キューティーハニー 小説

キューティーハニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 06:08 UTC 版)

小説

  • キューティーハニーvol.1(団龍彦
    • スーパークエスト文庫(小学館)
  • 悪魔の爪に囚われて キューティーハニーBOYS(諏訪山ミチル、イラスト - 立野真琴
    • 花丸ノベルズ(白泉社
    • キューティーハニーの後継者として造られた少年アンドロイドの如月羽仁衣は生徒の失踪が相次ぐ聖ベネディクト学園に、捜査のため潜入する。
  • 小説キューティーハニー外伝 ひと夏の冒険(宇山京平、イラスト - すぎやま現象
    • AnimeStudio(宙出版) Vol.1 - 2(掲載誌休刊により中断)
    • 学園の夏休みを利用して、夏子の叔父の家へ旅行に出かける二人。しかし、道中の電車内で地元のヤクザに絡まれトラブルに発展。ハニーは田舎町に潜む問題を解決するべく奔走する。本作の黒幕で、オリジナルの女怪人であるレッドモスクローと対峙したところで休刊となったため、キューティーハニーへの変身や戦闘シーンが一切描かれていない。

ゲーム

当作を冠する家庭用ゲーム機向けのタイトルとしては、2021年現在において後述の『キューティーハニーFX』が唯一である。

ゲームソフト
モバイルゲーム
  • キューティーハニー ラブ・フラッシュ - 2011年に配信されたMobageソーシャルゲーム
  • ロボットガールズZ ONLINE - 2014年6月5日よりサービスが開始されたブラウザゲーム。配信はUSERJOY JAPAN。マジンガーZの擬人化「Zちゃん」とゲッターロボの擬人化「ゲッちゃん」がそれぞれハニーに扮したキャラとして登場。また敵キャラにはシスタージル(声 - 井上喜久子)が登場しており、その後遅れてハニー(声 - 沢城みゆき)も登場した。2021年5月6日11時をもって、サービスは終了している。
  • スーパーロボット大戦X-Ω - 2015年10月5日よりサービスが開始された、スマートフォン・タブレット用のゲームアプリ。配信はバンダイナムコエンターテインメント。恒常参戦として『マジンガーエンジェル』版の如月ハニーと搭乗機のキューティーハニーが、2018年10月の期間限定参戦として『Universe』版のハニー(ロボには乗らず等身大サイズで戦う)がプレイアブルユニットとして登場。2021年3月30日をもってサービスは終了したが、同年6月30日までの期間限定でオフライン版が配信されていた。
パチスロ機
パチンコ機
  • CRキューティーハニー - ニューギンのパチンコ機。

オリジナル・キャラクター








固有名詞の分類

映画作品 夫婦合唱  暗黒の大統領カポネ  キューティーハニー  血潮の吹雪  美貌と罪
テレビ朝日系アニメ カリメロ  ウミガメと少年  キューティーハニー  ドラドラ子猫とチャカチャカ娘  つるピカハゲ丸
アニメ作品 き ギブリーズ episode2  銀河漂流バイファム  キューティーハニー  傷物語  ギャラクシー・ハイスクール
1973年のテレビアニメ 空手バカ一代  冒険コロボックル  キューティーハニー  ドロロンえん魔くん  ミラクル少女リミットちゃん
日本の漫画作品一覧 舞舞草の谷  くせっ毛ララバイ  キューティーハニー  つるピカハゲ丸  遊☆戯☆王GX
アニメソング Tomorrow/枯れない花  No Regret  キューティーハニー  ヒトリノ夜  まさか三卵性!?
漫画作品 き 銀色の髪の亜里沙  銀曜日のおとぎばなし  キューティーハニー  境界のRINNE  金と銀のカノン
漫画の登場人物 剛万太郎  嵜島昇喜郎  キューティーハニー  吉川恵  坂田銀時

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キューティーハニー」の関連用語

キューティーハニーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キューティーハニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキューティーハニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS