コーヒー牛乳 製造上の特性

コーヒー牛乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/21 08:08 UTC 版)

製造上の特性

乳成分の凝固、沈殿を防ぐため pH 5.0 程度のコーヒー抽出液を、pH 6.5からpH 7.0 に調整した後に乳成分を加え殺菌処理が行われる。しかし、そのpH 調整過程でコーヒーの香気成分は失われてしまう[9]

主なコーヒー牛乳

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

参考文献

関連項目


  1. ^ 日本での市販品は、過去においては全くコーヒーを使わず、麦芽などによる代用コーヒー使用のものも多数存在し、むしろそちらのほうが一般的であった時期が長い。
  2. ^ 私たちの町伯太”. 2022年6月11日閲覧。
  3. ^ はじめて物語”. 守山乳業株式会社. 2018年10月25日閲覧。
  4. ^ あのメニューが生まれた店 P.37
  5. ^ 成分表示をはっきり 業界、自主規制に踏み出す『朝日新聞』1968年(昭和43年)3月19日朝刊 12版 15面
  6. ^ 飲用乳の表示に関する公正競争規約(認定 2001年7月10日 2001年公正取引委員会告示第17号)
  7. ^ RI.gov. “State of Rhode Island website "Facts and Figures"”. Ri.gov. 2011年11月28日閲覧。
  8. ^ TITLE 42, State Affairs and Government, CHAPTER 42-4, State Emblems, SECTION 42-4-15”. Rilin.state.ri.us. 2011年11月28日閲覧。
  9. ^ 阿部和也ほか、アロマプロテクト®製法の開発 日本食品工学会誌 Vol.15 (2014) No.4 p.267-269


「コーヒー牛乳」の続きの解説一覧




コーヒー牛乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーヒー牛乳」の関連用語

コーヒー牛乳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーヒー牛乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーヒー牛乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS