コーカン コーカンの概要

コーカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 14:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ビルマ文字)が含まれています詳細
コーカン自治区
ကိုးကန့်ကိုယ်ပိုင်အုပ်ချုပ်ခွင့်ရဒေသ (ミャンマー語)
果敢自治區 (中国語)
Kokang Self-Administered Zone (英語)
自治区旗
位置

Kokang SAZがコーカン自治区。
行政
ミャンマー
 州 シャン州
 区庁所在地 ラオカイ郡区
 自治区 コーカン自治区
地理
面積  
  自治区域 1,844.5 km2
人口
人口 2014年国勢調査現在)
  自治区域 154,748人
    人口密度   83.8人/km2

位置

ミャンマーのシャン州(黄)とコーカン(緑)の位置

シャン州の北部に位置し、西はサルウィン川、東は中華人民共和国雲南省に接する国境地帯である。

歴史

第二次世界大戦前後まで

コーカン地区の多数派である「コーカン族」は、約400年前、中国朝末期に迫害されて雲南省まで逃げてきた民族が起源といわれている。実際には、そうした正統派コーカン族に加え、四川省から流入した人たちが含まれる形跡もある。また第二次世界大戦後に中国雲南省から移住し、そのまま現在に至るまで住み続けている中国人も「コーカン族」と自称している。

南京応天府上元県出身の明の軍人で、雲南省順寧府から科干山老夯岩に逃れてきた楊高学の息子楊献才(Yang Hsien-tsai、ヤン・シエンツァイ、Yáng Xiàncái)が陳姓の土司を補佐する内、1739年に土司として統治を始め、興達戸(シンダーフー)と称した。1758年に亡くなってからは、息子の楊維興(Yang Wei-hsing、ヤン・ウェイシン、Yáng Wéixīng)が引き継ぎ、科干山(コーカンシャン、Kēgànshān)の長を名乗り、領地を約10倍に拡大した。1795年に亡くなってからは、息子の楊有根(Yang You-ken、ヤン・ヨウケン、Yáng Yǒugēn)が引き継ぎ、地域の名前を「果敢」と改称した。1840年、息子の楊国華は(Yang kuo-hua、ヤン・クオホワ、Yáng Guóhuá)は清朝から世襲果敢県令を命じられ、1959年まで世襲政治が続いた。

ミャンマー政府への帰順

1989年ビルマ共産党瓦解後現地勢力はミャンマー中央政府に帰順し、コーカンはその大部分がシャン州第一特別区となった。

特別区正式名称: 「ミャンマーシャン州第一特区(コーカン)」
特別区代表者: Pheng Kya Seng(彭家声) ポストは「主席」
特別区政府所在市: ラオカイ(Laukkai、中国語 老街、ラオジエ、ピンイン Lǎojiē)
地域内共通言語: コーカン語(北京語と同じく官話方言に属す西南官話の変種で、地域独自の借用語などを持つ)
行政組織: 中央委員会-県-区-郷-村-(組)

特別区は、軍事政権側がビルマ共産党の下で反政府活動をしていた少数民族側に、帰順の取引条件として優先的に開発支援を受け一定の自治を認める地区としたものである。特別区は中央委員会を有し、そこでの合議制で特別区の運営が決められていく。 コーカンには独自の軍隊である全国ミャンマー民主同盟軍(MNDAA)があり、帰順時には約4000名の兵士を擁した。その後ミャンマー中央政府の攻撃や圧力を受けて2,000名以下に縮小。中央政府は少数民族の武装組織を自らの統制下に置くため辺境警備隊化 (Border Guard Forces Programm) を図っているが、MNDAAの大部分はこれに反対し、2009年8月には中央政府軍の侵攻を受けている。

2000年代以降

2000年のコーカン地区人口は、約18万人と報告されているがその後の減少は、ケシ栽培の縮小・禁止により景気が悪くなったことにより多くの中国人が中国側に戻ったための減少であると思われる。

2003年のコーカン地区の人口は、特別区政府によると約14万人であった。その内ミャンマー人は10万人前後で、その他は中国人と思われる。ミャンマー人の中では漢民族が90%前後を占める。コーカンの漢民族は華僑と異なりミャンマーの先住少数民族と認定され、コーカン族と称される。その他にシャン族パラウン族ミャオ族ワ族リス族ペー族ビルマ族などが住む。ビルマ族はそのほとんどが任期を定めて派遣されている政府派遣の軍人、地方官およびその家族と小学校教師、農業指導員、医療従事者など公共サービス要員である。

コーカン地区では2003年に、それまで段階的に削減していたケシの栽培が全面禁止となった。現金収入が減る中、この年、食料や医薬品の不足を背景にこの地区の山間部を中心にマラリアが大流行し、279人の死亡が報告されている。この時、中国から巡回医療チームが派遣され、同時に医薬品も供与された。また、この年から国際連合世界食糧計画(WFP)が食糧支援を続けている。

2009年8月8日、ミャンマー警察が武器修理工場(麻薬製造工場と目していた)[1]の摘発を行ったところ、現地の武装組織と戦闘状態に陥り、政府は治安部隊を投入したものの、政府側28人、武装勢力側8人以上の死者を出す激しいものとなり、1万人以上の住民が中国側へ越境するなどの混乱が見られた。また、MNDAA自体も親政府派・反政府派に分裂したともいわれる。リーダーである彭は逃亡し、隣接するワ州連合軍支配地域に匿われているという報道もある。

下位行政区画

コーカン自治区は、2つの郡区に分かれる。

郡区 英名 人口(2014年[2] 面積(km²)
コーキャン郡区 en:Konkyan Township 59,905 1,074.4
ラウカイ郡区 en:Laukkaing Township 94,843 770.06





「コーカン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーカン」の関連用語

コーカンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS