クレヨンしんちゃん (アニメ) 海外展開

クレヨンしんちゃん (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 11:45 UTC 版)

海外展開

海外でも単行本販売やアニメ版の放送、劇場版が公開されている。なお、主題歌は一部の国を除いてオープニングは「オラはにんきもの」、エンディングは「パリジョナ大作戦」の吹き替え版が使用されている[注 44][注 45]

アジア

韓国ではアニメは『짱구는 못말려』(チャングヌンモンマルリョ、和訳:チャングは止められない)というタイトルである。1996年から2005年までビデオやDVDなどで販売され、1999年6月から[68]は声優を総入れ替えしたものをSBSで2007年1月まで放送し、現在はトゥーニバース(テレビシリーズ)やCHAMP TV(劇場版)などで放映されている。番組放送開始前にレイティングによる等級表示が行われ、SBS版では7歳以上、トゥーニバース版は12歳以上視聴可[69]としている。

原作は当初韓国語アニメ版と同様のタイトルだったが、儒教主義勢力からの反発により、過去には単行本は19歳未満視聴不可となっていた(なお、不適切なシーンを修正した12歳以上観覧可も同時並行で発売されていた)。現在は別の出版社により『크레용 신짱』(クレヨンシンチャン)のタイトルで年齢制限なしで出版されている。そのような経緯もあり、アニメ版でも下品なシーンが削除もしくは変更[注 46]に加え、日本語表記部分は消去もしくはハングルに書き換えられ、舞台は韓国の「ソウル」に変更、登場人物は韓国人という設定等の大きな修正が行われた。しんのすけの名前は신짱구(シン・チャング、「しんちゃん」)で、짱구(チャング)は韓国語で「突き出た額」という意味。なお、2006年版の東京書籍発行の英語の教科書「NEW HORIZON 2年」には、韓国版の日本のアニメが掲載され、当作品も対象となった。

劇場版は『爆睡!ユメミーワールド大突撃』までは基本的に日本での公開から約1年後の公開だったが、『襲来!!宇宙人シリリ』からは韓国での輸入や配給会社が変わったためか、日本での公開から約3ヶ月後の公開となった。

野原しんのすけ役の声優はビデオ版は1996年から1998年までイ・ヨンジュ、1999年から2001年までパク・ウンスクが担当しており、テレビ版(SBS版、トゥーニバース版、CHAMP TV版)と劇場公開版はパク・ヨンナムが1999年から現在まで担当。2012年6月に健康上の理由[70]でパク・ヨンナムが一時的に降板した事に伴い2012年7月からはチョン・ソネが担当したが、2013年からはパク・ヨンナムが再び担当している。

2016年からはシンエイ動画制作による韓国限定の新規書き下ろしオープニングが放送されるようになった。

2017年8月には『襲来!!宇宙人シリリ』で監督を務めた橋本昌和が、韓国語版劇場試写会の舞台挨拶の為に来韓し、現地の声優陣と共に登壇した[71]

中国でも原作単行本が発売され、タイトルは『蠟筆小新』(ラービーシァォシン)で広東語吹き替え版も放送されている。しかし1997年に、地元の企業数社がこの作品の絵柄や中国語名で商標登録を行ったため、2004年に双葉社が中国でキャラクター商品を売り出した際、商標登録の影響で海賊版として撤去された(クレヨンしんちゃん#中国を参照)。

フィリピンでは2002年から放映され、フィリピン語吹き替え版が無検閲で放送されている。しんのすけの声優は、地元のラッパーであるAndrew E.が務めている。

マレーシアでは、原作単行本は『Dik Cerdas』(和訳:才気溢れる少年)に改題されて発売されている。アニメは2002年から放映され、マレー語吹き替え版のアニメでは、しんのすけが「ぞうさん」をしているシーンがすべて削除されている。

インドネシアでは、しんのすけそっくりとも評される風貌をしたインドネシア人の俳優・オニー・シャリアルインドネシア語版がしんのすけの声優を務めている。アニメ版は2000年から放映され、映画のレイティングシステムのPG(親の同伴指定)に相当するBOが指定され(初期のみ)、原作単行本は15歳未満の購入を禁止している。テーマ曲は『動物園は大変だ』のインドネシア語バージョンである。
2014年9月22日、テレビ番組を監督している政府の放送委員会 (KPI) はしんのすけが子どもの視聴にふさわしくないと、放送しているテレビ局に改善を求める警告を出し、一部描写の削除や、放送時間を深夜に変えるなどの対応を求めている[出典無効]

インドでは、2006年6月から[68]ハンガマTVにてヒンディー語吹き替え版が放送されている。ボーちゃんは「スズキ」に変えられ、下品なシーンはカットされる時があった。主題歌はボリウッド映画の曲に変えられているが現在は「オラはにんきもの」のヒンディー語バージョンになっている。2008年12月にインドの情報放送省が「子供に悪影響を与える」と考え、今後インド国内での放送を禁止する方針であると伝えていた[72]が現在は放送が再開されている。

ヨーロッパ

スペインでは、アニメはLUK INTERNACIONALが2001年にライセンスを取得。同年にカタルーニャ語を皮切りに、スペイン語バスク語ガリシア語バレンシア語の吹き替え版が放送されている。日本語表記部分はナレーションで説明し、しんのすけや野原一家などの登場人物の名前や読みは日本と同じで「シロ」[注 47]以外は特に変更はない。

2003年にはスペインのキャラクタービジネス雑誌「Licencias Actualidad」が、関係者のアンケートから選定する「最優秀エンターテインメントキャラクター賞2003」に選ばれている[73][74]。同年には、バルセロナで開かれた『暗黒タマタマ大追跡』の試写会で、当時監督を務めていた原恵一が舞台挨拶に訪問してインタビューを受けた。

2004年以降、 スペイン社会労働党に「恥知らずで教育によくない」という指摘によって放送中止を要求され、一部地方は放送時間の変更、バレンシア地方では放送中止を余儀なくされたが、この年に原作単行本のプロモーションのためにバルセロナを訪問した原作者の臼井はスペインでの人気に感激し、「バルセロナでのエピソードを執筆したい」との意向を示し[75]、原作・アニメ版ともにそのストーリーが掲載・放送され、後にスペインでも放送された(2004年5月29日放送「オーラッ!スペイン旅行だゾ」[注 48] )。

2005年にはゲームボーイアドバンス用のゲームソフト[76]、2007年と2008年にニンテンドーDSWii用ソフトのスペイン語版も発売されている。

2011年秋には地元テレビ局主催で「最もしんちゃんらしい家族」の写真を撮る視聴者参加コンテストを開催。優勝した家族は賞品として「日本への旅」がプレゼントされ、優勝で実際に来日した一家は、観光のほかオリジナルである日本版アフレコ現場の見学訪問等が行われた[77]

イギリスアイルランドではアメリカのLacey Entertainment社がライセンスを取得し、同社とVitello Productions社が制作した英語吹き替え版のアニメが放送され、主題歌も独自で制作していた。2003年に、この2社とテレビ朝日とのライセンス契約が切れた後は、Phuuz Entertainment社がキャストを一新してアニメを制作したが、2005年末に放送が終了している。

主題歌は現地の曲に変更されていることが多く、独自のBGMを使用している。また、「ゾウさん」をするシーンは削除されたり、モザイクがかけられている。

北アメリカ

アメリカでは単行本はDCコミックス社から発売されている。アニメ版は2006年初め FUNimation英語吹き替え版のライセンスを取得、カートゥーン ネットワークの深夜枠「アダルトスイム」でテストランとして2006年8月に1か月限定で放送された。また、本放送(シーズン1とシーズン2)も2007年4月18日から8月まで放送された。テレビでの放送に加え「アダルトスイム」のホームページでも一部の回がストリーミング配信されていた(他国では、イタリア、スペイン、ブラジルのカートゥーン ネットワークでも放送されている)。レイティングは「TV14」(14歳未満の視聴を制限)。また、FUNimationより、DVDも2007年5月より順次発売され、同社のホームページでも米国内限定で全シーズン計78話がストリーミング配信されている。これらにおけるレイティングは「TV-MA」(成人向けで、17歳未満の視聴を制限)。

映像は日本語のテロップが書かれているところが英語に書き換えられ、(「げんこつ」は「POW!」)、しんのすけが「ゾウさん」をしている部分にモザイクがつく(例外あり)[78]、一部のセリフで放送禁止用語に使う「ピー音」が付け加えられる等の修正がなされている。しんのすけの声優はローラ・ベイリーが担当。また、キャラクターの名前をアメリカ人の名前で、舞台もアメリカに変更されている。内容は視聴層に合わせて制作されているため、現地の文化や社会情勢などに関する風刺が織り込まれたブラックジョークが多く含まれている。エピソードの順番は日本版に沿っていないため、同じシーズンでも制作手法や舞台設定がバラバラな場合がある。テレビ放送終了後も、2011年春にFUNimationよりシーズン3の制作が開始され、現地のHuluNetflixで配信された(現在は終了)。DVDは同年7月と9月末に2つのパートに分けて発売。このシーズンをもって、FUNimationによる吹き替え版の制作は終了した。ハワイでは1992年から2001年まで英語字幕付きのアニメ版が放送されていた。

南アメリカ

ラテンアメリカブラジルでは、吹き替え版がアニマックスで平日に1日3、4回放送されている。




注釈

  1. ^ ただし、そのような長編であっても、各話ごとにみれば従来の1話完結型である。
  2. ^ しんのすけの台詞は黄色、みさえの台詞は水色、その他のキャラクターの声は白で表示される。
  3. ^ OPまたはED中に原作、声の出演(しんのすけ役の小林由美子、2018年10月19日放送分以降はしんのすけ以外の野原家3人の声優も含む)、監督、製作がクレジットとして読み上げられる。
  4. ^ この日の放送をもって、放送開始以来27年半続いてきた当番組のプライムタイムでの放送が終了。同時に50年以上続いてきた地上波キー局のプライムタイムのアニメのレギュラーでの放送にも一度幕を下ろす形になったが、こちらは2020年10月にテレビ東京系列の『ポケットモンスター(第7シリーズ)』が金曜18:55 -19:25枠に移動することで復活している。
  5. ^ 1998年までは鈴木みえ名義で出演。
  6. ^ 2014年5月までは寺田はるひ名義で出演。
  7. ^ 2005年頃からクレジット。681話まではエンディング、682話以降はオープニングにクレジットされている。
  8. ^ オチのBGMだけは1度も追加されておらず、すべて荒川作成の1年目の1992年度のもので統一している。
  9. ^ 2004年頃からクレジットされなくなったが、967話以降から再びクレジットされるようになった。
  10. ^ 表記は「ASATSU」→「ASATSU-DK」→「ADK」(2014年6月6日放送分より現行ロゴ)。ADKエモーションズへの移行後もクレジット上は「ADK」の現行ロゴ表記で継続。
  11. ^ Groovy Boyfriendsの覆面ユニット
  12. ^ Bメロの部分を入れなければ「Hey baby!」も同様。
  13. ^ 短縮版でのスタッフクレジット表記は下にスクロールとなっている。
  14. ^ 原作では単行本24巻収録。
  15. ^ ただし、矢島が演じるしんのすけが最後の出演である「いつものオラだゾ」(2018年6月30日放送)と土曜日に移動する事を知らせるエピソード「次回から土曜日だゾ」(2019年9月13日)は従来のサブタイトル画面が使われた。
  16. ^ 2018年3月(本番組の2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  17. ^ 2020年4月3日より放送開始[8]
  18. ^ 木曜夜は2015年7月まで19:00 - 20:00の2話連続放送。土曜・日曜は2016年4月から。過去には金曜 17:30 - 18:30にも放送。
  19. ^ 岩手朝日テレビ開局準備に伴う打ち切り。1996年10月11日に岩手朝日テレビで半年ぶりに岩手県で放送再開。
  20. ^ 秋田朝日放送開局前までは日曜11:00 - 11:30で6日遅れのスポンサードネットで放送されていた(ただし、提供クレジットはブルーバックで、エンドカードは自社出し)。
  21. ^ 山形放送では同時ネットで放送されていた。山形テレビのフジテレビ系からのネットチェンジに伴う放映権移行。
  22. ^ 当初は日曜朝に放送していたが、火曜16:00-16:30→木曜16:00-16:30を経て、再び日曜朝に戻って放送
  23. ^ 月曜19:00 - 19:30時代 (1996年3月18日まで) は同時ネット、テレビ朝日系列での枠移行後はそのまま月曜19:00 - 19:30で打ち切りまで遅れネット。
  24. ^ 番組初回からネットスポンサー付きで放送され、本放送時での提供スポンサーのテロップもそのままの状態で、全てのスポンサーのCMが流れていた。番組末期はスポンサーは一部のみとなり、提供スポンサーもブルーバックに差し替えていた。
  25. ^ 水曜17:00-17:30に放送。1993年10月時点では半年以上の遅れが生じていた
  26. ^ 当初は夕方に放送していたが、1997年の時点では水曜5:30 - 6:00に放送。1999年4月以降は土曜5:15 - 5:45に放送
  27. ^ ネット開始時期はテレビ朝日での放送開始からほぼ1年後の1993年4月からであった
  28. ^ 30分枠で放送開始。『ピーコック劇場』から長年に渡ってアニメ・特撮を放送してきたテレビ朝日の月曜19時前半枠のアニメは、本作が事実上最後となった。
  29. ^ 系列外ネット局では四国放送もネットしてきたが、テレビ朝日におけるゴールデンタイムで系列外ネット局も配信する番組はこの番組が最後になった。
  30. ^ 放送枠を移動。当該枠でのアニメは『宇宙船サジタリウス』以来、8年半ぶり。なお、四国放送はこの時期から2004年3月までも月曜19:00ままの放送だった。
  31. ^ ニュースステーション』のフライングスタートに伴い、次番組『ミュージックステーション』が19:54 - のフライングスタートとなったため、放送枠を6分短縮して24分枠に。なお、『ミュージックステーション』のフライングスタートは2000年9月15日まで続き、10月20日以降は再び20:00からのスタートに戻り、19:54 - 20:00は各局ミニ番組となっている。
  32. ^ 2001年4月13日 - 5月4日、7月6日 -2002年3月29日放送分は2話へ短縮された。
  33. ^ あたしンち』の放送開始により移動。当該枠でのアニメは『キューティーハニーF』以来、4年半ぶり。
  34. ^ この時期の土曜19:30からの枠は『クイズ!バーチャQ』→『釣りバカ日誌』を放送。30分枠に戻り、1回2話から3話へ。
  35. ^ 『釣りバカ日誌』の放送が終了し『ボボボーボ・ボーボボ』が放送開始。ステブレレスのフライングスタートのため2分短縮して28分枠となる。この時期はエンディングテーマが省略された。
  36. ^ スイスペ!』の枠を移動し『ドスペ!』の枠を設けるために時間移動。金曜19時30分枠の『あたしンち』はローカルセールス枠となった。
  37. ^ 『ミュージックステーション』のフライングスタートにより24分に短縮されたため、2話へ短縮。2000年4月14日 - 2002年3月29日末の放送時間に戻る形に。
  38. ^ 放送時間が16年ぶりに30分に戻った。そのため、再び1回3話放送されるようになった。ただし、再放送を含む。
  39. ^ DVD版は1期13巻に収録されていた第43話Cパート「地震がきたゾ」が欠番となっている(DVD発売前に東日本大震災が起きたため)。
  40. ^ 同時期に、「DVD傑作選」の名称で販売されていた第2期シリーズのDVDも「2年目シリーズ」に改称して再発売されている。
  41. ^ ただし、第168話(1995年11月27日放送)のみ第3期シリーズでリリースされている。
  42. ^ 28作目のみ2019新型コロナウイルスの影響で、公開日が9月に延期された。
  43. ^ 第13作及び第28作を除く第27作以降は1週ずれて公開。
  44. ^ アジア版では、主題歌を現地語に吹き替えか日本語のままであることが多い(韓国は一部除く)。
  45. ^ ただし、スペインは放送時期によって異なり、OPは「オラはにんきもの」のニューリミックスバージョンで、EDは「DO-して」、「とべとべおねいさん」(日本ではオープニング)などが使われることがあった。ヨーロッパ版ではヨーロッパ各地で共通しており、OPは日本版と大きく変更されている。
  46. ^ パンツを履いた状態でケツだけ星人をしたり、ぞうさんの部分はぼかし処理をする等。
  47. ^ シロの名前はスペイン語とガリシア語では「Nevado」、カタルーニャ語では「Nevat」、バスク語では「Elur」と変更され、いずれも「雪」という意味である。
  48. ^ 「オーラッ」はスペイン語のHolaを指す
  49. ^ 気象庁の場合、前述のコーナーで着ぐるみのしんのすけが2007年6月に、この宣伝をかねて気象庁へ訪問した。その後、気象庁が全国の学校に配布した「緊急地震速報のお知らせ」には、しんのすけ・みさえ・ひまわりが登場し、しんのすけが緊急地震速報について伝えている。
  50. ^ なお同番組では、同じ朝日放送作品『クッキングパパ』の荒岩一味とも共演している。
  51. ^ Dr.スランプ アラレちゃん』が先例であり、モスラキングギドラも登場し、東宝の許可を得たものである。また、劇場アニメでは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』などの先例が存在している。
  52. ^ 2017年11月10日には、同年11月12日にテレビ朝日系列にて地上波初放送されるのを記念し、再放送された。
  53. ^ 再放送されたエピソードは『野原家新車を買う』シリーズ全3話と『父ちゃんが丸坊主だゾ(前後編)』。

出典

  1. ^ 『アニメーション監督 原恵一』(晶文社)より
  2. ^ a b 「『しんちゃん言葉』大人はどぎまぎ」『朝日新聞』1993年8月26日東京夕刊、19面。
  3. ^ 「クレヨンしんちゃん」を見て“あっちむいてホイ”! データ放送対応の新ゲームが登場!!”. KADOKAWA (2013年10月18日). 2017年4月18日閲覧。
  4. ^ 「クレヨンしんちゃん」番組は継続の方向 テレビ朝日 産経ニュース 2009年9月29日
  5. ^ 大山くまお・林信行・リベロスタイル編著『クレヨンしんちゃん大全』双葉社、2011年4月17日、160-167頁、ISBN 978-4-575-30308-7
  6. ^ 25年目突入『クレヨンしんちゃん』の作り方 ムトウユージ監督インタビュー”. TV LIFE (2016年6月10日). 2016年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月16日閲覧。
  7. ^ “『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、10月から土曜夕方に“お引越し””. ORICON NEWS. (2019年8月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2142790/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  8. ^ a b 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」を4月からゴールデンタイムに放送” (日本語). BS朝日. 2020年3月24日閲覧。
  9. ^ 「クレヨンしんちゃん」BS朝日で藤原啓治さん追悼テロップ「ご冥福を心からお祈り」野原ひろし役24年間”. スポニチアネックス (2020年4月17日). 2020年4月18日閲覧。
  10. ^ 「クレヨンしんちゃん」で藤原啓治さん追悼テロップ 野原ひろしの映像とともに冥福祈る”. スポニチアネックス (2020年4月18日). 2020年4月18日閲覧。
  11. ^ 本日放送「クレヨンしんちゃん」藤原啓治さんがひろしの声のエピソード3本立て”. シネマトゥデイ (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  12. ^ 藤原啓治を追悼、「クレヨンしんちゃん」野原ひろしの思い出に残るエピソード放送”. 映画ナタリー (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  13. ^ 広島県民会議が放送自粛要請”. 中国新聞社 (Internet Archive) (2006年2月3日). 2006年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月2日閲覧。
  14. ^ 岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明 読売新聞 2009年9月20日
  15. ^ 「オーバーマン・キングゲイナー・イントロダクション―富野由悠季、新作を語る!!」インタビューより
  16. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんの降板について”. テレビ朝日 クレヨンしんちゃん公式サイト (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  17. ^ 「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子が6月末に降板”. 映画ナタリー (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  18. ^ “【矢島晶子 コメント全文】野原家から離れることに致しました”. Sponichi Annex. (2018年6月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/01/kiji/20180601s00041000168000c.html 
  19. ^ “「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役の後任が小林由美子に決定「矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学ぶ」”. (2018年6月14日). https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0614/blnews_180614_6029757924.html 
  20. ^ 「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役は小林由美子に、矢島晶子からバトンタッチ”. コミックナタリー (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  21. ^ 野原しんのすけ役が小林由美子さんに決定!”. テレビ朝日 クレヨンしんちゃん公式サイト (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  22. ^ a b 「クレヨンしんちゃん」しんのすけの新声優は小林由美子 矢島晶子は29日ラスト”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2018.06.15.). 2018年7月1日閲覧。
  23. ^ a b 小新井涼 (2018年6月30日). “クレヨンしんちゃん:声優交代が“炎上”しなかった理由”. まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2018年7月1日閲覧。
  24. ^ 「クレヨンしんちゃん」声優交代ツイッター世界席巻 - 2018年7月7日閲覧。
  25. ^ しんちゃんの新声優、小林由美子さん初登場に「26年前」思い出す人も - 2018年7月7日閲覧。
  26. ^ アニメ「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子が降板”. コミックナタリー (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  27. ^ 『しんちゃん』新声優は小林由美子に決定 7・6放送分から担当【本人コメント全文】”. ORICON NEWS (2018年6月14日). 2018年6月14日閲覧。
  28. ^ 「クレしん」ひろし役の藤原啓治が久々ツイート 病気療養で16年に降板”. Livedoor NEWS (2017年2月16日). 2019年8月31日閲覧。
  29. ^ a b c d 『2018年アニメ全作品 年間パーフェクトデータ』一般社団法人日本動画協会、2019年12月9日。
  30. ^ ゆずが『クレしん』新主題歌、初放送回で2代目しんのすけお披露目”. CINRA.NET (2018年6月21日). 2018年6月21日閲覧。
  31. ^ NORAZO 노라조 Info(@NORAZO_info) Twitter” (2016年9月8日). 2018年6月26日閲覧。
  32. ^ 韓国限定の新規クレヨンしんちゃんOPの話 ぬもったり〜な日記” (2016年8月1日). 2018年6月26日閲覧。
  33. ^ 1994年7月4日放送「オラはパチンコの名人だゾ」など。
  34. ^ 『クレしん』ED曲、野原ひろしの美声に感動の声 挿入歌「北埼玉ブルース」を歌った藤原啓治さん”. ORICON NEWS. 2020年5月2日閲覧。
  35. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【オラの父ちゃんは世界一スペシャル】~」2020年5月2日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年5月2日閲覧。
  36. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【家の中で楽しむゾスペシャル!!】~」2020年4月25日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年5月2日閲覧。
  37. ^ “レキシ、延期となっていた「映画クレヨンしんちゃん」主題歌の発売日決定”. (2020年8月1日). https://news.yahoo.co.jp/articles/85554ee0daec770c5a4a67807189384e9dfcfa84 
  38. ^ レキシ、『映画クレヨンしんちゃん』の主題歌「ギガアイシテル」を4/22にリリース” (日本語). BARKS. 2020年3月7日閲覧。
  39. ^ 価格.com - 「クレヨンしんちゃん ~【母ちゃんとコインランドリー】【幼稚園の口コミ】~」2020年8月8日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年8月8日閲覧。
  40. ^ 1992年4月20日放送「お腹がパンパン痛いゾ」、1994年10月3日放送「借り物競争をするゾ」
  41. ^ 1992年4月27日放送「アクション仮面を見るゾ」、1995年2月27日放送「テレビ局の見学だゾ」
  42. ^ 1992年8月24日放送「アクション仮面に会うゾ」など
  43. ^ a b 1992年9月14日放送「ブルースでおどるゾ」など
  44. ^ 1993年9月27日放送「無敵のカンタムロボだゾ」など
  45. ^ a b 1993年11月29日放送「スケートの天才だゾ」
  46. ^ 1994年6月13日放送「スケバンの掟はきびしいゾ」
  47. ^ 1994年6月20日放送「山のぼりはつらいゾ」
  48. ^ 1994年9月5日放送「給食セットを洗うゾ」
  49. ^ 1994年10月3日放送「借り物競争をするゾ」
  50. ^ 1994年12月5日放送「女の人を追いかけるゾ」
  51. ^ 1995年1月9日放送「ゲレンデは大さわぎだゾ」
  52. ^ 1999年10月7日放送「ふしぎ魔女っ子マリーちゃんだゾ」
  53. ^ 2001年10月5日放送「魔法使いしんちゃんだゾ」
  54. ^ 2001年12月21日放送「町内の大掃除だゾ」
  55. ^ 富山新聞 1993年8月2日付朝刊テレビ欄より
  56. ^ 富山新聞 1993年9月6日付朝刊テレビ欄より
  57. ^ 北日本新聞 2006年3月27日付朝刊テレビ欄より
  58. ^ 北國新聞 1993年1月26日付朝刊テレビ欄より
  59. ^ 北國新聞 2009年4月24日付朝刊より
  60. ^ 大山くまお・林信行・リベロスタイル編著『クレヨンしんちゃん大全』双葉社、2011年4月17日、16-25頁、ISBN 978-4-575-30308-7
  61. ^ 第6回文化庁メディア芸術祭公式サイト
  62. ^ アニメーション神戸公式サイト
  63. ^ 毎日映画コンクール公式サイト
  64. ^ 映画演劇文化協会公式サイト
  65. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  66. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  67. ^ 2016年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2016年7月25日). 2016年9月11日閲覧。
  68. ^ a b 「クレヨンしんちゃん」公式サイト-しんちゃんについて”. 2018年6月25日閲覧。
  69. ^ 韓国では、テレビ番組の視聴年齢の等級分けが途中で変わることがありますか。 韓国おもしろQ&A - もっと! コリア (Motto! KOREA)” (2016年8月12日). 2018年6月25日閲覧。
  70. ^ 【韓国】「チャング(クレヨンしんちゃん)の声優交代」~健康上の理由で - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ”. 2018年6月25日閲覧。
  71. ^ 橋本昌和さんのツイート(Twitter)” (2017年8月23日). 2018年6月25日閲覧。
  72. ^ 「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念(2008年12月7日時点のアーカイブ) - アニメ!アニメ!、2008年12月5日。
  73. ^ KidsParty│知っトク情報(2004年5月4日時点のアーカイブ) - KidsParty、2004年3月1日。
  74. ^ スペインで『クレヨンしんちゃん』が最優秀キャラクター賞に(2004年4月4日時点のアーカイブ) - エキサイトニュース、2004年2月16日。
  75. ^ `Shin Chan´, el héroe televisivo infantil, viaja a España, Periodista Digital, 2006年4月28日
  76. ^ Atari España(2005年10月17日時点のアーカイブ
  77. ^ クレヨンしんちゃん:スペインの“野原家”が来日、しんちゃんとの対面に大喜び - MANTANWEB(まんたんウェブ)” (2011年12月7日). 2018年6月25日閲覧。
  78. ^ Shin chan - Season One - Buy it now on DVD - Anime TrailerFUNIMATION公式YouTubeチャンネル
  79. ^ 『SUPER SHIRO(スーパーシロ)』公式サイト”. 2019年7月11日閲覧。
  80. ^ 「しんちゃんがお出迎え 埼玉県、春日部にアニメ拠点」『日本経済新聞』朝刊2018年7月21日(首都圏経済面)2018年7月25日閲覧
  81. ^ 子ども用リーフレット 「緊急地震速報って知ってる!?」 - 内閣府・気象庁
  82. ^ 2013 サンリオキャラクター大賞|ゴーちゃん。サイト|テレビ朝日(2013年9月14日時点のアーカイブ
  83. ^ “テレ朝・久冨アナ、ゴーちゃん。と『クレヨンしんちゃん』にゲスト出演”. -ORICON STYLE-. (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034030/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  84. ^ 木村拓哉、『クレヨンしんちゃん』にゲスト出演 野原一家全員を演じる”. ORICON (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  85. ^ “「クレヨンしんちゃん」に幼稚園児・ザキヤマが登場”. KADOKAWA. (2015年6月4日). https://thetv.jp/news/detail/59534/ 2017年4月18日閲覧。 
  86. ^ “東山紀之、『クレヨンしんちゃん』に出演「娘にかなり自慢できる」”. -ORICON STYLE-. (2015年11月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2062254/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  87. ^ “『スパロボX-Ω』で『クレヨンしんちゃん』野原しんのすけ&カンタム・ロボが参戦!?”. ファミ通App. (2016年4月11日). http://app.famitsu.com/20160411_694656/ 2016年12月4日閲覧。 
  88. ^ “ゴジラ、カスカベ来襲 日本のテレビアニメに初登場””. -ORICON STYLE-. (2016年7月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2074474/full/ 2016年12月4日閲覧。 
  89. ^ “高田純次が本人役でクレヨンしんちゃん登場「実物のほうがいい男だな」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年7月6日). http://natalie.mu/owarai/news/239682 2017年7月7日閲覧。 
  90. ^ 11月9日(土)ショートアニメ『Doctor-Xだゾ』放送決定!大門未知子役・米倉涼子おねいさんが声の出演しちゃうゾ!”. テレビ朝日 (2019年10月30日). 2019年12月6日閲覧。
  91. ^ 米倉涼子「クレヨンしんちゃん」でアニメ初アフレコ”. 日刊スポーツ (2019年10月30日). 2019年10月30日閲覧。
  92. ^ ドクターX:「クレしん」の“しんのすけ“と“シロ”が第5話に出演 メインゲスト岩下志麻のひ孫と飼い犬”. MANTANWEB (2019年11月14日). 2019年12月6日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレヨンしんちゃん (アニメ)」の関連用語

クレヨンしんちゃん (アニメ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クレヨンしんちゃん (アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレヨンしんちゃん (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS