エレクトロニック・ダンス・ミュージック エレクトロニック・ダンス・ミュージックの概要

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ミュージック > エレクトロニック・ダンス・ミュージックの解説 > エレクトロニック・ダンス・ミュージックの概要 

エレクトロニック・ダンス・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

曲はデスクトップミュージック (DTM) として制作されることが多い。またDJによって再生されるために制作する事が多いため、音楽家作曲プロデュース業だけではなくDJ業も兼ねていることが多い。

歴史

電子楽器を用いたダンス・ミュージックは、1970年代中期のディスコに遡る[1]。その後波形編集ソフトウェアが利用可能になり、サンプリングした音源の波形データを細かく編集できるようになった。1980年代後半にはイギリスのアーティストがこの手法を用い、ビッグ・ビートが発展した[1]。1990年代には高速なブレイクビーツのリズムと強調された低音部が特徴のドラムンベースが流行した[1]。2000年代中期にはドラムンベースやUKガラージなどを起源とするダブステップが発展した。デジタル・オーディオ・ワークステーション (DAW) の発達により、2000年代後半からエレクトロニック・ダンス・ミュージックは世界的に広がった。アメリカ合衆国ではダブステップを再解釈したブロステップなど、様々なサブジャンルが生まれた。

エレクトロニック・ダンス・ミュージックは元々ヨーロッパで人気を博していたが、2000年代後半からアメリカ合衆国、また全世界へ急速に拡大していった[2][3][4][5]。きっかけは、2006年に催されたコーチェラ・フェスティバルに出演したダフト・パンクが行ったピラミッドを象ったステージでのライブであるとされ[6]、そのライブでは最大収容人数が1万人の会場に4万人の人が集まっていた[7]。2004年のアテネオリンピックではティエスト、2016年のリオオリンピックではカイゴ、2018年の平昌オリンピックではマーティン・ギャリックスが閉会式でパフォーマンスをしている。[8]

「Electronic dance music」の頭文字を並べた頭字語である「EDM」[9][10]は、エレクトロニック・ダンス・ミュージックがアメリカ合衆国で人気を得るようになった2000年代後半に、エレクトロニック・ダンス・ミュージック全体を表す経済用語としてアメリカの音楽マスメディアによって作られた[11][12]

定義

エレクトロニック・ダンス・ミュージックは明確なジャンルを指すものではなく、ロックジャズヒップホップなどと同じように様々なサブジャンルを包括した用語である[13][14]。人気のジャンルとしてハウストランステクノダブステップトラップなどがある[15][16][17][18]

エレクトロニック・ダンス・ミュージックには狭義の解釈も存在する[10][19]。その狭義的な解釈ではEDMという言葉は、DJカルチャー以降の音楽的伝統を持たない、ポップなエレクトロニック・ダンス・ミュージックを指す[20]。その成り立ち故に、従来のテクノやハウス・ミュージックのミュージシャンやファンから区別され、批判されることもある[21][22]

反応

アヴィーチーは、2012年にDJ Magazineのインタビューで、「EDMは単にダンスミュージックの流行語です。よく使われている言葉だけど、包括的な言葉が必要なんじゃないかな」と答えている[23]

ゼッドは、2014年にインタビューで、EDMという言葉はいつ頃生まれたのでしょうか?という質問に対し、「エレクトロニック・ダンス・ミュージックがアメリカでブレイクしたのがきっかけです。全米のニュースで取り上げられるようになり、EDMという略語が浸透した。フルネームよりもEDMという言葉を使った方が説明しやすかったんでしょうね」と答えている[24]




  1. ^ a b c d Matt Errey. “History of Dance Music”. EnglishCLUB.com. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ The Popularity of Music Genres, 2005-present Paul Resnikoff. DigitalMusicNews. October 30, 2015.
  3. ^ Have You Heard of EDM? Google. think with Google. 2015.
  4. ^ The Year In EDM 2013: Daft Punk, Disclosure, Zedd and More Take It to Another Level Zel McCarthy. Billboard. Dec 13, 2013.
  5. ^ How rave music conquered America Simon Reynolds. The Guardian. Aug 2, 2012.
  6. ^ Daft Punk Unchained(2015) Herve Martin-Delpierre. June 24, 2015 (France).
  7. ^ Pedro Winter - Daft Punk "Unchained". 2015.
  8. ^ Martin Garrix平昌オリンピック閉会式のプレイ動画をチェック!”. TokyoEDM (2018年2月26日). 2020年1月3日閲覧。
  9. ^ EDM - Electronic Dance Music” (英語). www.abbreviations.com. 2020年1月3日閲覧。
  10. ^ a b TOMO HIRATA. “EDM特集”. iLOUD. 2020年1月3日閲覧。
  11. ^ It's a $6.2 billion industry. But how did Electronic Dance Music get so popular? Abel Alvarado. CNN. October 30, 2015.
  12. ^ THE HISTORY OF EDM JMC Academy established in 1982. Nov 21.
  13. ^ 5 EDM GENERES THAT WILL TAKE OVER AMERICA INTOTHEAM. JANUARY 12, 2015.
  14. ^ Top 10 EDM Sub-Genres Matt Campbell. Mojo Supreme. 2014.
  15. ^ What I Learned from Analyzing the Top 100 Tracks on Beatport Sam Matla. EDMProd. July 29, 2015.
  16. ^ Texas EDM Events by Genre – 2012 RAGETEXAS. Jan 27, 2013.
  17. ^ Best selling EDM genres according to year, taken from Beatport.
  18. ^ What's Your Favorite EDM Genre? YourEDM. Oct 29, 2015.
  19. ^ EDM、テクノ、ハウス等の違い?”. クラブ遊び.com. 2020年1月3日閲覧。
  20. ^ あのね!第五十回:「EDMってなあに?」”. 2017年9月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  21. ^ EDMと旧世代”. LOUD. Tomo Hirata (2013年1月14日). 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月3日閲覧。
  22. ^ ジェフ・ミルズがEDMを擁護”. rockin'on.com (2014年10月10日). 2020年1月3日閲覧。
  23. ^ https://djmag.com/top-100-djs/poll-2012-avicii
  24. ^ https://www.youtube.com/watch?v=w2aR_b2--M4
  25. ^ Festival Life|2016年開催予定のEDMフェス Yuki Sagan、フェスティバルライフ、2016年03月01日
  26. ^ tokyoedm|国内初【Tropical Disco】がMAGIC BEACHで開催! TokyoEDM、2016年05月23日
  27. ^ edmmaxx|世界最高峰のクラブ「PACHA」が音楽フェスとして日本上陸!! EDM MAXX編集部、2016年02月22日
  28. ^ Daydream Festival Japan Daydream Festival Japan - 2020.04” (日本語). Daydream Festival Japan - 2020.04. 2020年7月18日閲覧。
  29. ^ http://disc-j.net/club-music/edm/557/
  30. ^ http://disc-j.net/club-music/328/
  31. ^ http://disc-j.net/club-music/edm/477/
  32. ^ http://www.clubberia.com/ja/news/5982-EDM-David-Guetta/
  33. ^ http://disc-j.net/club-music/384/
  34. ^ http://disc-j.net/club-music/edm/1056/


「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」の続きの解説一覧





エレクトロニック・ダンス・ミュージックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」の関連用語

エレクトロニック・ダンス・ミュージックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エレクトロニック・ダンス・ミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエレクトロニック・ダンス・ミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS