グロイザーX スタッフ

グロイザーX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:52 UTC 版)

スタッフ

各話スタッフ

  • 脚本 - 安藤豊弘、吉田進、伊東恒久桜井正明
  • 演出 - 秦泉寺博、神田隆、新田健二、高垣幸蔵、佐山一志、磯良一

音楽

主題歌はいずれも作詞は永井豪と高円寺博、作曲・編曲はクニ河内、歌は池田鴻が担当。

オープニングテーマ「飛(と)べ!グロイザーX」
エンディングテーマ「ゴーゴー・グロイザーX」

※ 劇伴音楽は、主題歌の作曲共々、クニ河内が担当。第12話より、同じナック制作の『アストロガンガー』(小森昭宏作曲)や『チャージマン研!』(宮内國郎作曲)の音楽が多用されるようになった。いずれもノンクレジット。

放送リスト

話数サブタイトル登場空爆ロボ
第1話大空の王者 グロイザーX ダイガン
第2話宇宙人美少女の秘密 デビル
第3話恐怖の気象兵器 デーモン
第4話熱血!ヒコーキ野郎の涙が燃える アタッキンガー
第5話悲しみは大空の彼方に スパイダー
第6話悲劇のマッハ3.5 大作戦 ゴードン
第7話リタの心を取り戻せ ハリケント
第8話消えた空爆ロボ ガロンガー
第9話傷だらけの友情 バイキング
第10話この命果てるとも ダイダラス
第11話人間ロボット大作戦 ダイッサム
第12話女神像を破壊せよ! ビーナス
第13話恐怖の大飛行船 デスダガー
第14話皆殺しの巡視船 ドラキュラス
第15話悲劇の空爆ロボ・ビッキー ハイビッキー
第16話日本全土を攻撃せよ カイジュウ
第17話謎の飛行物体 ベーゴマ
第18話果てしなき 大空の戦い ギロチン
第19話ゲンの命を救え バギラス
第20話さらば宇宙の友よ ブラックパンサー
第21話秘密基地大爆破 ダイバッカス
第22話奪われたグロイザーX デスダーガン
第23話ジョーとリタの命を狙え! コロシヤ
第24話マシーンW.A銃を防げ
第25話恐怖の巨大戦車 アポロン
第26話嵐を呼ぶ大空中戦 ザンバラー
第27話大空に怒りをぶつけた涙の一撃 ドカイザー
第28話恐怖!空飛ぶ鯨 クジラ
第29話生きていたヤン博士 にせグロイザーX
第30話死をよぶ電撃作戦 ダイガー
第31話冷たく白い東京 アザラシダー
第32話秘密前進基地をさぐれ ドクロ
第33話茜基地に突入せよ!
第34話リタよ! ジョーを撃て! タートルガー
第35話総攻撃 ガイラー帝国 デビルゴス、デーモン、サターン
第36話大空に平和の鐘が鳴る ガイラーV、レッド、ブラック

放送局

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
関東広域圏 東京12チャンネル 1976年7月1日 - 1977年3月31日 木曜 19:30 - 20:00 独立局 製作局
現:テレビ東京
北海道 札幌テレビ 1977年頃[3] 金曜 17:00 - 17:30 日本テレビ系列
山形県 山形放送 1976年頃[4]
宮城県 東北放送 1976年頃[5] 金曜 17:30 - 18:00[5] TBS系列
新潟県 新潟放送 1977年頃[6] 火曜 17:30 - 18:00[6]
長野県 信越放送 1976年頃[7] 木曜 17:00 - 17:30[7]
静岡県 静岡放送 1976年頃[8] 木曜 17:30 - 18:00[8]
富山県 富山テレビ 1976年10月4日[9] - 月曜 16:45 - 17:15[9] フジテレビ系列
中京広域圏 東海テレビ 不明 金曜 17:00 - 17:30
近畿広域圏 関西テレビ 不明 不明
広島県 中国放送 1976年10月8日 - 1977年4月8日[10] 金曜 17:20 - 17:50[10] TBS系列 第26話で打ち切り
鳥取県
島根県
山陰放送 不明 不明
山口県 テレビ山口 不明 水曜 17:30 - 18:00 TBS系列
フジテレビ系列
NET系列
福岡県 福岡放送 不明 土曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列
熊本県 熊本放送 1976年8月16日 - 月曜 17:00 - 17:30 TBS系列

注釈

  1. ^ いずれもノンクレジット。小森昭宏宮内國郎については、他のアニメ(『アストロガンガー』及び『チャージマン研!』)からの流用。
  2. ^ 1977年1月20日の第5話、1月27日の第10話、2月17日の第13話の再放送を含む。実際は全36話。
  3. ^ 放映当時の一部の玩具ではこの表記のタイトルロゴを使用している。
  4. ^ グロイザー・ジェットとも呼称される。
  5. ^ グロイザー・タンクとも呼称される。
  6. ^ グロイザー・シャークとも呼称される。
  7. ^ 永井豪の代表作『マジンガーZ』(1972年放送)は全長18m、総重量20t。同時期の同等の大きさのロボットとしては『UFO戦士ダイアポロン』(120m)があげられる。
  8. ^ 永井本人は「ノータッチだった」と証言(『アニメージュ』1984年5月号より)。
  9. ^ 1981年までは、アニメ作品の敵キャラクターも掲載していた。
  10. ^ 当初、オープニングでの表記は「安藤豊」と誤植されていた。のちに訂正されている。

出典

  1. ^ 掲載されたのは空爆ロボのみで、各話の隊長に関する記述は一切ない。
  2. ^ 『バトルホーク大図鑑』 (WILD GEEKS) p.76
  3. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1977年(昭和52年)3月、テレビ欄。
  4. ^ 日刊スポーツ』1976年12月3日 - 1977年4月8日付テレビ欄。
  5. ^ a b 河北新報』1976年8月27日 - 1977年3月25日付テレビ欄。
  6. ^ a b 『日刊スポーツ』1977年1月14日 - 1977年4月12日付テレビ欄。
  7. ^ a b 『日刊スポーツ』1976年10月7日 - 1977年3月31日付テレビ欄。
  8. ^ a b 『日刊スポーツ』1976年10月7日付テレビ欄。
  9. ^ a b 『北國新聞』1976年10月4日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ a b 『中国新聞』1976年10月8日 - 1977年4月8日、テレビ欄






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グロイザーX」の関連用語

グロイザーXのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グロイザーXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグロイザーX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS