アフリカ 概要

アフリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 16:43 UTC 版)

概要

地理的には地中海を挟んでヨーロッパの南に位置する。 赤道を挟んで南北双方に広い面積を持つ唯一の大陸でもあり、それに伴って多様な気候領域がある[4]。面積は3020万平方キロメートルで、地球表面の6%、陸地全体の20.4%を[5]、人口は約10億人、世界人口比では14.72%を占める。2011年3月現在、島嶼を含めて54の独立国がある(西サハラを含めると55カ国)。経済成長率は2010年に約5.0%、2011年予測は5.5%である[6]

アフリカはアフリカ単一起源説からヒトの起源とされ、エチオピアからは20万年前のホモ・サピエンスの化石が発見され[7]世界遺産南アフリカの人類化石遺跡群人類発祥の地と呼ばれている。アフリカは、かつてヨーロッパ諸国から「暗黒大陸」と未開の地のように呼ばれたが、ヨーロッパに知られていなかった(あるいはその存在を認めようとしなかった)だけで、実際にはヨーロッパより古い歴史と文明があった。

アフリカの地理的区分ではサハラ砂漠が大きな境界となり、サハラ砂漠より南を「サブサハラアフリカ」と呼ぶ場合もある。また、北アフリカ、中部アフリカ、東アフリカ、南部アフリカ、西アフリカに分ける区分もある。

語源

当初は、サハラ砂漠以北の地域をさす言葉であった。正確な語源ははっきりとはわからないが、有力説としては、現在のチュニジアに当たるカルタゴ近郊の北部アフリカに居住していたセム系部族を指す「Afri」(アフリ)と推測される。この言葉はフェニキア語の「afar」(「dust」の意)に結びつけられがちだが、1981年にはベルベル語の「洞窟に住む人々」を指す「ifri」が転じたものという仮説が提示された[8]。これら「afar」[8]「ifri」「Afri」は現在のアルジェリアおよびリビアに住むベルベル人のことである[9]。ほかに、カルタゴ人が使っていたファラカ(faraqa:植民地の意)の変形または転訛という説や先住民の一部族アフェル(Afer、複数形Ifei)に由来するという説もある[10]。他にも様々な仮説が提唱されており、歴史家レオ・アフリカヌス(1488年 - 1554年)は、ギリシア語の「phrike (φρίκη)」(「寒い」または「怖い」の意)に否定を意味する接頭辞 a-(α-)が上接し、寒さや恐れが無いところを意味する「aphrike (Αφρική)」となったと主張した。またジェラルド・マッセイen:Gerald Masseyは1881年に、エジプト語の「af-rui-ka」が語源だとの仮説を発表した。それによると、「af-rui-ka」は「カーの始まりに回帰する」を意味する。この「カー」は「すべての人々」と、カーの始まりという用法で「子宮・生誕地」両方の語源である。エジプト人にとってアフリカとはまさに「誕生したところ」を意味する[11]

起源が上述のいずれの説であるにしろ、ローマ時代、カルタゴがアフリカ属州になると、ラテン語で「アフリカ人の土地」を表す「Africa terra」[12](「-ca」は形容詞化接尾辞女性形)から「Africa」という語形が生じた。これが現在の『アフリカ』という言葉の直接の始まりである。その後、サハラ砂漠以南についての人類の知見が広がるに従い、サハラ砂漠の南北を含めて一つの大陸の名となった。

アイルランド語の女性名 AifricAfrica と英語化されるが、地名とは関係が無い。

歴史

アフリカの形成

アフリカの古竜脚類/基盤的竜脚形類であるマッソスポンディルス

中生代初期、アフリカは他の大陸と同じく超大陸パンゲアを形成した[13]。その状況下で、獣脚類竜脚形亜目また原始的な鳥盤類が、三畳紀終わり頃まで繁殖していた。これらの化石はアフリカのいたるところで発見され、特に南部で顕著に見られる[13]。三畳紀とジュラ紀を分ける地球規模の絶滅を示す発掘は、アフリカではあまり行われていない[13]

初期ジュラ紀の地層は三畳紀後期と重なって分布し、南部で多く露頭する。しかし化石層は南部では少なく、北に行くほどその数は優勢になってゆく[13]。ジュラ紀には、アフリカでは竜脚下目鳥脚目などの恐竜が広い範囲で隆盛を極めた[13]。中期の研究はあまり進んでいない[13]。後期も発掘は遅れている[13]が、数少ない例外に当るタンザニアのテンダグル層(en)では、北アメリカ西部で見つかったモリソン層(en)の古生物学的様相(en)と非常に近似したところが見られた[13]

スピノサウルスはアフリカを代表する肉食恐竜である。

1億6千年前-1億5千年前の中生代の中頃、ゴンドワナ大陸には後のインド亜大陸マダガスカルが繋がっていた。そのため、マダガスカルからはアベリサウルス(en)やティタノサウルス上科(en)の化石が発見される[13]。 その後、白亜紀初期にインドとマダガスカルは分離を始め、後期にはこの2つの陸塊も分離して現在に至る[13]。中生代、マダガスカルとアフリカ大陸の相対的な位置には変化が無かった。その一方でパンゲア大陸そのものの変化は進行し、白亜紀後期の始まり頃には南アメリカがアフリカから分離し、南大西洋が形成された[13]。この出来事は海流の変動を呼び、地球規模の気候形成に影響を与えた[13]

この白亜紀には、アロサウルス類(en)や最大の肉食恐竜として知られているものを含むスピノサウルス類(en)などが繁栄していた[13]ティタノサウルス属(en)は当時の生態系の重要な草食動物であった[13]。アフリカでは、発掘された白亜紀の遺物は多いがジュラ紀のそれは少なく、今後の調査が待たれる[13]

先史時代

アウストラロピテクス・アファレンシスルーシー。この骨は1974年11月24日、エチオピアのアファール盆地アワッシュ川下流域で発見された。

ほとんどの古人類学者は、人類はアフリカで生まれたという説を採っている[14][15]。アフリカは大陸移動や地殻変動から、大規模な気候変動を繰り返していた。人類の発生は約4000万年前に遡る東部での隆起帯が形成され、乾燥化が進展したことが要因にあると考えられる。「イーストサイドストーリー」では、豊かなコンゴ盆地森林から一部のサルが乾燥したサバンナへ分かれ、進化が始まったという[16]

南アフリカのヨハネスブルグ北部などが人類が初めて住んだ場所と考えられる[14]。20世紀中頃には、人類学者たちは既に700万年以上古い人類の化石や生存の証拠類を発見していた。化石は、いく種もの類人猿に近い人類のものが発見され、放射年代測定から紀元前390-300万年頃に生きたと考えられるアウストラロピテクス・アファレンシス[17]や紀元前230-140万年頃のパラントロプス・ボイセイ(en)[18]、紀元前190-60万年頃のホモ・エルガステル[5]が人類へ進化したと推察される。先史時代、他の大陸と同様にアフリカに住む人類は、国家を持たず、現代のコイコイ人サン人のように狩猟採集社会の集団をつくって生活していた[19][20][21]

アフリカはおおまかに、氷河期に乾燥して砂漠が拡大し、間氷期には森林が拡大するという循環を繰り返していた。20000年前頃には拡大をしていたサハラ砂漠は、12000年前頃には縮小に転じ、森林地帯の広がりとともにチャド湖など湖水の面積も大きくなった。この北部アフリカの「緑のサハラ」地域で人類は、狩猟や漁撈またの牧畜[22]なども行っていた。

しかし5000年前頃から乾燥化が急速に始まり[23]、砂漠の拡大と生存可能域の縮小に伴って人類は熱帯性気候の西[23]や南、ナイル川流域などに移住した[16]

エジプト・地中海文明の発生

アフリカを歴史的、文化的に大きく区分すると、北アフリカの文化圏、西アフリカの文化圏、東アフリカの文化圏に区分される。東アフリカがコプト教のエチオピアとイスラム教のインド洋沿岸部と大きく区分されるほかは、西アフリカで独特なアニミズムの伝統が濃厚に残ってきたにもかかわらず、イスラム文化圏であったことが共通している。

アフリカの地図(G. and I. Blaeuによる1648年の地図) ポルトガル人のヴァスコ・ダ・ガマがインド洋航路を発見した150年後に制作された。海岸線は正確だが、内陸部、特に河川の流路に関する情報が極端に不足していたことが分かる。例えばナイル川が南部アフリカに達しており、ニジェール川の流路は全く異なっている。冒頭の地図と比較されたい。

最古の史料が残っているのはファラオによる支配が始まったナイル川流域の古代エジプト王国であり、紀元前3300年頃の文字記録が発見されている[24]。これは世界最古の文明の一つで[25][26]ヒエログリフから派生したワディ・エル・ホル文字と原シナイ文字原カナン文字)は世界の殆どのアルファベットの起源になったとされる。紀元前2900年頃、メネス王が上下エジプトを統一して以来、古王国時代に築かれたピラミッドでも世界的に知られている。紀元前1000年頃には製鉄技術が北アフリカにも伝播し、急速に広がってブラックアフリカ北部まで鉄器が使われるようになった[27]

一方、チュニジアでも紀元前800年頃にフェニキアの植民都市としてカルタゴが築かれ、経済大国となった。紀元前146年にカルタゴは共和政ローマに滅ぼされ、ローマ支配下のアフリカ属州となった。5世紀、ローマ帝国が弱体化し、ゲルマン民族の大移動の時代に、チュニジアでは、ヴァンダル族が、429年、カルタゴの故地にヴァンダル王国を建設したが、地中海世界の再統一に燃える東ローマ帝国によって534年に滅ぼされた。しかし、東ローマ帝国の北アフリカ支配も長くはなく636年、パレスチナのヤルムク河畔で、日ののぼる勢いのイスラム帝国正統カリフ)に敗れると、エジプトを奪われ、北アフリカはウマイヤ朝時代にイスラム勢力の支配下に入った。アッバース朝時代に勢力争いで、ハールーン=アッラシードに敗れたイドリースは、マグリブ(現モロッコ)の地へ逃げて、フェズイドリース朝を開いた。9世紀以降、アッバース朝カリフは、800年にチュニジアのアグラブ朝、868年にエジプト総督代理のイブン=トゥルーンが築き、フマーラワイフが貢納を条件にエジプト総督を世襲して事実上エジプト独自のイスラム王朝となったトゥルーン朝、トゥルーン朝滅亡後、やはりエジプト総督のイブン=トゥグジュにイフシードの称号を与えるとともに大幅な自治を認め、イフシード朝の建国(935年)を許すなど分裂傾向を強めた。

西アフリカ・北アフリカ

1625年の西アフリカ

西アフリカでは、紀元前900年にさかのぼるといわれる土偶と製鉄技術をもったノク文化がナイジェリアの北部で生まれ、土偶の様式は、アフリカ中部から南部の彫刻に大きな影響をあたえた。ナイジェリアでは、9-10世紀のやイボ文化英語版イボ=ウクゥ遺跡英語版イボ=ウクゥ英語版)、10-13世紀のヨルバ文化英語版イフェ)、14-18世紀のベニン王国が繁栄し、優れた青銅製品で知られている。また西アフリカでは、紀元前500年頃に金属加工技術が到達したが、さらなる拡大は紀元後になった。エジプトやヌビア、エチオピアなど紀元前500年頃に製作された北部アフリカの青銅器が西アフリカで発掘されている。これは当時からサハラ交易が行われていた事を示す[23]。この交易を背景に繁栄したのがセネガル川上流とニジェール川上流に4世紀にさかのぼるといわれるガーナ王国であり、11世紀後半まで岩塩と金の中継貿易で興隆を誇った。その後、交易路の東漸に伴って、マリ帝国がニジェール川上流のニアニ首都とし湾曲部のトンブクトゥを版図に含んで13-15世紀前半まで繁栄、ソンガイ帝国が15世紀後半から16世紀にかけて、ニジェール川湾曲部を中心にナイジェリア北部のハウサ諸国を従え、マリ帝国を屈服させてその版図の大部分を奪い、ほぼ西スーダンを統一する広大な版図を誇った。

一方、西スーダンのこのような王国のサハラ越えの隊商による交易に利害のあった北アフリカ西部、マグリブにもベルベル人によって11世紀中葉-12世紀中葉にムラービト朝、12世紀中葉-13世紀頃にムワッヒド朝、13-15世紀にマリーン朝という強力なイスラム王朝が建てられた。特にムラービト朝は、ガーナ王国を滅ぼしたことで知られる。ソンガイ帝国は、1590年に、16世紀中葉にモロッコで興った強力なサアド朝(サーディ朝)に攻め滅ぼされた。イフリーキヤと呼ばれたチュニジアも、909年にアグラブ朝を倒して、ファーティマ朝が興ると、926年には西隣のイドリース朝を滅ぼした。969年に、エジプトに東遷して、イフシード朝を滅ぼすと、北アフリカの統一を完成し、新首都カイロに遷都(973年)して、カリフを称した。西カリフ国と呼ばれたイベリア半島後ウマイヤ朝に比して、中カリフ国と呼ばれた。エジプトではその後対十字軍戦争で活躍したサラディンによるアイユーブ朝、そのもとで実力をつけたバフリーヤなどのマムルークの力によって建国されたマムルーク朝が続く。一方、イフリーキヤでは、13世紀前半にムワッヒド朝から独立したハフス朝があり、これらの強力な王朝のもとで優れたイスラム建築が多数建設され、町並みが世界遺産に登録されているものも数多い。しかし、1517年にマムルーク朝、1574年にハフス朝がオスマン帝国によって併合される。

モロッコ、アルジェリア、チュニジアなどの北アフリカの北西部に位置するアラブ諸国はマグリブと呼ばれ、マシュリク(日の昇るところ、東方)に対して西方、すなわち、時と場合によってはリビアやモーリタニアも含められる。ただし、モーリタニアの南部は、歴史的に西スーダンのガーナ王国の中心部で、マリ帝国の版図に属していたことから、通常は西アフリカに区分される。

東アフリカ・南アフリカ

東アフリカの北部にあたるエチオピアでは、4世紀にコプト教を国教としたアクスム王国が、ギリシャ、ローマ帝国、そして東ローマ帝国との交流をもち、紅海貿易で繁栄した。11世紀頃にザグウェ朝が興り、世界遺産になっているラリベラの岩窟教会群が造られた。沿岸部では、イスラム商人によるインド洋交易がさかんで、モガディシオキルワ、マリンディなどの港湾都市が繁栄した。交易路は、モザンビーク南部の港町ソファラからジンバブエザンベジ川流域、リンポポ川流域にまで及び14-15世紀にショナ人によるモノモタパ王国象牙の輸出で繁栄した。モノモタパ王国の首都と目されるグレート・ジンバブエ遺跡からは、中国(代)の青花などの陶磁器インド綿製品、インドネシアの数珠玉、ペルシャなどの出土がみられ、当時の交易が盛んであったことを物語っている。モノモタパ王国が衰退すると、ロズウィ王国英語版(1660年 - 1866年)が19世紀半ばまでジンバブエの地を支配した。

奴隷貿易

ベナンウィダーにある「帰らずの門」。この門をくぐって奴隷船に積み込まれた奴隷たちは、故郷を見ることは二度となかった

長い間アフリカは、奴隷制度に蝕まれてきた[28][29]。7世紀から20世紀に至るまでアラブ世界への奴隷貿易は継続して行われ、1800万人がサハラ交易やインド洋貿易で取引された。大航海時代を迎えたヨーロッパのアフリカ進出は金が目的だったが、既にアラブ諸国への交易路が形成されていることを知ると、対象を奴隷の確保に変えた[30]。15世紀から19世紀までの500年にはアメリカ州向けの奴隷貿易(en)が行われ、700-1200万人が新世界の奴隷として輸出された[28][31][32]

1820年代、西アフリカは大西洋航路の奴隷貿易が衰退し、地域の経済活動に変革を迫られた。ヨーロッパや新世界における奴隷制度廃止運動の沸きあがりに応じたジリ貧や、海岸部でのイギリス海軍駐留数の増加は、アフリカ諸国に新しい経済体制の選択をさせた。1808年から1860年の間に、イギリスの西アフリカ小艦隊(en)は約1600隻の奴隷船を拿捕し、15万人のアフリカ人を解放した[33]

また、奴隷貿易非合法化に抵抗する指導者層に対しても行動を起こし、例えば1851年「ラゴスの略奪王 (the usurping King of Lagos)」攻略などが挙げられる。反奴隷貿易の協定はアフリカ50カ国以上の国々で締結された[34]。この動きに、国力があったアシャンティ王国ダホメ王国、オヨ王国(en)は順応する動きを取り、アシャンティやダホメはパーム油カカオ、ランバー材(en)や金など、現在の主力でもある商品輸出という「合法的な通商」へ転換した。しかしオヨ王国は適応できず、内戦の末に崩壊した[35]

アフリカ分割

アフリカの地図 1890年

19世紀後半には、アメリカ解放奴隷が建国したリベリア第一次エチオピア戦争で独立を維持したエチオピアを除いて、ヨーロッパ諸国によるアフリカ分割が行われ[30]、西アフリカの小王国が滅ぼされた。このとき国境線が民族や宗教に関係なく勝手に引かれたため、後の民族紛争の原因ともなった[36]緯線経線を基準に引かれていることが多い。

脱植民地化

ヨーロッパ列強の帝国主義第二次世界大戦以降も続いたが、次第に弱まってアフリカ諸国の独立への機運が高まった。1951年にはリビアがイタリアから、1956年にはチュニジアとモロッコフランスから独立を果たした[37]。翌年にはガーナが続き[38]、サブサハラ初の脱植民地を成した。

1960年のいわゆる「アフリカの年」ごろからヨーロッパの植民地から次々に独立国が誕生したが[30]独裁政治の発生や内戦などの問題を抱えつつ今日に至っている。なお、政治的統合をして、新植民地主義への対抗や民主主義の促進、アフリカ地域の国際的地位向上などを目指し1963年5月に発足したアフリカ統一機構(OAU)が、2002年7月9日には発展解消してアフリカ連合が成立した[30]。これは、個々の国を超えた枠でのアフリカ政治の中心的役割を担い、今日でも紛争、貧困、エイズなど山積みする問題の解決や国際的地位の向上を目指している[30]


注釈

出典

  1. ^ Gudmastad, Ericha (2013年). “2013 World Population Data Sheet (PDF)”. www.prb.org. Population Reference Bureau. 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ Composition of macro geographical (continental) regions, geographical sub-regions, and selected economic and other groupings” (英語). 国際連合. 2015年2月23日閲覧。
  3. ^ a b 「【アフリカ】」『広辞苑岩波書店、1999年、第五版第一刷、70頁。ISBN 4-00-080113-9
  4. ^ Visual Geography. “Africa. General info” (英語). 2011年3月1日閲覧。
  5. ^ a b Sayre, April Pulley. (1999) Africa, Twenty-First Century Books. ISBN 0-7613-1367-2.
  6. ^ WEO Oct. 2010 (PDF)” (英語). International Monetary Fund. 2011年3月1日閲覧。
  7. ^ The Oldest Homo sapiens” (英語). ユタ大学. 2011年3月1日閲覧。
  8. ^ a b The Berbers, by Geo. Babington Michell, p 161, 1903, Journal of Royal African people book on ligne
  9. ^ Itineraria Phoenicia, Edward Lipinski, Peeters Publishers, p200, 2004, ISBN 90-429-1344-4 Book on ligne
  10. ^ 鷹木恵子「地中海世界・アフリカ世界・中東世界の中のチュニジア」/ 鷹木恵子編著『チュニジアを知るための60章』明石書店 2010年 18ページ
  11. ^ 'Nile Genesis:the opus of Gerald Massey'”. Gerald-massey.org.uk (1907年10月29日). 2011年3月1日閲覧。
  12. ^ ランダムハウス英和大辞典「Africa」の項。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Jacobs, Louis L. (1997). "African Dinosaurs." Encyclopedia of Dinosaurs. Edited by Phillip J. Currie and Kevin Padian. Academic Press. pp. 2–4.
  14. ^ a b Genetic study roots humans in Africa” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  15. ^ Wet Weather. “Migration of Early Humans From Africa Aided” (英語). Science Daily. 2011年3月1日閲覧。
  16. ^ a b 門村浩/東京都立大学 (1949-2011)名誉教授. “アフリカの森の変遷‐長期の気候変動から‐”. 明治学院大学国際学部付属研究所. 2012年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  17. ^ Kimbel, William H. and Yoel Rak and Donald C. Johanson. (2004) The Skull of Australopithecus Afarensis, Oxford University Press US. ISBN 0-19-515706-0.
  18. ^ Tudge, Colin. (2002) The Variety of Life., Oxford University Press. ISBN 0-19-860426-2.
  19. ^ Ivan van Sertima. (1995) Egypt:Child of Africa/S V12 (Ppr), Transaction Publishers. pp. 324–325. ISBN 1-56000-792-3.
  20. ^ Mokhtar, G. (1990) UNESCO General History of Africa, Vol. II, Abridged Edition:Ancient Africa, University of California Press. ISBN 0-85255-092-8.
  21. ^ Eyma, A. K. and C. J. Bennett. (2003) Delts-Man in Yebu:Occasional Volume of the Egyptologists' Electronic Forum No. 1, Universal Publishers. p. 210. SBN 1-58112-564-X.
  22. ^ Diamond, Jared. (1999) "Guns, Germs and Steel:The Fates of Human Societies. New York:Norton, pp.167.
  23. ^ a b c O'Brien, Patrick K. (General Editor). Oxford Atlas of World History. New York:Oxford University Press, 2005. pp.22–23
  24. ^ Were Egyptians the first scribes?” (英語). BBC News Sci/Tech. 2011年3月1日閲覧。
  25. ^ Hassan, Fekri A. (2002) Droughts, Food and Culture, Springer. p. 17. ISBN 0-306-46755-0.
  26. ^ McGrail, Sean. (2004) Boats of the World, Oxford University Press. p. 48. ISBN 0-19-927186-0.
  27. ^ Martin and O'Meara. "Africa, 3rd Ed." Indiana:Indiana University Press, 1995. [1]
  28. ^ a b Historical survey > Slave societies” (英語). Encyclopædia Britannica. 2011年3月1日閲覧。
  29. ^ Robert Caputo. “Swahili Coast” (英語). National Geographic. 2011年3月1日閲覧。
  30. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.17-19、奴隷貿易、アフリカ分割を乗り越えて独立へ
  31. ^ Focus on the slave trade” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  32. ^ Transformations in Slavery:A History of Slavery in Africa p 25 by Paul E. Lovejoy
  33. ^ Jo Loosemore. “Sailing against slavery” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  34. ^ The West African Squadron and slave trade” (英語). Pdavis.nl. 2011年3月1日閲覧。
  35. ^ Simon, Julian L. (1995) State of Humanity, Blackwell Publishing. p. 175. ISBN 1-55786-585-X.
  36. ^ 地名の世界地図 (2000)、第8章、pp.190-193、勝手に線引きされた国境
  37. ^ Lucien Bély, History of France. Editions Jean-paul Gisserot. 2001. page 118
  38. ^ Ernest Aryeetey, Jane Harrigan and Machiko Nissanke, Economic reforms in Ghana:the miracle and the mirage. Africa World Press. 2000. page 5
  39. ^ a b レッカ (2011)、pp.20-23、アフリカの地形と気候
  40. ^ Lewin, Evans. (1924) Africa, Clarendon press.
  41. ^ a b (1998) Merriam-Webster's Geographical Dictionary (Index), Merriam-Webster. pp. 10–11. ISBN 0-87779-546-0.
  42. ^ Drysdale, Alasdair and Gerald H. Blake. (1985) The Middle East and North Africa, Oxford University Press US. ISBN 0-19-503538-0.
  43. ^ Atlas - Xpeditions @ nationalgeographic.com”. National Geographic Society (2003年). 2011年3月1日閲覧。
  44. ^ a b c 浜口博之. “日本火山学会第5回公開講座・1:アフリカの火山・東北の火山”. 京都大学生態学研究センター. 2012年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  45. ^ a b 武山智博/東北大学大学院理学研究科教授. “安定同位体を用いたダンガニイカ湖シクリッドの食物網の解明”. 日本火山学会. 2011年3月1日閲覧。
  46. ^ レッカ (2011)、pp23、ときには氷点下を記録する砂漠気候
  47. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.28-31、紛争によって国を追われる難民
  48. ^ a b c d 内田しのぶ. “アフリカにおける開発経済学 (PDF)” (日本語). 香川大学経済学部経済政策研究. 2011年3月1日閲覧。
  49. ^ 勝村務 (2006年). “世界経済論の焦点としてのアフリカ (PDF)” (日本語). 筑波学院大学紀要. 2011年3月3日閲覧。
  50. ^ レッカ (2011)、pp.244-245、第8章 北アフリカ 序文
  51. ^ a b IMF:World Economic Outlook Database” (英語). 国際通貨基金. 2011年3月3日閲覧。
  52. ^ The Global Financial Centres Index 9
  53. ^ 平成19年度の県民経済計算について (PDF)” (日本語). 内閣経済社会総合研究所. 2011年3月3日閲覧。
  54. ^ Richard Sandbrook, The Politics of Africa's Economic Stagnation, Cambridge University Press, Cambridge, 1985 passim
  55. ^ Human Development Report” (英語). 国際連合. 2011年3月1日閲覧。
  56. ^ 絶対的貧困と相対的貧困” (日本語). CSR Magazine. 2011年3月1日閲覧。
  57. ^ The developing world is poorer than we thought, but no less successful in the fight against poverty (PDF)” (英語). World Bank. 2011年3月1日閲覧。
  58. ^ Economic report on Africa 2004:unlocking Africa’s potential in the global economy, (Substantive session 28 June-23 July 2004) (Microsoft Word.doc)” (英語). 国際連合. 2011年3月1日閲覧。
  59. ^ Neo-Liberalism and the Economic and Political Future of Africa”. Globalpolitician.com (2005年12月19日). 2010年5月18日閲覧。
  60. ^ Capitalism – Africa – Neoliberalism, Structural Adjustment, And The African Reaction”. Science.jrank.org. 2011年3月1日閲覧。
  61. ^ Africa:Developed Countries' Leverage On the Continent” (英語). all Africa .com. 2011年3月1日閲覧。
  62. ^ Africa, China's new frontier” (英語). The Times Online. 2011年3月1日閲覧。
  63. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/5209428.stm DR Congo poll crucial for Africa” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  64. ^ China tightens grip on Africa with $4.4bn lifeline for Guinea junta” (英語). The Times Online. 2011年3月1日閲覧。
  65. ^ Ilmas Futehally. “The African Decade?” (英語). Strategic Foresight Group. 2011年3月1日閲覧。
  66. ^ 岡崎研究所. “中国がアフリカを新たに植民地化?” (英語). WEDGE Infinity. 2018年7月24日閲覧。
  67. ^ ハフポスト. “「アフリカの工業化」を打ち出した「中国の新戦略」への評価” (日本語). 2016年1月20日閲覧。
  68. ^ Africa Can Feed Itself in a Generation, Experts Say.” (英語). Science Daily. 2011年3月1日閲覧。
  69. ^ Nature laid waste:The destruction of Africa” (英語). The Independent. 2011年3月1日閲覧。
  70. ^ Deforestation reaches worrying level – UN” (英語). Africa News. 2011年3月1日閲覧。
  71. ^ Forests and deforestation in Africa – the wasting of an immense resource” (英語). afrol News. 2011年3月1日閲覧。
  72. ^ Terrestrial Ecoregions – Madagascar subhumid forests (AT0118)” (英語). National Geographic. 2011年3月1日閲覧。
  73. ^ Africa Population Dynamics”. 2011年3月1日閲覧。
  74. ^ The World Balance Population” (英語). Western Kentucky University. 2011年3月1日閲覧。
  75. ^ Kingsley Kobo. “Africa's population now 1 billion” (英語). Africa News. 2011年3月1日閲覧。
  76. ^ 梶茂樹/京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授. “共生社会を生きるアフリカの言語と社会 (PDF)” (日本語). 大阪大学グローバルCOEプログラム. 2011年3月1日閲覧。
  77. ^ a b c 溝口大助 櫻井義秀 ・平藤喜久子(編)「アフリカの宗教」『よくわかる宗教学』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2015年、ISBN 9784623072750 pp.106-107.
  78. ^ a b c d レッカ (2011)、pp.84-85、アフリカ宗教分布MAP
  79. ^ レッカ (2011)、p.86、シャーマンと呪術
  80. ^ Regional overview on sub-Saharan Africa (PDF)” (英語). 国際連合教育科学文化機関. pp. 1. 2011年3月1日閲覧。
  81. ^ アフリカ開発のための新パートナーシップ” (日本語). 外務省. 2011年3月1日閲覧。
  82. ^ Web sites related to change for good in africa” (日本語). website.informer.com. 2011年3月1日閲覧。
  83. ^ The State of Food Insecurity in the World 2008
  84. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.26-28、不足する医療と増加するHIV感染者
  85. ^ 2008 Report on the global AIDS epidemic
  86. ^ a b c レッカ (2011)、pp.240-241、アフリカ料理MAP
  87. ^ レッカ (2011)、p.142、アフリカ音楽と楽器
  88. ^ アルテ (1999)、pp.42-45、第二章 美術史の時代区分と領域 Ⅱ.先史時代と古代 1.エジプト芸術
  89. ^ アルテ (1999)、pp.80-82、第二章 美術史の時代区分と領域 Ⅳ.非西欧の緒芸術 4.アメリカ、アフリカ、オセアニアの各大陸の芸術
  90. ^ 地名の世界地図 (2000)、第8章、pp.186-188、黒い人の国
  91. ^ a b c d e f g h i j k l アフリカ諸国における産業財産権の保護・活用状況、及びアフリカ諸国への知財分野におけるキャパシティビルディング支援のあり方に関する調査研究報告書 (PDF)” (日本語). 社団法人 日本国際知的財産保護協会. 2011年3月1日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アフリカ」に関係したコラム

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アフリカ」の関連用語

アフリカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アフリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアフリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS