ん 音韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 03:03 UTC 版)

音韻

現代標準語の音韻:日本語を母語とする日本語話者にとっては「ん」は1つの音、すなわち音素 /ɴ/ と認識される。しかし、実際の発音は次項で述べるように前後の音や速度、話者により、[m][n][ŋ][ɴ]、さらに鼻母音の一部 ([  ̃])、その他にも鼻音に関連した音が用いられる。どの発音を用いても意味上の違いは生じない。

「ん」の表記・発音例
(「ん」にあたるものは太字
平仮名表記 音素表記
(ん=/ɴ/
音声表記
国際音声記号
/kaɴpaɴ/ [kampaɴ]
まど /teɴmado/ [temːado]
/boɴtaɴ/ [bontaɴ]
のう /haɴnou/ [hanːoː]
/biɴkaɴ/ [biŋkaɴ]
ごう /siɴgou/ [ɕiŋːoː]
いち /keɴiti/ [keit͡ɕi]

音声学的記述

音声学上の実際の発音:前項で述べたように「ん」は様々に発音される[2]。 撥音は、基本的に後続音の調音が影響を及ぼす逆行同化によって、後続音と似た種類の音になる。[3]

  • 口蓋垂鼻音(ɴ)[4]
    語尾[5]、単発の場合口蓋垂を閉じて、鼻から音を出す。例)パン[paɴ][6]、本 [hoɴ][7]、ペン[peɴ] [8]、ん?
  • 両唇鼻音(m)[9]
    バ・パ・マ行が続く場合[10][11]口蓋垂と唇を閉じて、鼻から音を出す。例)パンも[pammo][12]、本物 [hommono][7]、安保[ampo][13]、鞍馬[amba][13]
  • 歯茎鼻音(n)[14]
    チ以外のタ行、ヂ以外のダ行、ニ以外のナ行、ラ行、ジ以外のザ行が続く場合[11]舌先を歯茎に当てて、鼻から音を出す。例)パンだ[panda][12]、ほんの [honno][15]、連帯[rentai][13]、貫通[kantsɯː][13]、散財[sandzai][13]、元来[ganrai][13]
  • 硬口蓋鼻音(ɲ)[16]
    チ、ジ、ニが続く場合[11]舌先を硬口蓋に当てて、鼻から音を出す。例)インチ[iɲtɕi][13]、珍事[tɕiɲdʑ][13]、参入[saɲɲɯː][13]
  • 軟口蓋鼻音(ŋ)[17]
    カ、ガ行が続く場合[11](イ、エに続く語尾の場合にŋとなることが多くある[8])舌根を軟口蓋に当てて、鼻から音を出す。例)パンが[paŋŋa][12]、マンガ [maŋga][7]、満開 [maŋkai][7]
  • 鼻母音(ã他)[18]
    ア、ヤ、ワ、サ、ハ行が続く場合[5]口と鼻から音を出す。例)パン屋[paĩja][12]、パンは[paũwa][12]、 線を [seẽo][7]、本を [hoõo][7]、天才、国産品

順序

  • 五十音順:厳密には、「ん」は五十音に含まれないが、通常は、「ん」を含めて五十音順とすることが多い。その場合には、「ん」は五十音の最後、第48位に置かれる。や行い段え段およびわ行う段を数に加えると51位、逆に現代仮名遣いで使われないを除くと46位となる。
  • いろは順: なし。第48位に「京」の代わりに置かれることがある。その場合には「」の次。

  1. ^ 坂口安吾新作いろは加留多
  2. ^ 日下部重太郎「字音尾ŋ,n,mの沿革如何」『音声の研究3』日本音声学会 昭和5年(1930年) 87頁。
  3. ^ 猪塚恵美子、猪塚元「日本語の音声入門 全面改訂版」バベル・プレス『日本語教師トレーニングマニュアル1』2003年 99貢
  4. ^ 口蓋垂鼻音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  5. ^ a b 猪塚恵美子、猪塚元「日本語の音声入門 全面改訂版」バベル・プレス『日本語教師トレーニングマニュアル1』2003年 98,101貢
  6. ^ 服部四郎「「ン」に就いて」『音声の研究3』日本音声学会 昭和5年(1930年) 41頁。
  7. ^ a b c d e f 言語研究の変遷 (tufs.ac.jp) p26 2021年8月7日回覧。
  8. ^ a b 猪塚恵美子、猪塚元「日本語の音声入門 全面改訂版」バベル・プレス『日本語教師トレーニングマニュアル1』2003年 101貢
  9. ^ 両唇鼻音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  10. ^ 平田鬼丸「国語の撥音」『音声の研究』4号 日本音声学会 昭和6年(1931年) 38頁。
  11. ^ a b c d 猪塚恵美子、猪塚元「日本語の音声入門 全面改訂版」バベル・プレス『日本語教師トレーニングマニュアル1』2003年 98,100貢
  12. ^ a b c d e 服部四郎「「ン」に就いて」『音声の研究3』日本音声学会 昭和5年(1930年) 42頁。
  13. ^ a b c d e f g h i 猪塚恵美子、猪塚元「日本語の音声入門 全面改訂版」バベル・プレス『日本語教師トレーニングマニュアル1』2003年 100貢
  14. ^ 歯茎鼻音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  15. ^ 言語研究の変遷 (tufs.ac.jp) p26 2021年8月4日回覧。
  16. ^ 硬口蓋鼻音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  17. ^ 軟口蓋鼻音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  18. ^ 鼻母音とは - コトバンク (kotobank.jp) 2021年8月7日回覧。
  19. ^ 万葉仮名|国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典|ジャパンナレッジ (japanknowledge.com) 2021年8月1日閲覧。
  20. ^ 菩提点とは「空点」ともいい、梵字の頂部に点を打ち「ん」音を加える(例:ア→アン)。空点の下に「荘厳点」を添えることがあるが(音は変わらない)、この空点と荘厳点を合わせた形が「ン」と同じ形になる。片仮名が経典などの漢籍に読みを付けるため発明されたことを考慮すれば、片仮名「ン」の成立根拠として有力とすべきであろう。
  21. ^ 松村明; 今泉忠義; 守随憲治, eds. (1981), “国語・国文法用語解説「撥音」”, 旺文社古語辞典 新版, 東京都新宿区: 旺文社 
  22. ^ 外国の地名では撥音でb/m/pの前でmを使用ぜず、nを使用した表記が多く見られる。代表例として国名のデンマーク (Danmark) やミャンマー (Myanmar) 、スコットランド首都エディンバラ (Edinburgh) やオーストラリア首都キャンベラ (Canberra) などが正式な英名表記として採用されている。
  23. ^ コンビ名に「ん」、名前に「し」…人気芸人の名前に隠された“秘密”とは
  24. ^ 売れる芸人の名前にはジンクスがあった!最強の名前を持つお笑いは誰だ!?
  25. ^ 広辞苑、こんなとこも変わってた 校閲記者の視点でチェックしました
  26. ^ 石塚秀雄「平安時代における仮名表記の諸問題-『土佐日記』を資料として」(教育総合研究 : 日本教育大学院大学紀要 2, 145-153, 2009-03)






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ん」に関係したコラム

  • 株365の税金は

    株365で利益を得た場合には確定申告をして税金を納めなければなりませ。課税方法は申告分離課税で、税率は利益の20%になります。申告は、会社勤めをしているサラリーマン、主婦、フリーターなど、職業を問わ...

  • 株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違い

    日経225miniは、大阪証券取引所(大証)の取り扱う先物商品の名称です。ここでは、株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違いについて解説します。▼取引期限株365では、取引期限はあり...

  • FXやCFDのZigZagでダブルボトムやダブルトップを見つけるには

    FXやCFDのZigZagとは、直近の高値と安値を直線で結だ線のことです。主に相場のトレンドを知る時に用いられます。ZigZagでは、特に計算式を用いることはありませ。まず、異なる日付の高値と安値...

  • 株365の取引をシミュレーションするには

    株365を取り扱う証券会社では2012年9月現在、株365用のデモ口座を用意していませ。そのため、事前に株365の取引を体験することができませ。しかし、東京金融取引所では株365のWebサイトで実...

  • FXやCFDのシャンデクロールストップとは

    FXやCFDのシャンデクロールストップ(Chande Kroll Stop)とは、テクニカル指標のATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)を元にしたテクニカル指標のことです。シャンデクロールストップは、...

  • FXの三尊とは

    FX(外国為替証拠金取引)の三尊とは、釈迦三尊の並びのようにローソク足が並でいる状態のことをいいます。ヘッドアンドショルダー(head and shoulder)ともいいます。三尊は、三尊天井と逆三...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



んのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS