カリフォルニア州 概要

カリフォルニア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/28 19:57 UTC 版)

概要

アメリカ合衆国の州のうちでは最大の人口を誇り[1]アメリカ大統領選の選挙人数も最多である。ブラジルサンパウロ州に続いて南北アメリカ大陸で2番目に人口の多い行政区画であり、大都市は人口の多い順にロサンゼルス(約390万人)、サンディエゴ(約140万人)、サンノゼ(約100万人)、サンフランシスコ(約87万人)となっている[2]。州内には全国で2位(ロサンゼルス)と6位(サンフランシスコとサンノゼを含む「ベイエリア」)の都市圏があり、市域人口の多い全米の都市上位50位以内に9市が入っている。州都はサクラメント(約52万人)である。

かつて日本では漢字で「加利福尼亜」と表記されることもあったが、現在ではあまり用いられない。この略である「加州」は、新聞の見出しのように字数制限のある場合など、今でも用いられることがある[注 1]

カリフォルニア州には多様な気候地形があり、また多くの民族が住んでいる。合衆国の州としてはアラスカ州テキサス州に次いで3番目に大きな面積を持つ[3]。北はオレゴン州、北東はネバダ州、南東はアリゾナ州に接し、南はメキシコバハ・カリフォルニア州に接している。地理的には太平洋岸から東のシエラネバダ山脈まで、南東はモハーヴェ砂漠、北西にはセコイアベイマツの森林がある。州の中央には世界でも最高水準の生産性の高さを誇る農業地帯、セントラル・バレーがある。アメリカ合衆国本土として、標高が最高の地点(ホイットニー山)と最低の地点(デスバレー)がある。面積のおよそ40%は森林であり[4]、乾燥した地域としては森林が比較的多い[注 2]

18世紀の後半から「アルタ・カリフォルニア」と呼ばれた地域はスペイン帝国の植民地となった。1821年にアルタ・カリフォルニアを含みメキシコ第一メキシコ帝国となって帝政を布いた後に共和国に変わった。1846年ソノマにいたアメリカ人開拓者の集団がカリフォルニア共和国の独立を宣言した。その直後の米墨戦争の結果、メキシコはカリフォルニアをアメリカ合衆国に割譲した。カリフォルニアは1850年9月9日にアメリカ合衆国第31番目の州となった。

19世紀半ばの「ゴールドラッシュ」によって、カリフォルニアでは社会、経済および人口に劇的な変化が起こった。人々が流入し好景気が訪れたことでサンフランシスコはテントの集まった小村から世界にも知られたブームの街に成長した。20世紀初期の重要な発展としては、娯楽産業の中心としてのロサンゼルスの勃興と州全体に広がる巨大な観光産業があった。豊かな農業に加えて航空宇宙産業石油産業および情報技術産業が経済発展に貢献した。

カリフォルニア州が1つの国家であるとすると、GDPではイタリアに匹敵する第10位である。人口でも第35位、国土では第59位になる。

カリフォルニア州では、歴史的に一部地域で分離・独立を繰り返し目指す動きが見られる。1800年代から2011年までに少なくとも27回独立が試みられ、すべて失敗に終わっている[5]




注釈

  1. ^ なお、「州」がない「加」一文字は、一般にはカリフォルニア州ではなく「カナダ(加拿大)」の略称である。
  2. ^ このような気候および地勢により、カリフォルニア州では山火事が頻繁に発生し問題となっている。詳しくは、カリフォルニア州#気候を参照。
  3. ^ スペイン人歴史家アントニオ・デ・ヘレラ・イ・トルデシラスが1601年に出版した史料に拠れば、フロリダドライ・トートガスケープ・カナベラルおよびアパラチアンがそれ以前に名付けられた地名である。
  4. ^ 日本時間12月8日
  5. ^ キャンプは陸軍省下のWRAによって管理されたものと、司法省によって管理されるキャンプがあった。日系アメリカ人強制収容所と言われる場合、一般には前者のことをさす場合が多い。

出典

  1. ^ a b c d e QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年
  2. ^ E-4 Population Estimates for Cities, Counties and the State, 2001?2009, with 2000 Benchmark.”. Sacramento, California: State of California, Department of Finance (2009年5月). 2009年12月24日閲覧。
  3. ^ 2000 Census of Population and Housing (PDF)”. US Census Bureau. p. 29 (2004年4月). 2009年12月25日閲覧。
  4. ^ Laaksonen-Craig, Susanna; Goldman, George; McKillop, William (2003) (PDF). Forestry, Forest Products, and Forest Products Consumption in California. Davis, California: University of California ? Division of Agriculture and Natural Resources. p. 1. ISBN 978-1-60107-248-1. http://anrcatalog.ucdavis.edu/pdf/8070.pdf 
  5. ^ “米加州で分離・独立の動き、51番目の州の誕生なるか?”. (2011年7月16日). http://www.cnn.co.jp/usa/30003391.html 2011年7月16日閲覧。 
  6. ^ a b Gudde, Erwin G. and William Bright. 2004. California Place Names: The Origin and Etymology of Current Geographical Names. P.59-60
  7. ^ Lavender, David (1987). California: Land of New Beginnings. University of Nebraska Press. pp. 27. ISBN 0803279248. OCLC 15315566 
  8. ^ http://www.etymonline.com/index.php?search=california&searchmode=none
  9. ^ Person-Lynn, 2004.
  10. ^ Stewart, George (1945). Names on the Land: A Historical Account of Place-Naming in the United States. New York: Random House. pp. 11-17 
  11. ^ Alice Friedemann. “Lessons for California and the U.S. from movie "How Cuba survived Peak Oil"”. Culture Change. 2007年6月30日閲覧。
  12. ^ Elevations and Distances in the United States”. U.S Geological Survey (2005年4月29日). 2009年12月24日閲覧。
  13. ^ David Elstein (May 2004). “Restoring California's Native Grasses”. Agricultural Research magazine 52 (5): 17. http://www.ars.usda.gov/is/AR/archive/may04/grass0504.htm 2009年12月25日閲覧。. 
  14. ^ a b Table 4. Cumulative Estimates of the Components of Resident Population Change for the United States, Regions, States, and Puerto Rico: April 1, 2000 to July 1, 2009 (CSV)”. United States Census Bureau (2009年12月22日). 2009年12月26日閲覧。
  15. ^ Bureau, US Census. “2020 Population and Housing State Data” (英語). The United States Census Bureau. 2021年8月14日閲覧。
  16. ^ 座標でいえば、北緯35度27分31秒 西経119度21分19秒 / 北緯35.458606度 西経119.355165度 / 35.458606; -119.355165
  17. ^ Population and Population Centers by State: 2000 (TXT)”. United States Census 2000. US Census Bureau Geography Division (2002年5月20日). 2009年12月26日閲覧。
  18. ^ California - ACS Demographic and Housing Estimates: 2006-2008”. American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。
  19. ^ 有料会員向けサービス 朝刊・夕刊:日経電子版” (日本語). www.nikkei.com. 2021年8月14日閲覧。
  20. ^ Most spoken languages in California in 2005”. Modern Language Association. 2009年12月27日閲覧。
  21. ^ Table 5. Detailed List of Languages Spoken at Home for the Population 5 Years and Over by State: 2000 (PDF)”. Census 2000. US Census Bureau (2003年2月27日). 2009年12月27日閲覧。
  22. ^ California Constitution article 3 sec.6 カリフォルニア州法 (原文)
  23. ^ English-only movement 英語版記事 2007年9月19日 17:48UTC版
  24. ^ Instant City: Sacramento”. California State Library. 2010年1月29日閲覧。
  25. ^ San Jose at a Glance”. City of San Jose. 2010年1月29日閲覧。
  26. ^ A History of San Diego Government”. City of San Diego. 2010年1月29日閲覧。
  27. ^ California State Parks: 1846 to 1854”. California State Parks (2007年5月23日). 2010年1月29日閲覧。
  28. ^ CA Codes (gov:34500-34504)”. California State Senate. 2010年1月29日閲覧。
  29. ^ California Codes, Civil Code Section 22-22.2”. California Civil Codes. Legislative Counsel of the State of California. 2010年1月29日閲覧。
  30. ^ Sarhaddi Nelson, Soraya (2006年2月21日). “Morales execution on hold indefinitely”. Orange County Register (Freedom Communications). http://www.ocregister.com/ocregister/news/homepage/article_1008434.php 2010年1月29日閲覧。 
  31. ^ Thompson, Don (2007年12月8日). “Calif. Struggles with sentencing reform”. USA Today (Gannett Company). http://www.usatoday.com/news/nation/2007-12-08-2244622424_x.htm 2010年1月29日閲覧。 
  32. ^ Sabato, Larry J. (2007年3月22日). “Electoral Trends Warm Sunbelt, Freeze Frostbelt”. Sabato's Crystal Ball. University of Virginia Center for Politics. 2010年1月29日閲覧。
  33. ^ Country Comparison :: GDP (purchasing power parity)”. The World Factbook. Central Intelligence Agency. 2010年1月31日閲覧。
  34. ^ Cal Facts 2004 State Economy”. Legislative Analyst's Office of California (2004年12月3日). 2010年1月31日閲覧。
  35. ^ California's World Ranking ? 2003 Gross Product (Microsoft Excelの.xls)”. California Department of Finance. 2010年1月31日閲覧。
  36. ^ Regional Economic Accounts (interactive tables)”. Bureau of Economic Analysis. 2010年1月31日閲覧。
  37. ^ Yi, Matthew (2009年7月2日). “State's budget gap deepens $2 billion overnight”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-1. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/07/01/MNV118HCO8.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  38. ^ Pender, Kathleen (2006年5月9日). “Google's April surprise for state”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-1. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/c/a/2006/05/09/MNGSVIO7NG1.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  39. ^ Nunes, Devin (2009年1月10日). “California's Gold Rush Has Been Reversed”. The Wall Street Journal (Dow Jones & Company): p. A9. http://online.wsj.com/article/SB123154816733469917.html 2010年1月29日閲覧。 
  40. ^ Christie, Jim; Linnane, Ciara; Parry, John (2009年6月19日). “Moody's warning on California debt stuns state”. Reuters. San Francisco: Thomson Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSTRE55I52L20090619 2010年2月7日閲覧。 
  41. ^ “California Makes Plea for U.S. Aid”. The New York Times. Associated Press (The New York Times Company): p. A21. (2010年2月6日). http://www.nytimes.com/2010/02/07/us/07calif.html 2010年2月7日閲覧。 
  42. ^ Welch, William (2009年2月20日). “In California's meltdown, misery has long reach”. USA Today (Gannett Co). http://www.usatoday.com/news/nation/2009-02-19-california-hurting_N.htm 2010年1月29日閲覧。 
  43. ^ Bls.gov; Local Area Unemployment Statistics
  44. ^ a b Trade Statistics”. California Chamber of Commerce. 2010年1月29日閲覧。
  45. ^ a b Cal Facts 2006 State Economy”. Legislative Analyst's Office of California (2007年8月6日). 2010年1月29日閲覧。
  46. ^ “State Personal Income 2006” (プレスリリース), Bureau of Economic Analysis, (2007年3月27日), http://www.bea.gov/newsreleases/regional/spi/2007/spi0307.htm 2010年1月29日閲覧。 
  47. ^ Cowan, Tadlock (2005年12月12日). “California's San Joaquin Valley: A Region in Transition (PDF)”. Congressional Research Service, Library of Congress. p. 2. 2010年1月29日閲覧。
  48. ^ Equalization California Board of (2009年7月). “Publication 71, California City and County Sales and Use Tax Rates, April 1, 2009 Edition (PDF)”. 2009年9月26日閲覧。
  49. ^ “California at Budget Impasse as State Nears Insolvency”. Fox News Channel (News Corp.). (2009年2月15日). http://www.foxnews.com/politics/2009/02/15/california-budget-impasse-state-nears-insolvency 2010年1月29日閲覧。 
  50. ^ a b “California's time is running out”. San Francisco Chronicle (Hearst Communications): p. A-12. (2009年6月4日). http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/06/03/ED3T180828.DTL 2010年1月29日閲覧。 
  51. ^ Reach Hot California Travel Spots by Amtrak Thruway Bus Connections”. アムトラック公式ウェブサイト. 2016年12月23日閲覧。
  52. ^ Proposition 98 Primer”. Legislative Analyst's Office of California (2005年2月). 2010年1月29日閲覧。
  53. ^ California Comparison”. Education Data Partnership. 2010年1月29日閲覧。
  54. ^ CSU Facts 2008”. California State University Office of Public Affairs (2009年1月21日). 2010年1月29日閲覧。
  55. ^ Community Colleges”. California Community Colleges Chancellor's Office (2009年). 2010年1月29日閲覧。
  56. ^ ひろしま産業振興機構国際部 ロサンゼルスレポート 2001(平成13)年9月『南カリフォルニア日系企業実態』
  57. ^ 南カリフォルニア日系企業協会 部会からのお知らせ『州知事との面談かなった2007(平成19)年度サクラメント訪問』
  58. ^ 北加日本商工会議所 2006(平成18)年 サクラメント表敬訪問
  59. ^ 国際交流基金 事業内容 海外における日本語教育 『日本語教育国別情報』
  60. ^ カリフォルニア州政府観光局-なんでもアルフォルニア






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カリフォルニア州」の関連用語

カリフォルニア州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カリフォルニア州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリフォルニア州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS