オリコン 沿革

オリコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 01:14 UTC 版)

沿革

前身の株式会社オリコンの沿革については、「オリコン・エンタテインメント」を参照のこと。
  • 1999年10月 - データベース事業及びインターネット対応の移動体通信キャリアへのコンテンツ提供等を目的とする株式会社おりこんダイレクトデジタルを設立。
  • 2000年11月 - 大阪証券取引所ナスダックジャパン市場(JASDAQ市場)に上場。
  • 2001年6月 - 株式会社オリコン(現・株式会社oricon ME)を株式取得により子会社化。
  • 2002年4月 - メディア事業を株式会社オリコンに承継、株式会社オリコンのデータベース事業を承継。
  • 2002年7月 - オリコン株式会社に商号変更。
  • 2005年10月 - 音楽データベース事業をオリコン・マーケティング・プロモーション株式会社(現・オリコン・リサーチ株式会社)として分割し、オリコン株式会社は持株会社になった。

主な事業

データサービス事業

完全子会社のオリコン・リサーチ株式会社が、事業を行っている。全国の音楽・映像ソフト等の販売店から集計したデータを元に発表するランキングであるオリコンランキングの作成・発表が主な事業である。

サイト上で無料で参照できるランキングは一部に限定されている(週間シングル・アルバムランキングが50位までなど)。より詳細なランキングは、週刊誌「オリ★スタ」(2016年4月4日号をもって休刊)に掲載された。このほか、月額1026円の有料サイト「オリコン情報サービス you大樹」では、最新ランキングの他に、過去の膨大なデータベースも参照できる。

さらに、法人向け有料情報提供サービス「ORICON BiZ online」(従来の「真大樹」を2009年3月3日にリニューアル)では、全国推定売上枚数に基づくランキングがデイリー単位から閲覧できるほか、ジャンル別、エリア別、発売・販売メーカー別、販売チャネル別の詳細なデータも提供される。

出版事業

完全子会社の株式会社oricon ME(2015年10月の吸収合併により、オリコン・エンタテインメント株式会社の事業を継承)が出版事業を行っていたが、2020年3月の「コンフィデンス」休刊をもって出版事業は終了した。

ポータルサイト

1995年からウェブサイトにおいてオリコンチャートを中心とした情報を配信していたが、2004年4月に広範囲な音楽情報を発信するポータルサイト「ORICON STYLE」にリニューアルした。しかし全面的にFlashを使用した非常に重いページだったため評判が悪く、リニューアルを重ねた。

2006年頃からは意識調査に基づいた様々なランキング(音楽以外も含む)を掲載したり、オリコンチャートやアーティストのインタビューを動画で配信したりするなどコンテンツを拡充している。

また芸能情報など音楽以外のニュースを掲載し、テレビ番組・有名人のブログなどの話題ではスポーツ新聞系サイトに比べて充実している場合がある。Yahoo! JAPANを始め、共同通信や全国各地の地方新聞サイトなどにも記事を配信している[5]

2017年1月11日のリニューアルに伴い、株式会社oricon MEが制作・運営するサイト「ORICON STYLE」は、「ORICON NEWS」に改称された[6]

音楽配信事業

2005年3月からはパソコン向けの音楽配信事業にも参入し、最新ランキングからそのまま楽曲をダウンロードできるサービスを開始した。当初はiTunes Music Storeに匹敵する規模を目指すとしていたが、利用者数が低迷し大きな成果を挙げないまま2006年11月に終了した。携帯電話向けの着メロ着うた着うたフル配信サービスについては継続して行なわれている。

スタ☆ブロ

オリコン株式会社提供のブログサービス[7]。2015年10月30日12時をもってサービスを終了した[8]

顧客満足度ランキング

2003年に、書籍『患者が決めた!いい病院』を発行したのを皮切りに、様々なサービス・店舗・病院や医院などの顧客アンケートに基づく満足度ランキングを書籍やウェブサイトで発表している。2020年4月には、サービスの品質向上や働き方改善を目指す人に向けたオウンドメディア「ミチタリ by オリコン顧客満足度」を開設した。

企業グループ

  • オリコン・リサーチ株式会社(完全子会社。2005年10月設立のオリコン・マーケティング・プロモーション株式会社が2008年10月に商号変更[9]) - 音楽・映像・書籍のマーケティングデータおよびランキング情報の提供、放送局向け・ECサイト向け音楽データベースの提供。
  • 株式会社oricon ME(完全子会社。2013年4月にオリコンDD株式会社を吸収合併[9]。2015年10月にオリコン・エンタテインメント株式会社およびORICON NEXT株式会社を吸収合併して存続会社となる[9]) - 「ORICON NEWS」サイトの制作・運営・広告販売、「オリコン日本顧客満足度調査」連動型広告、調査データの販売、音楽配信サービスの提供。

過去のグループ会社

  • オリコンDD株式会社(2013年4月に株式会社oricon MEに吸収合併[9]。旧オリコン・ストラテジーの完全子会社、2012年にオリコン・コミュニケーションズ株式会社を合併) - インターネットメディア事業。
  • オリコン・ストラテジー株式会社(2015年7月にオリコン株式会社に吸収合併[9]) - スマートフォン向け事業に関する経営戦略立案および指導。
  • オリコン・エンタテインメント株式会社(2015年10月に株式会社oricon MEに吸収合併[9]) - 雑誌・書籍出版。
  • ORICON NEXT株式会社(2015年10月に株式会社oricon MEに吸収合併[9]) - 広告・宣伝に関する企画立案・コンサルティング、ゲーム等のコンテンツ企画開発。

  1. ^ コーポレート・ガバナンス - オリコン株式会社
  2. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年12月19日閲覧
  3. ^ 四半期報告書(第20期第2四半期)
  4. ^ JPX日経中小型株指数構成銘柄一覧 (2021年9月30日時点) jpx.co.jp 2021年10月4日公表 2021年10月8日閲覧。
  5. ^ オリコン、『47NEWS』にニュース配信開始”. ORICON NEWS (2012年11月15日). 2021年4月2日閲覧。
  6. ^ “WEBサイト リニューアルのお知らせ 『ORICON STYLE』から『ORICON NEWS』へ” (プレスリリース), オリコン株式会社, (2017年1月11日), https://www.oricon.jp/files/2017/01/20170111.pdf 2017年1月11日閲覧。 
  7. ^ スタ☆ブロ公式サイト2010年8月23日時点でのオリジナルよりアーカイブ
  8. ^ スタ☆ブロ公式サイト.2015年10月30日サービス終了表示される。
  9. ^ a b c d e f g 企業情報 グループ沿革”. オリコン株式会社公式サイト. 2017年2月10日閲覧。
  10. ^ 「歌のゴールデンヒット」第2弾が10月2日に放送決定!”. TBSホット情報. TBSテレビ (2017年9月19日). 2017年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オリコン」の関連用語

オリコンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オリコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオリコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS