ガンダムMk-II 追加装備

ガンダムMk-II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 22:49 UTC 版)

追加装備

フライングアーマー

型式番号:FXA-00[29]

エゥーゴがガンダムMk-IIの規格に合わせて開発した大気圏突入用装備であり、最初期のフライングアーマー。エゥーゴの戦略のうち、ジャブローなど地上の地球連邦軍拠点への電撃的な侵攻手段の開発は急務であった。同様の装備にはすでにバリュートが存在したが、これは突入時に自由落下状態となることや、突入後はパラシュートを使用するために無防備となり、攻撃される可能性があった。また、大型HLVを使用できないエゥーゴの台所事情もあり、進行していたΖ計画のうちの大気圏突入能力を検証すべくフライングアーマーが開発された。底面にはホバーノズルも備えており、大気圏内においてはサブフライトシステムとしても機能する[30]

FXA-00型の開発データは「FXA-01」系といった後継装備に反映された[29]。この内、Ζガンダム1号機には(FXA-)01型や01B型・01C型・01K型・01K-VW型が、3号機のストライクゼータ仕様には01K-VW2型が装備されていた(Zガンダムの記事を参照)。Mk-IIが最初に装備した00型の試作1号機自体は0087年5月のジャブロー基地降下作戦で初投入され、失われている。

劇中での活躍
劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』では、2機存在する。先述の開発経緯を経ず、ティターンズから奪取したという設定になっている。
機動戦士ガンダムΖΖ』では、ネオ・ジオンの地球降下作戦を阻止するためにエル・ビアンノ搭乗のガンダムMk-IIが装備し、戦闘後に大気圏突入を行っている。地球降下以降は使用されていない。
雑誌『ガンダムマガジン』No.2掲載の岩田和久の漫画『機動戦士Ζガンダム 宇宙を越える者』ではリック・ディアス改が大気圏突入の折に装備する姿が見られる[31]が、直後のティターンズとの戦闘時には非装備となっており、リック・ディアスは戦闘によって機体を損傷した後、コクピット部のみで大気圏に突入している。

Gディフェンサー

本機と合体してMk-IIディフェンサー(スーパーガンダム)となる。

フルアーマーガンダムMk-II

諸元
フルアーマーガンダムMk-II
FULL ARMOR GUNDAM Mk-II
型式番号 FA-178
頭頂高 18.5m
本体重量 53.2t
全備重量 74.3t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 1,930kW
推力 124,500kg
センサー
有効半径
11,300m
武装 頭部バルカンポッド
2連装ビームガン
グレネードランチャー×2
ビームサーベル×2

Ζ-MSV』に登場。メカニックデザインは藤田一己で、同じく彼がデザインして漫画『プラモ狂四郎』に登場したHCMパーフェクトガンダムと同一である(ただし、本体は初代ガンダム)。

アナハイム社がMSの自社製強化パーツ開発計画の一環として、Gディフェンサー、Dディフェンサーとともに開発した装備。装甲にガンダリウム合金を用いておらず防御力の脆弱性を指摘されていたガンダムMk-IIにガンダリウム合金製の追加装甲FXA-03を装着し、火力と装甲を強化する案。スラスター増設による推力向上が重量増加をカバーできるほどではなく、早くから機動性の低下を指摘されていた。結局、Gディフェンサーによる強化案(スーパーガンダム)が採用され、本機のプランは実現しなかった[32]

アーマードガンダムMk-II

雑誌「電撃ホビーマガジン」2002年7月号の特集「ティターンズMSの系譜」に登場[33]。RX-178 ガンダムMk-IIの強化プランとして、当初はティターンズによって考案されていた。

エゥーゴによるRX-178用フルアーマー化プランとは異なり、「ティターンズ用フルアーマーガンダム」と銘打ち、FSWS計画の流れを受継ぎ、終戦後に計画を再開させたものとされている。火器強化案などはFA-78-1にほぼ準じているのが特徴。装甲は胴体を中心とした個所にチョバムアーマーを装備しているのみで、どちらかといえば動きやすさと火力を重視している。だが、エゥーゴによるRX-178強奪事件に前後して計画は頓挫し、実現に移されることはなかった。


注釈

  1. ^ 書籍媒体などではエゥーゴが3機を強奪した旨の表現で記されることもあるが[1]、エゥーゴが強奪したのは2機のみでそれらはすぐティターンズに引き渡されており強奪は失敗している。最終的にエゥーゴが3機を入手できたのはティターンズ内部の造反によるものであり、エゥーゴが強奪したわけではない。
  2. ^ 放送前年の模型見本市でも、新商材である『Ζガンダム』をアピールするためにこの準備稿をベースとしたフルスクラッチモデルが参考出品という形で展示された。
  3. ^ 藤田がMk-IIのデザインに参加した段階ですでに永野、大河原ともに現場を離れていたため、二人の描いた絵が残されているだけの状態で打ち合わせなどはできず、彼らのアイデアなどは生かせなかったという。
  4. ^ 『ガンダムMSグラフィカ』のスペック表(英文)では"TITANIUM ALLOY CERAMIC COMPOSITE (LUNA TITANIUM ALLOY)"と表記されている。
  5. ^ プロトタイプサイコガンダム開発用に別途製作され、ムラサメ研究所に提供された機体の存在も一部資料に見られる[11]
  6. ^ 機動武闘伝Gガンダム』「プロローグ・I 誕生編」(1994年4月1日放送)でマイケル富岡が読み上げたことで判明した。
  7. ^ 純粋な連邦系技術のみで作られたとする資料もみられる[14]。一方で、旧ジオン系の技術が数多く導入されているとした資料もみられる[8]
  8. ^ ただし、構造材にガンダリウムγが使用されていないことから厳密な意味での第2世代MSではなく、第1世代から第2世代への過渡期にある機体、または第1.5世代MSといえる。
  9. ^ 雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』では、バーザムの解説として「グリプスの主力機開発計画」という一節があるが、本機との関係は言及されていない。
  10. ^ これはRX-78に施されたマグネット・コーティング時の設定が継承されたためであるという。
  11. ^ テレビ版。劇場版ではフランクリンの奪ったリック・ディアスとの交戦で破壊されたものとなっている。
  12. ^ 武装についてもデータバンク内に存在したものをすべて再現し、さらには新たな追加オプションまでも開発して運用された[19]
  13. ^ 『マスターグレード』Mk-II、スーパーガンダム解説より。なお、『マスターグレード スーパーガンダム』記載の武装型式番号は誤って翌月発売の『マスターグレード ジム』に転載されている。
  14. ^ ハイフンを省略した例も見られる[26]
  15. ^ アムロ・レイを演じた声優古谷徹は、ティターンズ・カラーの本機をお気に入りのMSとして挙げている[要出典]
  16. ^ 腕部はエマ死亡前と異なり左腕があり、右腕は肩から下が失われている。
  17. ^ 「原作」でありながら実際の発表時期はアニメ放映開始より後になってしまっていたため、富野は自らを「無様」と述べている。
  18. ^ 「エプシィ」とは、ガンダリウムγガンマの改良合金「ガンダリウムεエプシロン」を使用したガンダムを意味する。
  19. ^ これらはGP計画が隠蔽されなかったというifの歴史に基づいたゲームオリジナル設定である。

出典

  1. ^ 一例として『電撃データコレクション THE BEST 機動戦士Zガンダム大全』アスキー・メディアワークス、2009年2月25日、137頁。(ISBN978-4-04-867644-1)
  2. ^ a b c d e 『グレートメカニックG 2018 SUMMER』双葉社MOOK、2018年6月、20-25頁。ISBN 4575465097
  3. ^ a b 『機動戦士Zガンダム完全収録 学研ムック 特別復刻版 アニメディア編集部』学研パブリッシング、2010年、104-105頁。ISBN 978-4-056-06024-9
  4. ^ a b 『機動戦士Ζガンダム メモリアルBOX(レーザーディスク)』1巻 付属ブックレット、7頁。
  5. ^ a b c 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART3』近代映画社、1986年4月、82頁。
  6. ^ 『ガンダムメカニクスIII』ホビージャパン、1999年3月。(ISBN 978-4894251991)
  7. ^ a b c d e f g h i 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』講談社、1985年5月、80頁。
  8. ^ a b c 『1/100 ガンダムMk-II』バンダイ、1985年5月、組立説明書。
  9. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、37-38頁。(ISBN 978-4891890186)
  10. ^ a b 「ガンダムMk-II」『ガンダムMSグラフィカ』ソフトバンククリエイティブ、サンライズ、2006年12月、2-6頁。(ISBN 978-4797331523)
  11. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.4 MS開発戦争編』バンダイ、1991年2月、106-107頁。(ISBN 978-4891891305)
  12. ^ 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 上巻』角川書店、1997年6月15日初版発行、52-53頁。(ISBN 4073063022)
  13. ^ a b c 『マスターグレード RX-178 ガンダムMk-II(ティターンズ)』バンダイ、1998年8月、組立説明書。
  14. ^ 「ザ・オフィシャルアート・オブ・Ζガンダム」『月刊ニュータイプ』創刊号、角川書店、1985年3月。
  15. ^ a b c d 『プロジェクトファイル Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2016年9月、12-13頁。(ISBN 978-4797386998)
  16. ^ 『ハイグレード RX-178 ガンダムマークII』バンダイ、1990年7月、付属解説書。
  17. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑』バンダイ、1993年2月28日初版発行、64頁。(ISBN 978-4891892067)
  18. ^ a b c d e f g パーフェクトグレード RX-178 ガンダムMk-II(エゥーゴ)』バンダイ、2001年11月、説明書。
  19. ^ a b c d 『マスターグレード RX-178 ガンダムMk-II』バンダイ、1998年8月、組立説明書。
  20. ^ 『マスターグレード RX-178 ガンダムMk-II Ver.2.0(ティターンズ仕様)』バンダイ、2006年3月、組立説明書。
  21. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、42頁。(ISBN 978-4891890186)
  22. ^ 『1/144 Gディフェンサー』説明書、バンダイ、1985年11月。
  23. ^ 『ADVANCE Of Z ティターンズの旗のもとにvol.2』メディアワークス、32頁、2004年1月
  24. ^ 『マスターグレード RX-178+FXA-05D スーパーガンダム』バンダイ、1998年12月、組立説明書。
  25. ^ a b c d e f 『電撃ホビーマガジン』2006年7月号「U.C.ARMS GALLERY」、メディアワークス、96-97頁。
  26. ^ a b 「XBR-87-D ビームライフル」『U.C. ARMS GALLERY 03 一年戦争後期~グリプス戦役中期におけるアナハイム・エレクトロニクス社の台頭』バンダイ、2006年7月31日、付属データシート。
  27. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、50-51頁。
  28. ^ 伸童舎「ガンダム・ワールド70の謎」『ジ・アニメ』1986年6月号、13頁。
  29. ^ a b 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、98-100頁。(ISBN 978-4797370959)
  30. ^ 『HGUC 1/144 ガンダムMk-II+フライングアーマー』バンダイ、2005年5月、組立説明書。
  31. ^ 『ガンダムマガジンNo.2』講談社、1991年2月、52-53頁。
  32. ^ ROBOT魂 〈SIDE MS〉 フルアーマーガンダムMk-II”. プレミアムバンダイ. バンダイ. 2021年4月6日閲覧。
  33. ^ 電撃ホビーマガジン 2002年7月号”. アスキー・メディアワークス. KADOKAWA. 2021年4月6日閲覧。
  34. ^ a b c 『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、27頁。ISBN 978-4-499-20525-2
  35. ^ 『ガンダムエース』2020年1月号、KADOKAWA、277頁。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムMk-II」の関連用語

ガンダムMk-IIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダムMk-IIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムMk-II (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS