グレープフルーツ 生産

グレープフルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 19:21 UTC 版)

生産

地域別の生産量

2011年における地域別の生産量の比率は以下の通りである[6]

順位 地域 比率(%)
1 アジア 31.4
2 北アメリカ 22.9
3 アフリカ 10.4
4 南アメリカ 4.3
5 ヨーロッパ 0.9
6 オセアニア 0.1

国別の生産量

2011年における国別の生産量は以下の通りである[6]

順位 国名 生産量(千トン) 全世界に占める割合(%)
1 中国 3,611 45.7
2 アメリカ合衆国 1,147 14.5
3  南アフリカ共和国 416 5.3
4 メキシコ 397 5.0
5 タイ王国 379 4.8
6 トルコ 219 2.8
7 インド 196 2.5
8 アルゼンチン 189 2.4
9 スーダン 184 2.3
10 イスラエル 184 2.3
世界計 7,893 100.0

流通関連

バナナやオレンジ、グレープフルーツなどの輸入果実を卸売市場で取引するときの単位は「カートン」と言い、グレープフルーツは1カートン40個である。[7]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク




  1. ^ a b 果物ナビ - グレープフルーツ
  2. ^ a b c Chen M, Zhou SY, Fabriaga E, Zhang PH, Zhou Q (April 2018). “Food-drug interactions precipitated by fruit juices other than grapefruit juice: An update review”. J Food Drug Anal 26 (2S): S61–S71. doi:10.1016/j.jfda.2018.01.009. PMID 29703387. https://doi.org/10.1016/j.jfda.2018.01.009. 
  3. ^ David G. Bailey, J. Malcolm, O. Arnold, J. David Spence Grapefruit juice–drug interactions Wiley InterScience: British Journal of Clinical Pharmacology
  4. ^ 大谷道輝、川端志津、假家悟、内野克喜、伊藤敬、小瀧一、籾山邦男、森川亜紀 et al.「グレープフルーツ果肉部分摂取時によるジヒドロピリジン系Ca拮抗薬ニフェジピン及びニソルジピンの薬物動態への影響」『藥學雜誌』第122巻第5号、2002年5月1日、 323-329頁、 doi:10.1248/yakushi.122.323NAID 110003648447
  5. ^ 奥村勝彦・監修、大西憲明・編著『一目でわかる医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とマネジメント』フジメディカル出版、2010年、改訂版、15-18頁。ISBN 978-4-939048-44-9
  6. ^ a b 地理 統計要覧 2014年版 ISBN 978-4-8176-0382-1 P,95
  7. ^ 日本経済新聞朝刊 2017年4月26日


「グレープフルーツ」の続きの解説一覧




グレープフルーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グレープフルーツ」の関連用語

グレープフルーツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グレープフルーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレープフルーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS