インプレッション インプレッションの概要

インプレッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 17:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

クリック詐欺の可能性があるため、ロボットによるアクティビティは通常フィルタリングされて除外され、業界標準化団体であるIABが、次のようなより技術的な定義を行っている。「"インプレッション" は、訪問者のブラウザからのページリクエストに対する、ウェブサーバからのレスポンスの計測値とする。ロボットによるアクティビティとエラーが発生したトラフィックはフィルタリングされ、ユーザーがページを表示する機会にできるだけ近いポイントで記録する[3][4]。 」

目的

インプレッションのカウントは、ほとんどのウェブ広告で報酬支払に使っている方法であり、費用はCPM (1000インプレッション単価)またはCPI (インプレッション単価)で見積もられます。これは、インプレッションに基づかないCPC (クリック単価)とは異なる方法である。

計算方法

現在行われている標準的なインプレッションのカウント方法から、視認可能インプレッションに基づく新しい標準に移行する動きが進行中である[5][6][7]Interactive Advertising Bureau(IAB)、Association of National Advertisers(ANA) 、American Association of Advertising Agencies(4A)は、3MS(Making Measurement Make Sense)と呼ばれるイニシアチブに参加し、ディスプレイメディアの価値をより良い方法で定義しようとしている[8]

  • サーブド・インプレッション (served impression)は現在の標準。こ広告サーバによって記録され、広告自体が完全に読み込まれ、エンドユーザーが表示できるスペースにあるかどうかがカウントされる[6]
  • 視認可能インプレッション (viewable impression)は、ユーザーに少なくとも1秒間50%以上表示されるインプレッションとして定義される[8]

関連項目

外部リンク


  1. ^ Google AdWords Help: Impression
  2. ^ Yahoo Search Marketing Glossary
  3. ^ IAB Glossary of Interactive Advertising Terms v. 2.0
  4. ^ Interactive Audience Measurement and Advertising Campaign Reporting and Audit Guidelines
  5. ^ Mane, Sherill. Measuring Return From Interactive Advertising. MASB Summer Board Meeting and Summit, August 2012.
  6. ^ a b http://www.iab.net/mmms iab. Making Measurement Make Sense (3MS). Cited 13 March 2013.
  7. ^ http://www.measurementnow.net www.measurementnow.net. Making Measurement Make Sense. Cited 15 March 2013.
  8. ^ a b http://www.rosetta.com/about/thought-leadership/Display-Advertising-Trends-Standardizing-Viewable-Impressions.html Rosetta. Display Advertising Trends: Standardizing Viewable Impressions. Cited 13 March 2013.


「インプレッション」の続きの解説一覧




インプレッションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インプレッション」の関連用語

インプレッションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インプレッションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインプレッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS