コイネーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コイネーの意味・解説 

コイネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 15:19 UTC 版)

コイネー古代ギリシア語: Κοινὴ Ἑλληνική コイネー・ヘッレーニケー、ギリシア語: Ελληνιστική Κοινή エリニスティチ・チニ)は、アレクサンドロス大王帝国とその後継であるヘレニズム諸国で公用語として使用されたギリシア語。コイネーは「共通の」という意味で、古代ギリシア語アッティカ方言およびイオニア方言を基盤としており、現代ギリシア語の基礎となった。なお、文脈によっては(社会的、地域的その他の)方言が他の方言と影響を及ぼしあうなどして成立し、より広い範囲で通用するようになったことば全般を指すこともある[1][2]。後者の意味でのコイネーについては、コイネー言語も参照。


  1. ^ 田原憲和「ルクセンブルク語コイネーと正書法:都市における共通語創出とその広がり」『都市文化研究』第11号、大阪市立大学大学院文学研究科 : 都市文化研究センター、2009年3月、 2-13頁、 doi:10.24544/ocu.20171213-132ISSN 13483293NAID 1200060069472022年2月22日閲覧。
  2. ^ 阿部新「日本語小笠原諸島方言のコイネー(Koine)の可能性 : 老年層の動詞・形容詞」『言語・地域文化研究』第6巻、東京外国語大学、2000年3月、 1-14頁、 ISSN 13419587NAID 1200014510822022年2月22日閲覧。
  3. ^ W.Bauer,A Greek-English Lexion
  4. ^ グレシャム・メイチェン『新約聖書ギリシャ語原典入門』3-6ページ


「コイネー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コイネーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コイネーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコイネー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS