オーケー 店舗概要

オーケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 08:35 UTC 版)

店舗概要

低価格戦略

2001年11月にEDLP方式を徹底するため特売チラシを廃止している[5]。EDLPを方針とすることから価格を極端に引き下げる特売は行わず、代わりに全般的な価格を低めに抑える価格戦略を採っている。従って折込チラシにはオーケーの通常価格が掲載されるのみである。商品の価格表示は「98.00円(105.84円)」のように単位で、消費税抜価格と税込価格を併記する非常に珍しい表記方針を採っており、税抜価格の方を目立つ赤字で表示している。

品揃えはメーカーから仕入れるナショナルブランド商品を中心とし、原則として各商品につき1メーカーに絞り、品目数を減らして1品目を大量に仕入れることで仕入れ価格を抑えている[4]。また取り扱い商品も店舗の周辺環境などによって大きく異なる。

チラシなどに基づき、近隣の競合店(スーパー、ドラッグストア等)が特売などによりオーケーの販売価格を下回った場合には、それ以下の価格まで下げる「対抗値下げ」を行い、POP広告を掲示して対応している。逆に値上げを行う際には「オネストカード」と呼ぶ事前告知を掲示することもある。ナショナルブランド商品ではない青果精肉鮮魚といった生鮮食品などについてはこれらの方針は当てはまらないが、オネストカード掲示はナショナルブランド商品同様に掲示される。

また、弁当容器は数種類に絞り、清涼飲料水は常温販売、生鮮も食品トレイを極力使わない方向になっている。 納豆醤油辛子を抜いている。

決済方法

クレジットカード電子マネーは従来使用できなかったが、2010年12月より一部店舗・レジにおいてVISAカードの取り扱いを開始した。

2014年4月14日より、クレジットカードではJCBアメリカン・エキスプレスダイナースクラブ、電子マネーでは交通系ICカードiDQUICPayの取り扱いを開始した。

2019年4月24日より、QR・バーコード決済PayPayLINE Pay楽天ペイが利用可能となった。

クレジットカード・電子マネーでの支払いを行う場合はオーケークラブによる食品103分の3割引の対象外となるが、QR・バーコード決済を経由して利用した場合は対象となる。またクレジットカードでは、家電製品など高額商品以外は一括払いのみの取り扱いとなる。

2021年7月1日より、QR・バーコード決済におけるオーケークラブ会員の特典、103分の3割引が決済手数料有料化に伴い、廃止される予定。

レジ袋

レジ袋は有料(大のみ、税抜6円)である[31]。大半の来店客はマイバッグなどを持参している[17][32]。また、空の段ボール箱は処理するのに経費がかかるため無料であり、来店客が購入済みの商品を持ち帰るために利用することができる[31]

2002年に東京都杉並区で「すぎなみ環境目的税条例」が制定された[9](いわゆる「レジ袋税条例)。小売事業者に対し税率としてレジ袋1枚につき5円を課したものの強制力はなく、実際に徴収されることはなく2008年に廃止された[9]。この条例制定には生活協同組合コープとうきょう[33]と並んでオーケーが参考にされている[9][32]

防犯対策

下記のような徹底した万引き対策がとられている。

  • ほとんどの店舗で、一度店内に入ったらレジ通路を通らないと店外に出ることが不可能な動線を引いている。
    • 例えば2階から入って1階で精算というようなフロア構成の時に、オートスロープが下りのみの一方通行となっている。
    • 店舗によってはエレベーター内にも監視カメラが設置されている。
  • 他店で購入した商品は、専用の袋(透明バッグ)に入れないと店内に持ち込むことができない。
  • 店内の買い物かごも精算前後で色分けされている。店内かごが赤い色、精算済みが緑色で、太陽ビルメン製と大和産業の買い物かごが採用されている。他のスーパーやデパートでも色分け買い物かごを採用する店舗が増えている。
  • 店内で使用されるショッピングカートはコインカートが採用され、コインロッカーのように100円硬貨を入れて使用し、カート置き場に戻すと100円が戻る方式になっている[17][31]。同様のコインカートは他系列でも採用されている。

オーケークラブ

2006年11月からメンバーズカード「オーケークラブ」が開始された[5]。カードは店内のサービスカウンターで自宅の郵便番号のみを告げ、発行手数料200円を支払えばその場で発行されオーケー全店で使用できる[10]。以前から行っていた食料品の103分の3割引(単品ごとに端数切捨)はこれによりクラブ会員のみの特典とされた[5][10]。ただし、現金以外の決済手段が用いられた場合は適用対象外となる[10]2007年12月から2008年1月20日までの期間限定で通常3%割引のところを5%割引としていた。当初は客数の増加を見込んで終了期日を2008年3月31日としていたが、通常の割引時と客数が変わらないため早期での終了となった。


注釈

  1. ^ a b c d e f g h 実働8時間に換算したパート社員数を含む。

出典

  1. ^ a b 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 163-164 
  2. ^ a b c d e f g h i j k オーケー株式会社 (2020-07-20). 第53期(2019年3月21日 - 2020年3月20日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ a b オーケー株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ a b グローバルナビ”. BS-TBS (2006年5月27日). 2010年1月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 会社情報と取り組み|沿革” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  6. ^ 沿革”. オーケー株式会社. 2012年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m ディスカウントスーパー「オーケー」一番町店、59年の歴史に幕 宮城から消滅へ”. 仙台経済新聞 (2020年5月26日). 2020年11月3日閲覧。
  8. ^ 『高品質・Everyday Low Price』”. オーケー株式会社. 2012年9月15日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g レジ袋「有料化」の歴史 先駆者・オーケーは1989年...きっかけは?” (日本語). J-CAST ニュース (2019年6月8日). 2020年11月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e オーケークラブ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  11. ^ はじめての方へ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月24日閲覧。
  12. ^ a b オーケー、横浜に旗艦店舗「オーケーみなとみらい店」オープン(WorkMaster 2016年9月16日)
  13. ^ a b 2015年、オーケーがみなとみらいに出店!(2013年1月27日)/9月24日にオープンした「オーケーみなとみらい」、フロア内の詳細は?(2016年9月27日)(共に「はまれぽ.com」より)
  14. ^ a b オーケー(ディスカウント・スーパーマーケット)が、横浜・みなとみらい に開店します! オーケー みなとみらい店 2016年9月24日(土)開店 (PDF) (オーケー株式会社 2016年9月13日)
  15. ^ オーケー/みなとみらい店に直営のフードコート、10日オープン(流通ニュース 2017年2月7日)
  16. ^ . http://diamond-rm.net/articles/-/10674 [リンク切れ]
  17. ^ a b c オーケーが不便なのに愛される理由、レジ袋6円・カートはコイン式… 二宮涼太郎:オーケー代表取締役社長” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2020年4月22日). 2020年11月3日閲覧。
  18. ^ 三菱商事vs.伊藤忠、スーパー業界で仁義なき代理戦争勃発…オーケー争奪戦が熾烈化”. ビジネスジャーナル. サイゾー (2016年11月30日). 2020年11月3日閲覧。
  19. ^ a b c 一番町の「オーケースーパー」31日に閉店 仙台中心部で59年”. 河北新報 ONLINE NEWS. 河北新報社 (2020年5月26日). 2020年11月3日閲覧。
  20. ^ a b c d オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  21. ^ a b c d e OK 一番町店 (勾当台公園/その他)” (日本語). 食べログ. 2020年11月3日閲覧。
  22. ^ a b 株式会社ロジスティクス・パートナー (2020年5月27日). “オーケー/宮城県仙台市「一番町店」閉店”. 流通ニュース. 2020年11月3日閲覧。
  23. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  24. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  26. ^ “長崎屋、宮城県内で9月末に2店舗閉鎖 宮城県”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月25日) 
  27. ^ a b オーケー 一番町店 | 店舗一覧と検索” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  28. ^ 長町店|お店情報”. みやぎ生活協同組合. 2020年11月3日閲覧。
  29. ^ a b 【閉店】オーケー原町店” (日本語). 開店閉店.com (2016年10月5日). 2020年11月3日閲覧。
  30. ^ ツルハドラッグ/仙台原町店|店舗詳細情報|店舗情報”. ツルハドラッグ. 2020年11月3日閲覧。
  31. ^ a b c はじめての方へ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  32. ^ a b 杉並区レジ袋有料化モデル検討会最終報告 (PDF)”. 杉並区公式ホームページ (2007年3月). 2010年1月18日閲覧。
  33. ^ すぎなみ環境目的税についてのQ&A”. 杉並区. 2020年11月3日閲覧。
  34. ^ スーパーマーケット総選挙の結果、第1位の店は「オーケー」だった【ラジオリスナーが投票】”. TBSラジオ (2017年6月16日). 2019年6月7日閲覧。
  35. ^ オーケーが2連覇!「スーパーマーケット総選挙」結果発表”. TBSラジオ (2018年6月15日). 2019年6月7日閲覧。
  36. ^ 【速報】オーケーが3連覇!「第3回スーパーマーケット総選挙」結果発表”. TBSラジオ (2019年6月21日). 2021年2月14日閲覧。
  37. ^ 『発展期を迎える』(III)”. オーケー株式会社 (2006年4月). 2012年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ カード不正使用、少年逮捕 被害1千万円か”. 日本テレビ (2020年6月). 2020年6月23日閲覧。
  39. ^ カード不正利用の高校生アルバイト先スーパーはオーケー新山下店”. Buzz Fixer (2020年6月). 2020年6月23日閲覧。
  40. ^ a b c “パンプキン、オーケー第一ストアを吸収。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1986年1月20日) 
  41. ^ a b c d 『季刊コンビニ‘97秋号』株式会社商業界、1997年9月30日。
  42. ^ a b c 「セブンイレブン 宮城県の営業権取得 パンプキンから、7店転換」『日経流通新聞』1994年9月15日、6頁。
  43. ^ a b c “パンプキン、POS・受発注・人事配置…、総合経営システム。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1985年12月2日) 
  44. ^ a b c “パンプキン第一ストア、飲食部門を充実-焼き鳥やいれたてコーヒー。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1987年4月27日) 
  45. ^ “パンプキン第一ストア、クリーニングの取り次ぎサービス。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1987年9月3日) 
  46. ^ a b c d “パンプキン第一ストア、クリーニング取り次ぎ拡大。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1988年8月4日) 
  47. ^ “パンプキン第一ストア、新卒社員を定期採用。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1988年2月18日) 
  48. ^ a b “オーケー、コンビニ部門別会社へ分離。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1989年3月14日) 
  49. ^ a b c “パンプキン第一ストア、関東の全38店舗に4月にもEOS導入。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1989年2月9日) 
  50. ^ a b 「都内コンビニの営業権 ファミリーマートが取得」『日本経済新聞』朝刊1998年11月25日、13頁。
  51. ^ a b 「「パンプキン」27店の営業権 ファミリーマートが取得 首都圏で店舗拡大狙う」『日経流通新聞』1998年11月26日。
  52. ^ ファミリーマートが「パンプキン」27店の営業権取得”. 日本食糧新聞. 2020年5月18日閲覧。
  53. ^ a b c “ファミリーマート、日販40万円以上のパンプキン27店舗の営業権を取得”. 隔月刊コンビニ. 株式会社商業界: p. 134. (1999年2月24日) 
  54. ^ 「パンプキンから7店舗営業権取得 スリーエフ」『日本経済新聞』朝刊1998年12月10日、15頁。
  55. ^ a b 「「パンプキン」の首都圏7店舗 スリーエフ、営業権取得」『日経流通新聞』1998年12月15日、5頁。
  56. ^ “第20回日経コンビニエンスストア・ミニスーパー調査”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1999年7月22日) 
  57. ^ a b c d e f 読売新聞. 読売新聞社. (1980年7月8日) 
  58. ^ a b “パンプキン、高級アイス品種拡充。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1986年1月27日) 
  59. ^ “売れ筋Special レンタルOK 海外旅行用品が充実”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1992年1月25日) 
  60. ^ “ダイエー、オーケーと全面提携-系列のセイフー経営任す。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1981年12月7日) 
  61. ^ 『季刊コンビニ`96秋号』株式会社商業界、1996年9月25日。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーケー」の関連用語

オーケーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーケー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS