クループ 疫学

クループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 13:19 UTC 版)

疫学

クループは小児の約15%が罹患し、6ヵ月から5~6歳の間に発症することが多い。[2][4] この年齢層集団の入院の約5%がクループによるものである。[5] 生後わずか3ヵ月の乳児や15歳になって発症する例もまれに存在する。[5] 男児の方が女児よりも頻度が50%高く、秋に流行しやすい。[2]

歴史

「クループ」という病名は初期近代英語の「のように鳴く」という意味の動詞「croup」に由来している。この病名ははじめスコットランドで用いられ始め、18世紀に一般的になった[11] ジフテリアによるクループは古代ギリシャホメロスの時代から知られていたが、1826年になってBretonneau によってジフテリアに起因するクループとウイルス性クループが区別されるようになった。[12] ウイルス性クループはその後フランスで「仮性クループ」と呼ばれるようになった。「クループ」は当時ジフテリア菌による疾患を指していたためである。[9] ジフテリア菌によるクループは今や効果の高い予防接種の出現によりほとんど知られていない。[12]

関連事項




  1. ^ a b c d e f g h i j Rajapaksa S, Starr M (May 2010). “Croup – assessment and management”. Aust Fam Physician 39 (5): 280–2. PMID 20485713. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Cherry JD (2008). “Clinical practice. croup”. N. Engl. J. Med. 358 (4): 384–91. doi:10.1056/NEJMcp072022. PMID 18216359. 
  3. ^ a b c d Diagnosis and Management of Croup (PDF)”. BC Children’s Hospital Division of Pediatric Emergency Medicine Clinical Practice Guidelines. 2013年12月11日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Everard ML (February 2009). “Acute bronchiolitis and croup”. Pediatr. Clin. North Am. 56 (1): 119–33, x–xi. doi:10.1016/j.pcl.2008.10.007. PMID 19135584. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l Johnson D (2009). “Croup”. Clin Evid (Online) 2009. PMC 2907784. PMID 19445760. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2907784. 
  6. ^ a b c Klassen TP (December 1999). “croup. A current perspective”. Pediatr. Clin. North Am. 46 (6): 1167–78. doi:10.1016/S0031-3955(05)70180-2. PMID 10629679. 
  7. ^ a b Russell KF, Liang Y, O'Gorman K, Johnson DW, Klassen TP (2011). “Glucocorticoids for croup”. Cochrane Database Syst Rev 1 (1): CD001955. doi:10.1002/14651858.CD001955.pub3. PMID 21249651. 
  8. ^ Port C (April 2009). “Towards evidence based emergency medicine: best BETs from the Manchester Royal Infirmary. BET 4. Dose of dexamethasone in croup”. Emerg Med J 26 (4): 291–2. doi:10.1136/emj.2009.072090. PMID 19307398. 
  9. ^ a b Marchessault V (November 2001). “Historical review of croup”. Can J Infect Dis 12 (6): 337–9. PMC 2094841. PMID 18159359. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2094841. 
  10. ^ Vorwerk C、Coats T (2010). “Heliox for クループ in children”. Cochrane Database Syst Rev 2 (2): CD006822. doi:10.1002/14651858.CD006822.pub2. PMID 20166089. 
  11. ^ Online Etymological Dictionary、Accessed 2010-09-13.
  12. ^ a b Feigin, Ralph D. (2004). Textbook of pediatric infectious diseases. Philadelphia: Saunders. p. 252. ISBN 0-7216-9329-6. 


「クループ」の続きの解説一覧



クループと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クループ」の関連用語






6
32% |||||

7
32% |||||



10
16% |||||

クループのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クループのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクループ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS