カリフォルニア州 経済

カリフォルニア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/12 04:42 UTC 版)

経済

カリフォルニア州が1つの国であれば、国内総生産は7位から10位の間に入る[33][34][35]
カリフォルニア州のGDP産業別内訳、2008年[36]

2007年時点で州の総生産は約1兆8,120億ドルであり、国内の州では最大で、アメリカ合衆国のGDPの13 %を占めている。世界の国と比較してもGDPで9位、購買力平価説購買力平価で12位になる。しかし、2009年 - 2010年会計年度では263億ドルの赤字だった[37]2008年後半の経済減退と世界金融危機への対応が緊急課題となったために州予算の成立が3か月も遅れたが、単に赤字を2009年に繰り越したに過ぎない。1つの問題は州の歳入のかなりの部分が、少数の富裕な州民から上がる所得税に依存していることである。例えば2004年の場合、納税者の3 %が収税全体のうちの60 %を払っていた[38]。課税できる収入はキャピタルゲインに頼っているために、証券市場の減退が大きく影響してきた。州知事は歳出の大幅なカットと増税を提案してきたが、議会との間で続くこじれのために法案の通過は困難な状況にある。

州の歳出は1998年の560億ドルから2008年の1,310億ドルまで増加し、2008年には400億ドルの赤字になった[39]。2010年には720億ドル[40] とさらに赤字が増加する可能性がある[41]

雇用数を比較すると貿易・交通および公共事業の分野、地方自治体、専門職と事業経営分野、教育と健康分野および観光娯楽分野が3つの大きな分野である。最大の雇用主はUniversity of Californiaである。生産高でみると、金融が大きく、続いて貿易・交通および公共事業の分野、教育と健康分野、地方自治体、製造分野の順になる。2010年1月の失業率は12.5 %と国内では5番目に高く、2007年の5.9 %からかなり上昇した[42][43]

カリフォルニア州の経済は貿易と国際商取引への依存率が高く、およそ州経済の4分の1に相当している。2008年の輸出額は1,440億ドルであり、2006年の1,270億ドル、2007年の1,340億ドルから増加してきている[44]。中でもコンピュータと電子製品が2008年の輸出額の42 %と飛びぬけて高い [44]。 農業はカリフォルニア州経済の大変重要な分野であり続けている。過去30年間の農業関連売上高は、1974年の73億ドルから2004年の310億ドルと約4倍になった[45]。この期間、農業用地は15 %減り、農業用水供給量は慢性的不安定な状態だったが、これだけ売上高は上がった。これは農業適地を集中的に使ったことと、技術的改善で収量を上げたことが貢献している[45]

2007年のカリフォルニア州1人当たり所得は38,956ドルであり、国内の州では8位になっている[46]。これは地域や職業で幅広く異なっている。例えば、セントラル・バレーでは、移民農場労働者が最低賃金以下で働いているので、最も貧しい地域になっている。近年サンホアキン・バレー地域がアパラチア地域と並んで、合衆国で最も経済的に落ち込んだ地域の1つになってきた[47]。一方海岸にある多くの都市の中には、一人当たりの所得で合衆国の中でも、最も裕福な地域がある。北部のハイテク産業が集積したシリコンバレーサンタクララ郡サンマテオ郡インターネット・バブルによる不況から立ち直ってきた。

カリフォルニア州は6等級で変わる所得累進課税方式を採っており、最高税率は9.3 %である。所得税総額は年400億ドルになる。消費税率は8.25 %であり、地方消費税を含むと10.75 %になる[48]。固定資産税は購入時の適正市場価格に基づいて課税され、実勢市場価格に合わせて増税されることはない。

2009年の経済危機でカリフォルニア州は破産状態になっている[49]。6月にアーノルド・シュワルツェネッガー知事は「我々の財布は空であり、銀行は閉じ、信用は無くなった」と語った[50]。現在240億ドルの歳出カットを提案している[50]

主な企業など

カリフォルニア州に本拠地のある企業には以下のようなものがある。




注釈

  1. ^ なお、「州」がない「加」一文字は、一般にはカリフォルニア州ではなく「カナダ(加拿大)」の略称である。
  2. ^ このような気候および地勢により、カリフォルニア州では山火事が頻繁に発生し問題となっている。詳しくは、カリフォルニア州#気候を参照。
  3. ^ スペイン人歴史家アントニオ・デ・ヘレラ・イ・トルデシラスが1601年に出版した史料に拠れば、フロリダドライ・トートガスケープ・カナベラルおよびアパラチアンがそれ以前に名付けられた地名である。
  4. ^ 日本時間12月8日
  5. ^ キャンプは陸軍省下のWRAによって管理されたものと、司法省によって管理されるキャンプがあった。日系アメリカ人強制収容所と言われる場合、一般には前者のことをさす場合が多い。

出典

  1. ^ a b c d e QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年
  2. ^ E-4 Population Estimates for Cities, Counties and the State, 2001?2009, with 2000 Benchmark.”. Sacramento, California: State of California, Department of Finance (2009年5月). 2009年12月24日閲覧。
  3. ^ 2000 Census of Population and Housing (PDF)”. US Census Bureau. p. 29 (2004年4月). 2009年12月25日閲覧。
  4. ^ Laaksonen-Craig, Susanna; Goldman, George; McKillop, William (2003) (PDF). Forestry, Forest Products, and Forest Products Consumption in California. Davis, California: University of California ? Division of Agriculture and Natural Resources. p. 1. ISBN 978-1-60107-248-1. http://anrcatalog.ucdavis.edu/pdf/8070.pdf 
  5. ^ “米加州で分離・独立の動き、51番目の州の誕生なるか?”. (2011年7月16日). http://www.cnn.co.jp/usa/30003391.html 2011年7月16日閲覧。 
  6. ^ a b Gudde, Erwin G. and William Bright. 2004. California Place Names: The Origin and Etymology of Current Geographical Names. P.59-60
  7. ^ Lavender, David (1987). California: Land of New Beginnings. University of Nebraska Press. pp. 27. ISBN 0803279248. OCLC 15315566 
  8. ^ http://www.etymonline.com/index.php?search=california&searchmode=none
  9. ^ Person-Lynn, 2004.
  10. ^ Stewart, George (1945). Names on the Land: A Historical Account of Place-Naming in the United States. New York: Random House. pp. 11-17 
  11. ^ Alice Friedemann. “Lessons for California and the U.S. from movie "How Cuba survived Peak Oil"”. Culture Change. 2007年6月30日閲覧。
  12. ^ Elevations and Distances in the United States”. U.S Geological Survey (2005年4月29日). 2009年12月24日閲覧。
  13. ^ David Elstein (May 2004). “Restoring California's Native Grasses”. Agricultural Research magazine 52 (5): 17. http://www.ars.usda.gov/is/AR/archive/may04/grass0504.htm 2009年12月25日閲覧。. 
  14. ^ a b Table 4. Cumulative Estimates of the Components of Resident Population Change for the United States, Regions, States, and Puerto Rico: April 1, 2000 to July 1, 2009 (CSV)”. United States Census Bureau (2009年12月22日). 2009年12月26日閲覧。
  15. ^ Bureau, US Census. “2020 Population and Housing State Data” (英語). The United States Census Bureau. 2021年8月14日閲覧。
  16. ^ 座標でいえば、北緯35度27分31秒 西経119度21分19秒 / 北緯35.458606度 西経119.355165度 / 35.458606; -119.355165
  17. ^ Population and Population Centers by State: 2000 (TXT)”. United States Census 2000. US Census Bureau Geography Division (2002年5月20日). 2009年12月26日閲覧。
  18. ^ California - ACS Demographic and Housing Estimates: 2006-2008”. American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。
  19. ^ 有料会員向けサービス 朝刊・夕刊:日経電子版” (日本語). www.nikkei.com. 2021年8月14日閲覧。
  20. ^ Most spoken languages in California in 2005”. Modern Language Association. 2009年12月27日閲覧。
  21. ^ Table 5. Detailed List of Languages Spoken at Home for the Population 5 Years and Over by State: 2000 (PDF)”. Census 2000. US Census Bureau (2003年2月27日). 2009年12月27日閲覧。
  22. ^ California Constitution article 3 sec.6 カリフォルニア州法 (原文)
  23. ^ English-only movement 英語版記事 2007年9月19日 17:48UTC版
  24. ^ Instant City: Sacramento”. California State Library. 2010年1月29日閲覧。
  25. ^ San Jose at a Glance”. City of San Jose. 2010年1月29日閲覧。
  26. ^ A History of San Diego Government”. City of San Diego. 2010年1月29日閲覧。
  27. ^ California State Parks: 1846 to 1854”. California State Parks (2007年5月23日). 2010年1月29日閲覧。
  28. ^ CA Codes (gov:34500-34504)”. California State Senate. 2010年1月29日閲覧。
  29. ^ California Codes, Civil Code Section 22-22.2”. California Civil Codes. Legislative Counsel of the State of California. 2010年1月29日閲覧。
  30. ^ Sarhaddi Nelson, Soraya (2006年2月21日). “Morales execution on hold indefinitely”. Orange County Register (Freedom Communications). http://www.ocregister.com/ocregister/news/homepage/article_1008434.php 2010年1月29日閲覧。 
  31. ^ Thompson, Don (2007年12月8日). “Calif. Struggles with sentencing reform”. USA Today (Gannett Company). http://www.usatoday.com/news/nation/2007-12-08-2244622424_x.htm 2010年1月29日閲覧。 
  32. ^ Sabato, Larry J. (2007年3月22日). “Electoral Trends Warm Sunbelt, Freeze Frostbelt”. Sabato's Crystal Ball. University of Virginia Center for Politics. 2010年1月29日閲覧。
  33. ^ Country Comparison :: GDP (purchasing power parity)”. The World Factbook. Central Intelligence Agency. 2010年1月31日閲覧。
  34. ^ Cal Facts 2004 State Economy”. Legislative Analyst's Office of California (2004年12月3日). 2010年1月31日閲覧。
  35. ^ California's World Ranking ? 2003 Gross Product (Microsoft Excelの.xls)”. California Department of Finance. 2010年1月31日閲覧。
  36. ^ Regional Economic Accounts (interactive tables)”. Bureau of Economic Analysis. 2010年1月31日閲覧。
  37. ^ Yi, Matthew (2009年7月2日). “State's budget gap deepens $2 billion overnight”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-1. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/07/01/MNV118HCO8.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  38. ^ Pender, Kathleen (2006年5月9日). “Google's April surprise for state”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-1. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/c/a/2006/05/09/MNGSVIO7NG1.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  39. ^ Nunes, Devin (2009年1月10日). “California's Gold Rush Has Been Reversed”. The Wall Street Journal (Dow Jones & Company): p. A9. http://online.wsj.com/article/SB123154816733469917.html 2010年1月29日閲覧。 
  40. ^ Christie, Jim; Linnane, Ciara; Parry, John (2009年6月19日). “Moody's warning on California debt stuns state”. Reuters. San Francisco: Thomson Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSTRE55I52L20090619 2010年2月7日閲覧。 
  41. ^ “California Makes Plea for U.S. Aid”. The New York Times. Associated Press (The New York Times Company): p. A21. (2010年2月6日). http://www.nytimes.com/2010/02/07/us/07calif.html 2010年2月7日閲覧。 
  42. ^ Welch, William (2009年2月20日). “In California's meltdown, misery has long reach”. USA Today (Gannett Co). http://www.usatoday.com/news/nation/2009-02-19-california-hurting_N.htm 2010年1月29日閲覧。 
  43. ^ Bls.gov; Local Area Unemployment Statistics
  44. ^ a b Trade Statistics”. California Chamber of Commerce. 2010年1月29日閲覧。
  45. ^ a b Cal Facts 2006 State Economy”. Legislative Analyst's Office of California (2007年8月6日). 2010年1月29日閲覧。
  46. ^ “State Personal Income 2006” (プレスリリース), Bureau of Economic Analysis, (2007年3月27日), http://www.bea.gov/newsreleases/regional/spi/2007/spi0307.htm 2010年1月29日閲覧。 
  47. ^ Cowan, Tadlock (2005年12月12日). “California's San Joaquin Valley: A Region in Transition (PDF)”. Congressional Research Service, Library of Congress. p. 2. 2010年1月29日閲覧。
  48. ^ Equalization California Board of (2009年7月). “Publication 71, California City and County Sales and Use Tax Rates, April 1, 2009 Edition (PDF)”. 2009年9月26日閲覧。
  49. ^ “California at Budget Impasse as State Nears Insolvency”. Fox News Channel (News Corp.). (2009年2月15日). http://www.foxnews.com/politics/2009/02/15/california-budget-impasse-state-nears-insolvency 2010年1月29日閲覧。 
  50. ^ a b “California's time is running out”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-12. (2009年6月4日). http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/06/03/ED3T180828.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  51. ^ Reach Hot California Travel Spots by Amtrak Thruway Bus Connections”. アムトラック公式ウェブサイト. 2016年12月23日閲覧。
  52. ^ Proposition 98 Primer”. Legislative Analyst's Office of California (2005年2月). 2010年1月29日閲覧。
  53. ^ California Comparison”. Education Data Partnership. 2010年1月29日閲覧。
  54. ^ CSU Facts 2008”. California State University Office of Public Affairs (2009年1月21日). 2010年1月29日閲覧。
  55. ^ Community Colleges”. California Community Colleges Chancellor's Office (2009年). 2010年1月29日閲覧。
  56. ^ ひろしま産業振興機構国際部 ロサンゼルスレポート 2001(平成13)年9月『南カリフォルニア日系企業実態』
  57. ^ 南カリフォルニア日系企業協会 部会からのお知らせ『州知事との面談かなった2007(平成19)年度サクラメント訪問』
  58. ^ 北加日本商工会議所 2006(平成18)年 サクラメント表敬訪問
  59. ^ 国際交流基金 事業内容 海外における日本語教育 『日本語教育国別情報』
  60. ^ カリフォルニア州政府観光局-なんでもアルフォルニア






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カリフォルニア州」の関連用語

カリフォルニア州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カリフォルニア州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリフォルニア州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS