カリフラワー 栽培

カリフラワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 05:18 UTC 版)

栽培

春まきと秋まきの年2回つくることができ、春まきは早春に種まきと定植をして初夏に収穫する方法で、秋まきは夏に種まきと定植をして晩秋から初冬に収穫する方法がある[16]。育て方はブロッコリーとほぼ同じで、日本では、夏に種をまき、晩夏に苗を植え付けて秋にかけて育て、晩秋から収穫を始めるのが一般的である[17]。種まきから収穫まで約3か月を要する作物で、栽培に適する土壌酸度は pH 6.0 - 6.5、生育適温は15 - 20℃、発芽適温は15 - 30℃とされる[3]。栽培難度は難しいほうで、カリフラワーのようなアブラナ科野菜は連作障害があることから、輪作年限は2 - 3年とされている[16][3]。過湿には弱く、水はけの良い場所に定植する[16]が、水切れを起こすと花蕾はつかなくなるので、水やりは必要である[17]

ポットなどに種をまき、本葉が5、6枚になったら、畑の畝に苗を50センチメートル (cm) ほどの間隔で定植する[16]。定植後は2週間隔で、追肥と土寄せを2回行うようにする[16]。定植後1か月を過ぎると、中央に花蕾が見えてくる[17]。定植から80 - 85日後あたりが収穫期で[16]、花蕾が白い品種であれば、花蕾がついたら外葉などを折ったり結んで直射日光が当たるのを防ぐようにすると、真っ白できれいな花蕾になる[16][14]。花蕾がオレンジ色や紫色の品種では、花蕾に紫外線が当たることできれいに色付くため、白い品種のように遮光は行わない[14]。葉を結束して2週間ぐらい[17]、花蕾の直径が15 cmほどになったところで、花蕾の下を切って収穫が行われる[16]。ブロッコリーのようにわき芽は出ないので、収穫は同じ株で1度切りである[17]

病虫害として、アブラムシモンシロチョウコナガの幼虫(アオムシ)、ヨトウガの幼虫(ヨトウムシ)による食害があり、特に気温が高い時期は害虫がつきやすい[16][3]。対策として、定植後はアオムシなどの害虫がつかないように寒冷紗でトンネルがけを行って、苗を守るようにするとよいとされる[16]。アオムシやヨトウムシを見つけたら捕殺する[16]。病気では根こぶ病にかかる場合がある[3]


注釈

  1. ^ 「花野菜」とも表記されるが、語源を考えると本来は誤りである。
  2. ^ 耳の軟骨が硬い人に発生しやすい。
  3. ^ 柔道相撲レスリングラグビーボクシング等。

出典

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Brassica oleracea L. var. botrytis L.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ a b 三省堂百科辞書編輯部編 「カリフラワー」『新修百科辞典』 三省堂、1934年、523頁。
  3. ^ a b c d e f g h 藤田智監修 NHK出版編 2019, p. 144.
  4. ^ a b Harper, Douglas. “cauliflower”. Online Etymology Dictionary. 2021年8月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 講談社編 2013, p. 137.
  6. ^ 跡見群芳譜(農産譜 キャベツ)”. 2021年8月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 17.
  8. ^ 跡見群芳譜(農産譜 ブロッコリー)”. 2021年8月12日閲覧。
  9. ^ 蔬菜の栽培』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  10. ^ 野菜自給十坪菜園』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  11. ^ a b c d 武 鈴子『からだに効く 和の薬膳便利帳』家の光協会、2012年、134頁。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l 主婦の友社編 2011, p. 158.
  13. ^ 世界の食用植物文化図鑑・173ページ
  14. ^ a b c d e f 藤田智監修 NHK出版編 2019, p. 145.
  15. ^ 【家庭菜園のプロ監修】3月に種まき・苗を植える野菜とは?おすすめ品目10選 | AGRI PICK”. 農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]. 2021年3月25日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k 金子美登 2012, p. 97.
  17. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 159.
  18. ^ a b 作物統計調査>作況調査(野菜)>確報>平成24年産野菜生産出荷統計>年次>2012年”. e-Stat. 総務省統計局. 2014年11月6日閲覧。
  19. ^ JA徳島市 カリフラワー”. 徳島市農業協同組合. 2014年11月6日閲覧。
  20. ^ 第3問 正解”. 中国四国農政局. 2014年11月6日閲覧。
  21. ^ a b FAOSTAT>DOWNLOAD DATA” (英語). FAOSTAT. FAO. 2014年11月6日閲覧。
  22. ^ 世界の食用植物文化図鑑・170ページ
  23. ^ 「ご飯の代わりにカリフラワー/低糖質・低カロリー 健康志向の定番へ/オイシックス:カット済み通販 ローソン:キーマカレー改良」『日経MJ』2018年9月3日(コンビニ・フード面)。
  24. ^ 耳介血腫 - 日本耳鼻咽喉科学会愛媛県地方部会、愛媛県耳鼻咽喉科医会HP






カリフラワーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カリフラワーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カリフラワーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリフラワー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS