ガーデニング 庭の特徴とアクセサリー

ガーデニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 00:05 UTC 版)

庭の特徴とアクセサリー

ガーデニングはプロとアマチュア両方が創造性を行使するため、市場で利用可能な機能や、アクセサリーも広範囲にあつかう。 これらは装飾や機能を追加するために活用され、銅、石、木、竹、ステンレス鋼粘土ステンドグラス、コンクリート、鉄などの幅広い素材から作られており、例としてはトレリス、アーバー、彫像、ベンチ噴水、壷、バードバスやフィーダー、ならびにキャンドルランタンや石油ランプなどの庭の照明が挙げられる。こうしたアイテムの活用は、庭師や園芸人自身の表現の一部になることがある。

農業との比較

ハンドガーデニングツール

美のためにおこなっているガーデニングは実際には耕作とほぼ同じくらい古いが、大多数の人にとって歴史の大部分では食料や他の有用な製品の必要性から栽培を切り開いたので、本当は区別はなかったし、逆に小規模の自給自足農業(牧畜と呼ばれる)なら園芸とほとんど区別がつかない。個人的なことのためにペルーの農家やアイルランドの小規模農家によって栽培されたジャガイモのパッチが庭または農作業のいずれかとして説明することができうるが、一般人のみるガーデニングは、裕福さと遊園地の影響を受けて美やレクリエーション、レジャーなどをより重視する別分野として発展していった[18][要出典]一方、農業が発展してきた方向に先進国で商業化規模の経済性及び単作がある。

その食料生産の目的に関しても、主に規模と意図により農業は園芸より際立って[誰によって?]いるが、農業はより規模が大きく、販売可能な商品の生産が大きな動機となっており、一方ガーデニングは主に喜びと庭師自身の家族やコミュニティのために商品を生産するため小規模で行われている。市場ガーデニングと呼ばれることが多い中程度の大きさの野菜栽培が、どちらのカテゴリにも当てはまるという点で、用語間にはいくつかの重複がみられる。

庭に植える

こうしたガーデニングと農業の主な違いは、本質的には規模の違いでありガーデニングは趣味やサプリメントになることができうるが、農業は一般的に知られるように[誰によって?]フルタイムまたは商業的な活動として通常はより多くの土地を必要とし、とまったく異なる慣習を伴う。また1つの違いは、ガーデニングは労働集約的で、インフラストラクチャーの資本などはほとんど使わずバスケットじょうろなどの道具はほんの数本しか必要としない。これとは対照的に、大規模農業では灌漑システム、化学肥料収穫機や少なくとも梯子で果樹に手を差し伸ばすことがよくある。しかしこの区別は小さな庭でも電動工具の使用が増えるにつれて曖昧になっていく。

部分的には労働集約度と審美的動機のためか、ガーデニングは農業よりも土地の単位当たりの生産性がはるかに高いことがよくある。ソビエト連邦では、食料の半分は小さな農民の農園にある小さな農民の農園から供給されていた。[要出典] 資本主義にたいして幾人か[誰?]が優位性の証拠としてこれを主張し以来、コルホーズは農産物を売ることができ、その他[誰?]それがコモンズの悲劇の証拠だと考えてしまっている。

Monty Donは、現代の庭師と近世の農民との間の不可解なつながりを推測している[19]

精密農業という言葉が時々使われ特に有機栽培品種中間技術(道具以上、収穫機以下)を用いた園芸について説明で、ガーデニングは効果的に拡大され、100人を超える人々が集まる村全体を専門の農園から養うことができる。変種は、都市居住者に場を提供するコミュニティガーデンがある。貸し農園を詳しくは参照。

芸術としての庭園

ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州、メッティンゲンSchultenhofの庭園

ガーデンデザインは一般的に庭のメンテナンスを意味するガーデニングとは区別され、ほとんどは文化芸術であると考えられているが、庭のデザインには多年生、蝶、野生生物、日本語、水、熱帯、または日陰の庭など、さまざまなテーマを含めることができうる。日本では過去サムライ禅僧がしばしば装飾的な庭を造っているが、生け花として知られているフラワーアレンジメントのような関連スキルを体得することをも要求されていた。18世紀のヨーロッパでは、フランスのヴェルサイユやイギリスのストウのように、田園地帯は造園家によって整形式庭園や美しい公園に改装されていった。今日ではランドスケープアーキテクトガーデンデザイナーはプライベートガーデンスペースのための芸術的で創造的なデザインを生み出し続けており、米国ではプロのランドスケープデザイナーはランドスケープデザイナー協会によって認定されている[20]


  1. ^ 小澤直子(2015)芳香性植物の嗜好性と利用実態および食材としての印象に関する研究[1]
  2. ^ Douglas John McConnell (2003). The Forest Farms of Kandy: And Other Gardens of Complete Design. p. 1. ISBN 9780754609582. https://books.google.com/books?id=QYBSfUJPQXcC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage 
  3. ^ Douglas John McConnell (1992). The forest-garden farms of Kandy, Sri Lanka. p. 1. ISBN 9789251028988. https://books.google.com/books?id=G3QPo7lThXsC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage 
  4. ^ a b A Brief History of Gardening”. 2010年6月4日閲覧。
  5. ^ Ryrie, Charlie (2004). The Cottage Garden: How to Plan and Plant a Garden That Grows Itself. Collins & Brown. p. 7. ISBN 1-84340-216-5. https://books.google.com/books?id=8VfO_WIAx0wC&pg=PA7 
  6. ^ Scott-James, Anne; Osbert Lancaster (2004). The Pleasure Garden: An Illustrated History of British Gardening. Frances Lincoln Publishers. p. 80. ISBN 978-0-7112-2360-8. https://books.google.com/books?id=IbhwIo3m3mQC&pg=PA80 
  7. ^ アン・スコット・ジェームス コテージガーデン (ロンドン:レーン)1981、英語コテージガーデンの起源を解除mythologised、およびその秘蔵トピアリー野菜や花の間では、一般に17世紀からの家宝を表すことに
  8. ^ A Biographical Dictionary of British Architects, 1600–1840, Howard Colvin, Yale University Press, 2008 ISBN 0-300-12508-9, p 659
  9. ^ Lloyd, Christopher; Richard Bird (1999). The Cottage Garden. Jacqui Hurst. Dorling Kindersley. pp. 6–9. ISBN 978-0-7513-0702-3 
  10. ^ Yves-Marie AllainとJanine Christiany、ヨーロッパの城塞、CitadellesとMazenod、2006
  11. ^ Boults, Elizabeth and Chip Sullivan (2010). Illustrated History of Landscape Design. John Wiley and Sons. p. 175. ISBN 0-470-28933-3 
  12. ^ a b hugelkultur: the ultimate raised garden beds”. www.richsoil.com. 2018年9月20日閲覧。
  13. ^ Hemenway, Toby (2009). Gaia's Garden: A Guide to Home-Scale Permaculture. Chelsea Green Publishing. pp. 84-85. ISBN 978-1-60358-029-8.
  14. ^ Greening the Desert II” (2009年12月11日). 2018年9月20日閲覧。
  15. ^ What is a community garden?”. American Community Garden Association (2007年). 2007年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月10日閲覧。
  16. ^ Hannah、AK&Oh、P.(2000)都市貧困の再考:コミュニティガーデンズの展望。科学技術と社会の紀要。 20(3)。207-216。
  17. ^ Ferris、J。、Norman、C。およびSempik、J。(2001)人、土地および持続可能性:コミュニティガーデンおよび持続可能な開発の社会的側面社会政策と行政 35(5)。559-568
  18. ^ Mickey, Thomas J. (2008) [2003]. Deconstructing Public Relations: Public Relations Criticism. Routledge Communication Series. Mahwah, New Jersey: Routledge. p. 43. ISBN 9781135652210. https://books.google.com/books?id=wxaQAgAAQBAJ 2018年1月21日閲覧. "The number-one leisure activity in the United States is gardening." 
  19. ^ Swift, Joe (2012). “Summer at the plot”. Joe's Allotment: Planning and planting a productive plot. Random House. ISBN 9781409070139. https://books.google.com/books?id=6c3UyYKo1EEC 2018年1月20日閲覧. "I suppose it is an atavistic connection with the land and the completely honourable peasant mentality, that was lost in Britain with the Industrial Revolution, yet persists in our gardens and allotments." 
  20. ^ APLD.org
  21. ^ 2008年9月4日[2] The Guardianに [3]
  22. ^ A Common Pesticide Decreases Foraging Success and Survival in Honey Bees”. 2012年3月29日閲覧。
  23. ^ Mole-ested”. 2014年5月28日閲覧。
  24. ^ The Self-Sufficient Gardener Podcast--Episode 24 Companion Planting and Crop Rotation”. 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  25. ^ Eger (2013年7月28日). “Marlin 25MG Garden Gun”. Marlin Firearms Forum. Outdoor Hub LLC. 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。


「ガーデニング」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ガーデニングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガーデニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガーデニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS