グラナート (宇宙望遠鏡) 科学的成果

グラナート (宇宙望遠鏡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 13:37 UTC 版)

科学的成果

指向観測の最初の4年間でグラナートは、銀河中心の深いイメージング及び分光法、ブラックホール候補の幅広い観察、そして、X線新星を重視し、多くの銀河と銀河系外のX線源を観察した。1994年以降、観測所は調査モードへと切り替わり、40〜200 keVのエネルギー帯で、敏感な全天サーベイを実行した。

含まれるハイライトの一部:

  • 銀河中心領域の非常に深いイメージング(500万秒以上の持続時間).[10]
  • 銀河マイクロクエーサー 1E1740-294 とX線新星 Muscae(英語: GRS 1124-683からのエレクトロン-ポジトロン消滅ラインの発見[7]
  • ブラックホール候補のスペクトルと時間変動の研究[7]
  • 観察の8年間にわたって、グラナートは20程度の新しいX線源、すなわち、ブラックホール及び中性子星の候補を発見した。その結果、それらの名称はグラナートがもとであることを意味する "GRS" で始まる。"International Astrophysical Observatory "GRANAT"". IKI RAN. Retrieved 2007-12-05. 例は、GRS 1915+105(英語: GRS 1915+105(銀河系で発見された最初のマイクロクエーサー)と GRS 1124-683(英語: GRS 1124-683.[8][9]

ソビエト連邦解体の影響

ソビエト連邦解体後、計画に2つの問題が生じた。ひとつ目の問題は本来は地政学的な問題だった。主要な宇宙船制御センターはクリミア地域のイェウパトーリヤ施設に位置していた。この制御センターはソ連の宇宙計画において重要なもので、国内に2つしかない70 mのパラボラアンテナのうちの1つがあった。連邦の崩壊によって、クリミア地域は、ほとんどロシア民族が居住していたが、それ自体が新たに独立したウクライナの一部であるということになり、中心はウクライナの国際管理下に置かれ、新たな政治的ハードルとなってしまった[1]。しかしながら、主要でもっとも緊急な問題は、ソ連崩壊後のロシアの支出危機の中で、宇宙船の継続的な運用を支援する資金を見つけることだった。科学的及び経済的にその計画にすでに大きな貢献をしていたフランス国立宇宙研究センターは直接、継続事業に資金を供給するためにそれ自体を引き継いだ[1]

関連項目


  1. ^ a b c d e f Granat X-ray and Gamma-ray Observatory”. The Federation of American Scientists. 2007年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 1999 Reentries (PDF)”. The Aerospace Corporation, Center for Orbital and Reentry Debris Studies. 2007年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k GRANAT”. NASA HEASARC. 2007年12月5日閲覧。
  4. ^ a b c d N.G. Kuleshova, I.D. Tserenin, A.I. Sheikhet; ラヴォーチキン. “Orbital Astrophysical Observatory "Granat": Problems of Control” (ロシア語). Zemlya i Vselennaya, 1994, no. 2.. 2015年6月2日閲覧。
  5. ^ a b c Mandrou P, Jourdain E. et al. Overview of two-year observations with SIGMA on board GRANAT, A&A 別冊シリーズ, 1993, no. 97.
  6. ^ a b c Molkov, S.V., Grebenev, S.A., Pavlinsky, M.N., Sunyaev. "GRANAT/ART-P OBSERVATIONS OF GX3+1: TYPE I X-RAY BURST AND PERSISTENT EMISSION", Mar 1999. 4pp. arXiv e-Print (astro-ph/9903089v1).
  7. ^ a b c d e f g h The Granat Satellite”. NASA HEASARC Imagine the Universe!. 2007年12月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f International Astrophysical Observatory "GRANAT"”. IKI RAN. 2007年12月5日閲覧。
  9. ^ a b M.G. Revnivtsev, R.A. Sunyaev, M.R. Gilfanov, E.M. Churazov, A. Goldwurm, J. Paul, P. Mandrou and J. P. Roques "A hard X-ray sky survey with the SIGMA telescope of the GRANAT observatory", (2004) アストロノミー・レターズ英語版, vol. 30, p.527-533
  10. ^ SIGMA Telescope”. IKI RAN. 2008年5月25日閲覧。


「グラナート (宇宙望遠鏡)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グラナート (宇宙望遠鏡)」の関連用語

グラナート (宇宙望遠鏡)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グラナート (宇宙望遠鏡)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラナート (宇宙望遠鏡) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS