オーケー メディアなど

オーケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 15:29 UTC 版)

メディアなど

業績

すべて3月期のデータ。

年度 売上高 経常
利益
経常
利益率
経常
総経費率
売上
伸張率
店舗
社員数 オーケー
クラブ
会員数
2000年 643億円 18億円 2.78% 16.42% 108.20% 27店 510人
2001年 655億円 4億円 0.57% 16.77% 105.90% 28店 587人
2002年 722億円 15億円 2.02% 16.47% 110.20% 28店 636人
2003年 791億円 25億円 3.21% 15.86% 109.80% 30店 664人
2004年 875億円 23億円 2.65% 16.17% 110.70% 33店 714人
2005年 1056億円 43億円 4.07% 14.91% 120.70% 37店 785人
2006年 1254億円 55億円 4.37% 14.77% 120.90% 40店 928人
2007年 1450億円 66億円 4.52% 14.66% 115.60% 44店 1,065人
2008年 1679億円 79億円 4.71% 14.78% 119.00% 49店 約120万人
2009年 1921億円 98億円 5.11% 14.50% 114.55% 55店 1,339人 約158万人
2010年 2156億円 112億円 5.23% 14.62% 112.27% 60店 1,526人 約198万人
2011年 2305億円 130億円 5.64% 14.78% 106.94% 64店 1,775人 約238万人
2012年 2358億円 143億円 6.07% 14.62% 102.37% 65店 1,920人 約260万人
2013年 2495億円 142億円 5.68% 14.90% 106.08% 69店 [注 1]7,329人 約291万人
2014年 2619億円 141億円 5.37% 15.53% 104.98% 74店 [注 1]7,923人 約318万人
2015年 2814億円 148億円 5.26% 16.36% 107.42% 83店 [注 1]8,845人 約351万人
2016年 3067億円 150億円 4.89% 16.03% 108.99% 88店 [注 1]9,414人 約381万人
2017年 3304億円 147億円 4.44% 16.63% 107.70% 97店 [注 1]10,370人 約419万人
2018年 3567億円 148億円 4.14% 17.08% 107.97% 108店 [注 1]11,186人 約444万人
2019年 3930億円 188億円 4.79% 16.72% 110.20% 117店 [注 1]12,044人
2020年 4347億円 237億円 5.42% 16.11% 110.59% 123店 [注 1]13,038人 約544万人

不祥事

サービス残業問題

  • 2005年10月に労働基準監督署から「時間外勤務手当が適切に支払われていないので改善するように」(いわゆるサービス残業)との是正勧告を受けており[37]、営業時間外の労働を解消するため開店後の品出しや閉店前の片付けが行われている。この件について、オーケーの公式サイトでは「労務問題への積極的取り組み」として記述されている[5]

クレジットカード情報不正利用


注釈

  1. ^ a b c d e f g h 実働8時間に換算したパート社員数を含む。

出典

  1. ^ a b 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 163-164 
  2. ^ a b c d e f g h i j k オーケー株式会社 (2020-07-20). 第53期(2019年3月21日 - 2020年3月20日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ a b オーケー株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ a b グローバルナビ”. BS-TBS (2006年5月27日). 2010年1月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 会社情報と取り組み|沿革” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  6. ^ 沿革”. オーケー株式会社. 2012年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m ディスカウントスーパー「オーケー」一番町店、59年の歴史に幕 宮城から消滅へ”. 仙台経済新聞 (2020年5月26日). 2020年11月3日閲覧。
  8. ^ 『高品質・Everyday Low Price』”. オーケー株式会社. 2012年9月15日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g レジ袋「有料化」の歴史 先駆者・オーケーは1989年...きっかけは?” (日本語). J-CAST ニュース (2019年6月8日). 2020年11月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e オーケークラブ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  11. ^ はじめての方へ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月24日閲覧。
  12. ^ a b オーケー、横浜に旗艦店舗「オーケーみなとみらい店」オープン(WorkMaster 2016年9月16日)
  13. ^ a b 2015年、オーケーがみなとみらいに出店!(2013年1月27日)/9月24日にオープンした「オーケーみなとみらい」、フロア内の詳細は?(2016年9月27日)(共に「はまれぽ.com」より)
  14. ^ a b オーケー(ディスカウント・スーパーマーケット)が、横浜・みなとみらい に開店します! オーケー みなとみらい店 2016年9月24日(土)開店 (PDF) (オーケー株式会社 2016年9月13日)
  15. ^ オーケー/みなとみらい店に直営のフードコート、10日オープン(流通ニュース 2017年2月7日)
  16. ^ . http://diamond-rm.net/articles/-/10674 [リンク切れ]
  17. ^ a b c オーケーが不便なのに愛される理由、レジ袋6円・カートはコイン式… 二宮涼太郎:オーケー代表取締役社長” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2020年4月22日). 2020年11月3日閲覧。
  18. ^ 三菱商事vs.伊藤忠、スーパー業界で仁義なき代理戦争勃発…オーケー争奪戦が熾烈化”. ビジネスジャーナル. サイゾー (2016年11月30日). 2020年11月3日閲覧。
  19. ^ a b c 一番町の「オーケースーパー」31日に閉店 仙台中心部で59年”. 河北新報 ONLINE NEWS. 河北新報社 (2020年5月26日). 2020年11月3日閲覧。
  20. ^ a b c d オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  21. ^ a b c d e OK 一番町店 (勾当台公園/その他)” (日本語). 食べログ. 2020年11月3日閲覧。
  22. ^ a b 株式会社ロジスティクス・パートナー (2020年5月27日). “オーケー/宮城県仙台市「一番町店」閉店”. 流通ニュース. 2020年11月3日閲覧。
  23. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  24. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ オーケー一番町店、2020年5月31日閉店-東北最後のOKストア、59年の歴史に幕” (日本語). 都市商業研究所 (2020年3月11日). 2020年11月3日閲覧。
  26. ^ “長崎屋、宮城県内で9月末に2店舗閉鎖 宮城県”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月25日) 
  27. ^ a b オーケー 一番町店 | 店舗一覧と検索” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  28. ^ 長町店|お店情報”. みやぎ生活協同組合. 2020年11月3日閲覧。
  29. ^ a b 【閉店】オーケー原町店” (日本語). 開店閉店.com (2016年10月5日). 2020年11月3日閲覧。
  30. ^ ツルハドラッグ/仙台原町店|店舗詳細情報|店舗情報”. ツルハドラッグ. 2020年11月3日閲覧。
  31. ^ a b c はじめての方へ” (日本語). オーケー株式会社. 2020年11月3日閲覧。
  32. ^ a b 杉並区レジ袋有料化モデル検討会最終報告 (PDF)”. 杉並区公式ホームページ (2007年3月). 2010年1月18日閲覧。
  33. ^ すぎなみ環境目的税についてのQ&A”. 杉並区. 2020年11月3日閲覧。
  34. ^ スーパーマーケット総選挙の結果、第1位の店は「オーケー」だった【ラジオリスナーが投票】”. TBSラジオ (2017年6月16日). 2019年6月7日閲覧。
  35. ^ オーケーが2連覇!「スーパーマーケット総選挙」結果発表”. TBSラジオ (2018年6月15日). 2019年6月7日閲覧。
  36. ^ 【速報】オーケーが3連覇!「第3回スーパーマーケット総選挙」結果発表”. TBSラジオ (2019年6月21日). 2021年2月14日閲覧。
  37. ^ 『発展期を迎える』(III)”. オーケー株式会社 (2006年4月). 2012年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ カード不正使用、少年逮捕 被害1千万円か”. 日本テレビ (2020年6月). 2020年6月23日閲覧。
  39. ^ カード不正利用の高校生アルバイト先スーパーはオーケー新山下店”. Buzz Fixer (2020年6月). 2020年6月23日閲覧。
  40. ^ a b c “パンプキン、オーケー第一ストアを吸収。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1986年1月20日) 
  41. ^ a b c d 『季刊コンビニ‘97秋号』株式会社商業界、1997年9月30日。
  42. ^ a b c 「セブンイレブン 宮城県の営業権取得 パンプキンから、7店転換」『日経流通新聞』1994年9月15日、6頁。
  43. ^ a b c “パンプキン、POS・受発注・人事配置…、総合経営システム。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1985年12月2日) 
  44. ^ a b c “パンプキン第一ストア、飲食部門を充実-焼き鳥やいれたてコーヒー。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1987年4月27日) 
  45. ^ “パンプキン第一ストア、クリーニングの取り次ぎサービス。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1987年9月3日) 
  46. ^ a b c d “パンプキン第一ストア、クリーニング取り次ぎ拡大。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1988年8月4日) 
  47. ^ “パンプキン第一ストア、新卒社員を定期採用。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1988年2月18日) 
  48. ^ a b “オーケー、コンビニ部門別会社へ分離。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1989年3月14日) 
  49. ^ a b c “パンプキン第一ストア、関東の全38店舗に4月にもEOS導入。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1989年2月9日) 
  50. ^ a b 「都内コンビニの営業権 ファミリーマートが取得」『日本経済新聞』朝刊1998年11月25日、13頁。
  51. ^ a b 「「パンプキン」27店の営業権 ファミリーマートが取得 首都圏で店舗拡大狙う」『日経流通新聞』1998年11月26日。
  52. ^ ファミリーマートが「パンプキン」27店の営業権取得”. 日本食糧新聞. 2020年5月18日閲覧。
  53. ^ a b c “ファミリーマート、日販40万円以上のパンプキン27店舗の営業権を取得”. 隔月刊コンビニ. 株式会社商業界: p. 134. (1999年2月24日) 
  54. ^ 「パンプキンから7店舗営業権取得 スリーエフ」『日本経済新聞』朝刊1998年12月10日、15頁。
  55. ^ a b 「「パンプキン」の首都圏7店舗 スリーエフ、営業権取得」『日経流通新聞』1998年12月15日、5頁。
  56. ^ “第20回日経コンビニエンスストア・ミニスーパー調査”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1999年7月22日) 
  57. ^ a b c d e f 読売新聞. 読売新聞社. (1980年7月8日) 
  58. ^ a b “パンプキン、高級アイス品種拡充。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1986年1月27日) 
  59. ^ “売れ筋Special レンタルOK 海外旅行用品が充実”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1992年1月25日) 
  60. ^ “ダイエー、オーケーと全面提携-系列のセイフー経営任す。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1981年12月7日) 
  61. ^ 『季刊コンビニ`96秋号』株式会社商業界、1996年9月25日。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーケー」の関連用語

オーケーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーケー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS