アケビ 近縁種など

アケビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 16:17 UTC 版)

アケビ(木通[3]、通草、山女、𡚴 、丁翁)は、アケビ科蔓性落葉低木の一種(学名: Akebia quinata)であるが、アケビ属(学名: Akebia)に属する植物の総称でもある。山野に生え、茎はつるになって、他の樹木などに絡みついて生長する。果実は甘く、秋の味覚を代表する。本記事ではこの種の方を扱う。


注釈

  1. ^ 山形県や新潟県などでは「木の芽」と呼ぶ。

出典

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Akebia quinata (Houtt.) Decne.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Akebia quinata (Houtt.) Decne. f. polyphylla (Nakai) Hiyama” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 12.
  4. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995, p. 121.
  5. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995, p. 118.
  6. ^ a b c 大嶋敏明監修 2002, p. 31.
  7. ^ a b c d e f g h i j 田中潔 2011, p. 86.
  8. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2012, p. 200.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 馬場篤 1996, p. 16.
  10. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995, p. 122.
  11. ^ 渡辺資仲「アケビ」『林業百科辞典』p7 日本林業技術協会 1984年
  12. ^ 池本敦「地域活性化を目指したアケビ種子抽出油脂研究会の活動」『ビックあきた』第300巻、財団法人あきた企業活性化センター。
  13. ^ 仙北の高級「あけび油」復活 100本限定で発売”. 朝日新聞 (2017年2月7日). 2020年4月29日閲覧。
  14. ^ 大塚敬節 『漢方医学』(第3版)創元社〈創元医学新書〉、1990年 (原著1956年)、229・238・253頁頁。ISBN 4-422-41110-1 


「アケビ」の続きの解説一覧




アケビと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アケビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アケビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアケビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS