イギリスの鉄道 貨物輸送

イギリスの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/13 14:12 UTC 版)

貨物輸送

66形牽引のコンテナ貨物列車

鉄道貨物輸送部門の民営化は、民間会社に直接売却される形で行われた。車扱貨物を扱う3部門はイングリッシュ・ウェルシュ・スコティッシュ鉄道(English, Welsh and Scottish Railway: EWS)となり[6]、コンテナ輸送を扱う部門はフレートライナー社が継承している[6]

その他にはGBレールフレート(GBRf)[16]、核廃棄物輸送を主とするダイレクト・レール・サービス(DRS)[17]、砕石輸送のメンディップ・レール[18]など、複数の輸送会社が存在する。

車両リース事業

フランチャイズの期限がある旅客列車運行会社は車両への巨額な投資が困難なため[5]、車両を保有し運行会社に貸し付ける車両リース会社(ROSCOs)が設立された[10]。エンジェル・トレインズ (Angel Trains)、HSBCレール (HSBC Rail。後のエバーショルト、Eversholt Rail Group)、ポーターブルック (Porterbrook)の3社があり、いずれも銀行など金融機関の傘下にある[6]。ほか、短期リース契約を行う小規模会社も存在する。

保存鉄道

タリスリン鉄道

イギリスには多数の保存鉄道がある。最初の保存鉄道は狭軌のタリスリン鉄道[19]、イギリス初の標準軌の保存鉄道はブルーベル鉄道である[20]


  1. ^ a b c d 『最新 世界の鉄道』2005年、6頁
  2. ^ 『最新 世界の鉄道』2005年、158頁
  3. ^ a b c d e 『最新 世界の鉄道』2005年、159頁
  4. ^ 「鉄道再生による新たな交通システムの構築を目指す英国の取り組み」2001年、3頁
  5. ^ a b c d e f g h i 『最新 世界の鉄道』2005年、162頁
  6. ^ a b c d e f g (最新世界の鉄道2005, p. 165)
  7. ^ 『最新 世界の鉄道』2005年、166頁
  8. ^ http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/7641094.stm
  9. ^ 小役丸幸子「イギリス鉄道西海岸線の改良について
  10. ^ a b c d 『最新 世界の鉄道』2005年、164頁
  11. ^ イギリス鉄道の電化計画
  12. ^ 柳川.播磨.吉野(2007), p. 60.
  13. ^ 柳川.播磨.吉野(2007), p. 61.
  14. ^ 「世界の鉄道」NHK取材班
  15. ^ イギリス ロンドン 日本地下鉄協会
  16. ^ GB Railfreight swyx
  17. ^ EXCLUSIVE: Inside Direct Rail Services Rail Magazine
  18. ^ Mendip Rail Britain Runs On Rail
  19. ^ 古き良き時代にタイムスリップできる「英国式保存鉄道」の魅力 ライブドアニュース
  20. ^ Bluebell Railway History





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イギリスの鉄道」の関連用語

イギリスの鉄道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イギリスの鉄道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリスの鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS