キャリアデザイン キャリアプランニングの重要性

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > キャリアデザインの解説 > キャリアプランニングの重要性 

キャリアデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 10:08 UTC 版)

キャリアプランニングの重要性

自分のキャリアプランニングを考え出すことが重要である。それは、自分に必要な方向性を与え、将来どこに自分自身を見るかを明確にする。それは将来的に目標を達成するために必要な、強みと弱み、そしてスキルと知識を教える。

私たちの人生の大部分は、私たちのキャリア目標を達成するために費やされている。したがって、自分の人生の初期段階で正しい手順が取られ、正しい計画が確実に行われたことを確認することが非常に重要である。明確な心を持って生まれ、自分が何をしたいのかを知っている人、そして先の人生の中で自分がどこにいるのかを知っている幸運な人はほとんどいない。しかし、私たちの大多数は、私たちが人生から望むものを確信していないので、物事を計画することは非常に重要である。したがって、キャリアプランニングは自分のキャリアと、人生、真の意味と目的を何らかの形で与えるものである。

キャリアプランニングのプロセス

キャリアプランニングのプロセスは、キャリア開発ステージとキャリア開発モデルとも呼ばれる。これらの手順は、自分のキャリアを計画し、将来について決定するのに役立つ[1]

自己評価

自己評価とは、スキル、潜在力、強み、目標を達成する能力を評価するのに役立つプロセスである。ステップの名前が示唆するように、自分自身を評価し、分析に基づいて自分の長所と短所を念頭に置いて、将来の計画を立案する。将来の計画を策定することにより、このステップを実行することで、自分が選択したい職業とキャリアパスを確定することができる。複数のキャリアを選択して確定し、ロールバックを決定した場合は、1つまたは2つのキャリアを保つようにする。自分が選んだキャリアに満足していない場合や、後で時間がたつにつれて、これが自分のためではないことを知りえた場合は、バックアップ計画が必要になる。

自己開発

自分自身を自己分析したら、注意しなければならない第2のステップは、上記のステップで特定した抜け穴を埋めることである。これにより、このステップでは、目標や目標を達成するために必要な資質やスキルは何かを確認する必要がある。例えば、自分が選択した職業に完璧になるように、訓練やフィールドでの特定のコースが必要であると決めるかもしれない[2]

例えば絵を描くことに興味があるかもしれないが、その分野に必要な傾向や知識をあまり気づかないかもしれない。または、興味を持ち、教授のような職業について多くのことを認識しているが、自分が好きなニッチなレベルと、自分がかなりうまくやり遂げることができるテーマが何かをまだ知っていない場合がある。

徹底的な研究自己開発

自分のケースで有利なキャリアと、優れた成果を得るために必要なスキルと改善をリストアップしたら、3番目のステップでは、集中的な調査を行い、キャリアオプションや自分がそれでチャンピオンになるために必要なスキルを知る。そこでは、以下の質問を検討する

  • 選んだキャリアの範囲は?
  • そのキャリアで将来生活できるか?
  • そのキャリア分野の拡大の余地はあるか?

行動様式を思いつく

上記の手順で確定した要素の実現可能性を調査した後、次のステップは、何らかのアクションを示し、ページ上に計画を書き出す。このステップでは、上記で決めたステップをどのように達成し達成するかを計画する必要がある。行動計画を立てる最善の方法は、自分のための小さな目標を思い付くことである。これらの小さな目標が達成されると、主目的と主要目標にどれくらい近いかを見ることができる。この小さなステップは、主な目的の道筋として機能する。

アクション

小さな目標と主な目的を達成すれば、次のステップは計画の実施を開始することである。正しい軌道上にいることを確認するために活動を非常に詳しく追跡する。そして、この道をたどることによって、確実に目標を達成できるだろう。

脚注




「キャリアデザイン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャリアデザイン」の関連用語

キャリアデザインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャリアデザインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャリアデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS