). 2018年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月16日閲覧。
  9. ^ 来春の10連休中に配達日 日本郵政「保管場所ない」”. 朝日新聞(2018年12月7日作成). 2019年4月17日閲覧。
  10. ^ 祝日等における郵便物等の配達”. 日本郵便株式会社(2019年2月27日作成). 2019年4月17日閲覧。
  11. ^ GW:不況下、喜び半分? 生産調整で最長12日 人出97万2000人予想 /宮崎 毎日jp 2009年4月24日・毎日新聞 2009年4月24日 地方版[リンク切れ]
  12. ^ a b 5月病にならないための10カ条--心の健康診断(1) ZDNet Japan 2008年4月24日
  13. ^ a b 福西勇夫「心療内科の診察室から薬剤師さんへ:2:五月病」『PharmaTribune』2009年、1巻、4号、p33
  14. ^ 五月病 大学生活協同組合 京都事業連合
  15. ^ 大迷惑!メリットどこ? 「休日分散化案」世紀の愚策か” (日本語). zakzak (2010年3月4日). 2010年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月7日閲覧。
  16. ^ 「国民の祝日」について - 内閣府
  17. ^ 2019年に10連休、国会で成立 新天皇即位の日を1年限りの祝日に - ねとらぼ、2018年12月9日、2018年12月14日閲覧。
  18. ^ ATMの残高不足回避=10連休対応、政府が更新 - 時事通信 2019年4月16日
  19. ^ 2019年4月27日から5月6日までの10連休における各都道府県の医療提供体制について - 厚生労働省
  20. ^ 5月1日 婚姻届増見込み臨時開庁 - 毎日新聞 2019年4月18日
  21. ^ 市場開場日・休業日年間カレンダー - 東京都 豊洲市場
  22. ^ 10連休(2019年4月27日(土)-5月6日(月・休))期間中における配達、郵便局等の窓口及びATMの営業等について - 日本郵便 2019年2月27日
  23. ^ 休暇分散パターンについて(国土交通省)


「ゴールデンウィーク」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ゴールデンウィーク」に関係したコラム

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴールデンウィーク」の関連用語

ゴールデンウィークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゴールデンウィークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴールデンウィーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS