イラン 国際関係

イラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 02:27 UTC 版)

国際関係

イラン国内に外交使節を派遣している諸国の一覧図。
アメリカ合衆国CIA2004年に作成した、イランの石油天然ガス関連施設の地図。イランに埋蔵されている石油はモハンマド・モサッデグ首相の罷免や1980年代初頭の第二次石油危機などを通じ、20世紀後半の国際関係に多大な影響を及ぼした。

対外政策の基本

2009年現在のイラン政府の対外政策の基本的な思想は、全ての国家、国民との公正かつ相互的な関係構築をすることである[59]

日本

ロシア

北朝鮮

シリア

シリアは他のアラブ諸国と異なり非スンナ派政権である事に加え、イラン・イラク戦争ではシリア・バース党イラク・バース党との対立も絡み、シーア派が国民の大多数を占めるイランを支持した。イランとは現在でも事実上の盟邦関係を継続中で、反米・反イスラエル、反スンニ派イスラム主義、国際的孤立化にあるなど利害が一致する点が多い。近年ではシリア内戦でイランがアサド政権を支援するなど、政治面の他、経済・軍事面でも一体化を強めつつある。

サウジアラビア

近年ではイラク戦争アラブの春の混乱で、イラク・シリア・エジプトなどの中東の有力国が国力を落とす中、相対的に中東におけるイランとサウジアラビアの影響力が拡大した。それぞれシーア派とスンナ派の盟主として、シリアやイエメンの内戦では異なる勢力を支援し事実上の代理戦争の様相を呈している他、両国の外交官の追放など対立が表面化している。

アメリカ合衆国

米国は、第二次世界大戦の結果としてイランの統治への干渉を開始しました。そこでは、ジャン・チャールズ・ブロトンズが彼の著書「U.S.当局者とシャーの崩壊: いくつかの安全で接触の解釈」、1941年にアメリカの支援を求めたのはイランの当局者であり、イギリスとソビエトの占領による分裂を恐れていた。その結果、ルーズベルト政権は「3万人近くの非戦闘員を派遣し、イラン軍への諮問任務を確立した」1953年 - 1978年のパフラヴィー政権時代は政権が事実上アメリカの傀儡であったため、アメリカとの関係は質量ともに重大だった。オンライン出版のSageJournalsに「イランと米国の関係における代表、認識、外交政策」に関する論文を書いたコンスタンス・ダンコムによれば、米国とイランとの関係は、米国がシャを尊重する関係に移行した。モハンマド・モサデグは、トルーマン政権時代のイランの政治と米国の関係において中心的な役割を果たしました。モサデグは、人口の大部分に支持されたイラン国民戦線のリーダーであり、世界の石油埋蔵量の3分の1がイランにある石油産業に対する当時の英国の占領に反対していました。国有化法案は1951年3月に可決され、モサド首相の任命は、1909年以来イランに関与していたアンロイラン石油会社(AIOC)との合意を阻止したため、米国の政策に影響を与えた。 1952年、英国秘密情報部 (SIS) と米国中央情報局 (CIA) は、アイゼンハワー大統領の下で成功したモサデグを倒す計画を立てました イランに対するアメリカの影響力は、白色革命計画改革プログラムがシャーによって発表された「進歩的政府」に向けた政治改革を助言したケネディ政権の間に最も明白でした この計画には、農地改革、「国有工場の売却、企業収益における労働者の利益分配、女性の選挙権」が含まれ、「非イスラム教徒と女性の州および地方議会選挙への参加」が許可されました これはイスラム法と一致していなかったため、イランの聖職者から反発を受け、アヨットラー・ルーホッラー・ホメイニーの登場を扇動しました

これが1978年から1979年のイラン革命につながり、シャー政権の転覆を促し、「シャーの独裁政治を後援したことによる米国」は、「イランと変化する戦略的環境」というタイトルの論文でアミン・サイカルを書いた本質的に「優勢」であると示唆されていた現在のイスラム共和制体制とは対照的に、パフラビの権力の時代は繁栄し、前向きであ 1979年4月のイスラム革命時に、革命政権がアメリカ政府に対して、パフラヴィー政権時代の不平等な関係を平等互恵の関係に変更し、パフラヴィーが私物化した財産をイランに返還し、パフラヴィー元皇帝の身柄をイランに引き渡すことを要求したが、カーター大統領はその要求を拒否して、イランの在米資産を接収した。革命運動勢力はアメリカ政府の姿勢に対する反発で、1979年11月にアメリカ大使館を占拠し大使館員を人質にアメリカ政府に対する要求を継続した。「イラン人質事件は、1979年11月4日にホメイニーの過激派支持者がアメリカ大使館を乗っ取り、外交官のうち52人を444日間拘束したときに発生した」とサイカルは書いている。その結果、米国はイラン・イラク戦争を引き起こし、制裁を課し、軍事介入を脅かし、イスラエルの支援を受けたカーター大統領は1980年4月にイランに対する国交断絶と経済制裁を実施した[60]。イスラム革命時以後の歴代のアメリカ議会・政府は、イランを反米国家と認識し、イランに対する国交断絶・経済制裁・敵視政策を継続している。アメリカ政府は1984年にレーガン大統領がイランをテロ支援国家と指定し、2020年現在まで指定を継続している[61]。アメリカ政府は1995年にクリントン大統領が、アメリカ企業に対してイランとの貿易・投資・金融の禁止措置を実施した。アメリカ議会は1996年にイランとリビアの石油・ガス資源を開発する企業を制裁するイラン・リビア制裁法[62]を可決してクリントン大統領が署名して成立し、アメリカ議会は2001年と2006年にも制裁期間を延長する法案を可決し、ブッシュ大統領が署名して成立し、イランに対する制裁を継続中(リビアとは関係を修復し制裁は解除した)である。ブッシュ大統領は2002年の年頭教書でイランを悪の枢軸と表現して批判した。アメリカやイスラエルや国民の大部分がキリスト教徒である国は、イスラエルの打倒を主張するヒズボッラーハマースイスラム過激派と認識し、イランがヒズボッラーやハマースを支援していると指摘している。2008年1月、ブッシュ大統領は、クウェート・バーレーン・アラブ首長国連邦・サウジアラビアおよびエジプトを訪問して、訪問諸国の政府に対して、イランをテロ支援国家と認識して、国際的なイラン包囲網への参加・協力を要請したが、いずれの訪問国の政府もイランとの友好関係の形成を推進中であり、ブッシュ大統領の要請に対して、いずれの訪問国の政府からも賛同・協力は得られなかった。「イランによるシーア派の軍事的代理人中東研究所の使用」に書いたアレックス・ヴァタンカによれば、「イランイスラム共和国は、影響力を行使するための軍事作戦で代理人として機能するように中東中の宗派の非国家グループを扇動した。中東に対する支配を促進し、シーア派の影響力を高めるための「地域的および国際的政治 オバマ政権下の米国とイランは、アラブの春後の共通の敵、特にシリアで一致しました。両国は、ISISが統治を宣言することを望んでいませんでした。 ISISの存在がイラクのShi’i人口を脅かしたので ヴァタンカはまた、イランのより宗派的な動員への移行についても論じている。「スンニ派は、イランとその代理人の主要な外部の敵として、米国とイスラエルにある程度取って代わった」

2009年のイランの反アフマディーネジャード派の大規模なデモにイギリス大使館の関係者が関与していたことが知られているが、イラン情報省海外担当次官は、大統領選挙後のデモの発生にアメリカとヨーロッパの財団・機関が関与していた事実があったとして「ソフトな戦争」(実際的な戦争などでない、内政干渉など)を仕掛ける60の欧米団体の実名をイランのメディアに対して公表し[63]、アメリカ政府もイランの体制を壊す目的で工作していたと発表した(詳しくは「アメリカ合衆国とイランの関係」を参照)。

日本の新聞でもアメリカ政府がイランの体制の根幹にゆさぶりをかける、という内容の記事が掲載されたことがあり、米『Newsweek』誌2010年2月3日号でもアメリカ政府関係者がこの頃のデモに関して、イランへの内政干渉を完全に肯定し、西欧化を押し付けようとする覇権主義的な発言をしている。2010年2月の革命31周年の際には、数千万人の体制派の国民が行進に参加したとされ[64](イランの国営プレステレビでもこのことが伝えられた)、長年に渡る外国の干渉(内政干渉と国際的な干渉)に今年も我々は勝利し、革命を守りぬいたと最高指導者ハーメネイ師が述べている[65]

イラン政府はイスラム革命時から1989年にホメイニー師が死去するまではアメリカに対して強硬な姿勢だったが、その後は、アリー・ハーメネイー師、ハーシェミー・ラフサンジャーニー大統領、モハンマド・ハータミー大統領、マフムード・アフマディーネジャード大統領などが、アメリカがイランに対する敵視政策を止め、アメリカもイランも互いに相手国を理解し、相手国の立場を尊重し、平等互恵の関係を追求する政策に転換するなら、イランはいつでもアメリカとの関係を修復すると表明している[66][67][68][69]。ラフサンジャーニー大統領は1996年のアトランタオリンピックに選手を派遣した。ハータミー大統領は文明の対話を提唱し、2001年9月11日のアメリカに対する武力行使を非難し、被害を受けた人々に哀悼を表明した。アフマディーネジャード大統領はイラク国民が選挙で選出した議会と政府の樹立後の、イラクの治安の回復に協力すると表明している[70][71]

ブッシュ (子) 政権→オバマ政権→トランプ政権の間でイランとの関わりに向けていくつかの重要な変化が起こり、両方の変化は核兵器の交渉を通じて描かれています。ダンコムは、そのような異なる政治的ダイナミクスについて論じ、「イラン政府は核の野心で世界に挑んでおり、世界の国々はイラン政権が核兵器を取得することを許可してはならない」と述べたブッシュ前大統領を引用した。アメリカはこれらの脅威に立ち向かうために世界を結集し続けるでしょう。

核開発問題

イランのアフマディネジャード前大統領とブラジルルーラ前大統領(2010年)。

イラン政府は自国の核開発問題について、核エネルギーの生産を目指すもので、核兵器開発ではないと今までに一貫して表明してきており、アフマディネジャド大統領は「核爆弾は持ってはならないものだ」とアメリカのメディアに対して明言している(『Newsweek』誌2009年10月7日号)。欧米のイランの核エネルギー開発は認められない、という論理は決して世界共通のものではない。新興国のトルコブラジル、また、ベネズエラキューバエジプトその他の非同盟諸国は「核エネルギーの開発はイランの権利である」というイランの立場に理解を示し、当然であるとして支持している。2009年10月27日のアフマディーネジャード大統領との会談の中で、トルコのエルドアン首相はイランの核(エネルギー)保有の権利があると強調し、「地球上で非核の呼びかけを行う者はまず最初に自分の国から始めるべきだ」と述べた[72]。また、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領は『Newsweek』誌2009年10月21日号でイランのウラン濃縮の権利を支持していることが報じられており、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領は2006年7月のアフリカ連合 (AU) 首脳会議に招かれた際、イランの核開発について「平和利用のための核技術を発展させる権利がイランにないというのか。明らかにある」と断言している[73]。非同盟諸国は2006年9月の首脳会議でイランによる平和利用目的の核開発の権利を確認する宣言等を採択し[74]、会議の議長国キューバやエジプトもこれを支持している。

欧米での反イスラーム的行為

2010年9月のイスラーム聖典『クルアーン』焼却事件はアメリカ・フロリダ州のキリスト教会の牧師が、同時多発テロ事件の9周年にあたる2010年9月11日を「国際クルアーン焼却デー」とし、『クルアーン』を焼却する計画を発表したことに始まる事件だが、ムスリム・非ムスリムを超えた広範な反発と国際世論の圧力を受けて中止された。しかし、この呼びかけに応えたようにアメリカ国民の一部が数冊の『クルアーン』を燃やし、ワシントンD.C.で警官に護衛される中で、また、アメリカ同時多発テロ事件で破壊されたニューヨーク世界貿易センタービルの跡地で数十冊の『クルアーン』を破り、それに火をつけた。これらの行為に対して、全世界で大規模な抗議運動が巻き起こった[75]

聖地イェルサレムでも同時期に似たような反イスラーム的行為が行われた[76]

このような事件に対して最高指導者アリー・ハーメネイーはメッセージのなかで、イスラーム教徒とキリスト教徒を対立させることが、この事件の真の首謀者の望みであるとし、「キリスト教会やキリスト教とは関係がなく、数名の雇われた人間の行動を、キリスト教徒全体のものと考えるべきではない」、「我々イスラーム教徒が、他の宗教の神聖に対して同じような行動に出ることはない。クルアーンが我々に教える事柄は、その対極にある」と表明した。

そして、この事件の真の計画、指示者について「アフガニスタン、イラク、パレスチナ、レバノン、パキスタンで、犯罪行為を伴ってきた、一連の流れを分析すれば、アメリカの政府と軍事・治安機構、イギリス政府、その他一部のヨーロッパ政府に最大の影響力を持つ、“シオニストの頭脳集団”であることに疑いの余地は残らない」、「(今回の事件は)この国の警察に守られる中で行われたものであり、何年も前から、(欧米での)イスラム恐怖症やイスラム排斥といった政策に取り組んできた(シオニスト頭脳集団)組織による計画的な行動であった」と述べ、今回のクルアーン焼却事件とそれ以前の欧米でのイスラーム恐怖症やイスラーム排斥の政策を主謀したのはこのシオニスト集団だとした。また、「このようなイスラムへの一連の敵対は、西側におけるイスラムの影響力が、いつにも増して高まっていることに起因する」とした。さらに同メッセージでアメリカ政府に対し、「この陰謀に関与していないとする自らの主張を証明するために、この大きな犯罪の真の実行者をふさわしい形で処罰すべきだ」と強調した[77]。この事件に対し、インドカシミール、アフガニスタンでも抗議デモが行われ、イランでは抗議のために多くの都市のバザールが9月15日を休業とした[78]

悪魔の詩事件

元ムスリム(イスラーム教徒)のサルマン・ラシュディが書いた1989年出版の『悪魔の詩』はイスラームの預言者ムハンマドについて扱っているが、その内容と、この人物が元ムスリムであったことから発表の後、各国のムスリムの大きな非難と反発を招いた。1991年7月に起きた日本茨城県つくば市内で筑波大学助教授が何者かによって殺された事件(未解決)は、これを訳して出版したことが原因ではないかと考えられている。詳細は悪魔の詩を参照。


注釈

  1. ^ 大統領とともにイランの元首であり、三権および宗教の指導者である
  2. ^ 最高指導者とともに、大統領もイランの元首と考えられる
  3. ^ 具体的には、ゾロアスター教徒、ユダヤ教徒、アッシリア・カルデア教会、北部アルメニア使徒教会、南部アルメニア使徒教会にそれぞれ1つずつ。ただし通常の選挙に非ムスリムが出馬することは禁止されている[83]
  4. ^ 白色革命時には着用することが禁止された為、抗議として着用する女性達が増えた

出典

  1. ^ 外務省 各国元首一覧
  2. ^ 外務省 各国元首一覧
  3. ^ イラン”. データ世界銀行. 2021年10月31日閲覧。
  4. ^ イラン”. データ世界銀行. 2021年10月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e World Economic Outlook Database”. IMF. 2021年10月13日閲覧。
  6. ^ ちなみにIOCコードは「イスラム共和国」の部分を含めた"IRI"である。
  7. ^ a b c 百科事典マイペディア イラン
  8. ^ a b c d e f g 日本大百科全書(ニッポニカ) イラン
  9. ^ イラン | Country Page | World | Human Rights Watch”. ヒューマン・ライツ・ウォッチ. 2021年1月14日閲覧。
  10. ^ EIU Democracy Index - World Democracy Report
  11. ^ “World Press Freedom Index
  12. ^ 朝日新聞 イラン核合意
  13. ^ 日本経済新聞 イラン経済、深まる苦境 米決戦に市民は固唾
  14. ^ 毎日新聞 イラン革命防衛隊って? 正規軍と別に体制守る 殺害された司令官所属=回答・鵜塚健
  15. ^ 日本経済新聞 イラン革命防衛隊とは 最高指導部直結の軍事組織
  16. ^ 朝日新聞 許可書あっても記者連行 難攻不落イラン「革命防衛隊」
  17. ^ BBC 米政府、イラン革命防衛隊をテロ組織に指定 軍隊では初
  18. ^ BBC フランス、新たな形で「兵役」復活へ 16歳の男女に奉仕義務
  19. ^ 外務省 イラン・イスラム共和国(Islamic Republic of Iran)基礎データ
  20. ^ 国際連合広報センター 加盟国一覧 http://www.unic.or.jp/info/un/un_organization/member_nations/
  21. ^ 岡田, 鈴木 & 北原 2005, p. 198- 渡部良子「多民族共生の歴史と「国史」の齟齬」
  22. ^ 岡田, 鈴木 & 北原 2005, pp. 198–200- 渡部良子「多民族共生の歴史と「国史」の齟齬」
  23. ^ 岡田, 鈴木 & 北原 2005, pp. 202–204- 守川知子「シーア派国家への道」
  24. ^ 岡田, 鈴木 & 北原 2005, pp. 205–206- 守川知子「シーア派国家への道」
  25. ^ 吉村 2011, pp. 18–30.
  26. ^ a b 吉村 2011, pp. 28–29.
  27. ^ 吉村 2011, p. 31.
  28. ^ 吉村 2011, p. 30.
  29. ^ 吉村 2011, pp. 31–32.
  30. ^ 吉村 2011, pp. 33–36.
  31. ^ 吉村 2011, pp. 36–37.
  32. ^ 吉村 2011, pp. 37–39.
  33. ^ 吉村 2011, pp. 43–44.
  34. ^ 吉村 2011, pp. 39–42.
  35. ^ 吉村 2011, pp. 44–47.
  36. ^ 吉村 2011, pp. 47–50.
  37. ^ 吉村 2011, pp. 50–69.
  38. ^ 吉村 2011, p. 70.
  39. ^ 吉村 2011, pp. 70–78.
  40. ^ 吉村 2011, pp. 78–82.
  41. ^ 吉村 2011, pp. 82–99.
  42. ^ 吉村 2011, p. 99.
  43. ^ 吉村 2011, pp. 99–111.
  44. ^ 吉村 2011, p. 106.
  45. ^ 吉村 2011, pp. 112–114.
  46. ^ 吉村 2011, pp. 114–122.
  47. ^ 吉村 2011, pp. 122–126.
  48. ^ 吉村 2011, p. 136.
  49. ^ 吉村 2011, pp. 143–156.
  50. ^ イラン、再び騒然 暴徒が銀行に方か『朝日新聞』1978年(1953年)9月1日朝刊、13版、7面
  51. ^ クルド族反乱で緊迫 全軍に出動命令 占拠のパペ市『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月19日朝刊 13版 7面
  52. ^ イラン政府軍 ハマバドを制圧 クルド族 徹底抗戦崩さず『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月4日朝刊 13版 7面
  53. ^ イラン大統領選、強硬派の勝利祝う声 発表前に他候補ら祝福”. AFP (2021年6月19日). 2021年6月19日閲覧。
  54. ^ 中西久枝 (2002). “イスラームと民主主義”. イスラームと現代イランの諸相: 65. 
  55. ^ 櫻井秀子 (1995). “シーア派イマーム論”. 講座イスラム5:イスラム国家の理念と現実. 
  56. ^ a b 中西久枝 (2002). “イスラームと民主主義”. イスラームとモダニティ:現代イランの諸相: 67. 
  57. ^ 中西久枝 (2002). “イラン国会選挙後の米・イ関係改善と国内政治の動向”. 中東研究 2000年5号. 
  58. ^ http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/8493.html
  59. ^ 外務省. “各国・地域情勢>中東>イラン”. 2008年7月10日閲覧。
  60. ^ 山川出版社『詳説世界史』 第18章 現代の世界>世界経済の変容と南北問題>イスラム世界と石油危機
  61. ^ US Department of State. “Bureaus Offices Reporting Directly to the Secretary>Office of the Coordinator for Counterterrorism>Releases>State Sponsors of Terrorism”. 2008年7月10日閲覧。
  62. ^ H.R.3107 - Iran and Libya Sanctions Act of 1996”. アメリカ議会図書館 (1996年7月16日). 2020年7月22日閲覧。
  63. ^ Iran紙2010年1月5日付
  64. ^ 行進への数千万人の参加に対する感謝のメッセージ” (日本語版). khamenei.ir (公式サイト) (2010年2月11日). 2010年2月28日閲覧。
  65. ^ 「我々は、覇権主義と支配体制、数カ国による世界征服に反対である」” (日本語版). khamenei.ir(公式サイト) (2010年2月17日). 2010年2月28日閲覧。
  66. ^ 中日新聞』2008年2月17日版 イランのモシャイ副大統領は、「イランの最高指導者のハーメネイー師が、アメリカとの関係回復がイランのためになるなら、私はそれを承認する最初の人物となると表明した」とハーメネイー師の表明を引用して表明した。
  67. ^ 東京新聞』2008年2月15日版 イランのモシャイ副大統領は、「アメリカが中東への見方を変更し、イランの役割を理解し、イランに対する敵視政策を転換するなら、アメリカとの関係回復は可能である。」と表明した。
  68. ^ 毎日新聞』2008年2月25日版 イランのサマレハシェミ大統領上級顧問は、「相手国の立場を互いに尊重できるなら、イランはイスラエル以外の全ての国と友好的で平等の関係を形成する。アメリカがイランの立場を尊重するなら関係を修復する用意がある。イラン国民がアメリカとの関係修復を歓迎しない理由はない。」と表明した。
  69. ^ 読売新聞』2008年2月29日版 イランのアラグチ駐日大使は、「日本とイランは良好な関係を保ってきた、日本政府はアメリカ政府よりずっと、中東地域の現実や、地域でのイランの役割を熟知しているので、日本はアメリカにイランに対する敵視政策の変更を促す適任者である。アメリカが賢明な政策を取るよう、日本政府が助言することを期待する。」と表明した。
  70. ^ 『毎日新聞』2008年2月29日版 アフマディーネジャード大統領は、「イラクのタラバニ大統領、マリキ首相と会談し、イラクの治安改善への協力する意向である。」と表明した。
  71. ^ 『東京新聞』2008年2月29日版 イランのアフマディーネジャード大統領は、「3月2日に、1979年のイラン・イスラム革命後初めてイラクを訪問し、タラバニ大統領、マリキ首相と会談し、イラクの治安改善のための協力について協議する。」と表明した。
  72. ^ 『Milliyet』紙2009年10月28日付 トルコのエルドアン首相もイランの核保有の権利があると強調し、「地球上で非核の呼びかけを行う者はまず最初に自分の国から始めるべきだ」と述べた。
  73. ^ 反米で「共闘」ベネズエラとイラン大統領” (日本語). 共同通信社 (2006年7月1日). 2010年9月15日閲覧。
  74. ^ イランの核開発権利を確認 非同盟諸国首脳会議が閉幕” (日本語). 共同通信社 (2006年9月17日). 2010年9月15日閲覧。
  75. ^ アメリカでのコーラン焼却にイスラム教徒が抗議” (日本語). IRIB (2010年9月13日). 2010年9月17日閲覧。
  76. ^ シオニスト入植者、コーランを冒涜” (日本語). IRIB (2010年9月15日). 2010年9月15日閲覧。
  77. ^ 最高指導者、コーラン焼却を受けメッセージ” (日本語). IRIB (2010年9月14日). 2010年9月17日閲覧。
  78. ^ イランのバザール、米のコーラン焼却に抗議し休業” (日本語). IRIB (2010年9月15日). 2010年9月15日閲覧。
  79. ^ 「イラン革命40年/消えた理念 民衆失望/特権階級に矛先◆反米強硬派台頭」『東京新聞 』2019年2月11日(国際面)2019年3月2日閲覧。
  80. ^ “イラン、政府補助金を段階的に削減-ガソリンや食料品が値上がり”. ブルームバーグ. (2010年12月19日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LDP9F70D9L3501.html 2013年2月18日閲覧。 
  81. ^ 上岡弘二 (2002). “イラン人”. 岩波イスラーム辞典: 175. 
  82. ^ 吉枝聡子 (1999). “言語事情:ペルシア語わかりません”. アジア読本:イラン: 84. 
  83. ^ discrimination against religious minorities in IRAN
  84. ^ A Guide to Name and Naming Practices, March 2006.
  85. ^ a b "Iran" 2010年2月1日閲覧。
  86. ^ Literacy rate, adult total (% of people ages 15 and above)”. The World Bank. 2013年2月18日閲覧。
  87. ^ a b 上岡弘二 (1999). “テントから受験戦争へ:教育制度”. アジア読本:イラン: 224-226. 
  88. ^ 森田豊子 (2008). “イランと日本の学校教育における教育方法の比較”. イラン研究 4: 223-226. 
  89. ^ アジア経済研究所 (1964). アジア・アフリカの新聞. アジア経済研究所 
  90. ^ ParsToday”. 2018年9月4日閲覧。
  91. ^ トランプ氏の著書 イランで人気/敵視のはずが…「自国優先の姿勢 興味」朝日新聞』朝刊2019年4月23日(国際面)2019年4月23日閲覧。
  92. ^ 高野秀行『イスラム飲酒紀行』(講談社文庫)、2019年4月23日閲覧。
  93. ^ 世界の勢力・強国(男子)”. 日本レスリング協会. 2013年6月2日閲覧。



イ・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 04:59 UTC 版)

イ・ラン(이랑、1986年 - )は、韓国シンガー・ソングライター[1]コミック作家[2]映像作家[2]イラストレーター[3]エッセイストである[3]


注釈

  1. ^ 日本では2016年にSweet Dreams Pressよりリリースされた[14]
  2. ^ 日本では2016年にSweet Dreams Pressよりリリースされた[15]。2018年に増補新装版がリリースされた[16]

出典

  1. ^ 【雨乃日珈琲店だより ソウル・弘大の街角から】(2) イ・ランが来た”. 中日新聞 (2018年2月24日). 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ a b Interview with Lee Lang. イ・ランの、型破りな音楽の作り方。”. HOUYHNHNM (2017年7月12日). 2018年11月22日閲覧。
  3. ^ a b イ・ラン『神様ごっこ』増補版が登場 エッセイ後日談2Pを追加した新装版”. CINRA.NET (2018年4月10日). 2018年11月22日閲覧。
  4. ^ 【アジアNOW!】第6回 折坂悠太とイ・ランが語る、音楽と社会と個人の話”. Mikiki (2018年11月7日). 2018年11月22日閲覧。
  5. ^ 【音楽】イ・ランさん が歌う「イムジン河」 ミュージック・ビデオが話題”. 中日新聞 (2018年3月3日). 2018年11月22日閲覧。
  6. ^ Who Are You?:イ・ランさん シンガー・ソングライター”. Vice (2016年9月16日). 2018年11月22日閲覧。
  7. ^ フォト&インタビュー | イ・ラン 「このピアスは乳首」「私はドラァグクイーンの時はイザベル」「あなたも香水つけてデモに行く?」”. FNMNL (2016年11月27日). 2018年11月22日閲覧。
  8. ^ ディストピアに笑いを:イ・ラン interview”. Vice (2018年4月3日). 2018年11月22日閲覧。
  9. ^ 【REAL Asian Music Report】第10回 イ・ラン × 柴田聡子―出会いから死生観まで、〈友達だけどラヴな感じ〉の日韓シンガー・ソングライター対談”. Mikiki (2016年12月25日). 2018年11月22日閲覧。
  10. ^ イ・ランが韓国大衆音楽賞の受賞トロフィーをオークションにかける | インディーミュージシャンの窮状をユーモアで訴える”. FNMNL (2017年3月5日). 2018年11月22日閲覧。
  11. ^ イ・ランが語る、これからの社会と表現のゆくえ「私たちの世代は、私たちに合ったシステムを作り上げなければ」(前編)”. Z TOKYO (2018年3月6日). 2018年11月22日閲覧。
  12. ^ イ・ランのエッセイ集『悲しくてかっこいい人』刊行 73篇の「ひとりごと」”. CINRA.NET (2018年11月15日). 2018年11月22日閲覧。
  13. ^ イ・ランと柴田聡子の共作ミニAL『ランナウェイ』2月発売 エッセイも収録”. CINRA.NET (2019年1月29日). 2019年2月10日閲覧。
  14. ^ イ・ラン - ヨンヨンスン”. Sweet Dreams Press (2016年7月22日). 2018年11月22日閲覧。
  15. ^ イ・ラン - 神様ごっこ”. Sweet Dreams Press (2016年7月22日). 2018年11月22日閲覧。
  16. ^ イ・ラン - 神様ごっこ(増補新装版)”. Sweet Dreams Press (2018年4月3日). 2018年11月22日閲覧。


「イ・ラン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イラン」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イラン」の関連用語

イランのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イランのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラン (改訂履歴)、イ・ラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS