ウォルト・ディズニー・カンパニー 歴史

ウォルト・ディズニー・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:57 UTC 版)

歴史

ウォルト・ディズニー・カンパニーを創設したウォルト・ディズニー
ディズニーランドの設計図を見ているウォルト・ディズニー(1954年)。

  1. ^ 1966年にウォルトが亡くなり、高齢のため引退を考えたロイはウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート計画を実現するために会社に残って社員たちを指揮。
  2. ^ 鹿児島県阿久根市では当時の市長・竹原信一の方針により、「クマのプーさん」「リトル・マーメイド」「ミッキーマウス」が取り入れられた壁画が官公署の壁に描かれたが、これに関しては“あるという話は聞いている。許諾はしていないし申し込まれても認めない”としている[93]
  3. ^ 2005年の「IHS児童奴隷労働ニュース」による報告では、最高級待遇で時給28セントに下げられている
  4. ^ カリフォルニア州法での労働者の最低賃金は、時給6.25ドル(当時)であり、完全な州法違反である
  5. ^ マクドナルド社も「児童奴隷労働」によって国際的な抗議批判を浴びている多国籍企業の一つである
  6. ^ クマのプーさん」のアメリカでの権利者の妻である
  1. ^ 2021 Proxy Statement - Revised”. The Walt Disney Company. 2021年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月30日閲覧。
  2. ^ 日本人が知らない「ミッキーマウス」誕生秘話 | リーダーシップ・教養・資格・スキル” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年1月10日). 2022年5月11日閲覧。
  3. ^ ミッキー・マウスはいかにして生まれたか?ウォルトディズニー社の歴史と現在の事業、過去20年の事業数値まとめ” (日本語). strainer.jp. 2020年10月26日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “シリーズ ウォルト・ディズニー第3章 戦争と混乱の時代|BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1” (日本語). BS世界のドキュメンタリー|NHK BS1. 2020年10月26日閲覧。
  5. ^ 開園当時のディズニーランド、半世紀前の魔法の王国 写真29点” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年4月23日閲覧。
  6. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO (日本語), 幻のあの計画|2019年12月 7日|出没!アド街ック天国:テレビ東京, https://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20191207/140214.html 2022年5月13日閲覧。 
  7. ^ ディズニーランド逃した我孫子の残念な歴史 | 駅・再開発” (日本語). 東洋経済オンライン (2019年1月10日). 2022年5月13日閲覧。
  8. ^ 辰井裕紀 (2018年7月12日). “幻の「手賀沼ディズニーランド」を計画図と歩いた ~箕輪城と巨大人工島とともに消えた夢~” (日本語). デイリーポータルZ. 2022年5月13日閲覧。
  9. ^ ウォルト・ディズニー・ワールド開業までの歴史を写真で振り返る − 写真で振り返るウォルト・ディズニー・ワールドの50年 | ガジェット通信 GetNews” (日本語). ガジェット通信 GetNews (2021年8月29日). 2022年5月13日閲覧。
  10. ^ ウォルトディズニー・カンパニー 事業内容・ビジネスモデル” (日本語). strainer.jp. 2020年10月26日閲覧。
  11. ^ 三井が三菱に一矢報いた「ディズニー誘致合戦」の大逆転劇 | マネーポストWEBマネーポストWEB” (日本語). マネーポストWEB (2020年1月4日). 2022年5月13日閲覧。
  12. ^ 浦安の漁師たちに“夢の陸地”を約束…東京ディズニーリゾート誕生秘話<3>” (日本語). スポーツ報知 (2019年1月1日). 2022年5月13日閲覧。
  13. ^ ディズニーがマペット買収/番組制作会社ジム・ヘンソンから”. 四国新聞社. 2022年5月13日閲覧。
  14. ^ Disney、欧州モバイルゲーム会社を買収” (日本語). ITmedia NEWS (2005年11月8日). 2022年5月11日閲覧。
  15. ^ ディズニー、ピクサーの買収を正式発表--買収額は74億ドルに” (日本語). CNET Japan. 2020年4月5日閲覧。
  16. ^ ディズニー、ピクサーを買収 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月5日閲覧。
  17. ^ 日経クロステック(xTECH). “ディズニー、ピクサーを買収” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2020年4月5日閲覧。
  18. ^ ディズニー 米国最大のコミックス会社マーベル買収発表” (日本語). アニメ!アニメ!. 2020年4月5日閲覧。
  19. ^ ディズニーがマーベル買収発表”. アニメイトタイムズ. 2020年4月5日閲覧。
  20. ^ ディズニーが買収を繰り返したことによる成功と戦略とは?”. GIGAZINE. 2020年4月5日閲覧。
  21. ^ 米ディズニー、ゲーム開発会社買収へ 最大670億円” (日本語). 日本経済新聞 (2010年7月28日). 2022年5月11日閲覧。
  22. ^ ディズニー、ソーシャルゲーム企業Playdomを買収へ” (日本語). CNET Japan (2010年7月28日). 2022年5月11日閲覧。
  23. ^ 【ニュース】ディズニーが人気ゲーム「Halo」の開発者率いるWideload Games社を買収 |...” (日本語). INTER BEE ONLINE. 2022年5月11日閲覧。
  24. ^ ディズニーが『エルシャダイ』開発イグニッションの親会社を買収 ― BBC報道” (日本語). インサイド. 2022年5月11日閲覧。
  25. ^ ディズニーがルーカスフィルム買収 「スター・ウォーズ エピソード7」を2015年公開へ” (日本語). ねとらぼ. 2020年4月5日閲覧。
  26. ^ ディズニーがルーカスフィルムを買収 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月5日閲覧。
  27. ^ ディズニー、『スター・ウォーズ』の次は『インディ・ジョーンズ』を買収” (日本語). cinemacafe.net. 2022年5月11日閲覧。
  28. ^ 米ディズニー、パラマウントから「インディ・ジョーンズ」の権利を獲得 新作着手か : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2022年5月11日閲覧。
  29. ^ ディズニー、今度は「インディ・ジョーンズ」を買収”. LINE NEWS. 2022年5月11日閲覧。
  30. ^ ディズニーがTwitter買収を検討か マイクロソフトも買い手候補との報道” (日本語). ハフポスト (2016年9月26日). 2020年10月30日閲覧。
  31. ^ ディズニー、ツイッター買収案検討でアドバイザーと協議-関係者” (日本語). Bloomberg.com. 2020年10月30日閲覧。
  32. ^ Twitter買収、ディズニー撤退の理由は「イメージ悪化」か” (日本語). CNET Japan. 2020年10月30日閲覧。
  33. ^ Ittousai. “ディズニー、7.4兆円でFOXのエンタメ部門買収。X-MENやエイリアン、アバターが移籍 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2020年4月6日閲覧。
  34. ^ ディズニー、21世紀フォックスの買収額を約2兆円増額 ― 7兆8,500億円でコムキャストに対抗、米司法省も近く承認との報道” (日本語). THE RIVER (2018年6月21日). 2020年4月6日閲覧。
  35. ^ 米ディズニー、21世紀フォックス買収交渉報じられる : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月6日閲覧。
  36. ^ Ha, Anthony (2017年12月14日). “ディズニー、フォックスの映画・TV部門買収を正式発表――価格は524億ドル”. TechCrunch Japan. 2020年4月6日閲覧。
  37. ^ 米ウォルト・ディズニー「フォックス」の名を完全排除 オープニングロゴも刷新 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月5日閲覧。
  38. ^ 20世紀フォックスから「フォックス」消す ディズニー”. 朝日新聞デジタル. 2020年4月5日閲覧。
  39. ^ Tane, Kiyoshi. “ディズニー、米Huluの経営権を取得。大人向けエンタメに位置づけ、Disney+とまとめ割引を予定 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2020年4月5日閲覧。
  40. ^ a b ディズニー、Huluの完全支配権を獲得” (日本語). CNET Japan. 2020年4月5日閲覧。
  41. ^ ディズニーが「Hulu」の全経営権を獲得へ” (日本語). cinemacafe.net. 2020年4月5日閲覧。
  42. ^ ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の対応端末とサービス提供地域が明らかに” (日本語). GIGAZINE. 2022年5月11日閲覧。
  43. ^ カリフォルニア 州封鎖の60日間” (英語). Cimplex Marketing Group, Inc. (2020年5月19日). 2020年10月12日閲覧。
  44. ^ アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3・6万人の命救えた」=研究” (日本語). BBCニュース (2020年5月24日). 2020年10月12日閲覧。
  45. ^ トランプ米大統領、国家非常事態宣言 新型ウイルス対策に500億ドル支出へ” (日本語). BBCニュース (2020年3月14日). 2020年10月12日閲覧。
  46. ^ 「国家緊急事態宣言」のアメリカはここまでやる | コロナショックの大波紋” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年3月14日). 2020年10月12日閲覧。
  47. ^ ニューヨーク “ロックダウン”から半年 失業率は全米最悪” (日本語). NHK NEWS WEB. 2020年10月12日閲覧。
  48. ^ 2度目のロックダウンで米企業10兆ドルの「債務爆弾」が破裂する|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト” (日本語). www.newsweekjapan.jp (2020年7月30日). 2020年10月12日閲覧。
  49. ^ 米ディズニー、従業員10万人超の給与支払いを停止へ 新型ウイルスの影響」『BBC News ニュース』、2020年4月20日。2020年5月28日閲覧。
  50. ^ NBAがシーズン再開に向けてウォルト・ディズニー・カンパニーと協議 | スポーティングニュース・ジャパン”. www.sportingnews.com. 2020年5月28日閲覧。
  51. ^ Amazon、ディズニーら企業が「Black Lives Matter」運動を支持&多額の寄付を表明” (日本語). cinemacafe.net. 2020年10月4日閲覧。
  52. ^ 米ディズニー、人種差別撤廃の非営利団体に5億円を寄付へ ─ Netflix社CEO、警察による人種差別の是正に1億円” (日本語). THE RIVER (2020年6月4日). 2020年10月4日閲覧。
  53. ^ 米ディズニー、全米黒人地位向上協会などに500万ドルの寄付 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年10月4日閲覧。
  54. ^ ディズニー、中国におもねるな 企業の過度の依存に警告―米司法長官:時事ドットコム”. www.jiji.com. 2020年10月4日閲覧。
  55. ^ ディズニーやアップルは中国の手先にされている−米司法長官” (日本語). Bloomberg. 2020年10月4日閲覧。
  56. ^ Facebook最大の広告主でもあるディズニーも広告出稿を取りやめ” (日本語). GIGAZINE. 2020年10月12日閲覧。
  57. ^ フェイスブック、最大広告主ディズニーもボイコット 「ヘイトスピーチや虚偽情報への対策不十分」 | JBpress(Japan Business Press)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). 2020年10月12日閲覧。
  58. ^ ディズニー、米国で2万8000人削減へ 新型ウイルスで先行き見えず” (日本語). BBCニュース (2020年10月1日). 2020年10月4日閲覧。
  59. ^ 米ディズニーが従業員2万8000人削減へ、新型コロナ影響”. TBS NEWS. 2020年10月4日閲覧。
  60. ^ ウォルト・ディズニー 2万8000人解雇へ 休園長期化で巨額赤字” (日本語). NHK NEWS WEB. 2020年10月4日閲覧。
  61. ^ 日本放送協会. “米ディズニー ロシアでの新作映画公開を中止 ウクライナ侵攻で”. NHKニュース. 2022年3月1日閲覧。
  62. ^ ディズニー、ロシアでの映画公開中止 ウクライナ侵攻で” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  63. ^ 日本放送協会. “【随時更新】ロシア ウクライナに軍事侵攻(11日の動き)”. NHKニュース. 2022年3月11日閲覧。
  64. ^ DISNEYで働く | DISNEYでの職種と求人”. jobs.disneycareers.jp. 2021年8月23日閲覧。
  65. ^ ディズニークルーズライン | hisgo.com”. hisgo. 2020年4月12日閲覧。
  66. ^ ディズニーストアにてオリジナルリユーザブルバッグを10月21日(月)より順次販売 | ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社のプレスリリース”. prtimes.jp. 2020年4月12日閲覧。
  67. ^ ディズニーが組織再編、幹部2人昇進-CEO後継者候補の道筋付ける” (日本語). Bloomberg.com. 2020年4月12日閲覧。
  68. ^ Sato, Hikaru (2020年10月1日). “世界最大のディズニー・テーマパークの裏側に密着したドキュメンタリー『ディズニー・アニマルキングダムの魔法』解禁” (日本語). Esquire. 2020年10月23日閲覧。
  69. ^ 米でユニバーサル・スタジオとディズニーランドの競争が激化 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2022年5月9日閲覧。
  70. ^ ディズニーが「グローバル配信チーム」新設、Disney+に注力鮮明” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2020年10月13日). 2022年4月18日閲覧。
  71. ^ ディズニーの全世界ストリーミング戦略が明らかに!マーベル、スター・ウォーズなどの新作も続々登場|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2022年4月18日閲覧。
  72. ^ 買収総額155億ドル 6年間でピクサー、マーベル、ルーカスを飲み込んだディズニー” (日本語). アニメ!アニメ!. 2022年4月25日閲覧。
  73. ^ Inc, mediagene (2019年12月24日). “2010年〜2019年。ディズニーが勝ち取った10年” (日本語). www.gizmodo.jp. 2022年4月25日閲覧。
  74. ^ 2019年は興行収入トップ10のうち8つをディズニー関連作品が支配” (日本語). GIGAZINE. 2022年5月9日閲覧。
  75. ^ 映画のヒットと市場の変化:「ディズニーのブランド力」から - GEM Standard”. gem-standard.com. 2022年5月9日閲覧。
  76. ^ 「ディズニーが支配したハリウッド」今後どうなる? (BuzzFeed)”. NewsPicks (2019年7月28日). 2022年5月11日閲覧。
  77. ^ 強すぎるディズニーが断トツ1位! 最下位は7年連続のあの映画会社 | MOVIE Collection [ムビコレ]” (日本語). www.moviecollection.jp (2020年6月18日). 2022年5月9日閲覧。
  78. ^ 米ディズニーが興行収入で史上最高額、年間8200億円を突破 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)”. forbesjapan.com. 2022年5月9日閲覧。
  79. ^ Disney 作品が2019年の世界映画興収トップ5を独占することに”. HYPEBEAST.JP (2019年8月19日). 2022年5月9日閲覧。
  80. ^ 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全米興収記録が『アバター』抜いて歴代3位に” (日本語). THE RIVER (2022年2月16日). 2022年5月9日閲覧。
  81. ^ 『スパイダーマン』MCU残留はトムホのおかげ!ディズニー&ソニーのトップに何度も“お願い”していた|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年4月18日閲覧。
  82. ^ Tartaglione, Nancy (2020年1月2日). “Disney’s Global Box Office Year: Mouse Roars To $13.2B; A Record Not Likely To Be Seen Again Soon” (英語). Deadline. 2022年4月18日閲覧。
  83. ^ 「ディズニー1強」の時代なぜ? 新作映画月イチ公開の“異常事態”でヒット連発の背景とは|ウォーカープラス” (日本語). ウォーカープラス(Walkerplus). 2022年5月9日閲覧。
  84. ^ 日経クロストレンド. “6大から5大へ集約 ハリウッドスタジオのドラマチックな歴史” (日本語). 日経クロストレンド. 2020年10月23日閲覧。
  85. ^ Taniguchi, Munenori. “Netflixがアメリカ映画協会に加盟。6大メジャースタジオと比肩する映画制作スタジオに - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2020年4月14日閲覧。
  86. ^ Disney、21st Century Foxを524億ドルで買収 「X-メン」や「ザ・シンプソンズ」、ナショジオがディズニーに” (日本語). ITmedia NEWS (2017年12月15日). 2020年4月12日閲覧。
  87. ^ FASHIONSNAP.COM (2019年11月9日). “「ベルシュカ」と「ナショナルジオグラフィック」がコラボ、サステナブルな素材を使用したアイテムを展開” (日本語). FASHIONSNAP.COM [ファッションスナップ・ドットコム]. 2020年4月12日閲覧。
  88. ^ ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(DIS)、ディズニー+の拡大により知的財産と接点を持つ消費者を増やし、各事業の成長を促進する相乗効果を期待”. www.ig.com. 2020年4月12日閲覧。
  89. ^ ジョセフ・メン(Joseph Menn)『結局そのネズミは誰のものなんですか?』 ロサンゼルス・タイムズ2008年8月22日付
  90. ^ アメリカ合衆国が「ディズニー社」の著作権を保護し続ける理由 | 富裕層向け資産防衛メディア” (日本語). 幻冬舎ゴールドオンライン. 2020年10月28日閲覧。
  91. ^ フォレスト出版 (2018年7月2日). “ディズニーの厳しすぎる「著作権ビジネス」を生んだ失敗とは” (日本語). ZUU online. 2020年10月28日閲覧。
  92. ^ 福井健策 (2013年6月18日). “著作権「死後50年」は本当に短すぎるか? 10分でわかる正念場の保護期間問題”. INTERNET Watch (インプレス). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/603718.html 2019年4月2日閲覧。 
  93. ^ “ミッキー、ピカチュウ…著作権侵害?アート事業も修正へ阿久根市”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2011年1月19日). オリジナルの2011年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119022153/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/221714 2019年4月2日閲覧。 
  94. ^ 著作権について組合の意見 - 日本同人誌印刷業組合” (2002年5月). 2015年2月3日閲覧。
  95. ^ 『アナと雪の女王』は原作レイプなのか!? ディズニー原作改変の功罪 (2014年12月24日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年10月28日閲覧。
  96. ^ NHKスペシャル 変革の世紀(3)「知」は誰のものか 〜インターネット時代の大論争〜』(2002年7月14日放映)
  97. ^ 経営会社リスト>日本ピンボールレジャー(株) - ここって昔はパチンコ屋?(ここパチ?)、2020年1月10日閲覧。
  98. ^ 福岡地方裁判所 平成元年(モ)5672号 判決 - 大判例、2020年1月10日閲覧。
  99. ^ 「ファインディング・ニモ」盗作裁判、続報 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年10月28日閲覧。
  100. ^ ディズニー『ファインディング・ニモ』盗作裁判で勝利” (日本語). アニメ!アニメ!. 2020年10月28日閲覧。
  101. ^ 『ディズニーの映画企画がヘルズ・エンジェルズから訴えられる』(『ニューヨーク・タイムズ紙』2006年3月11日付記事)
  102. ^ 『ディズニーを再考する:個人のコントロール、公的な規模(Rethinking Disney: Private Control, Public Dimensions)』(Mike Budd、Max H. Kirsch共著、Wesleyan社、2005年)
  103. ^ 『良い女の子と邪悪な魔女:ディズニーの主要なアニメーションの中で変遷する女性像、1937年〜2001年(Good Girls and Wicked Witches: Changing Representations of Women in Disney's Feature Animation, 1937-2001)』(Amy Davis著、John Libbey Publishing刊、2007年)
  104. ^ 『Sweated Work, Weak Bodies: Anti-Sweatshop Campaigns and Languages of Labor』(Daniel E. Bender著、Rutgers University Press、2004年)
  105. ^ 『Sweatshop USA: The American Sweatshop in Historical and Global Perspective』(Daniel E. Bender、Richard A. Greenwald共著、Routledge社、2003年)
  106. ^ 『Unraveling the Garment Industry: Transnational Organizing and Women's Work』(Ethel C. Brooks著、ミネソタ大学刊、2007年)
  107. ^ a b 『ディズニー、ネズミの裏切り:欲望、不正、そして危険にさらされる子供たち(Disney: The Mouse Betrayed: Greed, Corruption, and Children at Risk)』(Peter Schweizer著、Regnery Publishing社、1998年)
  108. ^ 『ネズミのための労働(Working for the rat)』(『NI』誌、1998年12月号)
  109. ^ ニューヨーク・タイムズ紙』2001年12月の連続記事
  110. ^ 『ディズニー、児童労働違反の王国(Disney - the Kingdom of Child Labor Violations)』(「anomalies unlimited.com」)
  111. ^ 『ウォルト・ディズニー社における児童奴隷労働(Child Slave Labor in the Walt Disney Company)』(「IHS児童奴隷労働ニュース(IHS Child Slave Labor News)」2005年11月、Frederick Koppによる報告)
  112. ^ 米ディズニー、アイガーCEOが退任 15年ぶり交代(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2020年2月26日). 2022年4月23日閲覧。
  113. ^ ディズニーのボブ・アイガーCEOが退任 後任はボブ・チャペック氏 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2022年5月11日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の関連用語

ウォルト・ディズニー・カンパニーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウォルト・ディズニー・カンパニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウォルト・ディズニー・カンパニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS