オハイオ州 州名の由来

オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 09:17 UTC 版)

州名の由来

オハイオとは、インディアンイロコイ族の言葉で、「美しい川」ないし「偉大な川」という意味である ohi-yo’ から派生した[6][7][8]。 州名の由来については他にも異論があるが、昔から州内に自生するトチノキに因んで "Buckeye State" と呼ばれており、州民も「バッカイ」と呼ばれている[9]

歴史

主要記事:オハイオ州の歴史

インディアンの時代

オハイオ・バレーの考古学調査によって、この地域には紀元前13,000年には既に回遊性民族が住んでいたことが示されている[10]。この初期回遊性民族は紀元前1000年までにオハイオから消えたが、その物質文化は次代の人々の文化の基盤となった[10]。紀元前1000年から800年、定住性のアデナ文化が現れた。オハイオ州の歴史家ジョージ・W・クネッパーが主張しているように、この洗練された文化は「1902年、チリコシー市に近いトーマス・ワージントンの敷地であるアデナの地で、この文化の遺物が発掘されたので、アデナ文化と名付けられた」とされている[11]。アデナ文化の人々は、カボチャ、ヒマワリ、およびおそらくはトウモロコシなどの植物を栽培したので、「半恒久的」な集落を築くことができた。これらの栽培に加えて狩猟採集によって、より固定され複雑な集落が可能になった[11]。アデナ文化の遺跡の中でも最も壮大なものがオハイオ州アダムズ郡にあるグレート・サーペント・マウンドである[11]

イロコイ族が17世紀半ばのビーバー戦争で征服した地域、オハイオ川流域の上中流ではほとんど人が住まなくなった[12]。赤色はイロコイ族の元々の領土

紀元前100年頃、オハイオではアデナ文化にホープウェル文化が加わった。その特徴ある文化の遺物が発見されたM・C・ホープウェル大尉が所有する農園に因んでこの名が付けられた[13]。ホープウェル文化の人々はアデナ文化の場合と同様にマウンドを造った。その複雑で大きく、技術的に洗練された土盛り工作物を現在のマリエッタ、ニューアーク、サークルビルで見ることができる[13]。しかし、ホープウェル文化は西暦600年頃にオハイオ・バレーから消えた。その人々に代わった民族についてはほとんど知られていない[14]。研究によってフォート・エンシェント人とウィットルジーフォーカス人という2つの特徴ある前史文化が示されてきた[14]。どちらもおそらく、ヨーロッパ人との接触で広まった伝染病によって人口が激減し、17世紀には消失したと考えられている。インディアンはヨーロッパ由来の病気に免疫が無かった。フォートエンシェント人は「ショーニー族の先祖であるか、少なくともショーニー族がフォートエンシェント人で残っていた者達を吸収した」と考える学者もいる[14]

オハイオ・バレーにいたインディアンは、現在のニューヨーク州中部と西部を地盤にしていたイロコイ族の攻撃的戦術に大きく影響された[15]。17世紀半ばのビーバー戦争の後、イロコイ族はオハイオ地域の大半を狩猟場、さらに重要なことにビーバーの罠猟を行う場と宣言した。17世紀半ばに起きた伝染病の蔓延と戦争によって、17世紀後半までオハイオ地域にはほとんど人が住まなくなった。その後主にアルゴンキン語を話す古代人の子孫が戻ってくるようになった。彼等はアデナ文化、ホープウェル文化さらにミシシッピ文化の人々の子孫である。オハイオ地域の住民は伝染病、戦争、さらにそれに続いた社会的不安定さによってもたらされた破壊のために、多民族、多言語の社会となった。彼等はトウモロコシ、ヒマワリ、豆類などの栽培で生活し、季節による狩猟で補っていた。18世紀までにヨーロッパ人が毛皮交易に入ってくることで、より大きな地球規模経済に入っていくことになった[16]

有史時代になってオハイオ地域に住んだインディアン部族としては、マイアミ族、ワイアンドット族、デラウェア族ショーニー族、オタワ族、ミンゴ族、エリー族などがいた[17]。オハイオ地域はインディアン虐殺の舞台にもなった。例えばイエロークリーク虐殺、グナーデンヒュッテン虐殺、ポンティアックの反乱の時の学校虐殺があった[18]

植民地と独立戦争の時代

18世紀、フランスが地域の毛皮交易を支配するために交易拠点の体系を作り上げた。1753年、フレンチ・インディアン戦争ヨーロッパでは七年戦争と呼ばれた戦争でフランスとイギリスが戦った、1763年に結ばれたパリ条約によって、フランスはオハイオを初め、北西部地域の全体をイギリスに割譲した。

しかし1760年代のポンティアックの反乱で、イギリスの軍事支配に警鐘が発せられた[19]。それはアメリカ独立戦争における植民地側の勝利によって終わりを迎えた。1783年のパリ条約により、イギリスはオハイオ領土全ての領有権を新生アメリカ合衆国に譲った。

北西部領土

アメリカ合衆国は1787年の北西部条例北西部領土を創設した[20]。この新領土のなかでは奴隷制度が禁じられた。オハイオ共同会社による開拓地マリエッタの設立で、開拓が始まった。この会社はアメリカ独立戦争退役兵の集団が設立したものだった。オハイオ会社の後に、マイアミ会社(シムズ・パーチェイスとも呼ばれる)が南西部を領有し、コネチカット土地会社が現在のオハイオ州北東部にあったコネチカット西部保留地の測量を行い入植させた。

古い北西部領土は当初、それ以前にオハイオ領土イリノイ領土と呼ばれた地域を含んでいた。オハイオが州昇格の準備を始めると、インディアナ準州が創設され、北西部領土は現在のオハイオ州領域と、ミシガンのロウアー半島東半分、およびアッパー半島東端を含むものになった。

北西部条例の下では、ある領域の人口が6万人に達すると州として昇格が認められると決められていた。1801年12月時点でオハイオの人口はまだ45,000人だったが、アメリカ合衆国議会は、オハイオの人口が急増しており、州昇格への道を歩み始めたと判断した。州昇格の時までに人口は6万人を超えるものと仮定された。さらにレニ・レナペ族インディアンが地域に住んでおり、これに関して現在のオハイオ州にあるマスキンガム川沿い1万エーカー (40 km2) の土地を「モラヴィア兄弟団の資産として取っておきこれに与える。...前述兄弟団はインディアンを文明化しキリスト教徒に変える」と判断した[21]

州昇格以降

1803年2月19日、当時の大統領トーマス・ジェファーソンは、オハイオの境界と憲法を承認する法案に署名し、オハイオは17番目のアメリカ合衆国に昇格した。当時は、オハイオの正式な州昇格の宣言がなされなかったことから、150年が経過した1953年8月7日に、時の大統領ドワイト・D・アイゼンハワーが署名することによって、改めてオハイオの連邦加盟が1803年3月1日であることが宣言された[22][23](現在続いている州昇格宣言という習慣は1812年、18番目のルイジアナ州が最初だった)。チリコシーにある旧州議会議事堂では州議会特別会期が開催され、州昇格の請願書を馬でワシントンD.C.まで運ぶ議案を承認した。

アメリカ人の進出を避けるために多くのインディアンが西方に移住したが、州内に留まった者もおり、一部は同化した。1830年アンドリュー・ジャクソン大統領の下でアメリカ合衆国政府はインディアン移住を強制し、ミシシッピ川の西にあるインディアン準州に移した。

1835年、オハイオ州はトレド・ストリップを巡って無血の境界戦争であるトレド戦争ミシガン準州との間に演じた。アメリカ合衆国議会が介入し、ミシガンの州昇格を条件に紛争を終わらせた。ミシガンはトレド・ストリップの領有を諦める代わりに、アッパー半島西側3分の2を与えられた。

オハイオ州の歓迎看板、1990年代のスタイル

オハイオ州の地理的な位置づけとその人口で南北戦争のときは重要な役割を演じた。オハイオ川は軍隊と物資の輸送で重要な交通路となり、また州内の鉄道も同様だった。北軍に就いた州で、オハイオ州は人口当たりの兵士派遣数では最大だった。1862年、オハイオ州の部隊が2,000名の犠牲を出すという損失の多かったシャイローの戦いで勝利した後、州内の士気が酷く動揺した[24]。同年後半、ストーンウォール・ジャクソン将軍の指揮する南軍が首都ワシントンD.C.を脅かし、オハイオ州知事デイビッド・トッドは3か月徴兵の条件で5,000人の志願兵を集めた[25]。オハイオ州の歴史家アンドリュー・R・L・ケイトンは、この戦争でほぼ35,000人の州民が死に、「3万人ほどの者が残りの人生も戦争の傷跡を持って過ごした」と記した[26]。南北戦争の終戦までに北軍のユリシーズ・グラントウィリアム・シャーマンフィリップ・シェリダンという功績の高い3将軍がオハイオ州出身の将軍となった[27][28]

1912年、チャールズ・B・ガルブレースを議長として憲法制定会議が開催された。その結果は進歩主義時代の関心事を反映したものになった。新憲法は住民発議権と住民投票を導入した。さらに議会発案の州法や憲法修正案について議会が住民に批准を求めることができるようになった。法は一世代で1回見直されるべきだというのがジェファーソン流の原則であり、新憲法では20年毎に住民投票で問題を問うことになった。その問題とは新憲法が必要かどうかということである。この問いは1932年、1952年、1972年、1992年に発せられたが、新憲法が必要とされることは無かった。その代わりに議会に対して数多い憲法修正提案がなされ、その大半は採択された。

オハイオ州から8人のアメリカ合衆国大統領が選ばれており、「大統領の母」というニックネームはバージニア州と分け合うものである。「大統領の近代の母」とも言われる[29]。これはバージニア州出身の大統領が合衆国の歴史の初期に偏っているためである。7人の大統領がオハイオ州生まれであり、バージニア州の8人に次いでいる。バージニア州生まれのウィリアム・ハリソンはその人生の大半をオハイオ州で過ごしており、また埋葬されている。ハリソンはオハイオ州ノースベンドにあった義父ジョン・クリーブス・シムズが設立した家族の家で暮らしている間に政歴を積んだ。その他、ユリシーズ・グラントラザフォード・ヘイズジェームズ・ガーフィールドベンジャミン・ハリソン(ウィリアム・ハリソンの孫)、ウィリアム・マッキンリーウィリアム・タフトウォレン・ハーディングがオハイオ州生まれである。

地理

参照:オハイオ州の郡一覧オハイオ州の都市一覧オハイオ州の村一覧オハイオ州のタウンシップ一覧オハイオ州の保護地域

アメリカ合衆国中西部地域の北東角に位置しているオハイオ州は、エリー湖に面していて、接している各州とは主要高速道路によって接続されている。オハイオ州の南部境界はオハイオ川によって区切られ、北部境界の大部分はエリー湖によって画されている。東にはペンシルベニア州、トレド市近くの北西方面でミシガン州、北部はエリー湖の対岸にカナダオンタリオ州、西部でインディアナ州、南部でケンタッキー州、南東部でウェストバージニア州と接している。

オハイオ州の地理的位置づけは経済的な成長と拡張のために重要な資産となってきた。オハイオ州はアメリカ合衆国の中で北東部と中西部を繋いでおり、良く発達した高規格道路を使い大量の貨物が領域内を通って流通されている。国内50州の中で高規格道路のネットワークでは第10位であり、車で1日の範囲内に北アメリカ人口の50%、製造能力の70%が入っている[30]。州の北側がエリー湖の総延長312マイル (502 km) の湖岸線となり[31]、多くの港ができている。

オハイオ州の境界は1802年授権法における境界条項により次のように定義されていた。

東はペンシルベニア州との州境、南はオハイオ川のグレートマイアミ川合流点まで、西は前述グレートマイアミ川合流点からまっすぐ北に引いた線とし、北はミシガン湖最南端を通って東西に引かれた線が前述グレートマイアミ川合流点からまっすぐ北に引いた線と交わる点から、エリー湖とすなわち領土境界と交わる所まで、さらにそこから前述ペンシルベニア州州境までと定義する
エリー湖のオハイオ州湖岸

オハイオ州はオハイオ川を州境とするが、川そのものはケンタッキー州とウェストバージニア州に属している。1980年、アメリカ合衆国最高裁判所は、1792年のバージニア州による領土譲渡に関する用語に基づき(当時のバージニア州には現在のケンタッキー州とウェストバージニア州が含まれていた)、オハイオ州とケンタッキー州との州境を川の北側低水位標識とするということを確認した[32]。オハイオ州は1792年の低水位標識と現在の高水位標識の間のみが領土となっている。

ミシガン州との境界も変更された。トレド戦争の結果、モーミー川河口の北岸までやや北東に修正された。

オハイオ州の土地の大半は氷河作用を受けた平原であり、北西部のみがグレート・ブラック・スワンプと呼ばれる平坦な地域になっている。北西部と中央部の氷河作用を受けた地域の境界は、まず東と南東に氷河作用アルゲイニー台地と呼ばれるベルト地帯で仕切られ、さらに非氷河作用アルゲイニー台地と呼ばれるもう1つのベルト地帯で仕切られている。大半は起伏が少ないが、非氷河作用アルゲイニー台地だけは岩がちの丘陵と森林になっている。

オハイオ州の地勢図

岩の多い南東部4分の1は、ウェストバージニア州のパンハンドル部からシンシナティの郊外部までオハイオ川に沿った外向きの弧を描いており、特徴ある社会経済学的地域となっている。地質的にはウェストバージニア州やペンシルベニア州南西部に類似し、石炭採掘を行った歴史があり、昔は小さな工業地帯となり、特徴ある地域方言は州の他の部分と違っている。1965年、アメリカ合衆国議会はアパラチア地域開発法を成立させ、「アパラチア地域の続く貧困と経済不況の拡大に対処する」こととした[33]。この法では州内29郡をアパラチア地域と定義した[34]。オハイオ州領土の3分の1は連邦政府が規定するアパラチア地域であり、そこには人口の12.8%(147万6千人)しか住んでいない[35]

オハイオ州図

州内の重要河川としては、カヤホガ川、グレートマイアミ川、モーミー川、マスキンガム川、サイオト川がある。北側の川の水はエリー湖とセントローレンス川を介して北大西洋に排水され、南部の川水はオハイオ川とミシシッピ川を介してメキシコ湾に流れ込んでいる。

オハイオ州の歴史で最悪の自然災害は1913年にグレートマイアミ川で起きた。これはグレート・デイトン洪水と呼ばれ、グレートマイアミ川流域の全体が溢れ、デイトン市の中心事業地区も水に浸かった。その結果、州内さらには国内初の洪水制御土木計画としてマイアミ自然保護地区が創設された[36]

中西部のグランド湖セントメアリーズは、1820年から1850年の運河建設時代に運河に水を供給するために造られた。この湖は広さが20平方マイル (52 km2) 以上を長年保ち、世界の人工湖として最大だった。オハイオ州の運河建設計画は他州ほど経済的な失敗にはならなかった。デイトンなど幾つかの都市は運河の場所によってその経済成長度が変わっており、1910年まで内陸運河が州内の多くの貨物を運んでいた。

国立公園

気候

オハイオ州の気候は湿潤大陸性気候ケッペンの気候区分Dfa)にあり、最南部にあるブルーグラス地域のみが温暖湿潤気候の北端にあたる。またアップランドサウスにも入っている。通常の夏は暑く湿度が高い。冬は概して冷涼から寒冷である。降水量は年間を通じてほどほどである。悪天候は希ではないが、竜巻道と呼ばれる地域にある他州に比べれば竜巻発生個数は少ない。エリー湖南東岸では激しい湖水効果雪が降るのも希ではない、そこはスノーベルトに指定されている。

州内の大半は温帯気候に入っていないが、暖かい地域の植物や動物が州内に入ってきている。例えば、南部に多いブラックジャック・オーク(Quercus marilandica)のような木がオハイオ川の直ぐ北、州内最北部でも見られる。他にもタイサンボクMagnolia grandiflora)、ネムノキAlbizia julibrissin)、サルスベリ、さらには時としてニードルパームのような植物がブルーグラス地域の街路、庭、庭園に使われている。これらは温帯から大陸性気候への気候遷移の証拠でもある。しかし州内他地域では同じ植物が繁茂してはいない。この変化は州内を州間高速道路75号線でシンシナティからトレドまで移動したときに分かる。シンシナティで見られるコモンウォール・トカゲは、オハイオ州における温帯性動物の一例である。

過去の記録

過去最高気温は1934年7月21日にガリポリス近くで記録された113°F (45 ℃) だった[37]。 過去最低気温は1899年2月10日にミリガンで記録された-39°F (-39 ℃) だった[38]

地震

平均的な住民が感知するような地震は数少ないが、2002年から2007年の間にオハイオ州では30回以上の地震が起こり、1776年以降ではマグニチュード2.0以上の地震が200回以上発生してきた[39]

オハイオ州の歴史の中で最も強かった地震はシェルビー郡のアンナで起きた地震であり[40]、1937年3月9日のことだった。州西部を震源としマグニチュードは5.4、メルカリ震度階級VIIIだった[41]

その他の大きな地震としては[42]、1884年9月19日にライマ近くでおきたマグニチュード4.8[43]、1901年5月17日にポーツマス近くで起きたマグニチュード4.2[44]、1986年1月31日にレイク郡レロイ郡区で起きたマグニチュード5.0 があった。最後のものはその後2か月間にマグニチュード 0.5 から 2.4 の余震が13回あった[45][46]

最近起きた地震では、2011年12月31日午後東部標準時3時5分に起きたものがあった。マグニチュード4.0、震源はヤングスタウンの北西約 4 km(北緯41度7分19.1994秒 西経80度41分2.3994秒 / 北緯41.121999833度 西経80.683999833度 / 41.121999833; -80.683999833)、トランブル郡マホニング郡の郡境近くだった[47]

州内の幾つかのカレッジ、大学などの機関にある地震観測所、およびオハイオ州自然資源省地質研究部による調整でできた組織であるオハイオ州地震学ネットワークが[48]、1776年から現在までの地震記録をまとめ、州内で感知された地震の位置などを整理している[49]


  1. ^ Ohio Quick Facts”. Ohio Historical Society. 2009年3月26日閲覧。
  2. ^ City of Columbus:Fun Facts”. City of Columbus, Ohio (2006年). 2009年3月26日閲覧。
  3. ^ a b Stockwell, Mary (2006). The Ohio Adventure. Layton, UT: Gibbs Smith. p. 88. ISBN 1-58685-361-9. https://books.google.co.jp/books?id=VJKroULBUpgC&printsec=copyright&dq=%22ohio%22+%22march+17+1803%22&redir_esc=y&hl=ja#PPA88,M1 
  4. ^ a b プログレッシブ和英中辞典(第3版) コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  5. ^ Davidson, William M. (1902). A History of the United States. Chicago, IL: Scott, Foresman and Company. p. 265. ISBN 1-4297-5239-4. https://books.google.co.jp/books?id=G24AAAAAYAAJ&pg=PA265&lpg=PA265&dq=ohio+admitted+to+the+union&redir_esc=y&hl=ja 
  6. ^ Quick Facts About the State of Ohio”. Ohio History Central. 2010年7月2日閲覧。 “From Iroquois word meaning 'great river'”
  7. ^ Mithun, Marianne (1999). “Borrowing”. The Languages of Native North America. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 311–3. ISBN 978-0-521-29875-9. https://books.google.co.jp/books?id=ALnf3s2m7PkC&pg=PA311&redir_esc=y&hl=ja. "Ohio ('large creek')" 
  8. ^ Native Ohio”. American Indian Studies. Ohio State University. 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月25日閲覧。 “Ohio comes from the Seneca (Iroquoian) ohiiyo’ 'good river'”
  9. ^ Why is Ohio known as the Buckeye State and why are Ohioans known as Buckeyes? (PDF)”. 2008年4月21日閲覧。
  10. ^ a b Knepper (1989), p. 9.
  11. ^ a b c Knepper (1989), p. 10.
  12. ^ Robrt Maslowski, "Cultural Affiliations Statement:New River Gorge National River and Gauley River National Recreation Area, National Park Service, accessed 2 August 2012
  13. ^ a b Knepper (1989), p. 11.
  14. ^ a b c Knepper (1989), p. 13.
  15. ^ Knepper (1989), p. 14.
  16. ^ Roseboom (1967), p. 20.
  17. ^ Knepper (1989), pp. 14–17.
  18. ^ Knepper (1989), pp. 43–44.
  19. ^ "Pontiac's Rebellion", Ohio History Central, July 1, 2005.
  20. ^ Cayton (2002), p. 3.
  21. ^ Religion and the Congress of the Confederation, 1774-89”. Library of Congress. 11/4/12閲覧。
  22. ^ "The Date of Ohio Statehood", Frederick J. Blue, PhD, Ohio Academy of History Newsletter, Volume 23, Autumn 2002
  23. ^ Clearing up the Confusion surrounding OHIO's Admission to Statehood
  24. ^ Knepper (1989), pp. 233–234.
  25. ^ Roseboom and Weisenburger (1967), p. 188.
  26. ^ Cayton (2002), p. 129.
  27. ^ Morris (1992), pp. 10–11.
  28. ^ Cayton (2002), pp. 128–129.
  29. ^ State Nicknames – Nicknames of U.S. States”. Geography.about.com. 2010年7月2日閲覧。
  30. ^ Transportation delivers for Ohio, Ohio: Department of Transportation, (2003‐2‐12), オリジナルの2008‐1‐24時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080124091721/http://www.dot.state.oh.us/budget/Feb12-03/TransDelivers2-12.asp 2005年12月22日閲覧。 .
  31. ^ Ohio Coastal Counties, Ohio: Department of Natural Resources, http://www.ohiodnr.com/Home/about/counties/tabid/18020/Default.aspx 2008年9月3日閲覧。 .
  32. ^ “Ohio v. Kentucky, 444 U.S. 335”, Case law, Find law, (1980), http://caselaw.lp.findlaw.com/scripts/getcase.pl?court=us&vol=444&invol=335 .
  33. ^ History of the Appalachian Regional Commission, Appalachian Regional Commission, http://www.arc.gov/index.do?nodeId=7 2006年1月3日閲覧。 .
  34. ^ "Counties in Appalachia", Appalachian Regional Commission. Retrieved January 3, 2006.
  35. ^ "GCT-T1 Ohio County Population Estimates—2005", The United States Census Bureau, retrieved January 3, 2006. True summation of Ohio Appalachia counties population (1,476,384) obtained by adding the 29 individual county populations together (July 1, 2005 data). Percentage obtained by dividing that number into that table's estimate of Ohio population as of July 1, 2005 (11,464,042)
  36. ^ The History of the MCD:The Conservancy Act”. Miami Conservancy District. 2007年1月13日閲覧。
  37. ^ All-Time Temperature Maximums By State (2003) (PDF)”. National Climatic Data Center. 2006年11月7日閲覧。
  38. ^ All-Time Temperature Minimums By State (2003) (PDF)”. National Climatic Data Center. 2006年11月7日閲覧。
  39. ^ ODNR Updates Ohio Earthquake Map to Reflect Statewide Seismic Activity Since 2002 (news release), Ohio Department of Natural Resources, Division of Geological Survey (September 18, 2007)
  40. ^ Ohio Seismic Network, What was the biggest earthquake in Ohio?
  41. ^ Historic Earthquakes:Western Ohio, U.S. Geological Survey.
  42. ^ “Ohio”, Historic United States Earthquakes, United States of America: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/historical_state.php#ohio .
  43. ^ “Near Lima, OH, 1884‐9‐19”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1884_09_19.php .
  44. ^ “Near Portsmouth, OH, 1986‐1‐31”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1986_01_31.php .
  45. ^ “Northeast Ohio, 1986‐1‐31”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1986_01_31.php .
  46. ^ “January 1986 Northeastern Ohio Earthquake”, The Ohio Seismic Network, Ohio Department of Natural Resources, http://www.ohiodnr.com/geosurvey/earthquakes/860131/860131/tabid/8365/ 2009年9月13日閲覧。 .
  47. ^ Magnitude 4.0 – Youngstown‐Warren urban area, OH, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsus/Quakes/usc0007f7s.php 2011年12月31日閲覧。 .
  48. ^ The Ohio Seismic Network, OH: Department of natural resources, http://www.ohiodnr.com/ohioseis/default/tabid/8144/ .
  49. ^ Catalog of Ohio Earthquakes, at the Ohio Department of Natural Resources web site
  50. ^ Census of Population:1970, Part 37 – Ohio, Section 1 (PDF)”. United States Census Bureau (1970年). 2009年3月27日閲覧。
  51. ^ Balistreri, Kelly (2001年2月). “Ohio Population News:Why did Ohio lose a seat in the U.S. House of Representatives? (PDF)”. Center for Family and Demographic Research at Bowling Green State University. 2009年3月27日閲覧。
  52. ^ a b QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年
  53. ^ a b 2000 Population and Geographic Centers of Ohio (PDF)”. Ohio Department of Development, Office of Strategic Research (2001年3月). 2009年3月26日閲覧。
  54. ^ Population and Population Centers by State:2000”. United States Census Bureau. 2008年12月6日閲覧。
  55. ^ "Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio:Statistical Snapshot". The Plain Dealer. June 3, 2012.
  56. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=ACS_10_1YR_DP02&prodType=table
  57. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_DP_DPDP1&prodType=table
  58. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_SF1_QTP10&prodType=table
  59. ^ OMB Bulletin No. 20-01, Revised Delineations of Metropolitan Statistical Areas, Micropolitan Statistical Areas, and Combined Statistical Areas, and Guidance on Uses of Delineations of These Areas. Office of Management and Budget. 2020年3月6日.
  60. ^ a b Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  61. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  62. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  63. ^ The Governors of Ohio”. Ohio Historical Society (2007年1月8日). 2009年3月25日閲覧。
  64. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  65. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  66. ^ Akron & Summit County History:Police
  67. ^ Ohio General Assembly”. Ohio History Central (2005年7月1日). 2009年3月25日閲覧。
  68. ^ Government”. Congressman Michael Turner. 2009年3月25日閲覧。
  69. ^ The Supreme Court of Ohio Jurisdiction & Authority”. The Ohio Judicial System. 2009年3月25日閲覧。
  70. ^ Ohio District Courts of Appeal”. Ohio Judiciary System. 2009年3月25日閲覧。
  71. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  72. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly (2009年). 2009年3月25日閲覧。
  73. ^ Leip, David. “Presidential General Election Results Comparison – Ohio”. US Election Atlas. 2009年12月31日閲覧。
  74. ^ a b Heinrichs, Ann (2003). Ohio. Minneapolis, M.N.: Compass Point Books. p. 42. ISBN 0-7565-0316-7. https://books.google.co.jp/books?id=VTnyaU2WkmUC&pg=PT43&lpg=PT43&dq=ohio+seven+presidents&redir_esc=y&hl=ja 
  75. ^ Holli (1999), p. 162.
  76. ^ " A grain of sand for your thoughts", The Economist, December 20, 2005. Retrieved December 23, 2005.
  77. ^ President / Vice President:November 4, 2008 (ASPX)”. Ohio Secretary of State (2008年11月4日). 2009年3月29日閲覧。
  78. ^ Hallett, Joe; Mark Niquette, Jonathan Riskind (2008年11月6日). “Total-state Approach Aided Obama”. Columbus Dispatch. http://www.dispatchpolitics.com/live/content/local_news/stories/2008/11/06/copy/howwin.ART_ART_11-06-08_A1_4KBQDF8.html?adsec=politics&sid=101 2009年3月29日閲覧。 
  79. ^ Brady, Jessica (2008年11月6日). “Democrats Gain in Michigan and Ohio”. Roll Call. http://www.rollcall.com/issues/54_54/politics/29901-1.html 2009年3月29日閲覧。 
  80. ^ Senators of the 111th Congress”. United States Senate. 2009年3月29日閲覧。
  81. ^ Riskind, Jonathan (2008年12月24日). “Ohio likely to lose 2 seats in Congress in 2012”. Columbus Dispatch. http://www.dispatchpolitics.com/live/content/national_world/stories/2008/12/24/ohcong.ART_ART_12-24-08_A6_0ACB253.html?sid=101 2009年3月29日閲覧。 
  82. ^ Site Selection Rankings”. Greyhill Advisors. 2011年10月17日閲覧。
  83. ^ "Columbus Chamber Announces Ohio Ranked on 'Top 10 Business Climates' List for 2009", Earth Times. Retrieved November 19, 2009.
  84. ^ GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月15日閲覧。
  85. ^ a b c d e f g h i j Economic Overview (PDF)”. Ohio Department of Development (2009年2月). 2009年3月31日閲覧。
  86. ^ "Business Tax Index 2009", SMALL BUSINESS & ENTREPRENEURSHIP COUNCIL. Retrieved December 2, 2009.
  87. ^ "SMALL BUSINESS SURVIVAL INDEX 2009", SMALL BUSINESS & ENTREPRENEURSHIP COUNCIL. Retrieved December 2, 2009.
  88. ^ "The Best States for Business", Directorship. Retrieved December 2, 2009.
  89. ^ "The Best States For Business", Forbes. Retrieved December 2, 2009.
  90. ^ "Best Colleges 2010", U.S. News and World Report. Retrieved December 2, 2009.
  91. ^ "Best High Schools:State by State Statistics", U.S. News and World Report. Retrieved December 2, 2009.
  92. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  93. ^ "Jobless rates fall again in southeastern Ohio", Zanesville Times-Recorder. 23 june 2010. Retrieved 25 june 2010.
  94. ^ "Strickland:Mature leader needed, rival Kasich is too radical", Dayton Daily News. 22 june 2010. Retrieved 25 june 2010.
  95. ^ ERS/USDA Data”. Economic Research Service, United States Department of Agriculture (2008年12月15日). 2009年3月31日閲覧。
  96. ^ a b Ohio QuickFacts”. United States Census Bureau (2009年2月20日). 2009年3月31日閲覧。
  97. ^ "Economic Overview", Ohio Department of Development, p. 1. Retrieved November 19, 2009.
  98. ^ Fortune 500 2008”. Money (magazine) (2008年5月5日). 2009年3月31日閲覧。
  99. ^ Lottery Results (SHTML)”. Office of Citizen Services and Communications, General Services Administration. 2009年3月31日閲覧。
  100. ^ Kissell, Margo R. (2009年3月24日). “Englewood Man Wins $250,000 in Lottery”. Englewood, O.H.: Dayton Daily News. http://www.daytondailynews.com/n/content/oh/story/news/local/2009/03/24/ddn032409lotteryweb.html 2009年3月31日閲覧。 
  101. ^ [1]
  102. ^ [2]
  103. ^ [3][4]
  104. ^ a b Thomas J. Hennen's American Public Library Ratings for 2006
  105. ^ Statewide Library Scoring






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オハイオ州」の関連用語

オハイオ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オハイオ州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオハイオ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS