クロマグロ クロマグロの概要

クロマグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 03:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
クロマグロ
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: サバ科 Scombridae
亜科 : サバ亜科 Scombrinae
: マグロ族 Thunnini
: マグロ属 Thunnus
South, 1845
: クロマグロ T. orientalis
学名
Thunnus orientalis
(Temminck et Schlegel, 1844)
和名
クロマグロ(黒鮪)
ホンマグロ
英名
Pacific bluefin tuna

日本沿岸を含む太平洋熱帯温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる[2]

寿司ネタ、刺身等に使われ、日本の消費量が世界一であるが、資源の減少により厳しい漁獲制限が進められている。国際自然保護連合(IUCN)はクロマグロを絶滅危惧種とした。

分類上では大西洋産のタイセイヨウクロマグロ T. thynnus と同種、またはタイセイヨウクロマグロの亜種 T. t. orentalis とする見解もある。

名称

地方名としては、シビクロシビ(各地)、ハツ(高知)などがある。また、特に幼魚を指す地方名としてヨコヨコワ(近畿・四国)、メジメジマグロ(中部・関東)、シンコヨコカワヒッサゲなどもある。

台湾でも日本語に従って「太平洋黑鮪」が正式な名称となっているが、「黒鮪魚」(ヘイウェイユー)などとも呼ばれる。台湾語では「黑甕串」、「黑暗串」[3]、「烏甕串」(オーアンツン oo-àng-tshǹg)(「串」に魚偏を付記する方言字もある)と呼ばれる。

特徴

成魚は全長3 m・体重400 kgを超え、日本沿岸で漁獲されるマグロ類としては最大種である。体型は太短い紡錘形で、横断面は上下方向にわずかに長い楕円形をしている。体表は小さながあるが、目の後ろ・胸鰭周辺・側線部は大きな硬い鱗で覆われ、「胸甲部」と呼ばれる。

体色は背中側が濃紺、体側から腹部にかけてが銀灰色をしている。背鰭は二つとも灰色だが、第二背鰭先端とその後に続く小離鰭(しょうりき)は黄色を帯びる。尻鰭とその後に続く小離鰭は銀白色をしている。また、幼魚期は体側に白い斑点と横しま模様が10-20条並んでおり、幼魚の地方名「ヨコワ」はここに由来する。

本種とタイセイヨウクロマグロは、マグロ属の中で最も胸鰭が短く、第二背鰭に届かない点で他種と区別できる。かつてこの2種は同種とされていたが、分布が連続しないこと、鰓耙(さいは)数が異なること(クロマグロ32-39、タイセイヨウクロマグロ34-43)、タイセイヨウクロマグロは体腔背壁の筋肉が腹腔内に出るがクロマグロは出ないことなどから、亜種または別種とする見解が登場した。遺伝子分析による研究では、ミトコンドリアDNAが別種レベルに分化している一方、核遺伝子では種内の系群レベルの分化を示すという説明の困難な結果が得られている。さらに、大西洋にわずかながら太平洋型のミトコンドリアDNAタイプを持つ個体がいること、太平洋にもわずかに大西洋型のミトコンドリアDNAタイプを持つ個体がいるという結果も得られており、太平洋と大西洋のクロマグロ間の進化系統関係はいまだに解決されていない。

生態

太平洋の熱帯・温帯海域で水温5 - 30℃程度[4]に広く分布する。インド洋にも分布するがまれである。また、北半球に多く南半球には少ない。

外洋の表層・中層に生息する。同じくらいの大きさの個体同士で群れをなし、高速で回遊する。大型個体の遊泳速度は70-90 km/hに達すると言われる。食性は肉食で、海中を遊泳する他の魚や甲殻類頭足類などを日中に捕食するが夜間は捕食しない[5]

日本近海を含む西太平洋のクロマグロは、南日本から台湾にかけての温暖な海域[6]の海水温が25℃程度で[7]、春から夏にかけて産卵する。受精卵は直径約1 mmの球形で、約32時間で全長約3 mmの仔魚が孵化する。25℃を外れると奇形率が上昇する[7]。卵黄を吸収した仔魚は小動物を捕食し、餌がない場合は共食いもして、孵化後22日で約3 cmに成長する。74日で全長約25 cmに達し、この頃には形態は成魚とほぼ変わらなくなる。魚体が大きくなるのは早いが、性成熟は5年かかり、魚類の中でも遅い部類に入る。

稚魚は暖流に乗って日本沿岸まで北上し、そこで成長する。ただし一部は太平洋を横断しアメリカ西海岸に達するものもおり、2-3年かけて現地で成長し、再び西太平洋に戻る。ある程度成長したものは太平洋横断はせず、季節的な南北の移動を繰り返す。

2012年のクロマグロの資源量は1960年に比べると8割減となっており、国際自然保護連合IUCN)は絶滅危惧種に指定した[8]中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)は2024年までに資源量を2012年の1.6倍の4.3万トンに回復させる目標を掲げている[8]


  1. ^ Collette, B., Fox, W., Juan Jorda, M., Nelson, R., Pollard, D., Suzuki, N. & Teo, S. (2014). "Thunnus orientalis". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. 2015年3月6日閲覧
  2. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  3. ^ "Thunnus orientalis Temminck and Schlegel, 1844". TaiBNET. Taiwan: Biodiversity Research Centre, Academia_Sinica. 2016年10月21日閲覧
  4. ^ 伊藤 智幸、「太平洋クロマグロの回遊生態に関する研究」 東京大学学位論文 乙第15918号 2004年, NAID 500000305766
  5. ^ 魚谷逸朗, 斎藤勉, 平沼勝男, 西川康夫、「北西太平洋産クロマグロThunnus thynnus 仔魚の食性」 『日本水産学会誌』 1990年 56巻 5号 p.713-717, doi:10.2331/suisan.56.713, 日本水産学会
  6. ^ 伊藤智幸、「耳石日輪と 0 歳魚の体長別漁獲データから推定したクロマグロの産卵期別資源寄与率」 『日本水産学会誌』 2009年 75巻 3号 p.412-418, doi:10.2331/suisan.75.412
  7. ^ a b 伊藤智幸、「クロマグロ卵の発生と孵化に及ぼす水温の影響」 『水産増殖』 2000年 48巻 2号 p.199-207, doi:10.11233/aquaculturesci1953.48.199, 日本水産増殖学会
  8. ^ a b 「養殖 頼みのツナ」『日経産業新聞』2016年10月21日p3、東京、日本経済新聞社
  9. ^ 川上宏之、天倉吉章、堤智昭 ほか、「マグロ肉における脂質含有量とダイオキシン類,総水銀およびメチル水銀レベルの関係について」 『食品衛生学雑誌』 2010年 51巻 5号 p.258-263, doi:10.3358/shokueishi.51.258, 日本食品衛生学会
  10. ^ 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課 (2003年6月3日). “妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(Q&A)(平成17年11月2日)”. 魚介類に含まれる水銀について. 厚生労働省. 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  11. ^ a b 五訂増補日本食品標準成分表
  12. ^ a b 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編
  13. ^ 熊井英水, 宮下盛、「クロマグロ完全養殖の達成」 『日本水産学会誌』 2003年 69巻 1号 p.124-127, doi:10.2331/suisan.69.124
  14. ^ a b クロマグロの完全養殖” (日本語). 近畿大学水産研究所. 2016年10月21日閲覧。
  15. ^ a b 水産研究所 奄美実験場開設 高い海水温度 クロマグロの完全養殖に期待” (日本語). 近畿大学大学新聞. 2016年10月21日閲覧。
  16. ^ “完全養殖クロマグロ、世界へ 近畿大と豊田通商が商業化”. 朝日新聞 (朝日新聞デジタル). (2012年1月30日). http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201201300116.html 2012年1月30日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i 「鮪完全養殖波に乗る マルハニチロ・日本水産・極洋来年にも食卓に」『日経産業新聞』2016年10月21日p1、東京、日本経済新聞社
  18. ^ マグロの巨大モニュメント完成” (日本語). 南海日日新聞 (2015年3月15日). 2016年10月21日閲覧。
  19. ^ 完全養殖本マグロ「喜鮪®(きつな)金ラベル」の出荷開始日本水産プレスリリース(2016年8月16日)
  20. ^ 喜鮪(きつな)日本水産ホームページ、2017年12月23日閲覧
  21. ^ クロマグロ完全養殖へ、極洋日配マリンがクロマグロ人工ふ化魚の沖出し成功” (日本語). 水産経済新聞 (2014年9月29日). 2016年10月21日閲覧。
  22. ^ クロマグロの完全養殖の事業化に挑戦” (日本語). フィード・ワン株式会社. 2016年10月21日閲覧。
  23. ^ 極洋とフィード・ワン、完全養殖マグロ出荷開始『日本経済新聞』朝刊2017年11月23日(企業1面)
  24. ^ 松井隆宏「大規模魚類養殖と地域社会―南伊勢町神前浦を事例に―」『地域漁業研究』第55巻第2・3号、地域漁業学会、2015年6月1日、 19-35頁、 NAID 40021020283
  25. ^ 極洋フィードワンマリン/マグロ完全養殖ツナぐ餌」『日経産業新聞』2017年12月1日(1面)
  26. ^ 기자, 표언구. “[취재파일 일본의 방해를 이겨낸 참다랑어 양식]” (朝鮮語). news.naver.com. 2021年9月23日閲覧。
  27. ^ マグロ類の輸出手続きについて”. 水産庁. 2018年6月15日閲覧。
  28. ^ 「あすから釣り禁止」巨大マグロの聖地に衝撃 資源保護への効果は:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月23日閲覧。


「クロマグロ」の続きの解説一覧




クロマグロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロマグロ」の関連用語

クロマグロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クロマグロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロマグロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS