アフリカ 地理

アフリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 16:43 UTC 版)

地理

現在のアフリカ

北は地中海、西は大西洋、東はインド洋および紅海に面する[39]。南端のアガラス岬で大西洋とインド洋が接する。南北約8,000km[40]、東西約7,400km[41]。海岸線は総延長26,000kmである[41]。かつてはスエズ地峡によりユーラシア大陸とつながっていたが、現在ではスエズ運河が開通して分断され[42]、この運河がアフリカとアジアの境界と受け取られる場合もある[43]

大陸北側に世界最大の砂漠であるサハラ砂漠をもち、これによって大陸は大きく二つに分けられる。また大陸東部にはパンゲア大陸がゴンドワナローラシア大陸に分裂したときの名残である2,000kmの隆起地帯(ドーミング)と、それを東西に切り裂く世界最大長のアフリカ大地溝帯(東アフリカ地溝帯)が南北に走る[44]。この南端にはアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山(5,895m)があり、これは他の五大陸最高峰が非火山であるのに対し唯一火山活動で形成されたものである[44]。大地溝帯には複数の火山や東アフリカ大湖沼群[45]があり、西側で接するエチオピア高原などの高地部分にもニアムラギラ山(en)ニーラゴンゴ山などの活火山[44]ヴィクトリア湖などの古代湖が残る[45]。しかしアフリカ大陸全体で、標高500m以上の領域は半分程度に過ぎない。理由はこれも大陸移動が関係しており、アフリカはパンゲア大陸の中心部として移動した距離が短く、山脈が形成されにくかったことが挙げられる[39]


注釈

出典

  1. ^ Gudmastad, Ericha (2013年). “2013 World Population Data Sheet (PDF)”. www.prb.org. Population Reference Bureau. 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ Composition of macro geographical (continental) regions, geographical sub-regions, and selected economic and other groupings” (英語). 国際連合. 2015年2月23日閲覧。
  3. ^ a b 「【アフリカ】」『広辞苑岩波書店、1999年、第五版第一刷、70頁。ISBN 4-00-080113-9
  4. ^ Visual Geography. “Africa. General info” (英語). 2011年3月1日閲覧。
  5. ^ a b Sayre, April Pulley. (1999) Africa, Twenty-First Century Books. ISBN 0-7613-1367-2.
  6. ^ WEO Oct. 2010 (PDF)” (英語). International Monetary Fund. 2011年3月1日閲覧。
  7. ^ The Oldest Homo sapiens” (英語). ユタ大学. 2011年3月1日閲覧。
  8. ^ a b The Berbers, by Geo. Babington Michell, p 161, 1903, Journal of Royal African people book on ligne
  9. ^ Itineraria Phoenicia, Edward Lipinski, Peeters Publishers, p200, 2004, ISBN 90-429-1344-4 Book on ligne
  10. ^ 鷹木恵子「地中海世界・アフリカ世界・中東世界の中のチュニジア」/ 鷹木恵子編著『チュニジアを知るための60章』明石書店 2010年 18ページ
  11. ^ 'Nile Genesis:the opus of Gerald Massey'”. Gerald-massey.org.uk (1907年10月29日). 2011年3月1日閲覧。
  12. ^ ランダムハウス英和大辞典「Africa」の項。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Jacobs, Louis L. (1997). "African Dinosaurs." Encyclopedia of Dinosaurs. Edited by Phillip J. Currie and Kevin Padian. Academic Press. pp. 2–4.
  14. ^ a b Genetic study roots humans in Africa” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  15. ^ Wet Weather. “Migration of Early Humans From Africa Aided” (英語). Science Daily. 2011年3月1日閲覧。
  16. ^ a b 門村浩/東京都立大学 (1949-2011)名誉教授. “アフリカの森の変遷‐長期の気候変動から‐”. 明治学院大学国際学部付属研究所. 2012年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  17. ^ Kimbel, William H. and Yoel Rak and Donald C. Johanson. (2004) The Skull of Australopithecus Afarensis, Oxford University Press US. ISBN 0-19-515706-0.
  18. ^ Tudge, Colin. (2002) The Variety of Life., Oxford University Press. ISBN 0-19-860426-2.
  19. ^ Ivan van Sertima. (1995) Egypt:Child of Africa/S V12 (Ppr), Transaction Publishers. pp. 324–325. ISBN 1-56000-792-3.
  20. ^ Mokhtar, G. (1990) UNESCO General History of Africa, Vol. II, Abridged Edition:Ancient Africa, University of California Press. ISBN 0-85255-092-8.
  21. ^ Eyma, A. K. and C. J. Bennett. (2003) Delts-Man in Yebu:Occasional Volume of the Egyptologists' Electronic Forum No. 1, Universal Publishers. p. 210. SBN 1-58112-564-X.
  22. ^ Diamond, Jared. (1999) "Guns, Germs and Steel:The Fates of Human Societies. New York:Norton, pp.167.
  23. ^ a b c O'Brien, Patrick K. (General Editor). Oxford Atlas of World History. New York:Oxford University Press, 2005. pp.22–23
  24. ^ Were Egyptians the first scribes?” (英語). BBC News Sci/Tech. 2011年3月1日閲覧。
  25. ^ Hassan, Fekri A. (2002) Droughts, Food and Culture, Springer. p. 17. ISBN 0-306-46755-0.
  26. ^ McGrail, Sean. (2004) Boats of the World, Oxford University Press. p. 48. ISBN 0-19-927186-0.
  27. ^ Martin and O'Meara. "Africa, 3rd Ed." Indiana:Indiana University Press, 1995. [1]
  28. ^ a b Historical survey > Slave societies” (英語). Encyclopædia Britannica. 2011年3月1日閲覧。
  29. ^ Robert Caputo. “Swahili Coast” (英語). National Geographic. 2011年3月1日閲覧。
  30. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.17-19、奴隷貿易、アフリカ分割を乗り越えて独立へ
  31. ^ Focus on the slave trade” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  32. ^ Transformations in Slavery:A History of Slavery in Africa p 25 by Paul E. Lovejoy
  33. ^ Jo Loosemore. “Sailing against slavery” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  34. ^ The West African Squadron and slave trade” (英語). Pdavis.nl. 2011年3月1日閲覧。
  35. ^ Simon, Julian L. (1995) State of Humanity, Blackwell Publishing. p. 175. ISBN 1-55786-585-X.
  36. ^ 地名の世界地図 (2000)、第8章、pp.190-193、勝手に線引きされた国境
  37. ^ Lucien Bély, History of France. Editions Jean-paul Gisserot. 2001. page 118
  38. ^ Ernest Aryeetey, Jane Harrigan and Machiko Nissanke, Economic reforms in Ghana:the miracle and the mirage. Africa World Press. 2000. page 5
  39. ^ a b レッカ (2011)、pp.20-23、アフリカの地形と気候
  40. ^ Lewin, Evans. (1924) Africa, Clarendon press.
  41. ^ a b (1998) Merriam-Webster's Geographical Dictionary (Index), Merriam-Webster. pp. 10–11. ISBN 0-87779-546-0.
  42. ^ Drysdale, Alasdair and Gerald H. Blake. (1985) The Middle East and North Africa, Oxford University Press US. ISBN 0-19-503538-0.
  43. ^ Atlas - Xpeditions @ nationalgeographic.com”. National Geographic Society (2003年). 2011年3月1日閲覧。
  44. ^ a b c 浜口博之. “日本火山学会第5回公開講座・1:アフリカの火山・東北の火山”. 京都大学生態学研究センター. 2012年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  45. ^ a b 武山智博/東北大学大学院理学研究科教授. “安定同位体を用いたダンガニイカ湖シクリッドの食物網の解明”. 日本火山学会. 2011年3月1日閲覧。
  46. ^ レッカ (2011)、pp23、ときには氷点下を記録する砂漠気候
  47. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.28-31、紛争によって国を追われる難民
  48. ^ a b c d 内田しのぶ. “アフリカにおける開発経済学 (PDF)” (日本語). 香川大学経済学部経済政策研究. 2011年3月1日閲覧。
  49. ^ 勝村務 (2006年). “世界経済論の焦点としてのアフリカ (PDF)” (日本語). 筑波学院大学紀要. 2011年3月3日閲覧。
  50. ^ レッカ (2011)、pp.244-245、第8章 北アフリカ 序文
  51. ^ a b IMF:World Economic Outlook Database” (英語). 国際通貨基金. 2011年3月3日閲覧。
  52. ^ The Global Financial Centres Index 9
  53. ^ 平成19年度の県民経済計算について (PDF)” (日本語). 内閣経済社会総合研究所. 2011年3月3日閲覧。
  54. ^ Richard Sandbrook, The Politics of Africa's Economic Stagnation, Cambridge University Press, Cambridge, 1985 passim
  55. ^ Human Development Report” (英語). 国際連合. 2011年3月1日閲覧。
  56. ^ 絶対的貧困と相対的貧困” (日本語). CSR Magazine. 2011年3月1日閲覧。
  57. ^ The developing world is poorer than we thought, but no less successful in the fight against poverty (PDF)” (英語). World Bank. 2011年3月1日閲覧。
  58. ^ Economic report on Africa 2004:unlocking Africa’s potential in the global economy, (Substantive session 28 June-23 July 2004) (Microsoft Word.doc)” (英語). 国際連合. 2011年3月1日閲覧。
  59. ^ Neo-Liberalism and the Economic and Political Future of Africa”. Globalpolitician.com (2005年12月19日). 2010年5月18日閲覧。
  60. ^ Capitalism – Africa – Neoliberalism, Structural Adjustment, And The African Reaction”. Science.jrank.org. 2011年3月1日閲覧。
  61. ^ Africa:Developed Countries' Leverage On the Continent” (英語). all Africa .com. 2011年3月1日閲覧。
  62. ^ Africa, China's new frontier” (英語). The Times Online. 2011年3月1日閲覧。
  63. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/5209428.stm DR Congo poll crucial for Africa” (英語). BBC News. 2011年3月1日閲覧。
  64. ^ China tightens grip on Africa with $4.4bn lifeline for Guinea junta” (英語). The Times Online. 2011年3月1日閲覧。
  65. ^ Ilmas Futehally. “The African Decade?” (英語). Strategic Foresight Group. 2011年3月1日閲覧。
  66. ^ 岡崎研究所. “中国がアフリカを新たに植民地化?” (英語). WEDGE Infinity. 2018年7月24日閲覧。
  67. ^ ハフポスト. “「アフリカの工業化」を打ち出した「中国の新戦略」への評価” (日本語). 2016年1月20日閲覧。
  68. ^ Africa Can Feed Itself in a Generation, Experts Say.” (英語). Science Daily. 2011年3月1日閲覧。
  69. ^ Nature laid waste:The destruction of Africa” (英語). The Independent. 2011年3月1日閲覧。
  70. ^ Deforestation reaches worrying level – UN” (英語). Africa News. 2011年3月1日閲覧。
  71. ^ Forests and deforestation in Africa – the wasting of an immense resource” (英語). afrol News. 2011年3月1日閲覧。
  72. ^ Terrestrial Ecoregions – Madagascar subhumid forests (AT0118)” (英語). National Geographic. 2011年3月1日閲覧。
  73. ^ Africa Population Dynamics”. 2011年3月1日閲覧。
  74. ^ The World Balance Population” (英語). Western Kentucky University. 2011年3月1日閲覧。
  75. ^ Kingsley Kobo. “Africa's population now 1 billion” (英語). Africa News. 2011年3月1日閲覧。
  76. ^ 梶茂樹/京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授. “共生社会を生きるアフリカの言語と社会 (PDF)” (日本語). 大阪大学グローバルCOEプログラム. 2011年3月1日閲覧。
  77. ^ a b c 溝口大助 櫻井義秀 ・平藤喜久子(編)「アフリカの宗教」『よくわかる宗教学』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2015年、ISBN 9784623072750 pp.106-107.
  78. ^ a b c d レッカ (2011)、pp.84-85、アフリカ宗教分布MAP
  79. ^ レッカ (2011)、p.86、シャーマンと呪術
  80. ^ Regional overview on sub-Saharan Africa (PDF)” (英語). 国際連合教育科学文化機関. pp. 1. 2011年3月1日閲覧。
  81. ^ アフリカ開発のための新パートナーシップ” (日本語). 外務省. 2011年3月1日閲覧。
  82. ^ Web sites related to change for good in africa” (日本語). website.informer.com. 2011年3月1日閲覧。
  83. ^ The State of Food Insecurity in the World 2008
  84. ^ a b c d e レッカ (2011)、pp.26-28、不足する医療と増加するHIV感染者
  85. ^ 2008 Report on the global AIDS epidemic
  86. ^ a b c レッカ (2011)、pp.240-241、アフリカ料理MAP
  87. ^ レッカ (2011)、p.142、アフリカ音楽と楽器
  88. ^ アルテ (1999)、pp.42-45、第二章 美術史の時代区分と領域 Ⅱ.先史時代と古代 1.エジプト芸術
  89. ^ アルテ (1999)、pp.80-82、第二章 美術史の時代区分と領域 Ⅳ.非西欧の緒芸術 4.アメリカ、アフリカ、オセアニアの各大陸の芸術
  90. ^ 地名の世界地図 (2000)、第8章、pp.186-188、黒い人の国
  91. ^ a b c d e f g h i j k l アフリカ諸国における産業財産権の保護・活用状況、及びアフリカ諸国への知財分野におけるキャパシティビルディング支援のあり方に関する調査研究報告書 (PDF)” (日本語). 社団法人 日本国際知的財産保護協会. 2011年3月1日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アフリカ」に関係したコラム

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アフリカ」の関連用語

アフリカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アフリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアフリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS