イラク 宗教

イラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 16:48 UTC 版)

宗教

宗教構成 (イラク)[28]
イスラム教 (シーア派)
  
59.4 - 64.4 %
イスラム教 (スンナ派)
  
31.7 - 36.6 %
キリスト教諸派
  
0.8 %
その他
  
0.2 %

イスラム教が国民の 99 %を占め、次いでキリスト教 0.8 %、ヒンドゥー教 、その他 (0.2 % 以下) である。イスラム教徒の内訳はシーア派 60 - 65 %、スンナ派 32 - 37 % である[28]

キリスト教(カトリック東方正教会アッシリア東方教会等)はアッシリア人と少数民族に限られている。1987年の時点では140万人(全体の8%)のキリスト教徒が暮らしていたが1990年代と[29]、さらに2003年のフセイン政権崩壊以降とで多くが国を離れた。2010年の時点での人口比は0.8%と報告されている[30]

イスラム教シーア派

ナジャフイマーム・アリー・モスク英語版

全世界のイスラム教徒に占めるシーア派の割合は高くはないが、イラク国内では過半数を占める。イラク国内では被支配層にシーア派が多い。シーア派は預言者の後継者・最高指導者 (イマーム) が誰であるかという論争によってスンナ派と分裂した。シーア派は預言者の従弟であるアリーを初代イマームとして選んだが、アリーの次のイマームが誰なのかによって、さらに主要なイスマーイール派ザイド派十二イマーム派ハワーリジュ派などに分裂している。イラクで優勢なのはイランと同じ、イマームの再臨を信じる十二イマーム派である。シーア派法学の中心地は4つの聖地と一致する。すなわち、カルバラー、ナジャフおよび隣国イランのクムマシュハドである。

イスラム教スンナ派

スンナ派ではシャーフィイー学派ハナフィー学派ハンバル学派マーリク学派の4法学派が正当派とされている。イラク出身のスンナ派イスラム法学者としては、以下の3人が著名である。

8世紀まで政治・文化の中心であったクーファに生まれたアブー・ハニーファ (Abu Hanifa、699年-767年) は、ハナフィー法学派を創設し、弟子のアブー・ユースフと孫弟子のシャイバーニーの3人によって確立し、今日ではムスリムの信奉する学派のうち最大のものにまで成長した。

バスラのアブー・アル=ハサン・アル=アシュアリー英語版 (Abd al-Hasan al-Ash'ari、873年-935年) は、合理主義を標榜したムウタズィラ学派に属していたが、後に離れる。ムウタズィラ派がよくしていたカラーム (弁証) をもちいて論争し、影響力を低下させた。同時に伝統的な信条をもつアシュアリー派を創設した。

ガザーリー (Al-Ghazali、1058年-1111年) は、ペルシア人であったがバグダードのニザーミーヤ学院で教え、イスラーム哲学を発展させた。「イスラム史上最も偉大な思想家の一人」と呼ばれる。アシュアリー学派、シャーフィイー学派の教えを学び、シーア派のイスマーイール派などを強く批判した。後に、アリストテレス論理学を受け入れ、イスラーム哲学自体に批判を下していく。

イスラム神秘主義者としてはメディナ生まれのハサン・アル=バスリー英語版 (al-Hasan al-Basri、642年-728年) が著名である。バスラに住み、禁欲主義を説いた。神の意志と自らの意志を一致させるための精神修行法を作り上げ、ムウタズィラ派を開く。ムウタズィラ派は合理的ではあったが、彼の精神修行法は神秘主義 (スーフィズム) につながっていった。

ヤズィード

ヤジーディー派はイラク北部のヤジーディー民族だけに信じられており、シーア派に加えキリスト教ネストリウス派、ゾロアスター教、呪術信仰が混交している。聖典はコーラン、旧約聖書新約聖書。自らがマラク・ターウースと呼ぶ堕落天使サタンを神と和解する存在と捉え、サタンをなだめる儀式を行うことから悪魔崇拝者と誤解されることもある。

キリスト教

1990年時点のキリスト教人口は約100万人である。最大の分派は5割を占めるローマ・カトリック教会。アッシリア人だけはいずれにも属さずキリストの位格について独自の解釈をもつアッシリア東方教会 (ネストリウス派) に属する。19世紀まではモースルのカルデア教会もネストリウス派に属していたが、ローマ・カトリック教会の布教活動により、東方帰一教会の一つとなった。

マンダ教(サービア教)

サービア教コーランに登場し、ユダヤ教やキリスト教とともに啓典の民として扱われる歴史のある宗教である。マンダ教はそのサービア教と同一視されてきた。バプテスマのヨハネに付き従い、洗礼を非常に重視するため、水辺を居住地として選ぶ。ティグリス・ユーフラテス両河川のバグダード下流から、ハンマール湖に到る大湿地帯に多い。古代において西洋東洋に広く伝播したグノーシス主義が原型と考えられている。

ユダヤ教

ユダヤ教徒はバビロニア時代から現在のイラク地方に根を下ろし、10世紀に到るまでユダヤ教学者を多数擁した。イスラエル建国以前は10万人を超える信者を居住していたが、移民のため、1990年時点で、ユダヤ教徒は数百人しか残っていない。


注釈

  1. ^ 4つのクルド地方では第一公用語
  2. ^ クルド人自治区の首府はアルビール
  3. ^ 3名の主権評議会、カーシムが首相・国防・最高司令官を兼任、アーリフを副首相兼内務大臣、自由将校団から数名登用、国民民主党・バアス党・共産党から文民の登用。カーシムはイラク民族主義を基本とする社会改革を目指した。アーリフはアラブ民族主義者。
  4. ^ かつてはハジ・イブラヒーム山(3600 m)が最高峰とされていた。
  5. ^ いずれもアジア人初である。しかし2022年現在では、韓国代表ソン・フンミンの4ポイント獲得で「22位」が最高記録となっている。

出典

  1. ^ THE WORLD BANK 2020 イラク” (英語). WORLD BANK (2020年). 2021年11月11日閲覧。
  2. ^ THE WORLD BANK 2020 イラク” (英語). WORLD BANK (2020年). 2021年11月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, October 2021” (英語). IMF (2021年10月). 2021年11月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. ^ a b c d 百科事典マイペディア
  6. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  7. ^ デジタル大辞泉 イラク共和国
  8. ^ a b c 外務省 イラク共和国(Republic of Iraq)基礎データ
  9. ^ イラクの石油産業
  10. ^ イラク軍、領内の英軍基地を攻撃(『東京日日新聞』昭和16年5月4日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p389 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  11. ^ 足場固めるフセイン体制 反対派一掃をねらう『朝日新聞』1979年(昭和54年)7月31日朝刊 13版 7面
  12. ^ a b c d e f 外務省>各国・地域情勢>中東>イラク共和国>基礎データ
  13. ^ “スンニ派政党、不参加表明 イラク総選挙”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2010年2月20日). オリジナルの2010年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100303081312/http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100220/mds1002202148007-n1.htm 2011年1月10日閲覧。 
  14. ^ “オバマ大統領、イラク戦争終結を宣言 米兵前に演説”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年12月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM15013_V11C11A2000000/ 
  15. ^ バグダッドで米軍撤収の式典 AFPBB News 2011年12月16日
  16. ^ 米大統領がイラク戦争終結を宣言、「多大な業績」と評価 ロイター 2011年12月15日
  17. ^ “イラク内務省前で自爆テロ、死傷者44人 検問所6カ所通過”. CNN.co.jp. (2011年12月27日). http://www.cnn.co.jp/world/30005061.html 2011年12月31日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ イラク政府はタッル・アファルのISISからの解放を宣言』 2017年9月1日 Onebox News
  19. ^ イラク・クルディスタンの変わりゆく勢力構図-第4回議会選挙の結果から-
  20. ^ 吉岡明子 (2019年1月18日). “イラク/選挙”. 中東・イスラーム諸国の政治変動. NIHUプログラム現代中東研究・政治変動研究会. 2020年5月30日閲覧。
  21. ^ “イラク大統領、総選挙の早期実施を表明” (日本語). 日本経済新聞. (2019年11月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51698900R01C19A1FF8000/ 2020年5月30日閲覧。 
  22. ^ Foreign Policy:The List: The World’s Worst Currencies(2007年6月16日時点のアーカイブ
    “世界で最も価値の低い通貨トップ5”. GIGAZINE. (2007年6月19日). http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070619_worlds_worst_currencies/ 
  23. ^ Alnasrawi, Abbas (1994). The Economy of Iraq: Oil, Wars, Destruction of development and Prospects, 1950–2010. ABC-CLIO. p. 80. ISBN 0-313-29186-1 
  24. ^ Alnasrawi 1994 , p. 80
  25. ^ トリップ(2004) 406ページ
  26. ^ イラク鉄道に中国製の新型高速列車”. WIRED (2014年3月24日). 2018年8月28日閲覧。
  27. ^ A Guide to Name and Naming Practices, March 2006.
  28. ^ a b Iraq”. CIA Factbook. 米国中央情報局. 2015年5月6日閲覧。
  29. ^ IRAQ: Christians live in fear of death squads”. IRIN Middle East. IRIN (2006年10月19日). 2013年10月21日閲覧。
  30. ^ The world fact book”. CIA. 23 October, 2015閲覧。






イラクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「イラク」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イラクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イラクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS