アラゴン語 アラゴン語の概要

アラゴン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 15:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
アラゴン語
aragonés, luenga aragonesa
話される国 スペイン
地域 アラゴン州
話者数 1万人[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
統制機関 Academia d'a Luenga Aragonesa
言語コード
ISO 639-1 an
ISO 639-2 arg
ISO 639-3 arg
アラゴン州の地図(灰色:アラゴン語が話されている地域)
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
テンプレートを表示

名称

この言語のもっとも一般的で公式な名称はアラゴン語(l'aragonés)で、現地においても、また国際的にもこの名称で知られる。文献学の伝統では、ナバーラ・アラゴン語(navarroaragonés)とも呼ばれるが、この術語はもっぱら中世の言語についてのものである。現代の文献学ではそれぞれ中世ナバーラ語、中世アラゴン語と区別することも多い。

ファブラ・アラゴネサ(fabla aragonesa)または単にファブラ(fabla)は20世紀の最後の四半世紀に広まった名称で、これは西部の地域変種に対して使用されていたものである。

またアルト・アラゴン語(altoaragonés)とも呼ばれるが、この名称は現在主流とはなっていない[2][3]

2013年に採択されたアラゴン言語法スペイン語版ではピレネーおよび沿ピレネー地域の固有アラゴン語(Lengua aragonesa propia de las áreas pirenaica y prepirenaica)という語を使用している。

また、それぞれの地域においてはさまざまな変種を示す名称が使用されている。

アラゴン語の歴史

アラゴン語の起源は8世紀にさかのぼり、ピレネー山脈でのラテン語方言の一つとして、バスク語のような言語を下層として形成された。初期のアラゴン王国(アラゴン、ソブラルベ、リバゴルサの三国からなる)は徐々に山地から南方へ拡張し、レコンキスタによってイスラム教徒をさらに南に押しやり、アラゴン語を広めた。

カタルーニャ諸国とアラゴン王国との連合により、12世紀にアラゴン連合王国が成立したが、カタルーニャとアラゴンの2地域の言語は統一されることはなかった。東ではカタルーニャ語、西ではアラゴン語が話され続けた。イスラム教徒から奪還した土地(バレアレス諸島バレンシアの新王国)に広がっていったのは、カタルーニャ語のほうであった。アラゴン王国による南方へのレコンキスタはムルシア王国で終わり、ムルシアはハイメ1世によってアラゴン王女の持参金としてカスティーリャ王国に割譲された。

現在スペイン語と呼ばれるカスティーリャ語のこの地域への拡大と、トラスタマラ家がカスティーリャに起源を持つこととは、アラゴン語とカスティーリャ語との関係と強く結び付いており、やがてそのことはアラゴン語の暫時的な衰退をもたらすことになる。アラゴン語の歴史において転換点の一つとなったのは、15世紀にアラゴン王国の王にカスティーリャ王家(トラスタマラ家)出身のフェルナンド1世(アンテケーラのフェルナンドとして知られる)が選ばれたことであった。

アラゴンとカスティーリャが連合し、16世紀以降には次第に自治が認められなくなったため、アラゴン語は広く使われているにもかかわらず、地方での話し言葉に限定されるようになった。貴族階級はスペイン語を権力の象徴としたのである。アラゴン語への抑圧は、20世紀においてフランコ政権のもとで頂点を迎えた。学校でアラゴン語を話した生徒は体罰を受け、フランコ政権の言語政策によってスペイン語以外の言語を教えることは禁じられた。

1978年に承認された民主的な憲法は、アラゴン語による文学作品やアラゴン語の研究の増進をもたらした。しかし、この言語にとってあまりに遅すぎたであろう。

特徴

アラゴン語は、ピレネー山脈の南側で話されており、フランスに地理的に近いため、ガロ・ロマンス語との共通点を多く持つ。たとえば、複合完了時制を構成する助動詞はフランス語などと同様、averとestarを使い分ける。また、いわゆる繋辞動詞はestarのみで、この点もserとestarを使い分けるカスティーリャ語とは異なる。しかし、定冠詞はo、os、a、asで、イベリア半島西部のガリシア語、ポルトガル語と同じ形式となっている。


  1. ^ Aragonese”. SIL (n.d.). 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ Altoaragonés en la [Gran Enciclopedia Aragonesa.
  3. ^ Aragonés en [ethnologue].
  4. ^ Nagore, Francho; Gimeno, Chesús (1989). El aragonés hoy. Informe sobre la situación actual de la lengua aragonesa. Huesca: IberCaja/Publicazions d'o Consello d'a Fabla Aragonesa 
  5. ^ Nagore, Francho (1989). Gramática de la Lengua Aragonesa. Zaragoza: Mira Editores 


「アラゴン語」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラゴン語」の関連用語

アラゴン語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラゴン語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラゴン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS