カラマンダリン カラマンダリンの概要

カラマンダリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 05:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
カラマンダリン
店頭に並ぶカラマンダリン(三重県南紀産)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ミカン属 Citrus
: カラマンダリン C. unshiu × C. noblis
学名
Citrus unshiu × Citrus noblis[1]
和名
カラマンダリン
英名
Kara Mandarin
カラマンダリン
100 gあたりの栄養価
エネルギー 65 kcal (270 kJ)
14.9g
0.1g
1.2g
ミネラル
ナトリウム
(0%)
1 mg
他の成分
水分 83.4g

「のま果樹園」調べ[2]
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標RDIの割合。

特徴

カリフォルニア大学リバーサイド校のフロスト博士(H. B. Frost)が開発し[6]1935年にフロスト博士が「カラ」と命名した[3]尾張系のウンシュウミカンにキングタンゴールを交配したものである[6][8]

樹勢はウンシュウミカンに似ており、樹形は開張性で側枝が垂れやすい[3][4][6]。多くの果実を付け[3]、個々の果実は果梗(かこう)部の突起を除いて楕円形をしている[3][4]。大きさは中程度からやや大きめであり[4]ワシントン州産のネーブルオレンジよりは小さい[9]果皮は中程度の厚さであるが、むきにくい[4]。中の実は10 - 12房である[4]果肉は濃い橙色をしており[3][4]、濃厚で日本人の好みに合う味を呈する[3]。ただし未熟の場合は酸味が強い[3]種子の数は多く、淡緑色をしている[4][6]。種子の多さは商業生産上のネックとなっていた[6]


カラマンダリンに吉浦ポンカンを受粉させた珠心胚実生である「南津海(なつみ)」という柑橘類も開発されている[2][10][11]山口県大島郡橘町(現・周防大島町)の農家がカラマンダリンの高い糖度に注目して[10]1978年(昭和53年)に開発した[11]が、カラマンダリンとはあまり区別せずに出荷されることが多い[2]

栽培と流通

完熟する時期は4月上旬であるので、栽培は無霜地帯かつ暖かい土地であることが望ましい[3]。開発されたカリフォルニア州リバーサイドでは3月1日から6月後半にかけて食される[9]。露地栽培種であるが、ハウス栽培種としても注目されている[5]。結果から収穫までおよそ1年樹上で育て、果実に養分を行き渡らせ、糖度を高める[7]。果実を収穫しないで実ったままにしても品質は低下しないが、果皮と果肉が分離する「浮皮」になる[12]。浮皮のカラマンダリンは傷みやすく、味が落ちることがある[13]

誕生したカリフォルニア州では他のオレンジ類と出荷時期が重なるため[3][6]、商業的な生産はあまり行われていない[3][4][6]1950年代ニューヨークおよびロサンゼルスでは1ポンドあたり10 - 25セントで販売されていた[9]

日本のカラマンダリンの収穫量と作付面積の推移(1974-2013年)

日本では少量ながら生産が行われ、3 - 4月にかけて収穫され、減酸した後に出荷される[14]。減酸には2週間から1か月を要し[15]、4 - 5月に流通する[13][16]。生産現場では「晩生みかん」[5]・「春のみかん」として扱われる[13]2013年(平成25年)の日本国内の栽培面積は146ha、出荷量は2,592tであり、愛媛県が全出荷量の65%を占める[13]。特に松山市の生産量が他の県内産地を圧倒し[15]、松山市内では中島などの離島を主産地とする[16]。また2007年(平成19年)7月に「まつやま農林水産物ブランド」第5号に認定された[16]。日本における栽培発祥の地である三重県や和歌山県有田地方での生産も多い[15]

生産県(2013年)[17]

収穫量順位 都道府県 収穫量(t) 作付面積(ha) 主産地
1 愛媛県 11,731.9 95.6 松山市、伊予市今治市
2 三重県 481.8 31.9 御浜町熊野市紀宝町
3 和歌山県 377.8 14.5 湯浅町有田市由良町
4 広島県 51.0 3.0 呉市
5 神奈川県 24.0 1.2 小田原市

日本への導入は1955年(昭和30年)で、田中長三郎が種子を持ち込み、三重県度会郡南勢町(現・南伊勢町)の農家に依頼して栽培が始まった[8]。また農林水産省や愛媛県果樹試験場(現・愛媛県農林水産研究所 果樹研究センター)などへも後に穂木が導入された[2]。当初は酸味が強く、カンキツかいよう病に弱かったため、田中は商業生産に消極的であった[8]。その後5月にヒヨドリが群がっているのを目撃し、味が良いことが確認され、かいよう病対策も実現した[8]。栽培と管理が難しかったことから普及には至らなかったが、1990年代以降は生産量が増加している[13]。三重県では1980年(昭和55年)頃より地域特産果樹として本格的な栽培がおこなわれた[18]




  1. ^ Iwasaki et al.(1986):155ページ
  2. ^ a b c d e 「カラマンダリン」品種紹介”. みかん大事典. のま果樹園. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 湯川 編(1984):45ページ
  4. ^ a b c d e f g h i 岩堀・門屋(1999):140ページ
  5. ^ a b c 農文協 編(2000):76ページ
  6. ^ a b c d e f g h Kara mandarin” (英語). Citrus Variety Collection. University of California, Riverside. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  7. ^ a b 中田英寿. “みかんのフィナーレはこれ!「カラマンダリン」”. Revalue Nippon. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  8. ^ a b c d 森本純平. “カラマンダリン/みかんとその仲間たち”. 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  9. ^ a b c Cameron & Soost(1953):4ページ
  10. ^ a b 南津海(なつみ)”. 正直やまぐち. JA全農やまぐち. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  11. ^ a b 南津海 なつみ |カンキツ(その他柑橘類)”. 果物ナビ. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  12. ^ 岩堀・門屋(1999):140 - 141ページ
  13. ^ a b c d e カラ カラマンダリン |カンキツ(その他柑橘類)”. 果物ナビ. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  14. ^ 岩堀・門屋(1999):141ページ
  15. ^ a b c カラマンダリン”. 旬の食材百科. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  16. ^ a b c まつやま農林水産物ブランド化推進協議会/カラマンダリン”. まつやま農林水産物ブランド化推進協議会. 2016年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  17. ^ 平成25年産特産果樹生産動態等調査>1)かんきつ類の果樹”. e-Stat. 総務省統計局. 2016年5月15日閲覧。
  18. ^ 市ノ木山ほか(2015):283ページ


「カラマンダリン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラマンダリン」の関連用語

カラマンダリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カラマンダリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラマンダリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS