ガンバ大阪 歴史

ガンバ大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 02:21 UTC 版)

歴史

前史

1980年に創部された松下電器産業サッカー部が前身[1]1984年日本サッカーリーグ(JSL)2部[1]1986年にJSL1部へ昇格[1]第70回天皇杯全日本サッカー選手権大会(1990年)優勝[1] などの成績を残した。

1991年10月1日、運営会社である株式会社松下サッカークラブを設立。

1992年 - 2012年(J1)

1992年 - 1995年

1992年にクラブ名を「パナソニックガンバ大阪」と命名。Jリーグ創設時からの加盟クラブ「オリジナル10」の一つであり、当初は近畿地方で唯一のJリーグクラブだった。Jリーグ加盟時は松下がユニバーサル映画を買収した時期と重なり、強そうなのでスティーヴン・スピルバーグの映画『ジョーズ』から大阪城にも引っ掛け「大阪ジョーズ」という名前が有力候補だった。しかし、瀬戸内海サメが出没する事件が発生したことなどから、このクラブ名は不謹慎という理由で不採用となった[11]

松下初代監督水口洋次の同い年の親友で松下監督をJSL閉幕時点でも務めた釜本邦茂が引き続きJ参戦に向けて指揮を執った。永島昭浩礒貝洋光本並健治エジバウドなどが所属していた。1992年のJリーグカップは8位に終わったが、第72回天皇杯全日本サッカー選手権大会はベスト8の成績。しかし、1993年1月にエジバウドがシーズン開幕を待たずして交通事故で他界した。

1993年Jリーグ開幕節5月16日)、万博記念競技場浦和と対戦し、和田昌裕の得点で1 - 0で勝利したが、1st・2ndステージとも8勝10敗の成績で、順位はそれぞれ10チーム中8位と6位。Jリーグ開幕初年は年間成績7位に終わる。ナビスコ杯ではベスト4へ進出。帝京高等学校時代の2年生次で出場した第70回全国高校サッカー選手権では7得点を挙げ大会得点王に輝き、同校を優勝に導いた大型ストライカーとして注目を集めた松波正信は卒業の93年開幕したばかりのJリーグの4クラブ(名古屋グランパスエイト鹿島アントラーズジェフユナイテッド市原)から正式オファーがあり、ガンバに加入。同年5月16日の開幕節ではベンチ入りも逃したが6月9日、サントリー第11節サンフレッチェ広島戦で決めたJ初ゴールがJリーグ通算100ゴールとなった。以後、初年度から出場機会を掴みリーグ戦29試合出場7得点を記録、7得点のうち10代最後の誕生日の前日11月20日、NICOSシリーズ第14節市原緑地運動公園臨海競技場で当時高卒ルーキーだった松波はキックオフから延長までフルタイム出場しハットトリックを達成、3点目は延長前半のサドンデス(Vゴール)。

1994年、釜本体制2年目。永島が清水エスパルスに移籍した一方、前年からのアレイニコフに加え、ツベイバプロタソフといった元ソ連代表勢が加入した。しかし、守備の要となる筈だったツベイバがケガで離脱し、1stステージは7勝15敗で12チーム中10位。2ndステージはツベイバが復帰したが、7連敗を喫すなど最下位争いの常連となり、名古屋グランパスエイト・浦和と共にJリーグのお荷物と扱われるようになった[12]。最終的に8勝14敗で1stステージ同様の10位の成績。カップ戦はナビスコ杯天皇杯共にベスト4で敗退。シーズン終了後、成績不振により釜本が監督を解任された。

1995年ジークフリート・ヘルトが監督に就任。ヒルハウススクリーニャらが加入。また、ユースから宮本恒靖らがクラブで初めて昇格した。1stステージ序盤は6勝2敗と好スタートを切り、首位争いに加わったが、その後は8連敗を喫し、最終的なステージ成績は10勝16敗で14チーム中11位。2ndステージは8勝18敗の13位。年間総合順位は初めて最下位に終わり、シーズン終了後にヘルトが監督を退任した。天皇杯は2年連続でベスト4に入った。

1996年 - 1998年

1996年、クラブ名を「ガンバ大阪」、法人名を「(株)ガンバ大阪」にそれぞれ改称。前アシスタントコーチのヨジップ・クゼが監督に就任。初の1シーズン制で行われ、リーグ開幕から15連敗していたV川崎に第9節に勝利するなど、前半戦は8勝7敗。しかし後半戦で失速し、最終的な年間成績は11勝19敗で16チーム中12位。年間成績は初年度から参加した10チーム中唯一4年連続の負け越しとなった。天皇杯は3年連続でベスト4に進出した一方で、ナビスコ杯では予選で敗退した。

チームスローガン:GAMBA REVOLUTION

1997年、クゼ体制2年目。礒貝が浦和、本並がV川崎に移籍。一方でカメルーン代表パトリック・エムボマが加入し、新井場徹がユースから昇格した。また、ユースから飛び級でトップチームに昇格した稲本潤一が当時のJリーグ最年少出場記録となる17歳171日でJリーグ公式戦に初出場した。1stステージを8勝8敗(17チーム中8位)と初めて勝敗を五分に持ち込むと、2ndステージは当時のJリーグ記録となる9連勝を飾り、首位争いに加わり、2位の成績を残した。また、年間成績も初めて勝ち越し4位となった。なお、エムボマは25得点を挙げて、クラブ初のJリーグ得点王ベストイレブンを獲得。シーズン終了後、クゼが監督が母国クロアチア代表のスタッフ就任により退団、天皇杯はアシスタントコーチのフリードリッヒ・コンシリアが率い、4年連続でベスト4に入った。

チームスローガン:Run Together ともに勝利を!

1998年フレデリック・アントネッティの監督就任が決まっていたが、ヨーロッパのシーズンが終了してからの来日という形になり、それまではコンシリアが監督を務めた。また、橋本英郎がユースから昇格し、姫路市立琴丘高等学校播戸竜二を練習生として獲得した(数か月後にプロ契約)。1stステージは14位(7勝10敗)。7月にエムボマがイタリア・セリエAカリアリに移籍した。2ndステージは16位(5勝12敗)となり、年間成績は15位。また、ナビスコ杯は予選敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。

1999年 - 2001年

チームスローガン:Dream together

1999年、コンシリア体制2年目。大黒将志二川孝広がユースから昇格した。1stステージは6勝9敗で16チーム中10位に終わり、アントネッティがシーズン途中で監督を退任。2ndステージから早野宏史が監督に就任したが、5勝1分9敗の13位。年間成績は11位となった。また、ナビスコ杯は2回戦、天皇杯は4回戦で敗退した。

チームスローガン:激闘宣言

2000年、早野体制2年目。1stステージは5勝2分8敗の13位。2ndステージは開幕から5連勝。第10節の広島戦での勝利で3年ぶりに首位に立った。鹿島と優勝を争ったが、第14節で鹿島、最終節で磐田に破れ、順位は4位。なお、年間成績では6位、15勝2分13敗と3年ぶりに勝ち越した。また、天皇杯では3年ぶりにベスト4へ進出。

チームスローガン:挑戦

2001年、早野体制3年目。遠藤保仁山口智を獲得。1stステージは9勝6敗の5位。1stステージ終了後、稲本がクラブ初となる海外移籍で、イングランドプレミアリーグアーセナルFCへ移籍。2ndステージは低迷し、第8節にC大阪戦(大阪ダービーVゴール負け)の翌日に早野が監督を辞任した。コーチの竹本一彦が監督に昇格したが、最終成績は5勝2分8敗の11位。年間成績は16チーム中7位(14勝2分14敗)。

2002年 - 2004年

チームスローガン:新挑戦

2002年、前監督の西野朗が監督に就任。1stステージは中断期間までに4勝1分け2敗の4位。再開後も4連勝で一時は3位に浮上、最終的に9勝1分5敗で4位に入った。2ndステージも磐田と優勝を争ったが、直接対決で0-2と完敗するなどし、2位の成績(10勝5敗)。年間順位も過去最高の3位となり、19勝1分10敗と2年振りの勝ち越しを達成。また失点数・反則ポイント共に、チーム歴代最少であった。

チームスローガン:Over the Top

2003年は、西野体制2年目。年間で7度アディショナルタイムで失点を喫するなど失った勝点が積み重なった結果、一時は残留争いに加わった。1stステージは4勝4分7敗で12位、2ndステージは優勝争いには絡めず、6勝5分4敗で7位。年間成績も10勝9分11敗と4年ぶりに負け越した。シーズン終了後、新井場徹が鹿島に移籍した。4月17日、1996年12月29日の天皇杯準決勝広島戦でのプレー中の事故を最後に1998年シーズン途中に退団した今藤幸治が死去した。

チームスローガン:Re:Start - ガンバが変わる -

2004年、西野体制3年目。シジクレイフェルナンジーニョらを獲得。1st・2ndステージ共に優勝争いに加わり、1stステージ7勝3分5敗で4位、2ndステージ8勝3分4敗で3位の成績。なお、この年はユース出身の大黒将志がリーグ戦日本人最多の20得点を挙げた。また、J1・1st第15節新潟戦で家長昭博がJリーグ史上初となる2種登録選手によるデビュー戦での初得点を挙げた。カップ戦においては、ナビスコ杯ベスト8、天皇杯ベスト4の成績となった。

2005年

チームスローガン:熱き青の力で、共に頂点へ

2005年、西野体制4年目。アラウージョ藤ヶ谷陽介を獲得。リーグ戦序盤6試合はわずか1勝であったが、リーグ戦中盤以降にはアラウージョ、大黒将志、フェルナンジーニョを擁する攻撃力が機能するようになり(総得点は合計82)、22節に首位に立つ。ナビスコ杯は初めて決勝へ進出。決勝は千葉にPK戦で敗退したが、準優勝の成績を収めた。リーグ戦では終盤に失速し、第33節終了時点でC大阪に抜かれ、2位に後退する。それでも、最終節で川崎に勝利し、勝点1差の首位だったC大阪がFC東京と引き分けたため、クラブ創設以来初また関西のチームとして初となるリーグ優勝を果たした(詳細は2005年J1最終節を参照)。同時にAFCチャンピオンズリーグ2006(ACL)の出場権を獲得した。

この年、アラウージョがクラブのシーズン最多得点となる33得点を挙げ、クラブでは1998年のエムボマ以来となる得点王と、クラブ初となるリーグMVPを獲得。シーズン終了後、アラウージョが移籍。この年、16得点を挙げた大黒もフランス2部リーググルノーブルへ移籍した。また、1993年のJリーグ開幕から所属した松波正信が現役を引退した。

2006年

チームスローガン:もっと熱く、青く、強く!!!〜さらに新たな挑戦へ〜

2006年、西野体制5年目。大型補強を行い、FWにマグノ・アウベスと、7年ぶりにG大阪復帰となる播戸竜二から元日本代表のMF明神智和、日本代表のDF加地亮らを獲得。また、ユースからは安田理大平井将生ら過去最多の6人が昇格した。

初出場したAFCチャンピオンズリーグ2006はマグノ・アウベスが8得点で大会得点王を獲得したが、グループリーグで敗退。A3チャンピオンズカップ2006中国大連実徳と千葉には勝利したが、韓国蔚山現代に大敗し、2位の成績。

リーグ戦は最終節前で浦和勝点3差の2位であったが、最終節の浦和との直接対決に2-3で敗れ、リーグ連覇はならなかった(最終順位は3位)。なお、マグノ・アウベスがクラブ史上3人目の得点王となる26得点、播戸も16得点を挙げた。

リーグ戦終了後、宮本恒靖がオーストリアレッドブル・ザルツブルクへ移籍、また、フェルナンジーニョも移籍した。

天皇杯では、Jリーグ加入後初(前身の松下電器時代を含めると16年ぶり)の決勝進出を果たしたが、浦和に敗退した。

2007年

ナビスコカップ決勝時のガンバ大阪サポーターによるコレオグラフィー

チームスローガン:超攻撃

2007年、西野体制6年目。FWバレーレンタルでDF中澤聡太を獲得。開幕前に行われたゼロックススーパーカップでは浦和と2年連続で対戦し、マグノ・アウベスハットトリックを含む4-0で勝利しスーパカップ初制覇。

ナビスコ杯では、2年ぶりに決勝進出。決勝では川崎と対戦し、優勝。決勝点を挙げた安田理大が、大会MVPとニューヒーロー賞を受賞した。

リーグ戦は、クラブ初となる開幕4連勝で波に乗り、中断期間まで12勝5分け1敗と好調のまま首位。中断明けの浦和との直接対決に敗れ、最終的に2年連続の3位に終わったが、浦和が前年度の天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ2007を優勝したため、ACLの大会規定により天皇杯優勝枠でAFCチャンピオンズリーグ2008の出場が決まった。

シーズン後、外国籍選手のクラブ最多出場記録を持ち、ゲームキャプテンも務めたシジクレイが移籍。また、實好礼忠が現役を引退した。

2008年

チームスローガン:Power 〜力の結集〜

2008年、西野体制7年目。佐々木勇人ルーカス山崎雅人らを獲得した2008年シーズンは300日余りの間に公式戦を過去最多の61試合をこなす過酷な日程となった。

2月のパンパシフィックチャンピオンシップ2008は、初戦でロサンゼルス・ギャラクシー、決勝でヒューストン・ダイナモに夫々勝利し、1992年クイーンズカップ以来となる16年ぶりに国際タイトルを獲得した。

5月17日、埼玉スタジアムの浦和戦(第13節)で、一部のG大阪サポーターによる浦和側への観客席に対する物の投げ込みを発端とした両クラブのサポーターが衝突する騒動が発生し、クラブは騒動を起こしたBB sez TOKYOの団員2名を永久入場禁止とし、同団体は解散となった。また、Jリーグから1000万円の制裁金が課された。

7月30日、スルガ銀行チャンピオンシップアルゼンチンアルセナルFCと対戦し、0 - 1で敗れた。

2年ぶりに出場したAFCチャンピオンズリーグ2008では準決勝で前年覇者である浦和とのACL史上初のJリーグ勢対決を2戦合計4 - 2(第1戦 1 - 1、第2戦 3 - 1)で制すると、11月12日の決勝ではオーストラリアのアデレード・ユナイテッドに2戦合計5 - 0(第1戦 3 - 0、第2戦 2 - 0)で勝利し、クラブ史上初、Jリーグ勢では1999年(AFCチャンピオンズリーグの前身であるアジアクラブ選手権)の磐田、2007年の浦和に次ぐ3クラブ目となるアジア制覇を果たす。また、ACL史上3クラブ目の無敗での優勝、そして、史上初のアウェー全勝(6戦中4戦が逆転勝ち)での優勝であった。遠藤保仁が大会MVPを受賞。また、AFCよりアジア年間最優秀クラブ賞を受賞し、監督の西野がアジア年間最優秀監督賞を受賞した。

一方で、リーグ戦はシーズン序盤でやや躓くと、立て直してきた中盤には播戸竜二肝機能障害、遠藤がウイルス感染症で離脱。更に、エースストライカーのバレーUAEアル・アハリに移籍。また、横浜FMからロニーを獲得するも、チームにフィットせず中盤で大失速。特にJ1第19節からJ1第24節まで勝利が無く、優勝争いから脱落する。最終順位は8位に終わった。

12月、日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ2008は初戦の準々決勝でこの年3度目の対戦となったアデレードに1 - 0で勝利。準決勝はヨーロッパ王者マンチェスター・ユナイテッドに3 - 5で敗戦。3位決定戦は北中米カリブ海王者パチューカに1 - 0で勝利し、前年の浦和に続き大会3位となった。

天皇杯はクラブワールドカップとの日程が並行したため、準々決勝以降は中2・3日の間隔で試合が行なわれたが、2年ぶりに決勝へ進出。との決勝は延長後半に途中出場の播戸の先制点が決勝点となり1 - 0で勝利し、前身の松下電器時代の1990年度大会以来、18年ぶり2度目の優勝を果たす。これにより、国内3大タイトルを全て獲得した5つ目のクラブとなった。同時にAFCチャンピオンズリーグ2009出場権も獲得した。

2009年

チームスローガン:SHOBU〜そして、ワールドスタンダードへ〜

2009年、西野体制8年目。レアンドロチョ・ジェジンなどのFW、高木和道パク・ドンヒョクの日韓代表経験を持つDFらを獲得した。

2009年5月16日 浦和レッズ戦

5月2日、レアンドロがJ1第9節 大分戦で4月8日のACLグループリーグ第3節 スリウィジャヤ戦から続いていた、公式戦の連続試合得点をクラブ新記録となる7試合連続ゴールを達成した。最終的には5月10日のJ1第11節[13] 柏戦までの9試合まで記録を更新。また、同試合で4月12日J1第5節 大宮戦から続いていたJ1の連続試合得点をクラブタイ記録の6試合連続ゴールも達成した。

5月20日、ACLグループリーグ第6節 FCソウル戦で、この年クラブ初の高校2年生でトップチームに昇格した宇佐美貴史が、1997年に稲本潤一が記録したクラブ最年少記録を更新する、17歳14日での公式戦初出場・初得点を記録。しかし、試合には敗れ、2006年のACLから続いていたACLの連続無敗記録が19試合で途切れた。そして、ラウンド16で川崎に敗れ、ACL連覇を逃した。

リーグ戦は開幕から二川孝広加地亮の不在や期待された新戦力がチームに馴染まなかった影響により、なかなか調子が上がらず、特に5月後半から7月の半ば頃まで、万博でのホームゲームで6連敗(ACL、ナビスコカップ含む)を喫した。さらに8月にはチーム得点王のレアンドロがカタールアル・サッドに移籍。新潟からペドロ・ジュニオールを獲得するもチームへのフィットに時間がかかり結果は出せず、一時は鹿島との最大勝点差が19となった。

11月8日、J1第31節 京都戦のペドロ・ジュニオールの2得点目で鹿島、磐田に次ぐ3クラブ目となるリーグ戦クラブ通算1000ゴールを達成。11月24日、AFCより遠藤保仁が日本人選手5人目、Jリーグ所属選手では1997年の中田英寿平塚)以来となるアジア年間最優秀選手賞を受賞した。

後半戦はなんとか立て直し、第32節まで優勝の可能性を残しつつも、第33節で首位の鹿島との直接対決で1-5と大敗し優勝を逃した。それでも、最終的に3位となり、AFCチャンピオンズリーグ2010の出場権は獲得した。

天皇杯は準々決勝で鹿島を破りリーグ戦での雪辱を果たすと、天皇杯6試合で8得点を挙げたルーカスの活躍もあり2年連続で決勝進出。決勝では名古屋を4 - 1で破り、歴代7チーム目の天皇杯連覇を達成。そして、天皇杯決勝戦を最後に、1997年から所属した松代直樹が現役を引退した。

2010年

チームスローガン:夢 〜すべてをひとつに〜

2010年、西野体制9年目。ここ数年行った大型補強を行わず、新人とレンタル復帰以外では、FWのドドゼ・カルロスの獲得のみにとどめ、現有戦力の維持を優先した。

シーズン開幕から6試合連続公式戦未勝利。リーグ戦も開幕から5試合連続未勝利で、その後も相次ぐ主力選手の離脱、外国籍選手の不調、更には試合終了間際の失点などが重なり、なかなか波に乗れず、1試合未消化であるものの首位争いから大きく離され、11位で中断期間に入る。また、ペドロ・ジュニオールがブラジルのクラブへ移籍し、ゼ・カルロスも途中移籍した。

AFCチャンピオンズリーグ2010は、グループリーグ第3節シンガポール・アームド・フォーシズ戦で平井将生が日本人選手では7人目、ユース出身選手では大黒将志以来となるハットトリックを達成する活躍などで、3年連続グループリーグを突破するもラウンド16でこの年ACLを制した城南一和に敗れた。

リーグ後半戦、磐田から韓国代表イ・グノを獲得。この年優勝した名古屋との直接対決では2試合とも敗れ、勝点10差をつけられ独走優勝を許してしまったが、2位の成績となり、AFCチャンピオンズリーグ2011の出場権を獲得した。なお、ACLでハットトリックを決めた平井がチームトップの14得点(リーグでは日本人2位)、高校3年生ながら主力に定着した宇佐美貴史も高校生Jリーガーのシーズン最多記録となる7得点を挙げ、G大阪下部組織出身者として初のJリーグベストヤングプレーヤー賞(新人王)を受賞した。3年目の武井択也も途中離脱した明神智和の代役としてチームに貢献するなど、多くの若手選手が飛躍したシーズンであった。

天皇杯では準決勝で清水に敗れ天皇杯3連覇を逃した。

シーズン終了後、安田理大オランダ1部フィテッセに、C大阪へレンタル移籍していた家長昭博スペイン1部マジョルカに、広島へレンタル移籍していた山崎雅人が広島に、安田晃大北九州に、ルーカスアトレチコ・パラナエンセに完全移籍した。

2011年

チームスローガン:新芯進 〜新たなる未来へ〜

クラブ設立20周年となる2011年、西野体制10年目。Kリーグ全北現代モータースから元U-23韓国代表のキム・スンヨンブラジル1部SCインテルナシオナルから昨シーズンC大阪でリーグ戦14得点を挙げたアドリアーノ、大学生の金正也藤春廣輝川西翔太を獲得、ユースから大森晃太郎が昇格し、開幕直後にレンタルでコリンチャンス-ALからアフォンソを獲得した。

アンブロ(販売元:デサント)と新たに2020年シーズンまでのユニフォームサプライヤー契約を締結した。また、1995年以来毎年行われてきた石川県西部緑地公園陸上競技場でのホームゲームから撤退した。

3月11日に発生した東日本大震災の影響で、J1第2節から第6節が開催延期となった。これを受け、クラブ公式サイトで被災地への義援金を募るチャリティーオークションが開催され、3月27日には神戸との「東北地方太平洋沖地震チャリティーマッチ ?LET'S SUPPORT OUR FRIENDS 今こそ仲間のために行動しよう!?」が万博記念競技場で開催された。10月2日、創立20周年記念試合となったJ1第28節浦和戦で、6クラブ目となるJ1通算300勝を達成。

AFCチャンピオンズリーグ2011はグループリーグを首位で突破したが、ラウンド16で当時8年間リーグ戦で敗れていないC大阪に敗退。ナビスコ杯は浦和に準決勝で敗退。天皇杯水戸に3回戦で敗退。

リーグ序盤戦、アドリアーノがクラブタイ記録の6試合連続得点を記録するなど得点ランキングトップを独走する活躍を見せ、攻撃面ではリーグトップの得点数であったが、守備面は開幕からの連続失点試合がリーグワーストの18試合で、総失点数が一時期リーグ最多となった。6月、アドリアーノがカタールのアル・ジャイシュ、7月に宇佐美がドイツバイエルン・ミュンヘンに移籍した一方、草津からFWラフィーニャを獲得。ラフィーニャ加入以降の夏場を無敗で乗り切り、第22節川崎戦で2009年3月以来となる首位に立ったが、第29節名古屋戦に大敗し、に首位を明け渡した。その後、最終節まで優勝の可能性を残したが、最終順位は3位で2年連続無冠に終わった。

シーズン終了後、2002年から10年間監督を務めた西野朗が退任した。

2012年

天皇杯決勝時のガンバ大阪サポーター

チームスローガン:躍動

2012年、監督にジョゼ・カルロス・セホーンが就任。クラブ史上初のブラジル人監督となった。コーチ陣も元日本代表呂比須ワグナーを含む3人が加入。山口智橋本英郎下平匠やイ・グノらが退団した一方、FC東京から今野泰幸甲府からパウリーニョ徳島から佐藤晃大FCソウルからイ・スンヨルを完全移籍で、清水から武田洋平CAタボン・ダ・セーハからエドゥワルドをレンタル移籍で獲得し、丹羽大輝が6年ぶり、寺田紳一倉田秋が3年ぶりにレンタル移籍先から復帰。新人では大卒で阿部浩之、テスト生から沼田圭悟を獲得し、ユースからは田尻健西野貴治稲森克尚が昇格した。

シーズン初の公式戦となったAFCチャンピオンズリーグ2012グループリーグ初戦に0-3で敗北。また、J1第2節のC大阪戦(大阪ダービー)を含むJ1第3節まで公式戦5連敗を喫した。J1第3節終了後の3月26日に監督のセホーン、ヘッドコーチの呂比須、フィジカルコーチのウェリントンおよび強化本部長の山本浩靖を解任。後任にコーチの松波正信がクラブOB初・クラブ最年少で監督に就任した。ACLでは1勝に留まり、この年出場したJリーグ勢で唯一グループリーグで敗退。

第6節(川崎戦)でリーグ戦初勝利を挙げたが、中断前の12試合でわずか2勝(3分7敗)。15位の新潟と勝点差6(ACL出場による日程変更でリーグ戦試合消化はガンバが新潟より1試合少ない状態)の16位と降格圏に低迷。これを受け、夏の補強としてRCDマヨルカから家長昭博アル・サッドからレアンドロが期限付き移籍で復帰。また、清水から岩下敬輔を期限付き移籍で獲得。一方で、6月にラフィーニャと契約解除。7月にイ・スンヨルが蔚山現代FC、寺田が横浜FC、星原が水戸へそれぞれ期限付き移籍で退団。中盤以降、新戦力のレアンドロや家長の活躍もあり後半戦はやや持ち直すものの、第33節時点で降格圏内の16位で第34節(最終節)を迎える。最終節の磐田戦でも敗れ、最終的にはジュビロ磐田に、1-2で敗れ、初のJ2降格が決定した。この年、総得点数はリーグ1位の67得点であったが、総失点はリーグ17位の65失点であった。大量得点で勝つこともあった反面、1試合2得点以下の試合では1勝もすることができなかった。また、ホームは17試合の内わずか4勝(7分6敗)に終わった。

天皇杯は3年ぶりに決勝へ進出したが、に敗れ、ACLの出場権を逃した。シーズン終了後、松波が監督を退任した。

2013年(J2)

チームスローガン:「復活〜さらなる進化を勝ち取るために〜

初のJ2で迎えた2013年、監督に元清水監督の長谷川健太が就任[1]中澤聡太川崎へ、佐々木勇人仙台へ完全移籍したが、主力選手の大半がチームに残留した。シーズン前の補強では、ロンドン五輪韓国代表のオ・ジェソク関西大学からユース出身の岡崎建哉を獲得。一方で、ユースからの昇格は14年ぶりに見送られた。

序盤戦はややつまずくも開幕から12試合連続無敗を記録(6勝6分)。第13節神戸戦で初黒星を喫したが、第13節以降6連勝を記録。第16節終了時点で神戸をかわして首位に浮上。代表組の遠藤・今野が不在となった6月も無敗で乗り切り前半戦を首位で折り返す。後半戦、2012年夏から期限付き移籍で加入していた家長とレアンドロがそれぞれ契約満了により退団するが、ステアウア・ブカレストからロチャ、ドイツ・TSG1899ホッフェンハイムへの期限付き移籍が満了した宇佐美貴史が2年ぶりに復帰した。夏場はロチャ・宇佐美の活躍で順調に乗り切ったが、第32節長崎戦でホーム初黒星を喫すると、以降やや失速し第35節で神戸に再び首位の座を明け渡してしまう。それでも、第37節以降連勝を重ねると、第39節熊本戦での勝利で首位を再奪還すると同時に1年でのJ1昇格が決定。さらに、ホーム最終戦となった第41節山形戦でJ2優勝を達成した。ホーム万博でタイトルを勝ち取ったことはこれが初であった。また、J1・J2両カテゴリーの優勝は柏・広島に次ぐ3クラブ目となった。総得点は2位の神戸の78点を21点上回る99得点であった。

この年、ホームでの観客動員は平日開催が多かったこともあり、ホームゲームのシーズン平均入場者数は前年よりも下回る12,286人(前年度比83.1%)であったが、アウェーでは各地で好調な動員を記録。前年のJ2の平均観客動員は6000人を下回ったが、2013年のアウェーのガンバ戦はほとんどが1万人以上の動員を記録。中でも、富山、松本、岡山など複数のクラブ過去最多動員記録を更新し、J2全体の入場者数は前年より約15%増加するなど、J2の観客動員増加に大きく貢献。このJ2全体に巻き起こった現象はアベノミクスになぞらえ「ガバノミクス」「アシノミクス」などと呼ばれた。

2014年 - (J1)

2014年

チームスローガン:「Rising G」

2年ぶりのJ1で迎えた2014年、長谷川体制2年目。新潟から東口順昭千葉から米倉恒貴を獲得し、河田晃兵が3年ぶり、金正也が2年ぶりにレンタル先から復帰。外国人選手では、クリシューマECからリンスパウリスタFCから期限付き移籍でエブソンを獲得。ユースからは内田裕斗小川直毅、さらに井手口陽介がクラブ史上5人目となる飛び級で昇格した。シーズン途中には、エブソンが讃岐へ期限付き移籍、加地亮が、MSLチーヴァス・USAへ完全移籍したが、川崎甲府に在籍していたパトリックを期限付き移籍で獲得した。

4月16日、ナビスコカップ・グループリーグ第3節鳥栖戦で、2種登録選手の高木彰人が16歳8カ月12日での公式戦初出場を果たし、2009年に宇佐美が記録したクラブ史上最年少出場記録を更新した。

7年ぶりに予選からの参加となったナビスコカップではAグループ1位で決勝トーナメント進出。準々決勝では同じAグループで2位に入った神戸に快勝(2戦合計4 - 1)、準決勝では2007年の決勝で顔を合わせた川崎に2戦合計5-4と打ち合いを制し、7年ぶりに決勝進出。決勝ではこの年の天皇杯4回戦でも顔を合わせた広島と対戦、前半35分までに2点先取されるも、前半のうちに1点を返し後半に2点を挙げ逆転勝ち。ナビスコカップの決勝では史上初となる2点差からの逆転優勝で、2007年以来2回目のナビスコカップ制覇を果たした。

J1では、開幕直前に前年のチーム得点王の宇佐美が負傷離脱したこともあり、前半戦は極度の得点力不足に陥りブラジルワールドカップによる中断前は4勝3分7敗で降格圏の16位に低迷。それでも、後半戦は復帰した宇佐美や中断期間に新加入したパトリックを中心とした攻撃陣が機能し、中断後早々5連勝で降格圏から一気に抜け出すと、8月末から10月にかけては10年ぶりとなる7連勝を記録し優勝争いに加わる。第32節、負ければ優勝の可能性が消滅する首位浦和との天王山を制し勝点差2に詰めよると、続く第33節神戸戦での勝利で浦和を得失点差で上回り初の首位に浮上。そして最終節、最下位のアウェー徳島戦はスコアレスドローに終わったが、優勝の可能性を残していた2位浦和・3位鹿島がそれぞれ敗れたため、2005年以来9年ぶり2回目のJ1優勝を果たした。J1昇格1年目でのリーグ優勝は、2011年の以来2例目であり、また最大勝点差14からの逆転優勝はJリーグ史上最大だった[14]。中断後は15勝3分2敗と猛烈な巻き返しを見せ、総得点はリーグ2位の59得点を記録。総失点もリーグ2位タイの31失点に留め、完封試合はクラブ新記録となる14試合を記録するなど、2年前J2に降格した主原因であった守備面は大幅に改善され攻守共に安定した数字を残した。

天皇杯では、翌年1月開催のAFCアジアカップ2015の影響で日程が例年よりも前倒しになり、リーグ戦と並行して行われたことで他のJ1クラブが早々に敗退する中、J3優勝の金沢、徳島、広島、2013年の天皇杯でPK戦の末に敗れた大宮、2010年の準決勝で敗れた清水をそれぞれ下し、2012年以来2年ぶりに決勝進出。決勝ではこの年J1昇格プレーオフを制した山形を3 - 1で下し5年ぶり3回目(前身時代含めると4回目)の天皇杯制覇を果たした。これにより、2000年の鹿島以来14年ぶり2チーム目、日本人監督のもとでは史上初、さらにJ1昇格1年目のクラブでも初の国内三冠を達成した。

2015年

チームスローガン:「Moving G」

2015年、長谷川体制3年目。仙台から赤嶺真吾横浜FMから小椋祥平磐田から藤ヶ谷陽介を獲得し、ユースからは林瑞輝妹尾直哉嫁阪翔太平尾壮の4人が昇格した。7月8日、清水より長沢駿を獲得。

1月24日、インドネシア・スーパーリーグペルシジャ・ジャカルタとの親善試合「パナソニックカップ2015」がインドネシアで行われ、4-0で勝利した。

2月28日、三冠王者として挑んだ富士ゼロックススーパーカップは前年リーグ2位の浦和に2-0で勝利し、8年ぶり2度目の優勝を果たした。

5月27日、2種登録選手で高校2年生の堂安律がACLラウンド16第2戦FCソウル戦でプロデビューを果たし、直後のJ1第10節鹿島戦でクラブ史上最年少となるリーグ戦デビューを果たした。

3年ぶりに出場したACLは初戦広州富力、第2節城南FCに2連敗し、予選敗退ムードが漂っていたが、第3節ブリーラム・ユナイテッドFC戦に引き分け、第4節ブリーラム戦でACL初勝利をあげる。第5節広州富力戦は5-0で圧勝。最終節城南FC戦も逆転勝利で3勝1分2敗とし、首位通過を決めた。ノックアウトステージラウンド16ではFCソウルと対戦。第1戦目は敵地で3-1、第2戦目はホームで3-2で連勝してベスト8に進出。準々決勝は前年の韓国王者全北現代との日韓決戦を2戦合計3-2で下しベスト4に進出。準決勝は2013年のACL王者で中国スーパーリーグ4連覇中の広州恒大との日中決戦に2戦合計1-2で敗れ7年ぶりの決勝進出とはならなかった。

ナビスコカップはACLの影響で決勝トーナメントから参加。準々決勝はPK戦の末に名古屋を準決勝では新潟をそれぞれ下し、2年連続で決勝進出を決めたものの、決勝では過密日程からかパフォーマンスが落ちてしまい、鹿島に0-3で敗れ連覇はならなかった。

1stステージ序盤は今野泰幸の負傷離脱でチームの調子が上がらなかったが、今野復帰後は調子を取り戻す。しかし、ACLとの過密日程により選手には疲労が溜まり、先制するも追いつかれる試合が続き、結果的には1stステージ4位で終えた。

2ndステージも全てのカップ戦を勝ち抜き過密日程が続いたことで、年間1位の広島と年間2位の浦和に大きく差をつけられた。年間順位4位で迎えた最終節で山形に勝利、年間3位のFC東京が鳥栖と引き分けたため、得失点差で3位に浮上しチャンピオンシップ出場を決めた。

CSは浦和との準決勝を延長戦の末3-1で勝利し決勝進出。リーグ戦年間順位1位の広島と対戦した決勝ではホームでの第1戦を終盤の連続失点で逆転負けし、アウェイでの第2戦も引き分けた事により2戦合計3-4でリーグ連覇を逃した。

天皇杯はACLでベスト8以上に入ったことで4回戦から出場。4回戦では川崎、万博での最後の公式戦となった準々決勝では鳥栖を破り、準決勝ではCSで敗れた広島にリベンジを果たして2年連続で決勝に進出。決勝では浦和にパトリックの2得点で勝利し、2008年・2009年大会以来となる天皇杯連覇を飾った。この年の公式戦は、最終的に2008年の61試合に次ぐJ1全クラブ最多となる60試合に達するハードな日程だった。

2016年

チームスローガン:Ambition

クラブ設立25周年となる2016年、長谷川体制4年目。本拠地をサッカー専用スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」に移転。また、J3リーグにセカンドチーム「ガンバ大阪U-23」が参戦。

ユースから高木彰人市丸瑞希初瀬亮堂安律が昇格(堂安は飛び級での昇格)。関西学院大学から呉屋大翔大津高校から野田裕喜一美和成が加入。愛媛から岡崎建哉が期限付き移籍から復帰。横浜FMからアデミウソンを期限付きで、藤本淳吾を完全移籍で獲得。明神智和リンスが移籍した。

2月14日、市立吹田サッカースタジアムのこけら落としマッチ「Panasonic Cup」が開催され、名古屋に3-1で勝利した。

AFCチャンピオンズリーグではグループG組に入った。上海上港(中国)、水原三星(韓国)、メルボルン(オーストリア)と同組に入ったが、2013年の広島に続いて日本サッカー史上2チーム目のグループステージ未勝利とグループステージがホームアンドアウェー制度になった2004年以降では最低となる勝点2しか稼げずにGL敗退が決定した。

1stステージでは開幕早々にDF丹羽が離脱したことでセンターバックが人材難になりスタートダッシュに失敗。新戦力のアデミウソンが4得点と活躍するも、ACLとの過密日程でコンディションが上がらず首位の鹿島とは勝点15差の6位に低迷した。特にホームでは3勝2分4敗と大きく取りこぼした。1stステージ終了後、夏の移籍市場で宇佐美がドイツ1部・FCアウクスブルクに完全移籍し、ガンバ大阪一筋の二川が東京ヴェルディに期限付き移籍した。

Jリーグカップでは決勝まで勝ち進み、3年連続ファイナル進出となった。決勝の浦和レッズ戦では1-1の同点で延長戦でも決着がつかずにPKとなったが、4-5で敗れてしまい準優勝となった。

2ndステージは10勝3敗4分け、勝点34の4位にとどまり、年間総合順位でも勝点58で3位の鹿島に1ポイント及ばず4位となり、チャンピオンシップ進出はならなかった。天皇杯ではベスト8まで勝ち進んだが、ベスト8で横浜F・マリノスに敗れて今シーズンは無冠に終わった。

2017年

チームスローガン:

2017年、長谷川体制5年目。期限付き移籍で加入していたアデミウソンを完全移籍で獲得し、千葉から井出遥也大宮から泉澤仁名古屋から森勇人、横浜FMからファビオ、昨年は東京Vに在籍した鈴木椋大、清水から三浦弦太を補強。また、U-23チームを主戦とする選手として札幌から中原彰吾、東京Vから郡大夢を期限付き移籍で獲得、ユースから食野亮太郎が昇格、東福岡高校から高江麗央市立船橋高校から高宇洋、韓国からペ・スヨンが加入した。一方で、岩下敬輔が福岡に、阿部浩之が川崎に移籍し、内田達也が東京Vに、西野貴治が千葉に期限付き移籍、赤嶺真吾は期限付き移籍先の岡山に完全移籍した。シーズン開幕直後に、鹿島から赤﨑秀平を期限付き移籍で獲得、また前年の大ケガにより登録を抹消されていたパトリックを再登録した。

AFCチャンピオンズリーグ2017には東地区プレーオフ2のプレーオフラウンドから出場し、ホームでジョホール・ダルル・タクジムFC(マレーシア)に勝利して本戦出場決定。本戦ではグループHに入り、三浦弦太、堂安律、初瀬亮といった若手を積極起用して臨んだが、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)に1勝1分けとしたものの、その試合で2-0でリードしている最中に金正也がロングボールの対応をしようとして足を滑らせて失点に絡んでしまったり、後半13分に名手・遠藤がPKを失敗する等ミスも重なり、江蘇蘇寧(中国)・済州ユナイテッド(韓国)に連敗し、勝点4で2年連続でグループ最下位で敗退となった[15]

夏の移籍市場では城南FCから黄義助を獲得、千葉へ期限付き移籍していた西野が復帰。一方で堂安がオランダFCフローニンゲンに期限付き移籍、丹羽とパトリックが広島に移籍した。

4月16日、第7節・C大阪との大阪ダービーで、一部のサポーターがナチス親衛隊「SS」を連想させる文字の入ったフラッグを掲出したことが問題になった。クラブは同月20日に謝罪し、翌21日にサポーター・グループの処分を発表。さらに5月11日、C大阪戦で起きたサポーター・グループの不適切フラッグ掲出問題について、Jリーグ・裁定委員会からの制裁が決定したことを発表した[16]

9月7日、監督の長谷川がシーズン限りで退任する事が発表された。また、天皇杯では4回戦で柏レイソルに敗退し、ルヴァンカップでも準決勝でセレッソ大阪に敗れてしまい無冠となった。攻撃陣は長沢以外に2けた得点を挙げた選手がおらず、J1では長谷川政権史上最悪の10位・48得点となり、退任発表以降はクラブワースト記録となる13試合未勝利のままシーズンを終えた。

2018年

チームスローガン:奪還

2018年レヴィー・クルピが新監督に就任。浦和から矢島慎也山形から菅沼駿哉が復帰。東海大学付属相模高等学校から山口竜弥前橋育英高等学校から松田陸東福岡高校から福田湧矢、三菱養和ユースから中村敬斗が入団。ユースから谷晃生芝本蓮白井陽斗が昇格した。

J1リーグ戦では開幕から3連敗し、J1リーグが18チーム体制になった2005年以降初めて、16チーム体制だった2000年以来18年ぶりとなる単独最下位に転落、またYBCルヴァンカップ1試合の敗戦も合わせて、前年から続く公式戦連続未勝利記録は17まで伸びた[17]。けが人が続出したことがあった。

その後最下位は脱し、ルヴァンカップではノックアウトステージ進出を果たしたものの、 J1リーグ戦では調子は上向かず、リーグ前半戦17試合を終えて4勝3分10敗、勝点15でJ2降格の可能性のある16位に低迷、また天皇杯では、初戦の2回戦で対戦した関西学院大に1-1から延長戦の末1-2で敗れた。ワールドカップによる中断を挟んで J1リーグ戦5試合連続未勝利となった翌日の7月23日、監督のクルピを解任、U-23監督の宮本恒靖が後任のトップチーム監督に就任した[18]

監督交代後、シーズン途中にはレノファ山口から小野瀬康介神戸から渡邉千真を補強したが、長沢が渡邉とトレードする形で神戸へ期限付き移籍。

また、監督交代後、序盤は苦戦し4戦目の第21節FC東京戦で宮本体制での初勝利を決める。9月以降はチームが上向き、第25節川崎戦から第33節長崎戦にかけて21年ぶりクラブタイ記録となる9連勝を飾り、宮本就任以降は10勝3分4敗、勝点33を積み上げ最終的に9位でJ1残留を決めた。

2019年

チームスローガン:GAMBAISM

2019年、宮本体制2年目。広州恒大から金英権ブリーラムから青山直晃熊本から田中達也[19]を獲得。また、仙台から矢島、徳島から呉屋[20]金沢から田尻が期限付き移籍から復帰。さらに開幕直後にはスペインからダビド・コンチャを期限付き移籍で獲得。また、ユースから奥野耕平関西学院大から髙尾瑠が新加入。

一方で期限付き移籍をしていた長沢と二川、ファビオや初瀬などがそれぞれ移籍した。

第2戦で今季初勝利するも第5節から7戦勝ち無し。第12節の大阪ダービーからは食野や矢島、中村などの若手選手を大量に起用し、巻き返しを図ったが、一時はJ2自動降格圏に転落。しかし、前半戦最後の最後でなんとか持ち直し、前半戦は13位で終えた。

シーズン途中にはFCアウクスブルク[21]から宇佐美が完全移籍で2016年夏以来3年ぶり2度目、広島からパトリックが期限付き移籍で2017年夏以来2年ぶりに、リーズ・ユナイテッド[22]から井手口が完全移籍で2017年以来1年半ぶりに復帰。また、川崎から鈴木雄斗を期限付き移籍で、山口から高木大輔を完全移籍で獲得した。さらに9月には昨シーズンまでビルバオに所属していた元スペイン代表マルケル・スサエタを完全移籍で獲得した。

一方でエースの黄義助がフランスのボルドーへ、これまで国内三冠やJ1復帰・残留などに貢献した今野が磐田へ、ベテランの藤本が京都へ、オ・ジェソクがFC東京へ、中村がオランダのFCトゥウェンテへ、食野がイングランドのマンチェスター・シティ[23]へ、米倉が千葉へとそれぞれ移籍するなど主力級や若手の選手が大量に流出してしまった。

天皇杯は、3回戦で法政大学に0-2で敗戦し、2年連続で大学勢に敗退する結果となった。

10月4日、第28節の札幌戦に勝利し、鹿島横浜FM浦和に次ぐJ1通算400勝を達成した。

ルヴァンカップでは、2年ぶりに準決勝へ進出したが、札幌相手に2戦合計2-2、アウェーゴールルールにより、3年ぶりの決勝進出はならなかった。また、4年連続の無冠が確定した。

リーグ戦の最終成績は、12勝11分11敗の勝ち点47の7位。

2020年

チームスローガン : GAMBAISM

2020年、宮本体制3年目。トゥールーズFCから昌子源鳥栖から小野裕二石川慧岡山から一森純を完全移籍で、磐田から新里亮から猿田遥己川崎[24]からタビナス・ジェファーソンを期限付き移籍で獲得。また、FC東京からオ・ジェソク、岐阜から市丸が期限付き移籍から復帰。また、ユースから川崎修平塚元大唐山翔自関西大学から黒川圭介関西学院大から山本悠樹、ボイン高等学校からシン・ウォノが新加入。さらに、広島から期限付き移籍で復帰していたパトリックが完全移籍へ移行した。

一方で、元スペイン代表のスサエタとコンチャ、期限付き移籍をしていた呉屋や米倉、一美などがそれぞれ移籍した。




  1. ^ 吹田市茨木市高槻市豊中市摂津市池田市箕面市島本町豊能町能勢町交野市門真市四條畷市大東市寝屋川市枚方市守口市。このうち、ゴシック体で示している都市がJリーグに届け出ているホームタウンエリア
  2. ^ Jリーグでは2016年から背中の広告に関してこれまでの背番号上の上部だけでなく裾部分の下部にも掲出が可能になったが、ガンバ大阪ではそれ以前に下部にスポンサーを掲出していたことになる。2016年以前に下部にロゴを提出していた例としてFC東京柏レイソルがある(FC東京は2008年までは、ほかのチームと同様に上部に掲出していた。2009年以降背中スポンサーのLIFEVAL(2009年)、TEPCO(2010年 - 2011年4月)、Mitsubishi Corporation(2012年 - 2016年)は下部に掲出していたが、2017年よりMitsubishi Corporationが上部に移動した。柏の場合は2014年から上部にスポンサーのAflac、下部に柏が支援しているセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのロゴが無償提出されていた。また2016年からは下部に無償ロゴのセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに加え有償のスポンサーの ジールホールディングス を掲出している。)。
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae クラブガイド:ガンバ大阪”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年3月30日閲覧。
  2. ^ ガンバ大阪スタジアム”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年1月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 2017年度(平成29年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。
  4. ^ a b 『ガンバ大阪オフィシャルイヤーブック 2009』 102頁
  5. ^ 第2回 サポーターミーティング - ガンバ大阪オフィシャルサイト
  6. ^ Jリーグニュースプラス Vol.2 - ウェイバックマシン(2012年6月1日アーカイブ分) - Jリーグ公式サイト、2008年4月
  7. ^ “ガンバ大阪・名古屋グランパスのホームタウン広域化について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年2月21日), オリジナルの2014年12月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141205003239/http://www.j-league.or.jp/release/000/00004340.html 2013年3月1日閲覧。 
  8. ^ “松本山雅FC、ガンバ大阪ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年5月21日), http://www.jleague.jp/release/post-35366/ 2015年5月21日閲覧。 
  9. ^ クラブ概要 - ガンバ大阪オフィシャルサイト
  10. ^ [ 5.15 ハッピーバースデー J.LEAGUE ] PLAYBACK 1993 - ウェイバックマシン(2014年9月16日アーカイブ分) - J's GOAL、2010年5月13日。また、2011年10月2日の20周年記念試合では開幕当初の衣装で登場した。
  11. ^ 川淵三郎『虹を掴む』講談社、2006年 ISBN 978-4062126762
  12. ^ サッカーマガジンJリーグ名古屋グランパス優勝号 2011年 1/1号、p.64。
  13. ^ a b 第10節 川崎戦はACL出場のため、7月1日に実施。
  14. ^ “G大阪、ミラクルVで3冠王手! 降格圏から史上最大14差ひっくり返す”. LivedoorNEWS. (2014年12月6日). http://news.livedoor.com/article/detail/9547865/ 2014年12月6日閲覧。 
  15. ^ 因みにホームスタジアムが万博記念競技場から2016年吹田スタジアムに代わったが、2015年9月16日に準々決勝第2戦で全北現代モータース戦以降勝った事が無く、ホームで7戦連続勝利なしは日本サッカー史上最長記録である。また2004年以降2年連続でグループステージを最下位で敗退したのは日本サッカー史上初である。
  16. ^ ガンバ大阪、ナチス連想フラッグ掲出問題でけん責と200万円の制裁金 GOAL(2017年5月11日)
  17. ^ 【G大阪】クルピ監督「責任は私」開幕3連敗18年ぶり最下位…公式戦17戦勝ちなし”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年3月11日). 2018年7月23日閲覧。
  18. ^ 16位低迷のG大阪、宮本恒靖氏の指揮官就任を発表…クルピ監督を解任”. サッカーキング. フロムワン (2018年7月23日). 2018年7月23日閲覧。
  19. ^ その後、わずか半年で大分へ再び完全移籍
  20. ^ 開幕直後に長崎へ再び期限付き移籍
  21. ^ 昨シーズンはデュッセルドルフ所属
  22. ^ 昨シーズンはフュルト所属
  23. ^ その後、スコットランドのハーツへ期限付き移籍
  24. ^ 昨シーズンは岐阜に所属
  25. ^ 第9節名古屋戦、第10節鹿島戦はACL出場により、8月17日と7月27日に実施。
  26. ^ 2011年シーズン 金沢での公式戦開催について - ウェイバックマシン(2011年2月9日アーカイブ分)
  27. ^ “「Panasonic Cup 」スタジアムグルメ-美味G-のご案内” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年2月13日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3958/ 2016年2月14日閲覧。 
  28. ^ “ガンバ大阪ミュージアム「Blu STORIA」情報!” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年2月11日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3949/ 2016年2月14日閲覧。 
  29. ^ 「新スタジアム」建設にむけて”. スタジアム建設募金団体公式サイト (2008年7月18日). 2013年3月1日閲覧。
  30. ^ a b 『ガンバ大阪15年史』ベースボール・マガジン社、2007年 ISBN 978-4583614632
  31. ^ 太陽の塔とのコラボ!『GAMBA EXPO』を8/13(日)明治安田生命J1 第22節磐田戦で開催!
  32. ^ GAMBA EXPO 2018 記念ユニフォームデザイン&来場者全員配布オリジナルユニフォームシャツデザインについて
  33. ^ 『GAMBA EXPO 2019』記念ユニフォームデザイン&来場者全員配布オリジナルユニフォームシャツデザイン発表!
  34. ^ “2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームが決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-40975/ 2016年1月25日閲覧。 
  35. ^ “2016明治安田生命J3リーグに「ガンバ大阪U-23」チームが参加” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2015年12月15日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/3759/ 2016年1月25日閲覧。 
  36. ^ “第13回サポーターミーティング” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2014年8月31日), http://www2.gamba-osaka.net/supporter/meeting13.html 2016年1月25日閲覧。 
  37. ^ “G大阪セカンドチームJ3参入検討 若手に英才教育” (プレスリリース), 日刊スポーツ, (2015年10月6日), http://www.nikkansports.com/soccer/news/1549082.html 2016年1月25日閲覧。 
  38. ^ “U−23が参戦するJ3、成功の鍵は?FC東京、G大阪、C大阪それぞれの事情” (プレスリリース), スポーツナビ, (2016年2月7日), http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201602070004-spnavi?p=2 2017年9月12日閲覧。 
  39. ^ 川端暁彦 (2016年4月25日). “「三者三様」U-23チームのJ3参戦はいかに(♯35)”. J.LEAGUE.jp. 2017年9月12日閲覧。
  40. ^ “ガンバ大阪 コーチングスタッフ加入のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年1月7日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3827 2016年1月25日閲覧。 
  41. ^ “登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2016/03/11)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年3月11日), http://www.jleague.jp/release/post-42219/ 2016年3月15日閲覧。 
  42. ^ 久保くんだけじゃない。J3がサッカー界に残した「知られざる功績」 webスポルティーバ(2016年11月28日)
  43. ^ 「U-20ワールドカップ2017開幕直前 日本代表リポート」『サッカークリニック』2017年6月号、ベースボール・マガジン社、2017年。
  44. ^ 宮本恒靖氏、G大阪U-23の監督就任が決定…山口智氏がヘッドコーチに サッカーキング(2017年1月10日)
  45. ^ 育成のキーマンが語るそれぞれのスタイルJ2・J3漫遊記 G大阪&C大阪U-23 後編宇都宮徹壱 スポーツナビ)
  46. ^ アカデミー - ガンバ大阪オフィシャルサイト





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンバ大阪」の関連用語

ガンバ大阪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガンバ大阪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンバ大阪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS