カザフスタン 国名

カザフスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 02:29 UTC 版)

国名

正式名称はカザフ語で、Қазақстан Республикасы(Qazaqstan Respublikasy; カザクスタン・リスプブリカスィ)、ロシア語で、Республика Казахстан(Respublika Kazakhstan; レスプーブリカ・カザフスタン)。

公式の英語表記は、Republic of Kazakhstan。通称、Kazakhstan

日本語の表記は、カザフスタン共和国。通称、カザフスタン。漢字表記は香佐富斯坦

国名は、カザフ人の自称民族名 Қазақ(Qazaq; カザク)と、ペルシア語で「~の国、~の多い所」を意味する -stān/-estān; スタンの合成語である。「スタン」に関しては、モンゴル語の「部族」を意味する「ястан (ヤスタン)」に由来するという意見もある。カザクは、テュルク語で「独立不羈の者」「放浪の民」を意味する。

2014年2月6日ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領は周辺の同じく「スタン」を国名に持つ旧ソ連諸国との差別化により、国際的な認知度をアップさせるため、国名を変更する考えと共に新たな国名の候補として「カザフエリ(カザフ語でカザフ人の土地を意味する)」を挙げたと報じられたが[4]、6月にはエルラン・イドリソフ英語版外相がそのような動きを否定している[5]

歴史

イッセドネス人、アリマスポイ人

古代ギリシアのヘロドトスアリステアス英語版らによる歴史書では、伝承ではあるものの、最古のカザフステップイッセドネス人アリマスポイ英語版人(一眼族)といった諸族がいたことを記録している。イッセドネス人は故人の肉を食す民族であり、アリマスポイ人は一つ目の民族であるという。アリマスポイ人は絶えず近隣の民族を攻撃しており、そのため西隣のイッセドネス人は西へ移動し、その西にいたスキュタイ人は西へ移動し、さらに西(南ロシア草原)にいたキンメリア人を追い出すこととなった。[6]

スキュタイ、マッサゲタイ

古代ギリシアのヘロドトスによる『歴史』によれば、もともとアジアの遊牧民であったスキュタイがマッサゲタイに追われてアラクセス河を渡河し、当時のキンメリア地方(現在の南ウクライナ)に移ったという。アケメネス朝キュロス2世ヤクサルテス川を越えて中央アジア征服に及んだ際、マッサゲタイの女王トミュリスに殺され、征服は失敗に終わった。

サカイ、ソグディアノイ

古代ローマの地理書にはサカイソグディアノイといった民族が記されている。サカイはスキュタイと同じ遊牧民族であり、ペルシアの史料ではサカと呼ばれ、アケメネス朝の属民であった。アレクサンドロスの侵入時もその存在が確認でき、ヤクサルテス川(シル・ダリヤ)をはさんで対峙した。ソグディアノイは後にシルクロード交易の担い手となるソグド人として有名であるが、この頃はアケメネス朝やアレクサンドロスの属民として歴史に登場する。[7]

康居、奄蔡

紀元前2世紀から4世紀にわたり、中国の歴史書には康居奄蔡といった遊牧民族が記されている。康居は初め、東の匈奴、南の大月氏といった強国に臣従していたが、1世紀になると、栗弋国,厳国,阿蘭聊国といった諸国を支配下に入れるほど強盛する。奄蔡は西方史料のいうアオルソイに比定されたり、後に阿蘭と改名したことから、アランに比定されたりするが、記録が少なく、康居と同族であること以外わかっていない。[8]

悦般、エフタル

悦般モンゴル高原から追われた北匈奴が行き着いた地で建てた国であり、その場所は康居の北にあったとされる。言語・習俗は高車と同じであり、周辺民族の中でも清潔であったという[9]

この悦般がのちのエフタルであるとする説もある[10]。エフタルはその出自が不明で、アルタイ山脈から南下してきたとも、バダフシャンにいたともいわれている[11]。エフタルはインドではフーナ(hūna)と呼ばれ、ペルシアではヘプタル(heptal)、中国では嚈噠,挹怛とも呼ばれ、中央アジアにあってその周辺国に侵入し、戦争をおこなった。

西突厥

6世紀、エフタルの国家は突厥サーサーン朝の挟撃に遭って滅ぼされ、中央アジア全土は突厥の領土となった。突厥は582年に東西に分離し、カザフ草原は西突厥が支配することとなる。西突厥は内紛が相次ぎ、一時はの支配下に入って共にアラブ・イスラーム勢力と戦うも、741年には王族である阿史那氏が滅び、その帝国はそれぞれの部族に分散してしまう。9世紀から12世紀にかけては西突厥の構成民族であった突騎施英語版(テュルギシュ),カルルクオグズ,キマク,キプチャクカンクリ中国語版英語版ハザールペチェネグなどが割拠した。

カラハン朝、カラ・キタイ

カラハン朝テュルク系初のイスラーム王朝であり、その母体はウイグルともカルルクとも言われている[12]。東西の文化が融合したことで、文化面では大いに発展し、「カラハン朝トルコ語トルコ語版」と呼ばれるアラビア文字を使って記されるテュルク語の文語が生まれてユースフ・ハーッス・ハージブの韻文作品『クタドゥグ・ビリグ』(幸福になるための智恵)や、マフムード・アル・カーシュガリーのテュルク諸語の語彙を集めた辞典『ディーワーン・ルガート・アッ=トゥルクトルコ語版』(テュルク諸語集成)が登場し、テュルク・イスラム文化の先駆けとなった[13]。カラハン朝は1041年に東西に分裂し、12世紀初頭には耶律大石率いる契丹軍によって征服され、カラ・キタイ(西遼)の属国となった。

モンゴル帝国

カザフ草原の西の大部分はテュルク系のキプチャクの領土であり、東の大部分はカラ・キタイの領土であった。カラ・キタイは1211年ナイマンクチュルクによって乗っ取られるが、まもなく東の遊牧民族を統一したチンギス・カンモンゴル軍によって征服され、1236年にはキプチャクもバトゥ率いるモンゴル征西軍によって征服され、中央ユーラシアの遊牧民騎馬民族は全てモンゴル帝国の支配下に入ることとなった。

モンゴル第2代皇帝オゴデイが没すると、1242年にバトゥはヴォルガ川下流のサライに都を置いて、カザフ草原(当時はキプチャク草原と呼ばれた)を中心とする自立政権ジョチ・ウルスを築いた。

カザフ・ハン国

アブライ・ハーン切手
カザフスタン、2001年、Michel 317)
ペトロパブル近郊のロシア人入植者

15世紀末、ジョチ・ウルスの東部(現在のカザフ草原)において、ウズベクと呼ばれる遊牧集団からアブルハイル・ハンが頭角を現し、ウズベク・ハン国を建国させる。一方でケレイとジャニベクの2人によって率いられた遊牧集団カザフがウズベク・ハン国より分離する。アブルハイル・ハンの死後、カザフの集団は分裂状態に陥ったウズベクの集団を吸収し、カザフ・ハン国を形成、アブルハイル・ハンの孫にあたるムハンマド・シャイバーニー・ハンによって率いられたシャイバーニー朝と対立する。カザフ・ハン国はカーシム・ハン(在位:1511年 - 1518年)の時代に強盛となり、対外戦争をおこない、周辺国から恐れられた。

18世紀になると、カザフ・ハン国は政治的統一を失い、東部の大ジュズҰлы жүз)、中部の中ジュズОрта жүз)、西部の小ジュズКіші жүз)という3つの部族連合体に分かれて草原に居住するようになる。

18世紀初め、ジュンガルが襲来したため(アクタバン・シュブルンドゥ)、1730年代から1740年代に小ジュズと中ジュズは、ロシア帝国に服属を表明し、その傘下に入った。1820年代になると、カザフのハンは権威を喪失しており、ロシア帝国による直接統治を受け入れていた。同じころ、残る大ジュズもロシア帝国の統治を受け入れる。こうしてロシア帝国に組み込まれたカザフ草原は、アクモリンスク州セミパラチンスク州セミレチエ州ウラリスク州,トルガイ州,シルダリア州の6州に区分され、その東半分は1891年ステップ総督府の管轄下に置かれた。(セミレチエ州は1897年にトルキスタン総督府へ移管)

カザフ・ソビエト社会主義共和国

ロシア革命では、北部は白軍の支配下に入りアラシュ自治国1917年 - 1920年)、1920年に南部は赤軍の支配下に入りソビエト連邦の構成下においてキルギス自治ソビエト社会主義共和国英語版が誕生(首都はオレンブルク)、1925年にはカザフ自治ソビエト社会主義共和国1925年 - 1936年)が樹立された(1929年に首都がアルマトイになる)。

1936年12月5日カザフ・ソビエト社会主義共和国1936年 - 1991年)に昇格した後、ソビエト連邦の共産党政権のコントロール下に置かれた。領内にはソ連の核実験の中心地としてセミパラチンスク核実験場が、宇宙開発の中心となるバイコヌール宇宙基地が作られた。

カザフスタン共和国

ソビエト連邦崩壊後の1991年12月16日に、カザフスタン共和国として独立し、1991年12月21日独立国家共同体(CIS)に加盟した。

2006年2月野党アク・ジョル」の共同議長アルティンベク・サルセンバエフは運転手とともに、アルマトイで射殺体で発見された。5人の国家保安委員会のメンバーが、サルセンバエフの殺害に関わっているとして逮捕された。バウルツァン・ムハメドツァノフ内務大臣によると、犯人は1人当たり2万5千ドルを受け取っているという。警察官1人も殺人に関わったとして逮捕されている。カザフスタンでは、反対派のアルマトイ前市長のザマンベック・ヌルカディロフも射殺体で発見されている。

2007年8月18日の議会選挙では、与党ヌル・オタン」が、比例代表制による全98議席を獲得、その他9議席を大統領直属の国民評議会が指名するため、与党が107議席をすべて独占することとなった。5月には憲法改正が行われており、改正によってナザルバエフ初代大統領に限り、3選禁止の規定が除外されている。

地理

カザフスタンの地図
首都ヌルスルタン(アスタナ)

カザフスタンはユーラシア大陸の中心に位置しており、世界第9位の広大な国土面積(アジアでは、中国インドに次いで第3位)を有し、同時に世界最大の内陸国でもある。但し、国土の大部分はサルイイシコトラウ砂漠キジルクム砂漠などの砂漠乾燥したステップで占められている。地形は大きく3つに分類されており、中国国境やアルタイ山脈を含むカザフ高原、中部のカザフステップ、西部のカスピ海沿岸低地である。西部低地はウラル山脈より西側でヨーロッパに属する。国の南部は東西にわたり砂漠が発達し、アラル海の縮小に表されるように灌漑が重要な課題である。アラル海東方にはロシアが租借するバイコヌール宇宙基地がある。カスピ海にはマンギシュラク半島カザフ語版英語版が突き出しており(マンギスタウ州)、アクタウは唯一の不凍港を擁する。

マルカコル湖
ザイサン湖
バルハシ湖
テンギス湖
アラル海
カスピ海
シルダリヤ川
イルティシ川
ウラル川



注釈

  1. ^ 現地では[кореец](ロシア語で「高麗人」の意)と呼ばれている。

出典

  1. ^ カザフスタン共和国基礎データ”. 外務省. 2018年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database, October 2018” (英語). IMF (2018年10月). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ Kazakhstan”. Britannica ∣language=英語. 2018年1月13日閲覧。
  4. ^ 田中洋之 (2014年2月8日). “カザフスタン:国名変更へ…スタン取り近隣諸国と違いPR”. 毎日新聞. オリジナルの2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222134216/http://mainichi.jp/select/news/20140209k0000m030025000c.html 2017年3月6日閲覧。 
  5. ^ “Kazakhstan will not change its name to get rid of the “stan” ending: Foreign Minister” (英語). Tengrinews. (2014年6月13日). https://en.tengrinews.kz/politics_sub/Kazakhstan-will-not-change-its-name-to-get-rid-of-the-stan-254165/ 2017年3月6日閲覧。 
  6. ^ ヘロドトス『歴史』巻4-13
  7. ^ ストラボン『地理誌』、アッリアノス『アレクサンドロス大王東征記』
  8. ^ 『史記』(大宛列伝)、『漢書』(西域伝)、『後漢書』(西域伝)、『三国志』(裴注『魏略』西戎伝)
  9. ^ 『魏書』(列伝第九十 西域)、『北史』(列伝第八十五 西域)
  10. ^ 松田壽男『古代天山歴史地理学研究』
  11. ^ 岩村 2007,p118
  12. ^ 山田信夫『北アジア遊牧民族史研究』
  13. ^ 小松 2005,p166-167
  14. ^ カザフスタンを知るための60章 312頁
  15. ^ カザフスタン国別評価
  16. ^ Statistics and Data>Crime data>Intentional Homicide>Intentional homicide victims”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Robbery”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Theft”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  19. ^ カザフスタン:アクトベ州アクトベ市における銃撃戦の発生に伴う注意喚起外務省 2016年6月6日
  20. ^ カザフスタン:アクトベ州アクトベ市における銃撃戦の発生に伴う注意喚起(更新)外務省 2016年6月15日
  21. ^ カザフスタン、来年1月15日まで延長Qnewニュース 2016年8月16日
  22. ^ Blogspot.com,Wordpress.com
  23. ^ カザフスタンを知るための60章 253~254頁
  24. ^ 「シリア和平協議 捕虜交換議題に ロシア主導」『毎日新聞』朝刊2017年11月1日
  25. ^ IAEA、核燃料バンク施設完成 カザフスタンに設立共同通信2017年8月30日
  26. ^ a b http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/kazakhstan/data.html
  27. ^ カザフスタン新首都アスタナ計画
  28. ^ “HP > 国・地域 > 欧州 > カザフスタン共和国 > カザフスタン基礎データ>経済>12 経済概況”. 外務省. (2019年3月5日). https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/kazakhstan/data.html#section4 2019年3月10日閲覧。 
  29. ^ 堀江 正人 (2017年9月28日). “カザフスタン経済の現状と今後の展望~ シルクロードからオイルロードへ変貌する中央アジアの資源大国 ~”. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部. https://www.murc.jp/wp-content/uploads/2017/09/report_170928.pdf 2019年3月10日閲覧。 
  30. ^ 【点検 成長企業】カズムナイガス■カザフスタン 国営石油、巨大油田で生産量底上げ『日経ヴェリタス』2017年12月17日号、12面(アジア)
  31. ^ Nuclear Energy Agency/ International Atomic Energy Agency, "The Red Book Retrospective" and "Uranium: Resources, Production and Demand"
  32. ^ a b “世界の鉱業の趨勢2018 カザフスタン” (PDF). 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC). (2018年12月26日). http://mric.jogmec.go.jp/wp-content/uploads/2018/12/trend2018_kz.pdf 2019年3月10日閲覧。 
  33. ^ “グローバルエネルギー統計イヤーブック2018>石炭、亜炭>生産”. Enerdata. (2017年). https://yearbook.enerdata.jp/coal-lignite/coal-production-data.html 2019年3月10日閲覧。 
  34. ^ “平成 29年度海外炭開発支援事業 外炭開発支援事業 海外炭開発高度化等調査 「世界の石炭事情調 「世界の石炭事情調 査- 2017年度 -」>第 1章 世界の石炭埋蔵量と需給動向等調査>1.2.2 石炭可採埋蔵量>(1)石炭の可採埋蔵量と可採年数(WEC 2013 に基づく)>表 1.2.2 主要な石炭資源国の可採年数(28ページ、PDF8ページ)” (PDF). 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC). (2018年3月). http://coal.jogmec.go.jp/content/300356612.pdf 2019年3月10日閲覧。 
  35. ^ “グローバルエネルギー統計イヤーブック2018>原油>生産”. Enerdata. (2017年). https://yearbook.enerdata.jp/crude-oil/world-production-statitistics.html 2019年3月10日閲覧。 
  36. ^ “MINERAL COMMODITY SUMMARIES 2019(2019年鉱産物概要)(硫黄 SULFUR:161ページ、PDF165ページ リン鉱石 PHOSPHATE ROCK :123ページ、PDF127ページ )”. U.S. Department of the Interior U.S. Geological Survey(アメリカ内務省アメリカ地質調査所). (2019年). https://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/mcs/2018/mcs2018.pdf#search=%27USGS%2CMCS2018%27 2019年3月10日閲覧。 
  37. ^ カザフスタンを知るための60章133~134頁,167頁
  38. ^ On Marriage (Matrimony) and Family, Legal information system of Regulatory Legal Acts of the Republic of Kazakhstan.
  39. ^ [1]
  40. ^ 日本人のほとんどが知らない中央アジアの基礎知識”. ハーバービジネスオンライン (2016年7月13日). 2016年8月24日閲覧。
  41. ^ カザフスタンを知るための60章 第52章305~309頁
  42. ^ カザフスタンを知るための60章308~309頁
  43. ^ NIKKEI ASIAN REVIEWから】カザフスタン/ローマ字移行 ロシアに背「欧米追従」一部に批判『日経産業新聞』2017年7月20日アジア・グローバル面
  44. ^ The results of the national population census in 2009 (The Agency of Statistics of the Republic of Kazakhstan) http://www.eng.stat.kz/news/Pages/n1_12_11_10.aspx





カザフスタンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カザフスタン」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カザフスタン」の関連用語

カザフスタンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カザフスタンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカザフスタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS