ガンダムネットワークオペレーション2 ガンダムネットワークオペレーション2の概要

ガンダムネットワークオペレーション2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 09:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムネットワークオペレーション > ガンダムネットワークオペレーション2
ガンダムネットワークオペレーション2
ジャンル 多人数参加型ネットワーク戦略シミュレーション
対応機種 Windows
開発元 NTTデータ
発売元 バンダイ
人数 多人数参加型
メディア ダウンロード
テンプレートを表示

概要

1つのサーバの中では、現実時間の約90日を1クールとして一年戦争が進行する。ユーザー達は地球連邦軍とジオン公国軍の2勢力に分かれて、各軍の独立部隊指揮官として参加、その約90日間[注 1]に一年戦争を体験する。2004年9月1日よりサービス開始。

最大の特徴は、ユーザーがネットワークに接続していない状態でもサーバ内ではゲームが進行する。ユーザーの部下のプレイヤーキャラクターも作戦指示を出しておけば自動的に戦闘に参加するので、時間の無い人でもプレイできる点[注 2]である。

2007年8月21日より、それまでパッケージ販売していたクライアントソフトが有償ダウンロード(\2,100)できるようになり、数か月前まで入手困難でネットオークションでプレミアムが付いていたパッケージの同等品を、簡単に入手できるようになった。[注 3]

後継である『ガンダムネットワークオペレーション3』が2010年3月1日よりサービス開始。本作も並行して運営がされていたが、2014年1月12日に両方同時にサービス終了した。

前作との相違点

前作ではMSの兵装を途中で変更する事が出来なかったが、本作では状況・作戦・パイロットの特性に応じての兵装の変更[注 4]が可能になった。

ゲームの進行

まずユーザーは参加するサーバを選び、連邦かジオンのどちらに所属するかを決める。そしてユーザーのゲーム内の分身である指揮官キャラクターを設定する[注 5]。その後、ユーザーの搭乗する旗艦[注 6]のほか、その時点での一年戦争の経過状況に応じたレベルの5名の部下のパイロット、数機のモビルスーツなどのユニットが与えられる。これは、戦争が進行するにつれて技術力が上がるので、より高性能な兵器が開発されるためである。

階級は「少尉」→「中尉」→「大尉」→「少佐」→「中佐」→「大佐」→・・・と続き、昇進は任務で得られる「戦功」値による。

ユーザーは戦闘や各種の任務をこなし、戦功ポイント、経験値、補給値[注 7]、貢献値[注 8]などを獲得していくことによって、徐々に自己の部隊を強化していく。指揮官キャラはそのレベルおよび獲得した戦功に応じて、階級が上がっていく。階級が上がるにつれて、一度に多数・または強いユニットの出撃が可能になるなどのメリットがある。

こうして約90日間の攻防の末に、両軍の状況に応じた一年戦争の結末を迎える。次クールに引き継ぐことができる物は、指揮官キャラの他にその階級や部下[注 9]、戦功値のみ。


  1. ^ 戦況によっては、特に特定の陣営が圧倒的に優勢になると90日を待たずして早期終戦することがある。
  2. ^ 「一日10分からでもゲーム参加が可能」というのが提示されたセールスポイントの一つ。
  3. ^ ダウンロード版では、原作等で使用されていた楽曲をBGMとして使用できない。
  4. ^ 前作の『GNO』では「陸戦型ガンダム」「陸戦型ガンダム ML(ミサイルランチャー)装備」「陸戦型ガンダム LR(ロングライフル)装備」は別の機体だったが、『GNO2』では「陸戦型ガンダム」の武装変更で対応できる、といったように。
  5. ^ 以上は一度決定すると、削除するまで変更できない。
  6. ^ 戦闘には直接関与しない。また階級が上がる毎に乗艦は変化する。宇宙と地球上でも乗艦は異なる。
  7. ^ 金銭のようなもの。これを消費することで兵器を獲得したり、カスタマイズできる。
  8. ^ 用途は補給値と似ているが、他のキャラクターに譲渡できない。消費することでカスタム機が入手できる。
  9. ^ 任務を行うことによって、原作に登場したパイロットが自部隊に編入されることがあるが、原作に登場したパイロットは次クールには引き継がれない。
  10. ^ 特殊任務の内容によっては、褒賞として敵軍の機体が入手できることもある
  11. ^ 当然、機体は無くなる。
  12. ^ たとえば、シャア・アズナブル専用ザクIIS型は、「ザクIIS型/CA」となる。
  13. ^ 性能調整は、機体によっては選べない項目がある。例えばジオン軍の「ヅダ」は、「回避↑装甲↓」と「移動↑装甲↓」の性能調整を行うことはできない。
  14. ^ ザクII陸戦型、グフのみ可能
  15. ^ ガンダムのみ可能
  16. ^ ガンダム、ガンダム7号機、ガンダムNT-1のみ可能
  17. ^ ガンダム7号機のみ可能
  18. ^ 隊長機への改良は量産機のみ可能。(限定生産機、一機制限機は改造できない。)
  19. ^ 「一度しか引けない」であって「必ず一度引ける」ではない。
  20. ^ 例えば、水陸両用型ユニットは水中マップでは命中率が上がるなど有利になるが、宇宙空間マップには参戦ができない、など。
  21. ^ 「リック・ドム」と「リック・ドムII」は別の機体である。リック・ドムが支給された場合でもログ画面は「リック・ドム」となる。


「ガンダムネットワークオペレーション2」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンダムネットワークオペレーション2」の関連用語

ガンダムネットワークオペレーション2のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガンダムネットワークオペレーション2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンダムネットワークオペレーション2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS