オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 フル・キャスト

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 15:11 UTC 版)

フル・キャスト

ここでは、日本語字幕版ではクレジットされていない助演俳優も含めた役柄別のキャストの一覧を示す。ウィキペディアの トルコ語版の記事キャラクター一覧)、英語版の記事イタリア語版の記事スペイン語版の記事、並びに IMDbFull Cast & Crew(英語)、トルコ語による情報サイト TurkceAltyazi.orgSinematurk.comMuhteşem Yüzyıl Wiki FANDOM powered by Wikia などによる。

★ は日本語で俳優名がクレジットされる #メイン・キャスト、 * はオープニングのタイトルロールで俳優名がトルコ語表記でクレジットされるキャストを示す。「出演」欄の数字およびS1、S2・・・は、シーズンを示す。

皇帝・皇族と寵妃たち

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
皇帝・皇族 と 寵妃たち (The Imperial Family)
Halit Ergenç [5]
ハリット・エルゲンチュ
1-4 Süleyman
スレイマン
スレイマン : オスマン帝国第10代皇帝。オスマン帝国の最盛期を築いて、ヨーロッパでは「壮麗帝」の名で知られる。教養の高い文化人でもあり、詩人「ムヒッビー」として詩作を残し、語学にも堪能で、宝石細工の趣味を持つ。臣下たちからは、陛下と呼ばれる。
Meryem Uzerli [6]
メルイェム・ウゼルリ
1-3 Hürrem Sultan
ヒュッレム・スルタン
ヒュッレム (アレクサンドラ) : ルテニア人正教会司祭の娘アレクサンドラとして誕生。クリミア・タタール人のルテニア略奪により奴隷となり、オスマン宮廷に送られるが、スレイマンの3人目の寵妃[注 3]として皇妃(ハセキ・スルタン)にまで上りつめる。
S4 Vahide Perçin
ヴァーヒデ・ペルチン
4[注 4]
Nebahat Çehre [8]
ネバハット・チェフレ
1-2 Ayşe Hafsa Sultan
アイシェ・ハフサ・スルタン
ハフサ・アイシェ[注 5] : スレイマンの母后(ヴァリデ・スルタン)。クリミア・ハン国君主ギレイの娘。後宮の頂点にいるが、不祥事を嫌って闇に葬ろうとする。心労が絶えないため、いつも首筋が凝っている。
Selma Ergeç [9]
セルマ・エルゲチュ
1-3 Hatice Sultan
ハティジェ・スルタン
ハティジェ : 皇女で、スレイマンの妹。最初の夫と死別して宮殿にいる。後にイブラヒムの妻となり、息子オスマンと娘フーリジハンの母となる。気弱な性質で、何かと思いつめたりしやすいが、・・・。
Nur Aysan(Fettahoğlu)
ヌル・アイサン/
ヌル・フェッタホール
[注 6][10]
1-4 Mahidevran Sultan
マヒデヴラン・スルタン
マヒデブラン[注 7] : スレイマンの2人目の寵妃[注 8]で、長男ムスタファ皇子の母君。ヒュッレムに対する敵がい心が強く、ねじ伏せようと企てる。
* Selen Öztürk
セレン・オズテゥルク [33]
1-4 Gülfem Hatun
ギュルフェム・ハートゥン
ギュルフェム : スレイマンの1人目 (史実では、2人目) の皇帝妃。皇帝の子を授かったがすでに亡くしており[注 14]、劇中ではもはや皇帝から顧みられない。皇女ハティジェと仲が良く、腹心の友として相談相手になる。
皇帝スレイマンの皇子・皇女たち
* Yusuf Berkan Demirbağ [34] ユスフ・ベルカン・デミルバー(子役) 1 Şehzade Mustafa
シェフザーデ・ムスタファ
ムスタファ皇子 : 皇帝スレイマンと皇帝妃マヒデブランの間に生まれたただ一人の皇子。
Tunç Oral [注 15](子役) 1-2
Mehmet Günsür
メフメト・ギュンシュル [注 9]
2-4
Arda Aranat (子役) 2-3 Şehzade Mehmed
シェフザーデ・メフメト
メフメト皇子 : 皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムの間に生まれた一人目の皇子。
* Gürbey İleri [注 16] 3
Ayda Acar (子役) 1-2 Mihrimah Sultan
ミフリマーフ・スルタン
皇女ミフリマーフ : 皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムの間に生まれた皇女。スレイマンが溺愛する最愛のひとり娘である。
Melis Mutluç (子役) 2-3
*S3
S4
Pelin Karahan (Bekiroğlu)
ペリン・ベキルオウル [注 17][注 18][35]
3-4
Yiğit Üst (子役) 3 Şehzade Selim
シェフザーデ・セリム
セリム皇子 : 皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムの間に生まれた二人目の皇子。
S4 Engin Öztürk
エンギン・オズトゥルク
4
Erhan Can Kartal(子役) 3 Şehzade Bayezid
シェフザーデ・バヤズィト
バヤジト皇子 : 皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムの間に生まれた三人目の皇子。
S4 Aras Bulut İynemli
アラス・ブルト・イイネムリ
4
Aybars Kartal Özson(子役) 3 Şehzade Cihangir
シェフザーデ・ジハンギル
ジハンギル皇子 : 皇帝スレイマンと皇帝妃ヒュッレムの間に生まれた四人目の皇子。
* Tolga Sarıtaş 4
皇帝スレイマンと皇女ハティジェの姉妹たち
Pınar Çağlar Gençtürk 1-3 Beyhan Sultan
ベイハン・スルタン
皇女ベイハン : 皇帝スレイマンの妹で、ハティジェの姉。宰相フェルハトを婿としていたが、・・・。
Deniz Çakır 3-4 Şah Sultan
シャー・スルタン
皇女シャー : 皇帝スレイマンの妹で、ハティジェの姉。アナトリア州の軍政官ルトフィーを婿としており、エスマハンという娘を持つ。夫が宰相となるべく画策する(S3 第40話から登場)。
Meltem Cumbul 4 Fatma Sultan
ファトマ・スルタン
皇女ファトマ : 皇帝スレイマンの妹。男遊びができず後宮を窮屈と感じている。享楽主義で婿とは恋愛結婚だったが離縁を言い渡した。「楽しみと喜びの皇女様」と呼ばれている。
皇子の子女たち
3 シェフサーデ・スレイマン スレイマン : 皇子ムスタファとファトマの娘。皇帝スレイマンと同じ名が与えられ喜ぶも、…。
Alize Gördüm

アリゼ・ギョルドゥン

4 ネルギスシャー・スルタン ネルギスシャー : 皇子ムスタファとアイシェの娘。計略よりムスタファを庇って、…。
皇女の子女たち
Ecem Çalık 3 Esmehan Sultan
エスメハン・スルタン
エスマハン : 皇女シャーとルトフィーの娘。ミフリマーフの話し相手になる。
Mina Tuana Güneş (子役) 3 Huricihan Sultan

フーリジハン・スルタン

フーリジハン : 皇女ハティジェとイブラヒムの娘(後出)。
Burcu Özberk 4
Efe Mehmet Güneş (子役) 3 Sultanzade Osman

シェフサーデ・オスマン

オスマン : 皇女ハティジェとイブラヒムの息子。
3-4
アイシェ・ヒュマ―シャー・スルタン
アイシェ・ヒュマーシャー : 皇女ミフリマーフとリュステムの娘、ヒュッレムの孫娘。

後宮の使用人や側女たち

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
後宮の使用人や側女たち (Palace servants and concubines)
Okan Yalabık [7]
オカン・ヤラブク
1-3 Pargalı İbrahim Paşa
パルガル・イブラヒム・パシャ
イブラヒム:皇帝スレイマンの心の友。ギリシャ正教からイスラム教へ改宗し、奴隷から鷹匠頭に出世。スレイマン即位後さらに小姓頭に引き上げられ、後に大宰相の地位に上りつめて権勢を極めるが・・・。ギリシャのパルガ出身であるためパルガル(パルガ人)と呼ばれたり、高官になってからはパシャと呼ばれたりする。
女官たち
* Sema Keçik Karabel [36]
セマ・ケチク・カラベル[37]
1-2 Daye Hatun
ダイェ・ハートゥン
ダイェ : 母后付き女官長、兼、後宮出納官。母后が後宮の頂点にいるため、諸事を取り仕切る後宮の責任者であり、宦官や女官たちをあごで使う。すぐ図に乗るヒュッレムのことを苦々しく思っている。
* Nihan Büyükağaç
ニハン・ブユクアーチュ[38]
1-3 Gülşah Hatun
ギュルシャー・ハートゥン
ギュルシャー : 皇帝妃マヒデブラン付きの女官。妃の目や耳として後宮の情報を探り、妃の意を受けてさまざまな工作をするが、やり過ぎて暴走してしまうことが多い。
Filiz Ahmet [11]
フィリズ・アフメット
1-3 Nigar Kalfa
ニギャール・カルファ
ニギャール : 後宮の女官長で、敬称はカルファ[注 10]。図に乗りやすいヒュッレムを根気強く諭して味方する。普段は冷静沈着で仕事をテキパキとこなす能吏だが、強引なイブラヒムに弱い。
* Sabina Toziya 3-4 Afife Hatun
アフィフェ・ハートゥン
アフィフェ : 後宮出納官。皇帝スレイマンの乳母で、ギュルフェムが出納官を辞任したため、その後任に任じられる。息子ヤフヤは、皇帝スレイマンの乳兄弟。
Burcu Güner [39] 3-4 Fahriye Kalfa (Diana)
ファーリエ・カルファ(ディアナ)
ファーリエ(ディアナ) : マニサでムスタファ皇子に助けられて後宮入りし、マヒデブラン付きの女官長(カルファ)となる。やがて、ファーリエという名で、ヒュッレムへの刺客または間諜として皇女ハティジェや皇女シャーによって帝都の後宮に遣わされるが、・・・。
宦官たち
Selim Bayraktar [12]
セリム・バイラクタル
1-4 Sümbül Ağa
スュンビュル・アー
スンビュル : 後宮の宦官長で、敬称はアー[注 11]。側女たちを厳しくしつけ、目上の者には忠実で、仕事をよくこなすが、かなりのお調子者で風見鶏でもある。
*S2 Engin Günaydın
エンギン・ギュナイドゥン
1-2 Gül Ağa
ギュル・アー
ギュル : 宦官。スンビュルの部下で、側女たちに礼儀作法を教える(S1 第2話)。シーズン2ではヒュッレムに引き立てられて、スンビュルのライバルとなる。
* Ünal Yeter 3 Kiraz Ağa
キラズ・アー
キラズ : 宦官で、後宮出納官アフィフェの手足となって働く忠実な部下(~S3 第42話)。
Burak Sarımola[40] 3 Zümrüt Ağa
ズムルト・アー
ズムルト : 後宮の宦官。皇女ミフリマーフ付き。
* Saygın Soysal 3 Mercan Ağa
メルジャン・アー
メルジャン : 宦官で、皇女シャーに仕える腹心(S3 第43話から登場)。
Kaya Akkaya 4 Lokman Ağa
ロクマン
ロクマン:内邸宦官長。
料理長
* Yüksel Ünal [41] 1-3 Şeker Ağa
シェケル・アー
シェケル : 宮廷の料理長の一人。食材を調達するため、たびたび街へ出かける。厨房ではよくスンビュルに叱られている。
側女たち
* Burcu Tuna [42]
ブルジュ・テゥナ[43]
1 Gülnihal Hatun
(Maria)
ギュルニハル・ハートゥン
(マリア)
ギュルニハルマリア) : アレクサンドラ(後のヒュッレム)の親友で、一緒にオスマン宮廷に献上された女奴隷・側女。ヒュッレムの味方であるために、数々の争いに巻き込まれて・・・。
* Merve Oflaz
メルヴェ・オフラズ[44]
1 Ayşe Hatun
アイシェ・ハートゥン
アイシェ : 皇帝スレイマンの夜伽を務めたこともある側女の一人で、個室を与えられている。たびたび他の側女と相部屋にされ、特にヒュッレムやサドゥカを敵視するのだが・・・。
* Saadet Işıl Aksoy
サーデット・アクソイ
1-2 Sadıka Hatun
(Victoria)
サドゥカ・ハートゥン
(ヴィクトリア)
サドゥカビクトリア) : ハンガリー王国のアリエル伯爵と結婚したが、スレイマンに夫を討たれる。夫の仇を討つため、王命によりオスマン皇帝の宮殿に潜入するが・・・。
Sebahat Kumaş [45] 1-3 Esma Hatun
エスマ・ハートゥン
エスマ : 後宮の側女で、皇帝妃としてのヒュッレムに仕え、皇子の子守などを任される(S1 第14話から登場[注 19])。
Hayal Köseoğlu [46] 2 Nilüfer Hatun
ニリュフェル・ハートゥン
ニリュフェル : 後宮の側女の一人で、エスマとともに皇帝妃ヒュッレムに仕え、皇子の子守を任されたり、ヒュッレムの意を受けてさまざまな工作をするが・・・。
Seda Arslan 3 Nazlı Hatun
ナズル・ハートゥン
ナズル : 後宮の側女の一人で、皇帝妃ヒュッレムに仕えて、ジハンギル皇子の子守などを任される。
Cansu Dere 3 Firuze Hatun (Hümeyra)
フィルーゼ・ハートゥン
フィルーゼ : 後宮の側女の一人。海で遭難していたところをフズル提督に救助され、帝都で奴隷として売られるが、ヒュッレムに助けられて後宮に入り、皇帝スレイマンのお気に入りとなる。皇帝の寵愛をめぐってヒュッレムと対立するようになるが、彼女にはある重大な秘密があり、・・・。
3
ギュルスム
ギュルスム : 後宮の側女の一人で、ナズルに代わって皇帝妃ヒュッレムに仕える。
Almeda Abazi 4 Nazenin Hatun (Valeria)
ヴァレリア
ナーゼニン(ヴァレリア):ベネチア貴族の娘チェチーリア(ヌールバーヌー)の元侍女。ともに後宮に献上されて皇帝スレイマンの寵愛を賜る。皇女ファトマの命に従い、上品かつ優美を意味するナーゼニンの名を与えられ、ヒュッレムの施した避妊処置を拒否する。
4
ネシェ
ネシェ : 後宮の側女の一人。

皇子・皇女たちに仕える人々

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
ムスタファ皇子の後宮の人々 (Harem di Mustafa)
(ムスタファ皇子とその母マヒデブランについては前出)
Gamze Dar [47] 2- Fidan Hatun
フィダン・ハートゥン
フィダン : 帝都の後宮の側女の一人。ニリュフェルに代わって皇帝妃ヒュッレムに仕えていたが、マヒデブラン妃付きの女官となる。
Gonca Sarıyildiz [48] 2-3 Fatma Hatun
ファトマ・ハートゥン
ファトマ : 帝都の後宮の側女の一人。母后やマヒデブラン妃に仕え、ヒュッレム派と対立する。
Melisa Sözen [49] 2 Efsun Hatun (Nora)
エフスン・ハートゥン
エフスン(ノラ) : 帝都の後宮の側女の一人。ムスタファ皇子の寵愛を受け、その子を身ごもりながらも、皇帝妃ヒュッレムの意を受けて皇子に害をなそうとするが、・・・ (S2 第47話から登場)。
* Cemre Ebuzziya 3 Helena Hatun
ヘレナ・ハートゥン
ヘレナ : ムスタファ皇子がお忍びで訪れたマニサ郊外の村娘。皇子とは知らず相思相愛になるが、悪徳商人アッバスと婚約させられる破目になる。ムスタファ皇子が結婚すると言い出し、父帝スレイマンやマヒデブラン妃は猛反対するが、・・・。
ディアナ : マニサでムスタファ皇子に助けられて後宮入りし、マヒデブラン付きの女官となるが・・・(前掲)。
Melisa Akman 3 Gülizar Hatun
ギュリザール・ハートゥン
ギュリザール : マニサのムスタファ皇子の後宮の側女の一人。実は、ヒュッレム妃や主馬頭リュステムによって刺客として送り込まれたが、・・・。
Serenay Aktaş 3 Ayşe Hatun
アイシェ・ハートゥン
アイシェ : マニサの後宮の側女の一人。ムスタファ皇子の娘ネルギスシャーの母となる。
Elif Atakan 3 Rümeysa Hatun
(Lucrezia)
リュメイサ・ハートゥン
(ルクレツィア)
ルメイサルクレツィア) : マニサのムスタファ皇子の後宮の側女の一人。実は、ジェノバの女貿易商ガブリエラの実の妹(S3 第62話から登場)。
Büşra Ayaydın 4
* Serkan Altunorak 3-4 Taşlıcalı Yahya
タシュルジャル・ヤフヤ
タシュルジャル・ヤフヤ : 軍人 兼 詩人。大宰相イブラヒムに引き立てられ、やがてムスタファ皇子を命の恩人と感謝し、その側近になってマニサやアマスヤに赴任する。他方で、ミフリマーフ皇女と想いを寄せ合う。実在の有名な詩人(1498–1582)。
Berrak Tüzünataç 4 Mihrünnisa
ミフリュニーサ
ミフリュニーサ:アルジェ(現在のアルジェリア)出身のフズルの娘。
メフメト皇子の後宮の人々 (Harem di Mehmed)
İrem Helvacıoğlu 3 Nurbahar Hatun (Clara)
ヌルバハル・ハートゥン
(クララ)
ヌルバハル(クララ) : 帝都の後宮の側女。メフメト皇子の寵愛を受け、その子を身ごもるが、・・・(S3 第22話~第43話に登場)。
Patricya Widlak 3 Cihan Hatun
ジハン・ハートゥン
ジハン : メフメト皇子から寵愛される側女で、その子を懐妊し、皇子がサルハン県軍政官として赴任したマニサにともに赴く。
Çağkan Çulha 3 İlyas
イリヤス
イリヤス : メフメト皇子の知己を得た兵士で、皇子の鷹匠頭となってマニサで仕える。だが、その正体は、異母兄ムスタファ皇子の母マヒデブラン妃が遣わした刺客であった。
ミフリマーフ皇女に仕える人々
(ミフリマーフ皇女とその娘アイシェ・ヒュマーシャーについては前出、リュステムは後出)
Elif Taş 3-4 Gülbahar Hatun (Olivia)
ギュルバハル・ハートゥン
(オリヴィア)
ギュルバハル(オリヴィア) : 場末の酒場の女だったが、リュステムに身請けされて侍女となり、彼の昇進とともにディヤルバクル州軍政官の侍女長となり、「春のバラ」を意味するギュルバハルの名を与えられる(S3 第81話)。やがて、ミフリマーフにも仕えることになる。後、侍女長にまで出世する(S4)。
Özlem Ünaldı 3 Emine Hatun
エミネ・ハートゥン
エミネ : 皇女ミフリマーフが娘アイシェ・ヒュマーシャーを産むとその乳母となるが、その正体はミフリマーフのおば・皇女シャーの間諜であった。
セリム皇子の後宮の人々 (Harem di Selim)
Merve Boluğur 4 Nurbanu Sultan
ヌールバーヌー・スルタン
ヌールバーヌー (チェチーリア) : 海軍提督フズルの捕虜として後宮に連れて来られたが、セリム皇子の寵愛を得る。光り輝く女の意。星を読む才能を持つ。
Cavit Çetin Güner
ジャヴィト・チェティン・ギュネル
4 Gazanfer Ağa
カザンフェル・アー
カザンフェル : セリムのコンヤ時代からの腹心。マニサにも共に赴任する。ヌールバーヌーと同じベネチア出身。
Kübra Kip
クブラ・キプ
4 Canfeda Hatun
ジャンフェダー・ハートゥン
ジャンフェダー : セリムの後宮の女官長。ヌールバーヌー(チェチーリア)に皇子に寵愛されれば世界の頂点に立てると教える。(S4)
Reyhan Taşören 4 Dilşah Hatun
ディルシャー
ディルシャー:セリムのお気に入りの金髪の側女。長く夜伽を務めるにも関わらず御子を授かっていない。
バヤジト皇子の後宮の人々 (Harem di Bayezid)
Burcu Özberk 4 Huricihan Sultan
フーリジハン・スルタン
フーリジハン : 皇女ハティジェと大宰相イブラヒムの間に生まれた娘。

政治家や宮廷の官僚たち

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
政治家や宮廷の官僚たち (Statesmen and palace officials, Consiglio_del_diwan)
宰相や高官たち
* Arif Erkin [50] 1-2 Pîrî Mehmed Paşa
ピーリー・メフメト・パシャ
ピリー・メフメト : オスマン帝国の大宰相。ロードス島遠征では失態を演じる[注 20]
* Gökhan Çelebi [51] 1 Ferhad Paşa
フェルハト・パシャ
フェルハト : オスマン帝国の第二宰相。
シリアの県軍政官ガザーリの反乱を鎮圧する。
* Kıvanç Kılınç [52]
* Murat Tüzün [53] 1 Ahmed Paşa
アフメト・パシャ
アフメト : オスマン帝国の第三宰相。
奴隷出身の寵臣イブラヒムに強い反感を持つ。ロードス島遠征では攻城戦で戦功を立てる[注 21]が、・・・。
*S3 Murat Şahan [54] 1-3 Çoban Mustafa Paşa
チョバン・ムスタファ・パシャ
チョバン : オスマン帝国の宰相の一人。ロードス島遠征の総司令官に任命されるが、作戦に失敗して解任される[注 22]
*S3 Fehmi Karaarslan 1-3 Ayas Paşa
アヤス・パシャ
アヤス : オスマン帝国の宰相の一人。
Adnan Koç [55] 2 Behram Paşa
ベフラム・パシャ
ベフラム : オスマン帝国の宰相の一人。後に一時アナトリア県の軍政官となるが、大宰相イブラヒムを敵視するようになるが・・・。
* Hasan Küçükçetin [56] 2-3 İskender Çelebi
イスケンデル・チェレビ
イスケンデル・チェレビ : オスマン帝国の財務長官(在職1525-1535年[57]
3 カスム : 帝国の宰相の一人。
* Mehmet Özgür 3 Lütfi Paşa

ルトフィー・パシャ

ルトフィー : 皇女シャーの夫、エスマハンの父で、アナトリア県の軍政官(S3 第43話から登場)。
Luran Ahmeti 3 Divane Hüsrev Paşa

ヒュスレヴ・パシャ

ヒュスレヴ : オスマン帝国の軍政官。宰相に任じられ、皇女ハティジェの3人目の夫となる。
İbrahim Raci Öksüz 3 Hadım Süleyman Paşa

ハディム・スレイマン・パシャ

スレイマン : オスマン帝国のエジプト州軍政官(S3 第79話から登場)。インド遠征などの戦功により、宰相に任じられ、大宰相に任じられる。
Ozan Güven
オザン・ギュヴェン
3-4 Rüstem Paşa
リュステム・パシャ
リュステム : 宮殿の主馬頭。財務長官イスケンデルの忠実なしもべだったが、その政敵だった大宰相イブラヒムを敵視し、皇帝妃ヒュッレムの手足となって動くようになる。テケ県軍政官、のち…
軍人たち
* Burak Özçivit
ブラック・オズチヴィット
2-3 Malkoçoğlu Bali Bey
マルコチョール・バリ・ベイ
マルコチョール : オスマン帝国の軍人で軍司令官。ハンガリー遠征ではモハーチの戦いで戦功を立てる。本作では、血の気の多いイケメン闘士だが、女性たちと浮名を流す、破天荒で重要なキャラクター。
* Tolga Tekin 3-4 Barbaros Hayreddin Paşa
バルバロス・ハイレッディン・パシャ
フズル・ハイレッディン : バルバロス(赤ひげ)のあだ名で有名な、オスマン帝国の海軍提督。地中海海賊だったが、帝国に帰順した。
皇帝の侍従や侍臣たち
* Ali Uyandıran 1 Hasancan (Hasan Can) ハサンジャン ハサンジャン : 先帝セリム1世の腹心(S1 第1話-第8話に出演)。
Nusret Çetinel [58] 1 Lala Kasım Paşa [注 23]
ララ・カスム・パシャ
カスム師 : スレイマンのマニサ時代の恩師。スレイマンの遠征の留守中に宰相を任されるが、母后の計略で、ヒュッレムは彼の息子バトゥルに嫁がされそうになる。(S1 第7話-第14話に出演)
Hamdi Alkan 3-4 Yahya Efendi
ヤフヤ・エフェンディ
ヤフヤ : 皇帝スレイマンの乳母であるアフィフェの息子で、スレイマンの乳兄弟。学者・医師・詩人。
イスラムの長老や法官
* Doğan Turan [59] 1 Şeyh-ül İslam
シェイヒュルイスラム
ゼンビリ・アリイスラムの長老(シェイヒュルイスラーム)。
* Oktay Dener [60] 1-2 Seyhülislam Ali Hoca シェイヒュルイスラム・アリ・ホジャ
(Zenbilli Ali Efendi ゼンビリ・アリ・エフェンディ)
2 İbn-i Kemal (Kemalpaşazâde)

イブニ・ケマル

イブニ・ケマル : イスラムの長老(シェイヒュルイスラーム)で、ゼンビリ・アリの後任 (在職1526年-1534年)。
* Tuncel Kurtiz 3-4 Ebussuud Efendi
エブッスード・エフェンディ
エブッスード : 帝都の法官(生没年1490-1574)。 皇帝スレイマンの法制度改革に助力する。このドラマでは、大宰相イブラヒムをめぐる処断にも重要な助言をすることになる。
4 チヴィザーデ チヴィザーデ:前イスラムの長老。現金による宗教寄進(ワクフ)の廃止派。
4 フェネリザーデ フェネリザーデ:現イスラムの長老。先祖代々100年、イスラムの長老を務める家系出身。現金による宗教寄進(ワクフ)の廃止派。
斧槍持ち
Enis Aybar [61] 1 Zülüflü Boncuk

ボンジュク

ボンジュク : 宮殿の斧槍持ち。実は、ハンガリーの間者で、サドゥカ(ビクトリア)に指図する。
Gökhan Tercanlı [62] 2-3 Perçem Ağa

ペルチェム・アー

ペルチェム : 宮殿の斧槍持ち。皇帝妃ヒュッレムに仕え、その意を受けてイブラヒム暗殺などを企てる。
宮廷史家・書記官・首席建築家
* Fatih Al 1-4 Matrakçı Nasuh
マトラークチュ・ナスーフ
マトラークチュ・ナスーフ : オスマン帝国の宮廷史家。棒術遣い・数学者で、発明など多彩な才能を持ち、史実でも数々の史書や数学の業績を残した。イブラヒムの信頼も厚い親友・側近で、サドゥカに想いを寄せたり、マルコチョールとつるんだりする気さくな人柄の、このドラマの重要な脇役。
Coskun Levent Taşçı [63] 1-3 Celâlzâde

ジェラールザーデ

ジェラールザーデ : オスマン帝国の書記官で、「征服の書」を記す。皇帝スレイマンに仕えた実在の著名な史家(S1 第11話から登場)。このドラマでは、大宰相イブラヒムの命運にも大きく関わることになる。
Gürkan Uygun 3-4 Mimar Sinan
ミマール・シナン
ミマール・シナン : オスマン帝国軍の工兵隊長として軍功を立て、首席建築家に任命され、モスク建築などに従事する(S3 第68話から登場)。オスマン史に残る著名な建築家。

ヨーロッパや東方の君主や大使

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
ヨーロッパの君主や大使 (Europa)
* Alp Öyken 1-2 Papa (VII. Clemens)
クレメンス7世
ローマ法王教皇) : オスマン帝国に敵対するカトリック教会の指導者。
Burhan Görgülü 3 Papa (III. Paulus)
パウルス3世
Naci Adıgüzel [64] 1 Venedik Elçisi
(Tommaso Mocenigo)
トマソ・モチェニーゴベネチア共和国の駐オスマン大使。
* Tansel Öngel 1-2 Alvise Gritti アルヴィーゼ・グリッティベネチア共和国の政治家で、元首の息子。イブラヒムとスレイマンの外交顧問。
* Erman Saban 2-3
Demir Parscan [65] 1 Üstad-I Azam (Philippe de L'Isle-Adam) フィリップ・ド・リラダンロードス島を支配する騎士団(聖ヨハネ騎士団)の長。オスマン帝国とロードス島包囲戦を戦う(S1 第13話-第21話に出演)[66]
* Kadir Çermik
カディル・チェルミック
1-2 Macar Kralı Layoş ラヨシュ2世ハンガリー王国の王。オスマン帝国を敵視して、スレイマンの勅使ベフラムを殺し、スレイマンの軍勢とモハーチの戦いで戦う。
Memet Işık 2 Arşidük Ferdinand フェルディナントオーストリア大公オーストリア大公国の君主)で、カール5世の弟。本作では、イサベラ王女の婚約者フリードリヒの従兄弟という設定。サポヤイからハンガリー王位を奪取し、ウィーン包囲でスレイマンと戦う[注 24](後に神聖ローマ皇帝となる)。
Ünal Silver [67] 2,3 İmparatoru Şarlken/
Carol Quintul
カール5世神聖ローマ皇帝神聖ローマ帝国の君主)で、フェルディナントの兄。ウィーン包囲でスレイマンと戦う[注 25]。(カルロス1世として広大な植民地を抱えるスペイン国王も兼ね、「太陽の沈まない国」と呼ばれたハプスブルク帝国の盟主であった。)
Barış Aksavaş 3 Jean de La Forêt ジャン・ド・ラ・フォレフランスの外交官で、駐オスマン大使(在任 1534-1538年)。前任外交官リンコン[68]の後を受け、フランス国王フランソワ1世の命により、カール5世を共通の敵とするオスマン帝国との同盟を結ぶべく、大宰相イブラヒムと交渉する。
東方の君主や大使
Gökhan Alkan 3 Şah Tahmasp タフマースブサファヴィー朝の第2代君主(シャー)。遠征してきたスレイマンやイブラヒムの軍勢と戦う。弟サームとは意見が対立する。
Sermet Yeşil 4

その他の人々

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
その他の人々 (Otherwise associated to the palace, Altri_Personaggi)
* Ozan Dağgez [69] 1 Süleyman Çelebi
スュレイマン・チェレビ
チェレビー : 大宰相ピリー・メフメトの息子。エジプト・シリア・ヒジャーズなどで学び、ムスタファ皇子の教師に就任。母后が皇女ハティジェとの縁談を勧めるが、・・・。
Seçkin Özdemir
セチュキン・オズデミル
1-2 Leo
レオ
レオ : アレクサンドラ(ヒュッレム)のルテニア時代の恋人(架空の人物)。
* Melike Yalova
メリケ・ヤロヴァ
2 İsabella Fortuna
イサベッラ・フォルトゥナ
イサベラ : カスティーリャ王女。侍女カルミナとともに海賊に拉致され、オスマン帝国の捕虜となる。後宮入りし、嫌っていた皇帝スレイマンの寵愛を拒んでいたが、・・・。
Serhat Sümer [70]

セルハト・スュメル

2 Frederick

フリードリヒ

フリードリヒ:イザベラの婚約者。ハプスブルグ家(神聖ローマ帝国皇帝カール5世の家柄)のオーストリア大公フェルディナントの従弟。
Müjde Uzman 2 Armin Hatun
アルミン・ハートゥン
アルミン : ユダヤ人両替商ジョシュアの娘で、マルコチョールの猛烈アプローチを受けて迷惑がるが・・・。
Ezgi Eyüboğlu 2 Aybige Hatun
アイビゲ・ハートゥン
アイビゲクリミア・ハン国の王女、君主サーヒブ[71] の娘。伯母である母后ハフサが、クリミアの内紛時に身を案じて帝都の宮殿に呼び寄せる。小姓頭マルコチョールとの恋は・・・。
Deniz Tözün (子役) 3 Esmanur (Kader)
エスマヌル(カデル)
エスマヌル(カデル) : 後宮の女官ニギャールが産んだ、大宰相イブラヒムの娘。イブラヒムの妻ハティジェ皇女は、当初は死産として、その存在を隠して秘かに養育させていた。私生児であるためか、「運命」を意味するカデルと名づけられたが、娘の生存を知ったイブラヒムによってエスマヌルと改名された。
* Orhan Eşkin 3 Ahmet Çelebi

アフメト・チェレビー

アフメト : 法官エブッスードの放蕩息子。
* Şefika Tolun 3 Zeyneb Hatun

ゼイネプ・ハートゥン

ゼイネプ : 法官エブッスードの妻で、アフメトの母。ヒュッレム妃と面会し、親しくなる。
Ayşe Özdemir 3 Gabriella
ガブリエラ
ガブリエラ : ジェノバ人の女貿易商人。その美貌と妖しい魅力ででマニサのムスタファ皇子に近づく謎めいた女性。ルメイサ(ルクレツィア)の実の姉(S3 第54話から登場)。
4 メレキ メレキ:皇女ファトマの腹心の侍女。
Sarp Akkaya 4 Atmaca

アトマジャ

アトマジャ:ムスタファの後宮に派遣された伝令。誰の命令で動いているか不明。
Hilmi Cem İntepe 4 Yavuz

ヤヴズ

ヤヴズ:ムスタファの後宮に派遣された伝令。誰の命令で動いているか不明。
4 アリ アリ:イェニチェリの長官。

ゲスト出演者や端役

オープニングのタイトルロールではクレジットされない端役など。

俳優名 出演 役名 日本語字幕における役名 および 説明
ゲスト出演 (Konuk karakterler) や端役
Yasemin Olena [72] 1 Hurrem's mother アレクサンドラ(ヒュッレム)の母 : タタール人によって殺害されたが、夜な夜なアレクサンドラ(ヒュッレム)の夢枕に立つ(S1 第1話、第16話などに数回出演)。
Giovanni Rufo [73] 1-2 Baş Kardinal 枢機卿 : ローマ法王の最高顧問で、固有名は示されない(S1 第1話など数回出演)。
Ahmet Karakman [74] 1-2 Sarraf /
Jashua Efendi
ジョシュア : ユダヤ人の両替商で、帝都で小売店を営む。モチェニーゴに帝都の様子を教えたり、イブラヒムに蝶のブローチを売ったりする(S1 第1話などに数回出演)。彼の店には、イブラヒム、マトラークチュらが訪れる。S2では、マルコチョールが想いを寄せるアルミンの父親として存在感を示す。
İlker Aksum 1 Kaptan-ı derya
Cafer Ağa
ジャフェル・アー
ジャフェル : オスマン帝国の海軍提督。新帝スレイマンによって収賄などの不正により処刑される(S1 第1話-第2話にゲスト出演)。
Yalçın Bulut [75] 1 Behram Çavuş [注 26]
ベフラム・チャヴシュ
ベフラム : 皇帝スレイマンの勅使としてハンガリー王国の王ラヨシュ2世に親書を届けるが、逆に殺害されてしまう(S1 第3話・第5話に出演)。
Caner Solmaz [76] 1 Eyüp
エユップ
エユップ : 家族を養うために街で水売りをする少年。お忍びの皇帝スレイマンから学校へ通えるように取り計らってもらう(S1 第6話に出演)。
Selim Makaroğlu [77] 1-2 Andrei アンドレ : ハンガリー王ラヨシュ2世の側近(数回出演)。
Mehmet Korap [78] 1 Pulak Mustafa Paşa
プラク・ムスタファ・パシャ
ムスタファ : オスマン帝国の海軍提督。
Alper Kul [79] 1 Hüsrev Bey ヒュスレブ・メフメト : オスマン帝国のスメデルボ県軍政官(S1 第9話に出演)。
Murat Dada [80] 1 Bali Bey バリ・ベイ : オスマン帝国のボスニア県軍政官(S1 第9話・11話に出演)。ベオグラード陥落後に、皇帝からスメデレボとベオグラードの県軍政官に任じられる。
Özgür Mirlak [81] 1 Batur Bey バトゥル : カスム師の息子。母后の計略で、ヒュッレムは彼に嫁がされそうになる(S1 第9話- 第10話に出演)。
Yasin Sertdemir [82] 1 Kont Ariel アリエル伯爵 : ハンガリー王国の軍指揮官で、ビクトリア(後のサドゥカ)と結婚するが、オスマン軍に攻められ、スレイマンによって絶命する(S1 第10話に出演)。
Begüm Akkaya [83] 1 Hasibe
ハシベ
ハシベ : 後宮の側女の一人。マヒデブランの意を受けた女官ギュルシャーにそそのかされて、ヒュッレムが食べる料理に毒を盛るが、後で口を封じられてしまう(S1 第11話-第12話にゲスト出演)。
Ayşegül Yazmacı [84] 1 Süt Anne 乳母 : 母后がメフメト皇子をヒュッレムから取り上げたときに、代わりに授乳する(S1 第16話-第17話に出演)。
Binnur Kaya [85] 1 Muskacı Hatun 祈祷師 : ヒュッレムのためにお守りをこしらえ、2度目の懐妊を予言する(S1 第17話に出演)。
Melih Atalay [86] 1 Pîrî Reis ピーリー・レイス : オスマン帝国の海軍軍人で、地図製作者。ピーリー・レイスの地図を作成したことで有名な人物(S1 第17話に出演)。
Özkan Gegzin [87] 1 Martinengo マルティネンゴ : 築城技師。ロードス島包囲戦では騎士団に味方してオスマン軍と坑道戦を展開する(S1 第20話に出演)[注 27][66]
Melih Rahmi Akyol [88] 1 Sultan Murat
スルタン・ムラト
ムラト : 皇帝スレイマンの大おじジェムの息子で、オスマン帝国の追討を逃れてロードス島騎士団に匿ってもらっている(S1 第20話に出演)。
Mediha Aydın [89] 1 Piri Mehmet Paşanın Karısı 大宰相ピリー・メフメトの夫人 : チェレビーの母親で、胸の病で療養する息子を看病する(S1 第22話-24話に出演)(なお、この女優は、S2 では医女として出演している)。
Kevork Türker [90] 1 Manolis
マノリス
マノリス : イブラヒム(テオ)および実弟ニコの父。故郷パルガで漁師をしている(S1 第25話-第26話に出演)。
Nebil Sayın [91] 2 Yakup ヤクップ : 占星術師。かつては宮廷に仕えていたが、マヒデブランの流産を予言したために、イブラヒムによって宮廷から追われた。ヒュッレムに関心を持たれ、ハティジェとヒュッレムの運命を占ったり、毒薬を作ったりする。イブラヒムを敵視するが・・・。
Zühre Koç [92] 2 Elenika エレニカ : 帝都の場末の酒場で踊りや客の接待をするギリシャ人の女。マルコチョールとアルヴィーゼ・グリッティが言い寄る。
Hande Kaptan [93] 2 Carmina カルミナ : カスティーリャ王女イサベラの侍女。王女とともに海賊に拉致され、オスマン帝国の捕虜となるが・・・。
Buket Orhan 2 Melek Hatun
メレク・ハートゥン
メレク(アンヘラ) : 後宮の側女の一人で、カスティーリャ語が話せるため、イサベラ王女の世話・通訳とオスマン語教育を任される。
Salahsun Hekimoğlu 2 Yasef ヤセフ師 :医師。
2 サポヤイモハーチの戦いラヨシュ2世が戦死した後、スレイマンを後ろ盾としてハンガリー王国の王位に就き、フェルディナントと王位を争う。
Hümeyra Akbay 2 Remmal Elmas レッマル・エルマス : 砂占いをする女占い師。後宮に呼ばれて占うが、不吉な予言をして皇族たちを驚かせる(S2 第44話に出演)。
Gözde Cığacı[94] 2 Elif エリフ : 後宮の側女の一人。ムスタファ皇子の夜伽を務める。
Güner Özkul 2 Rakel Hatun ラケル : ユダヤ人の女両替商。イスケンデルの命によりマヒデブランに高利貸しをする。
2 イドリス イドリス:ハティジェの雇った密偵。イブラヒムの女人を明らかにするべく尾行する。
2 フィガーニー フィガーニー:詩人。世界にイブラヒムは2人いる。偶像を破壊する者と建てる者、と詠み、イブラヒムの逆鱗に触れる。
3 ナディア : 帝都の後宮の側女の一人。フィルーゼをヒュッレムたちから守るために、皇帝のお気に入りに仕立て上げられるが、・・・。
Aykut Ünal 3 Abbas Ağa
アッバス・アー
アッバス : ムスタファ皇子と惚れ合った村娘ヘレナを強引に婚約者にしてしまう悪徳商人。
3 ビラル : 宮廷の毒味役(S3 第33話-第34話に出演)。
3 アントニオ・プリマルド : ローマ法王の刺客。「オトランドの騎士」と呼ばれ、法王の命令を受けて、スレイマン暗殺を企てる(S3 第50話-第51話)。
3 サーリハ : 魔術師と呼ばれる謎の女官。皇女ハティジェがすがり、マニサから帝都に呼び寄せて、ヒュッレムに罠をかけさせようとする(S3 第55話から登場)。
3 シャーヒン : 内廷宦官長。皇女ハティジェの失踪について、ヒュッレムの意を受けて証言するが、そのため皇女シャーからにらまれて、・・・。
3 ジャフェル : 皇女シャーの意を受けて、内廷宦官長を襲撃し、ファーリエやヒュッレムをも亡き者としようとする。
Deniz Celiloğlu 3 İsmail Maşuki イスマーイール・マシュキ師 : 帝都の街頭で説法をする、イスラムの異端的な神秘主義者。聖者とされるアリの息子であるため、処刑を免れて一度は追放されるが、・・・。
Melisa Kavsak 3 Signora Silvia シルヴィア : ベネチア駐オスマン大使トマソの姪。近侍マルコチョールと恋仲になるが、皇女ミフリマーフからにらまれて、・・・。
4 カスム カスム:アマスヤの商人。ペルシャ人の保護をするとされるが、…
4 アジズ アジズ:リュステムの従者。
4 マフムード マフムード:アジズの後任。

注釈

  1. ^ スレイマン1世は46年もの長きにわたり治世し(西暦1520年 - 1566年)、帝国の支配地を大きく広げ、「壮麗者(The Magnificent)」とも呼ばれる。
  2. ^ このドラマを、日本で一言で形容する場合「トルコ版のドラマ『大奥』」と表現されることもある。(たとえば、moviecollection、またBS日テレ公式ページ自体も「まさにトルコ版大奥」と表現。)。どちらのドラマでも、絶対的と言ってよいような権力者の男がひとりおり、建物内で幽閉状態で出られず、その男とだけ寝ることが許され、また権力者が望めば必ず一緒に寝ることになる女たちが集められた後宮ハーレム大奥)という状況下で、いわば状況によって必然的・構造的に起きる陰湿な人間関係、すなわち女同士の喧嘩・いじめ、権力者の子(の中でも男の子)を懐妊することで「最高権力者の後継者の母」という立場になり、他の女性を蹴落として権力を握ろうとする女の競争、そして競争相手となるような女を殺してしまおうとする心理、発覚しないように毒薬を盛って競争相手の女を殺そうとすること、身分を越えた恋愛(禁じられた恋愛) 等々、どちらのドラマも、たとえトルコであれ日本であれ、国や時代が異なっても、非常によく似た心理状態や人間関係を中心に描いているため。
  3. ^ a b ヒュッレムは、ギュルフェム、マヒデヴランに次ぐ3人目、史実では4人目の寵妃。スレイマンと法的に結婚したのはヒュッレムだけ。
  4. ^ a b ヴァーヒデ・ペルチンは、降板したメルイェム・ウゼルリの代役として、シーズン3の最終回のラストシーンからヒュッレム役を務めた。
  5. ^ a b 「アイシェ・ハフサ」とつづられることが多いが、日本語版の字幕では「ハフサ・アイシェ」となっており、劇中でもトルコ語でそう呼ばれている。
  6. ^ a b マヒデブラン役のヌル・アイサン (Nur Aysan)は、2011年に離婚して旧姓に戻り、シーズン1の途中から Nur Fettahoğlu とクレジットされている。トルコ語の発音は [nuɾ ˈfettaˌhoːɫu] のため、カナ表記はヌル・フェッタホールに近いと思われるが、シーズン2の日本語字幕版では ヌル・フェッタフオグル と表記されている。
  7. ^ a b つづりは Mahidevran 「マヒデヴラン」だが、日本語版の字幕では「マヒデブラン」と表記されている。
  8. ^ a b マヒデブランは、ギュルフェムに次ぐ2人目、史実では3人目の寵妃。スレイマンと法的な結婚はしていない。
  9. ^ a b ムスタファ皇子(成人後)役のメフメト・ギュンシュルは、シーズン2の第44話から出演し、ムスタファ皇子の成年期を演じる。
  10. ^ a b 劇中でも「ニギャール・カルファ」と呼ばれる。詳しくは、英語記事Kalfa を参照。
  11. ^ a b 劇中でも「スュンビュル・アー」と呼ばれる。ağa の発音は「アー」または「アガ」。内容については英語記事Agha (title) を参照。
  12. ^ a b c チャンネル銀河でのシーズン2の放映は、8月27日深夜に休止して第26話以降が繰り延べとなり、さらに再び繰り延べとなったため、Huluによる動画配信開始は計2話分だけ先行して11月8日には全話の動画配信が開始された。
  13. ^ a b チャンネル銀河でのシーズン3の放映は、8月20日(火)深夜に休止して、Huluによる動画配信開始が1話分だけ先行している。
  14. ^ 史実では、ギュルフェムが産んだムラト皇子が夭折したのは、スレイマンが皇帝に即位した翌年1521年である(享年2歳)。#関連年表を参照。
  15. ^ ムスタファ皇子の少年期を演じる。
  16. ^ シーズン3の第13話から、子役に代わる、成長後の役として登場。
  17. ^ シーズン3の第13話から、子役に代わる、成長後の役として登場。
  18. ^ 皇女ミフリマーフ(成人後)役の Pelin Karahan(ペリン・カラハン) は、2011-2013年の配偶者の姓が Bekiroğlu であったことから、シーズン3のオープニングでは「Pelin Bekiroğlu」とクレジットされている。
  19. ^ エスマ役のセバハット・クマシュは、無名の側女たちの一人としてシーズン1の第1話から出演している。
  20. ^ #塩野 1985,1991 『ロードス島攻防記』には「ペリ・パシャ」として登場する。
  21. ^ #塩野 1985,1991 『ロードス島攻防記』には「アーメッド・パシャ」として登場する。
  22. ^ #塩野 1985,1991 『ロードス島攻防記』には「ムスタファ・パシャ」として登場する。ただし、マルタ島遠征に参加するという記述は誤り。
  23. ^ 役名の Lala は、皇子が幼い時の養育係を務める侍従を示す。
  24. ^ 史実のウィーン包囲では、フェルディナントはウィーンから西のリンツに退避しており、スレイマンと直接対峙はしていなかったとされる。
  25. ^ 史実のウィーン包囲では、カール5世はスペイン本国から援軍を派遣したが、スレイマンと直接対峙はしていないと考えられる。
  26. ^ 役名の Çavuş は、トルコ語で「勅使」を意味する。
  27. ^ マルティネンゴという呼び名は、イタリアのマルティネンゴ出身であるためで、姓名はガブリエル・タディーノという。#塩野 1985,1991やイタリア語記事 it:Gabriele Tadino などを参照。
  28. ^ a b c d ジャンベルディー・ガザーリー(tr:Canberdi Gazali)は、1519年にオスマン帝国のシリア県(tr:Şam Eyaleti)の初代軍政官に任じられたが、1520年に皇帝が替わると反旗を翻し、1521年にオスマン軍によって討伐された(en:Janbirdi al-Ghazali)。
  29. ^ シリーズ1の第16話・第19話などで、ヒュッレムが乳児のメフメト皇子に聞かせる子守唄。

出典

  1. ^ hulu news, 全世界で8億人を熱狂させた大ヒット“トルコ”ドラマ日本初上陸!!
  2. ^ moviecollection 2017年9月1日「女たちのドロドロ修羅場にハマる人続出! 8億人熱狂の トルコ版『大奥』がスゴイ」
  3. ^ BS日テレ - 歴史時代劇「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」 │ 番組概要
  4. ^ Cool Turkey?~トルコのドラマ輸出の経済効果とソフトパワー~ - 国際貿易投資研究所、2013年5月9日
  5. ^ a b スレイマン役のハリット・エルゲンチュについては、 (トルコ語) Halit Ergenç - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  6. ^ a b ヒュッレム役のメルイェム・ウゼルリについては、(トルコ語) Meryem Uzerli - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  7. ^ a b イブラヒム役のオカン・ヤラブクについては、(トルコ語) Okan Yalabık - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  8. ^ a b 母后ハフサ・アイシェ役のネバハット・チェフレについては、(トルコ語) Nebahat Çehre - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  9. ^ a b ハティジェ役のセルマ・エルゲチュについては、(トルコ語) Selma Ergeç - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  10. ^ a b マヒデブラン役のヌル・アイサンについては、(トルコ語) Nur Aysan - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  11. ^ a b ニギャール役のフィリズ・アフメットについては、(トルコ語) Filiz Ahmet - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  12. ^ a b スンビュル役のセリム・バイラクタルについては、(トルコ語) Selim Bayraktar - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgなどを参照。
  13. ^ チャンネル銀河、「オスマン帝国外伝」シーズン4を8-3より日本で初放送(20.6.25) サテマガBi Onlineなどによる。
  14. ^ トルコ、日本のテレビドラマをリメーク「再輸出」盛んに」『日本経済新聞』、2018年5月24日。オリジナルの2018-5-27時点におけるアーカイブ。
  15. ^ ニュース:『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』シーズン2、7月24日(火)より独占配信スタート」『海外ドラマNAVI』、2018年6月27日。オリジナルの2018-7-17時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン2のご視聴ありがとうございました」『チャンネル銀河』、2018年11月15日。オリジナルの2019-6-11時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 【8月にいよいよ日本初上陸】大反響を呼んだトルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』シーズン3」『チャンネル銀河』、2019年6月3日。オリジナルの2019-6-11時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 大反響を呼んだトルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』シーズン3を8月よりチャンネル銀河で日本初放送!新たなるライバルが出現!嫉妬の炎が燃え上がる」『PR TIMES』、2019年6月3日。オリジナルの2019-6-11時点におけるアーカイブ。
  19. ^ チャンネル銀河、「オスマン帝国外伝」シーズン4を8-3より日本で初放送(20.6.25) サテマガBi Online
  20. ^ オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜(チャンネル銀河)を参照。
  21. ^ シーズン1(チャンネル銀河)を参照。
  22. ^ シーズン2(チャンネル銀河)を参照。
  23. ^ シーズン3(チャンネル銀河)を参照。
  24. ^ (新)歴史時代劇「オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~」(BS日テレ)を参照。
  25. ^ オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム〜(Hulu)を参照。
  26. ^ オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム〜 シーズン1|無料動画GYAO!(GYAO!)を参照。
  27. ^ オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~[字]第1話 新帝の誕生 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)
  28. ^ amazon.co.jp オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1を観る Prime Video
  29. ^ オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~ シーズン1 動画 ・あらすじ- 海外ドラマ(楽天TV)
  30. ^ オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン1 フジテレビ公式<FOD>を参照。
  31. ^ [1]の検索欄で「オスマン帝国外伝」で検索すると視聴可能な動画が表示される。
  32. ^ オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~(字幕版) 新帝の誕生 Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス
  33. ^ 日本語表記は セレン・オズテゥルク(Selen Ozturk) のプロフィール - allcinema を参照。
  34. ^ 子役ユスフ・ベルカン・デミルバー については、英語版記事en:Yusuf Berkan Demirbag またはユスフ・ベルカン・デミルバー(Yusuf Berkan Demirbag) のプロフィール - allcinema を参照。
  35. ^ Pelin Karahan については Pelin Karahan - IMDb などを参照。
  36. ^ Sema Kecik - IMDb を参照。日本語字幕版のオープニングでは Karabel が付く表記だが(w)、トルコ語版YouTube動画やネット記事等では付かない表記が多い。
  37. ^ 日本語表記は セマ・ケチク・カラベル(Sema Kecik) のプロフィール - allcinema を参照。
  38. ^ 日本語表記は ニハン・ブユクアーチュ(Nihan Bykaga) のプロフィール - allcinema を参照。
  39. ^ Fahriye Kalfa (ディアナ)役のブルジュ・ギュネルについては、(トルコ語)Burcu Güner ~ Sinematurk.com、英語Burcu Güner - IMDb などを参照。
  40. ^ ズムルト役のBurak Sarımolaについては、英語記事 Burak Sarimola - IMDb、トルコ語記事 Burak Sarımola ~ Sinematurk.com などを参照。
  41. ^ Yüksel Ünal - IMDb を参照。
  42. ^ Burcu Tuna - IMDb を参照。
  43. ^ 日本語表記は ブルジュ・テゥナ(Burcu Tuna) のプロフィール - allcinema を参照。
  44. ^ 日本語表記は メルヴェ・オフラズ(Merve Oflaz) のプロフィール - allcinema を参照。
  45. ^ エスマ役のセバハット・クマシュについては Sebahat Kumaş ~ Sinematurk.comSabahat Kumas - IMDb などを参照。
  46. ^ ニリュフェル役のハヤル・キョセオウルについては、(トルコ語) Hayal Köseoglu - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgHayal Köseoglu - IMDb を参照。
  47. ^ フィダン役のガムゼ・ダルについては、Gamze Dar - IMDbなどを参照。
  48. ^ ファトマ役のゴンジャ・サルユルドゥズについては、Gonca Sariyildiz - IMDbなどを参照。
  49. ^ エフスン役のメリサ・ソゼンについては、Melisa Sözen - IMDbなどを参照。
  50. ^ ネット記事などでは Arif Erkin Güzelbeyoğlu と紹介されるが、日本語字幕版のオープニングでは Arif Erkin という表記で Güzelbeyoğlu は付かない。
  51. ^ Gökhan Çelebi - IMDb を参照。
  52. ^ Kivanç Kilinç - IMDb を参照。
  53. ^ Murat Tüzün - IMDb を参照。
  54. ^ Murat Sahan - IMDb を参照。
  55. ^ Adnan Koç - IMDbを参照。
  56. ^ 財務長官イスケンデル・チェレビを演じるハサン・キュチュクチェティンについては、Hasan Küçükçetin - IMDbなどを参照。
  57. ^ 英語記事Reign of Sultan Suleiman the Magnificentを参照。
  58. ^ Nusret Çetinel - IMDb を参照。
  59. ^ Dogan Turan - IMDb を参照。
  60. ^ Oktay Dener - IMDb を参照。
  61. ^ Enis Aybar - IMDb を参照。
  62. ^ Gokhan Tercanli - IMDb などを参照。
  63. ^ Coskun Levent Tasçi - IMDb を参照。
  64. ^ Naci Adigüzel - IMDb を参照。
  65. ^ Demir Parscan - IMDb を参照。
  66. ^ a b #塩野 1985,1991『ロードス島攻防記』に詳しい。
  67. ^ カール5世役のÜnal Silverについては、Ünal Silver - IMDb、キャスティングについては(トルコ語)Sayfayı Yazdır - Muhteşem Yüzyıl - Bölüm Özetleriなどを参照。
  68. ^ 英語版記事 en:Antonio Rincon などを参照。
  69. ^ Ozan Daggez - IMDb を参照。
  70. ^ Serhat Sümer - IMDbを参照。
  71. ^ 英語記事en:Sahib I Giray(トルコ語)tr:I. Sahib Giray
  72. ^ Yasemin Olena - IMDb を参照。
  73. ^ Giovanni Rufo - IMDb などを参照。
  74. ^ Ahmet Karakman - IMDb を参照。
  75. ^ Yalçin Bulut - IMDb を参照。
  76. ^ Caner Solmaz - IMDb を参照。
  77. ^ Selim Makaroglu - IMDb を参照。
  78. ^ Mehmet Korap - IMDb を参照。
  79. ^ Alper Kul - IMDb を参照。
  80. ^ Murat Dada - IMDb を参照。
  81. ^ Özgür Mirlak - IMDb を参照。
  82. ^ Yasin Sertdemir - IMDb を参照。
  83. ^ Begüm Akkaya - IMDb を参照。
  84. ^ 乳母役の Ayşegül Yazmacı については Aysegül Yazmaci - IMDb(トルコ語)Ayşegül Yazmacı ~ Sinematurk.com などを参照。
  85. ^ 祈祷師役のビンヌル・カヤについては、(トルコ語)Binnur Kaya ~ Sinematurk.comBinnur Kaya などを参照。
  86. ^ Melih Atalay - IMDb を参照。
  87. ^ マルティネンゴ役のÖzkan Gegzinについては、Özkan Gegzin - IMDb を参照。
  88. ^ スレイマンの大おじジェムの息子ムラト役のMelih Rahmi Akyolについては、Melih Rahmi Akyol - IMDb を参照。
  89. ^ Mediha Aydınについては、(トルコ語)Mediha Aydın ~ Sinematurk.com などを参照。
  90. ^ イブラヒムの実父マノリス役のKevork Türkerについては、(トルコ語)Kevork Türker ~ Sinematurk.com などを参照。
  91. ^ (トルコ語) Nebil Sayin - Oyuncu - TurkceAltyazi.orgNebil Sayin - IMDb などを参照。
  92. ^ (トルコ語) Zühre Koç ~ Sinematurk.comなどを参照。
  93. ^ Hande Kaptan - IMDb を参照。
  94. ^ Gözde Cigaci - IMDbなどを参照。
  95. ^ トルコ語オリジナル版のシーズン2の最終回である第63回は、家から飛び出したニギャールが皇女ハティジェとはちあわせする場面から始まる(YouTubeで確認することができる)。
  96. ^ 株式会社twin を参照。
  97. ^ 株式会社ツイン「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」シーズン1 を参照。
  98. ^ Muhteşem Yüzyıl Vol.1 (Orijinal Dizi Müzikleri) - Amazon.co.jp を参照。
  99. ^ Muhteşem Yüzyıl, Vol. 2 (Orijinal Dizi Müzikleri) - Amazon.co.jp を参照。
  100. ^ フュラネ妃については、Fülane Hatun Osmanoğlu (1496 - 1550) - Genealogy, または(ギリシャ語)el:Φουλανέ Χατούν などを参照。
  101. ^ ギュルフェム妃については、Gülfem - Gûlfâm Sultan (Hātun binti Abdllah) (c.1497 - c.1562) - Genealogy などを参照。
  102. ^ a b c en:List of consorts of the Ottoman sultans#Consorts of the Ottoman sultans などを参照。
  103. ^ マヒデヴラン妃については、Mahidevran Gülbahar Osmanoğlu, Sultan (c.1500 - 1581) - Genealogy などを参照。
  104. ^ ヒュッレム妃については、Aleksandra Roxelana Sultan (Lisowska), Hürrem Haseki Sultan (1506 - 1558) - Genealogy などを参照。
  105. ^ a b マフムート皇子については、Şehzade Mahmud Osmanoğlu (1512 - 1521) - Genealogy, または(ギリシャ語)el:Ηγεμόνας Μαχμούτなどを参照。
  106. ^ ムスタファ皇子については、 Şehzade Mustafa Muhlisi Osmanoğlu, Şehzade (1515 - 1553) - Genealogy などを参照。
  107. ^ ファトマ皇女については、Fatma Nur Osmanoğlu (c.1516 - 1545) - Genealogy, または(ギリシャ語)el:Φατμά Σουλτάνα (κόρη του Σουλεϊμάν Α')などを参照。
  108. ^ アフメト皇子については、Şehzade Ahmed Osmanoğlu (1517 - 1517) - Genealogy などを参照。
  109. ^ a b ムラト皇子については、Şehzade Murad Osmanoğlu (1519 - 1521) - Genealogy, または(ギリシャ語)el:Ηγεμόνας Μουράτなどを参照。
  110. ^ #林 2008,2016 p.125-126 などを参照。
  111. ^ メフメト皇子については、Şehzade Mehmed Osmanoğlu (1521 - 1543) - Genealogy などを参照。
  112. ^ 1522年のスレイマンのロードス島遠征については、#鈴木 1992 p.143-144、#林 2008,2016 p.126-127、#小笠原 2018 p.124 などを参照。
  113. ^ ミフリマーフ皇女については、Mihrimah Sultan Osmanoğlu (Sultan) (1522 - 1578) - Genealogy などを参照。
  114. ^ アブドゥッラー皇子については、Sehzade Abdullah Abdullah Osmanoğlu (1523 - 1526) - Genealogy、英語記事en:Şehzade Abdullah などを参照。
  115. ^ #鈴木 1992 p.144 などを参照。
  116. ^ #鈴木 1992 p.144-145, #ビタール 1995 p.44, p.182 などを参照。
  117. ^ セリム皇子(セリム2世)については、Selim Osmanoğlu, Sultan of the Ottoman Empire (1524 - 1574) - Genealogy などを参照。
  118. ^ #林 2008,2016 p.124 などを参照。
  119. ^ バヤジット皇子については、Şehzade Bayezid Osmanoğlu (1525 - 1561) - Genealogy、英語記事en:Şehzade Bayezid などを参照。
  120. ^ ラジイェ皇女については、Raziye Osmanoğlu (c.1525 - 1571) - Genealogy などを参照。ウィキペディアでは母親を記していない記事が多いが、チェコ語版 cs:Raziye Sultanセルビア・クロアチア語版 sh:Razije Sultana および インドネシア語版 id:Raziye Sultan などではマヒデヴランの娘としている。
  121. ^ 1526年のハンガリー遠征については、#鈴木 1992 p.147-150 などを参照。
  122. ^ #小笠原 2018 p.127-128 などを参照。
  123. ^ #小笠原 2018 p.126 などを参照。
  124. ^ ウィーン包囲については、#鈴木 1992 p.150-153、、#林 2008,2016 p.127-129、#小笠原 2018 p.128-129 などを参照。
  125. ^ ジハンギル皇子については、Şehzade Cihangir Osmanoğlu (1531 - 1553) - Genealogy、英語記事en:Şehzade Cihangir などを参照。
  126. ^ 対サファヴィー朝遠征については、#鈴木 1992 p.160-162、、#林 2008,2016 p.137-141、#小笠原 2018 p.133-134 などを参照。
  127. ^ #鈴木 1992 p.162-163 などを参照。
  128. ^ #鈴木 1992 p.159 などを参照。
  129. ^ #鈴木 1992 p.159 などを参照。
  130. ^ #鈴木 1992 p.163、#林 2008,2016 p.131-132, p.392 などを参照。
  131. ^ #小笠原 2018 p.p.131-132 などを参照。
  132. ^ #林 2008,2016 p.157-158、#小笠原 2018 p.136, 310 などを参照。
  133. ^ #ビタール 1995 p.84 などを参照。
  134. ^ 以上、『新版 世界各国史18 バルカン史』(山川出版社、1998年)のp.126-130 「オスマン帝国隆盛期の支配の仕組み」などを参照。
  135. ^ 英語の記事wikt:en:Beylerbey を参照。
  136. ^ 『岩波イスラーム辞典』の「ベイレルベイ」の項を参照。
  137. ^ 英語の記事wikt:en:Kazasker を参照。
  138. ^ 平凡社『新イスラム事典』の「カザスケル」の項、または、『岩波イスラーム辞典』の「カザスケル」の項を参照。
  139. ^ 英語の記事wikt:en:Qadi を参照。
  140. ^ 平凡社『新イスラム事典』の「カーディー」の項を参照。
  141. ^ トルコ語の記事wikt:tr:hünkâr を参照。
  142. ^ 英語の記事Sovereignを参照。
  143. ^ 英語版の記事en:Pasha などを参照。
  144. ^ トルコ語の記事wikt:en:آغا#Ottoman Turkish を参照。
  145. ^ 英語版の記事wikt:en:ağa などを参照。
  146. ^ 英語版の記事 en:Agha (title)などを参照。
  147. ^ 英語版の記事wikt:en:hatun#Turkish などを参照。
  148. ^ 英語版の記事en:Hatun などを参照。
  149. ^ 英語版の記事wikt:en:kalfa などを参照。
  150. ^ 英語版記事en:Kalfaなどを参照。
  151. ^ 英語版記事wikt:en:usta#Turkishなどを参照。
  152. ^ 英語版記事wikt:en:çırakなどを参照。
  153. ^ 漫画『夢の雫、黄金の鳥籠』作者・篠原千絵さんより「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」へのコメントが到着! チャンネル銀河 2018年10月23日付
  154. ^ 富樫 瓔子 - Webcat Plus などを参照。

出典(日本語訳記事)

  1. ^ エルドアン首相、TVドラマ「華麗なる世紀」を批判 2012年11月26日付 Zaman紙 (東京外国語大学「日本語で読む中東メディア」より)
  2. ^ オスマン家の末裔も「不愉快」―TVドラマ「華麗なる世紀」に批判集中 2011年01月08日付 Zaman紙 (東京外国語大学「日本語で読む中東メディア」より)
  3. ^ 「華麗なる世紀」、2013年には見れなくなる? 2012年12月08日付 Milliyet紙 (東京外国語大学「日本語で読む中東メディア」より)
  4. ^ SHOW・TVの新ドラマ「華麗なる世紀」、スルタン・スレイマンへの侮辱 2011年01月03日付 Yeni Safak紙 (東京外国語大学「日本語で読む中東メディア」より)
  5. ^ Taha Akyol コラム:TVドラマ「華麗なる世紀」を考える 2011年01月10日付 Milliyet紙 (東京外国語大学「日本語で読む中東メディア」より)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」の関連用語

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS