クライング・ゲーム クライング・ゲームの概要

クライング・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 05:54 UTC 版)

クライング・ゲーム
The Crying Game
監督 ニール・ジョーダン
脚本 ニール・ジョーダン
製作 スティーヴン・ウーリー
エリザベス・カールセン
製作総指揮 ニック・パウエル
出演者 スティーヴン・レイ
音楽 アン・ダッドリー
主題歌 ボーイ・ジョージ
"クライング・ゲーム"
撮影 イアン・ウィルソン
編集 カント・パン
製作会社 Palace Pictures
Channel Four Films
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ヘラルド・エース/日本ヘラルド映画
公開 イギリスの旗 1992年10月30日
アメリカ合衆国の旗 1992年11月25日
日本の旗 1993年6月19日
上映時間 112分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £2,300,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $62,548,947[2]
テンプレートを表示

巧みなストーリーテリングが評価され、アカデミー脚本賞他、多数の映画賞を受賞。

ストーリー

晩秋のアイルランド英国軍に捕らえられた仲間たちを釈放するための人質として、黒人兵士ジョディ(フォレスト・ウィテカー)がIRAの一団に誘拐された。アジトに幽閉されたジョディの見張りにはファーガス(スティーヴン・レイ)という男が当たった。

2人きりで過ごすうちに、いつしか彼らはお互いに友情を抱く。ジョディはファーガスに「あんたは親切だ。それがあんたの性(さが)なんだ」と語る。ジョディは、自分が殺されたらロンドンにいる恋人ディルに会って「愛していた」と伝えてほしいと頼む。

ところが、ジョディは救出にやって来た英国軍の装甲車に誤ってひかれて死亡し、アジトも軍の急襲を受けて炎に包まれた。かろうじて逃げ延びたファーガスはロンドンへと渡り、美容師のディル(ジェイ・デヴィッドソン)に会う。ファーガスは、夜はバーで歌うディルの美しく不思議な魅力にひかれ、2人は急速に接近する。

だが、服を脱いだディルを見た彼はディルを拒絶する。ディルは男だったのだ。ディルを傷つけたと感じたファーガスは謝罪し、ディルも彼を許して2人はやがて和解するが、幸せは長くは続かなかった。

死んだと思われていたIRAの女性メンバー・ジュード(ミランダ・リチャードソン)とリーダーのマグワイア(エイドリアン・ダンバー)が現れ、ファーガスに要人暗殺計画に参加するよう強要、断るとディルの命はないと脅迫され、ジュードに屈したファーガスはディルの髪を切って男装させ、ホテルに隠す。

意を決したディルはファーガスをベッドに縛りつけ、ジョディの死の真相やIRAについて何もかも聞き出す。一方でファーガスの遅延のためにマグワイアは死に、計画は失敗。怒りに燃えたジュードは2人の隠れ場所にかけつけるが、逆にディルの銃弾を浴びて死んだ。ファーガスはディルを逃がし、身代わりに自首する。

数か月後、ファーガスのいる刑務所に面会にやって来たディルの姿があった。

キャスト

※括弧内は日本語吹替




  1. ^ The Crying Game (1992) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年4月18日閲覧。
  2. ^ The Crying Game (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月8日閲覧。


「クライング・ゲーム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

クライング・ゲームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

関川

殺菌

サクラソウ

スクリムショー

松岡洋右

サービスエリア

アピストグラマ・ボレリィ レッドマスク

821P





クライング・ゲームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクライング・ゲーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS