カメ 利用

カメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/01 04:36 UTC 版)

利用

古くから、甲羅は工芸品や占いに用いられ、肉は食用にされた。また、脂肪分は薬用、食用、美容、化粧用などの油として用いられた[9]。ウミガメ上科、アルダブラゾウガメ、ガラパゴスゾウガメ種群の脂肪、ナンベイヨコクビガメ属の卵などから採集された[9]。ガラパゴスゾウガメ種群やナンベイヨコクビガメ属の油は透明度が高く臭みも少ないことから、上質な油として欧米で取引された[9]。捕鯨船によるガラパゴスゾウガメ種群に対しての食用の乱獲は19世紀には個体数減少や、家畜の増加、灯油の普及に伴う捕鯨業者の衰退などにより減少したが、油用の乱獲は20世紀初期まで行われた[9]

初期人類の研究では、出土するカメの骨が人類の活動が活発になるにつれて小さくなる(大型の個体群、種が食べつくされるため)ことが知られており、重要な指標となる[要出典]

食用

日本や中国ではスッポンが古来より食用にされており、養殖もおこなわれている。イスラム圏の中央アジアや南アジアでは水棲種は不浄なものとして食用として敬遠されることもあるが、卵は食用とされることもある[36]。一方でイスラム圏でもインドネシアでは魚と同様に扱い食用とする地域もある[36]。中華人民共和国では古くから食用とされたり薬用になると信じられ、例としてミスジハコガメは癌に効く万能薬になると信じられている[37]。中華人民共和国国外に移入した中国人もカメを食用とし、アフリカ大陸、南北アメリカ大陸、東南アジア、ニューギニアなどからもカメを輸入するネットワークを構築している[36][38]。中には国際的な流通が規制されたワシントン条約附属書I掲載種が、中華人民共和国内の市場で発見された例もある[38]。大型種を乱獲しつくしたため続けて小型種を乱獲する[36]、食用や薬用で生息数が減少した種がペット用の採集や希少価値が加わることで高価になりさらに乱獲されるという連鎖現象も起こっている(Asian turtle Crisis)[38]香港ではミスジハコガメCuora trifasciata)などの腹甲が、茯苓(ぶくりょう)などの生薬とともに煮込まれて、亀苓膏(きれいこう)、俗に「亀ゼリー」と呼ばれて、解毒・美容の効果がある食品として食べられていた。しかし、ミスジハコガメが絶滅の危機にあるため、近年は材料がクサガメなどに変えられている。弱い弾力があり、苦みと甘みがある。

オーストラリアではアボリジニが食用とし、壁画やアートのモチーフとしても用いられる[14][39]。スッポンモドキはオーストラリア国内では流通や輸出が禁止されているが、アボリジニによる自家採集は許可されている[39]。泥中で休眠するチリメンナガクビガメを人の手で泥中に埋めることで、生きた保存食としても利用された[14]

欧米ではキスイガメが18世紀以降から大量に消費されるようになり大規模な養殖 (Turtle farming、養亀業) がおこなわれ、1880-1920年代にピークを迎えた[40]。生息数の減少と世界恐慌によりキスイガメが食用とされることは少なくなり大規模な養殖や食用の採集は行われなくなり、現在は郷土料理や家庭料理として扱われるようになった[40]。アミメガメの英名は味が鶏肉に似ていることが由来とされているが一部地域で食用とされていたとされ、食用とするのは一般的ではなく食用の養殖などが行われたこともない[41]。大航海時代にはアルダブラゾウガメやガラパゴスゾウガメ種群が食用とされ、囲心腔や膀胱に水分を溜めていることから飲水用にも利用された[9]。食物や水を与えなくても最長で2年は生存することもあり、保存食として用いられた[9]。南米では、インディオがカメを食する。

日本においても、ウミガメは貴重なタンパク源であった(特に卵は美味であるとされる)。小笠原諸島ではアオウミガメの刺身を含む各種の亀料理が発達していたが、ワシントン条約以後、捕獲が禁止されたため食用とされることはなくなった。味は鶏肉に似ている。

天然の亀は病原菌や寄生虫の宿主とされており、調理が不十分な状態での食用は危険である。生き血の飲用は特に危険であるため避けるべきである。粉末状に加工された漢方薬であっても肝炎を発症する可能性があるため、利用は避けたほうが良い。

甲羅の利用

タイマイの甲板は加工され、世界各地で工芸品の原料とされた(鼈甲[42]。鼈甲は眼鏡のフレームなどに用いられ、日本では奈良時代から加工技術が存在する[42]。日本には1975年のワシントン条約発効後も鼈甲細工産業の保護という理由から、アメリカ合衆国による経済措置により1993年に鼈甲の輸入が禁止されるまで年あたり30トンの鼈甲が輸入されていた[42]ワシントン条約の附属書Iに掲載され、タイマイを含む全てのウミガメ(鼈甲製品、剥製)の国際商業取引は原則禁止されている。ただし、条約締結前あるいは付属書I掲載前に取得したものは適用除外され、また、飼育繁殖したものは附属書II掲載種と扱われるなど例外的に取引が許される場合がある[要検証]。現在は人工的に作られた鼈甲で代替されている。

古代中国の時代後期(3,300-3,000年前)には亀甲獣骨文字が使用され、これは世界最古の漢字とされる[43]。殷王朝においては祭事や戦争、農耕や天気予報などに至るまで、穴をあけた亀甲や獣骨に火をあてることで生じた割れ目によって吉兆が占われる[43]亀卜が行われた。「卜」という文字はこの際に生じた割れ目の形状に由来すると考えられている[43]。亀甲獣骨文字を刻んだ甲羅が今日まで残されている。日本ではこの亀甲による占いを「太占」と呼ぶ。


注釈

  1. ^ Turtle Taxonomy Working Group (2021) におけるカミツキガメ上科 Chelydroidea はドロガメ上科 Kinosternoidea を含む。
  2. ^ 直説法能動態現在一人称単数、不定法能動態現在は torquēre

出典

  1. ^ a b Turtle Taxonomy Working Group [Rhodin, A.G.J., Iverson, J.B., Bour, R., Fritz, U., Georges, A., Shaffer, H.B., and van Dijk, P.P.]. 2021. Turtles of the World: Annotated Checklist and Atlas of Taxonomy, Synonymy, Distribution, and Conservation Status (9th Ed.). In: Rhodin, A.G.J., Iverson, J.B., van Dijk, P.P., Stanford, C.B., Goode, E.V., Buhlmann, K.A., and Mittermeier, R.A. (Eds.). Conservation Biology of Freshwater Turtles and Tortoises: A Compilation Project of the IUCN/SSC Tortoise and Freshwater Turtle Specialist Group. Chelonian Research Monographs, No. 8: Pages 1–472. https://iucn-tftsg.org/wp-content/uploads/crm.8.checklist.atlas_.v9.2021.e3.pdf
  2. ^ 日本爬虫両棲類学会 (2020) 日本産爬虫両生類標準和名リスト(2020年11月16日版). http://herpetology.jp/wamei/ (2020年11月27日閲覧)
  3. ^ 松井編(2006),p.134
  4. ^ a b c d e 安川雄一郎 「ビギナーにおすすめのカメ12種〜初心者向けとして飼育者に薦めるカメ類〜」『エクストラ・クリーパー』No.1、誠文堂新光社2006年、113-122頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、85-99頁。
  6. ^ 安川雄一郎 「ペットとしてのリクガメの飼育と分類」『エクストラ・クリーパー』No.3、誠文堂新光社2008年、56-57頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 安川雄一郎 「オオアタマガメの分類と自然史」『クリーパー』第45号、クリーパー社、2008年、24-28頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 安川雄一郎 「水棲ガメの世界」『ハ・ペト・ロジー』Vol.3、誠文堂新光社、2005年、14-48頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 安川雄一郎 「ゾウガメと呼ばれるリクガメ類の分類と自然史(後編)」『クリーパー』第33号、クリーパー社、2006年、16-29、32頁。
  10. ^ 胚発生過程と化石記録から解き明かされたカメの甲羅の初期進化 独立行政法人理化学研究所プレスリリース 2013年7月9日
  11. ^ “甲羅のないカメの化石を発見 進化解明に貢献”. BBC. (2018年8月24日). https://www.bbc.com/japanese/45280112 2018年9月1日閲覧。 
  12. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 8』講談社、2004年。 
  13. ^ Anatomy and Diseases of the Shells of Turtles and Tortoises
  14. ^ a b c 柴田弘紀 「ナガクビガメ総覧」『エクストラ・クリーパー』No.1、誠文堂新光社、2006年、42-45頁。
  15. ^ a b [リンク切れ]「カメの系統的位置と爬虫類の進化-宮田隆の進化の話」 『JT生命誌研究館』, 2008年9月26日 (金) 19:43 UTC、URL: http://www.brh.co.jp/katari/shinka/shinka04.html
  16. ^ 金子隆一 著 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 P32
  17. ^ ゲノム解読から明らかになったカメの進化 -カメはトカゲに近い動物ではなく、ワニ・トリ・恐竜の親戚だった- 理化学研究所 報道発表資料 2013年4月29日
  18. ^ LEE, M. S. Y. 1995. Historical burden in systematics and the interrelationships of ‘parareptiles’. Biological Reviews, 70, 459–547.
  19. ^ LEE, M. S. Y. 1997. Pareiasaur phylogeny and the origin of turtles. Zoological Journal of the Linnean Society, 120, 197–280.
  20. ^ deBRAGA, M. and RIEPPEL, O. (1997), Reptile phylogeny and the interrelationships of turtles. Zoological Journal of the Linnean Society, 120: 281–354.
  21. ^ RIEPPEL, O. 1997. Reptile phylogeny and the interrelationships of turtles. Zoological Journal of the Linnean Society, 120, 281–354. DE BROIN, F. 1984. Proganochelys ruchae
  22. ^ HEDGES, S. B. and POLING, L. 1999 A molecular phylogeny of reptiles. Science, 283, 898–901.
  23. ^ 平山廉 著 『カメのきた道』61 - 64ページ
  24. ^ Nagashima, Hiroshi; Shigehiro Kuraku, Katsuhisa Uchida, Yoshie Kawashima Ohya, Yuichi Narita and Shigeru Kuratani (May 2007). “On the carapacial ridge in turtle embryos: its developmental origin, function and the chelonian body plan”. Development (134): 2219-2226. doi:10.1242. https://journals.biologists.com/dev/article/134/12/2219/52891/On-the-carapacial-ridge-in-turtle-embryos-its. 
  25. ^ 「カメはどのようにして甲羅を獲得したのか」 『理研CDB-科学ニュース』 2008年9月26日 (金) 19:43 UTC、URL: http://www.cdb.riken.go.jp/jp/04_news/articles/pdf/070611_carapace_approved.pdf
  26. ^ 甲羅進化の謎に迫る最古のカメを発見”. ナショナル ジオグラフィック. ナショナル ジオグラフィック協会 (2008年11月26日). 2023年12月5日閲覧。
  27. ^ 最古のカメ類化石が発見 進化の謎を解く大きな手がかり”. 人民網. 2008年11月28日閲覧。
  28. ^ Gaffney and MEEKER, L. J. 1983. Skull morphology of the oldest turtles: a preliminary description of Proganochelys quenstedti. Journal of Vertebrate Paleontology, 3, 25–28.
  29. ^ a b c P.M. Datta; P. Manna , S.C. Ghosh & D. P. Das (Nov 2003). “The First Jurassic turtle from India”. Palaeontology 43 (1): 99 - 109. doi:10.1111/1475-4983.00120. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/119037378/PDFSTART. 
  30. ^ FRAAS, E. 1913. Proterochersis, eine Pleurodire Schildkrote aus dem Keuper. Jahreschefte des Vereins fur Vaterladische Naturkunde in Wu¨rttemberg, 79, 13–30.
  31. ^ 平山廉 著 『カメのきた道 : 甲羅に秘められた2億年の生命進化』79 - 80頁
  32. ^ Hirayama, Ren; Donald B. Brinkman, and Igor G. Danilov (2000). “DISTRIBUTION AND BIOGEOGRAPHY OF NON-MARINE CRETACEOUS TURTLES”. Russian Journal of Herpetology 7 (3): 181 - 198. 
  33. ^ 平山廉「カメ類」、日本進化学会 編『進化学事典』共立出版、2012年、387–388頁。
  34. ^ Lapparent de Broin, F. de, & Molnar, R. E., 2001: Eocene chelid turtles from Redbank Plains, Southeast Queensland, Australia. –Geodiversitas: Vol. 23, #1, pp. 41-79
  35. ^ Cogger, H.G & Zweifel, R.G. (1998). "Reptiles & Amphibians". ISBN 0121785602
  36. ^ a b c d 安川雄一郎 「バタグールガメ属の分類と生活史1」『クリーパー』第28号、クリーパー社、2005年、105、109-110頁。
  37. ^ 安川雄一郎 「アジアハコガメ属の分類と生態・生活史1」『クリーパー』第4号、クリーパー社、2000年、11-14頁。
  38. ^ a b c 安川雄一郎 「セダカガメ類(PangshuraKachuga)の分類と生活史」『クリーパー』第27号、クリーパー社、2005年、17-18頁。
  39. ^ a b 安川雄一郎 「スッポンモドキの分類と自然史」『クリーパー』第24号、クリーパー社、2004年、8-23頁。
  40. ^ a b 安川雄一郎 「キスイガメの分類と生活史1」『クリーパー』第47号、クリーパー社、2009年、40-41頁。
  41. ^ a b c d e f g h 安川雄一郎 「アミメガメ属の分類と自然史」『クリーパー』第46号、クリーパー社、2009年、82-87、90-105頁。
  42. ^ a b c 小原秀雄、浦本昌紀、太田英利、松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社、2000年、106-107、204頁。
  43. ^ a b c 伊藤通弘、「紙の発生から普及まで (5)」『紙パ技協誌』 1996年 50巻 1号 p.200, doi:10.2524/jtappij.50.200, 紙パルプ技術協会、
  44. ^ a b 安川雄一郎 「アカミミガメ属(スライダーガメ属)の分類と自然史1」『クリーパー』No.36、クリーパー社、2007年、46-48頁。
  45. ^ コンラート・ローレンツ 『ソロモンの指環』 日高敏隆訳、ハヤカワ文庫
  46. ^ 2014年5月13日放送有吉弘行のダレトク!?
  47. ^ 社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』”. 任天堂. 2014年5月24日閲覧。
  48. ^ GuinnessWorldRecords.com (2013年1月23日). “Bowser crowned ‘greatest videogame villain of all time’ in poll for Guinness World Records 2013 Gamer's Edition”. 2014年5月24日閲覧。
  49. ^ a b 水谷智洋『改訂版 羅和辞典』研究社、初版1952年9月ISBN 9784767490250、660頁。
  50. ^ a b 水谷智洋『改訂版 羅和辞典』研究社、初版1952年9月ISBN 9784767490250、115頁。
  51. ^ たとえば韓非子・初見秦篇に「襄主鑽龜筮占兆、以視利害、何國可降[1]淮南子・時則訓には「是月、命太祝、禱祀神位、占龜策、審卦兆、以察吉凶[2]などとある。
  52. ^ 裘錫圭 (1988). 文字学概要. 北京: 商務印書館. p. 114. ISBN 7-100-00413-6 
  53. ^ a b 欧米・アジア語学センター編『現代中国語会話辞典』、日東書院、2007年、149頁。
  54. ^ 水谷智洋『改訂版 羅和辞典』(初版)研究社、1952年9月、671頁。ISBN 9784767490250 
  55. ^ a b 田代正雄『語源中心英単語辞典』(改装1刷)南雲堂、2005年3月9日、294頁。ISBN 9784523310426 
  56. ^ 角川春樹編 『合本現代俳句歳時記』 角川春樹事務所、1998年、221頁。
  57. ^ ラッパ節(原曲)音量注意
  58. ^ オオカメノキ 【六甲山系植生電子図鑑】”. 国土交通省 近畿地方整備局 六甲砂防事務所. 2014年7月10日閲覧。
  59. ^ 『世界大百科事典 第2版』カメガイ”. kotobank. 2014年7月10日閲覧。
  60. ^ 一瀬諭・若林徹哉『普及版 やさしい日本の淡水プランクトン図解ハンドブック 改訂版』合同出版2008年10月10日改訂版発行、104頁
  61. ^ 杉村昇『名前といわれ 野の草花図鑑2』偕成社1985年4月発行、92頁
  62. ^ 加納喜光『動植物の漢字がわかる本』山海堂2007年1月10日発行、99頁。
  63. ^ 大谷剛、栗林慧『名前といわれ 昆虫図鑑』偕成社1987年7月発行、ISBN 9784035290506、38頁、104頁





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カメ」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カメ」の関連用語




4
亀鼈 デジタル大辞泉
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

カメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カメのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS