ガゼルの塔 妖魔

ガゼルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 14:32 UTC 版)

妖魔

ガゼル
本作のラスボス。ガゼルの塔の主。『サークIII』のボス戦でも再登場する。
ゼグライア
妖魔三将軍ゾム・ディザエの軍の1人。ガゼルの復活を目論み、最後はガゼルと合体してラトクに襲いかかる。
ベルゼス
はぐれ妖魔の1人。
アル・アクリラ
はぐれ妖魔の1人。水の妖魔。

移植版

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 Xak -ガゼルの塔- 199106241991年6月24日
PC-9801/PC-88VA(共用) マイクロキャビン マイクロキャビン 3.5インチフロッピーディスク
5インチフロッピーディスク
11145 (3.5")
11155 (5")
2 Xak -ガゼルの塔- 199110041991年10月4日
MSX2 マイクロキャビン マイクロキャビン フロッピーディスク 11344
3 Xak -ガゼルの塔- 2002年4月24日[1][2]
Windows マイクロキャビン ボーステック ダウンロード
プロジェクトEGG
- PC-9801版の移植
4 Xak -ガゼルの塔- 2006年3月3日[3][4]
FOMA 90xiシリーズ
iアプリ
バーンハウスエフェクト バンダイネットワークス ダウンロード
(バンダイ コレクション)
- PC-9801版の移植
5 Xak -ガゼルの塔- 2010年1月19日[5]
Windows マイクロキャビン D4エンタープライズ ダウンロード
(プロジェクトEGG)
- PC-8801版の移植
6 Xak -ガゼルの塔- 2018年1月16日[6]
Windows マイクロキャビン D4エンタープライズ ダウンロード
(プロジェクトEGG)
- MSX2版の移植、Windows10対応版

スタッフ

PC-9801版
  • 原作:柳島秀行
  • ゲーム・デザイン、シナリオ:川口洋一郎
  • トラップ、ステージ構成:久保泰章
  • シナリオ・プログラム:山田浩司
  • ゲーム/デモ・プログラム:永井勝也
  • イベント/デモ・プログラム:柳島秀行
  • ゲーム・グラフィック:川口洋一郎
  • サウンド:新田忠弘福田康文瓜田幸治
  • イメージイラスト:菊池通隆
  • パッケージ/マニュアル・レイアウト:谷口恵津子
  • 制作チーフ:三曽田明

  1. ^ ブランディッシュ&白と黒の伝説!EGG第5弾” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2002年4月26日). 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ 北村孝和 (2002年4月26日). “Project-EGG、PC98「ブランディッシュ」、「Xak ガゼルの塔」など第5回ラインナップのダウンロード販売を開始” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年2月29日閲覧。
  3. ^ 企業情報” (日本語). バンダイネットワークス公式サイト. バンダイネットワークス (2006年3月3日). 2006年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月29日閲覧。
  4. ^ iモード向けフィールド型アクションRPG「Xak ガゼルの塔」” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2006年3月3日). 2020年2月29日閲覧。
  5. ^ 「プロジェクトEGG」,PC-8801版「Xak -ガゼルの塔-」を本日配信” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2010年1月26日). 2020年2月29日閲覧。
  6. ^ 「プロジェクトEGG」,「Xak -ガゼルの塔-(Windows10対応版・MSX2版)」を配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2018年1月16日). 2020年2月29日閲覧。


「ガゼルの塔」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ガゼルの塔のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガゼルの塔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガゼルの塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS