わいせつ わいせつの概要

わいせつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 10:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概説

日本では犯罪類型として、刑法第2編第22章の「わいせつ、強制性交等及び重婚の罪」(刑法174条刑法184条)において規定されている。

これらは、保護法益の観点から、公然わいせつ罪刑法174条)・わいせつ物頒布等の罪刑法175条)等については公衆の性的感情に対する罪(社会的法益に対する罪)に分類されるのに対して、強制わいせつ罪刑法176条)・強制性交等罪刑法177条)等については個人の性的自由・性的自己決定権に対する罪個人的法益に対する罪)に分類される[1][2]

両者はわいせつの概念が異なっており、例えば、強制的にキスをする行為は刑法176条にいう「わいせつな行為」として強制わいせつ罪を構成しうるが、夫婦が公衆の面前においてキスをする行為は刑法174条にいう「わいせつな行為」として公然わいせつ罪を構成するわけではない[1]

刑法においてわいせつな行為とわいせつ物(行為の模倣)とが厳しく区別されずに扱われていることに対する批判もある(丸谷才一編『四畳半襖の下張裁判・全記録』朝日新聞社1976年)。

刑法において、従来は「猥褻」と表記されていたが、1995年平成7年)の刑法の口語化改正により「わいせつ」と表記が改められた[3]

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

関連項目




  1. ^ a b 林 2007, p. 87.
  2. ^ 西田 2018, p. 74.
  3. ^ 梶木 & 河村 2013, p. 6.


「わいせつ」の続きの解説一覧




わいせつと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「わいせつ」の関連用語

わいせつのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



わいせつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわいせつ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS