もつれ雲 もつれ雲の概要

もつれ雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/01/06 12:15 UTC 版)

濃淡さまざまな夕方のもつれ雲
略記号 in
雲形記号
変種 もつれ雲
高度 5,000~15,000 m
特徴 もつれた筋のような形状
降水の有無 あり(尾流雲
  
複雑に絡み合ったもつれ雲

学術名"intortus"は、ラテン語で「撚り合わさった、ねじれた、曲がりくねった」などの意味があり、これに因んで名付けられた。

この雲は、上空の風が弱いときにできやすい。風が強いときには、巻雲は引き伸ばされて、一定の方向を向いて毛状雲鉤状雲となることが多い。しかし、風が弱いときには、上空の風が乱流ぎみになる(風向きが小刻みに変わりやすい)ため、引き伸ばされても雲の筋がまっすぐではなく、分岐したり曲がりくねったりして、地上からはもつれたような形に見えることが多い。また風が弱いと、高度によっても風向・風速が変わり、地上からはさまざまな向きの巻雲が見えるので、これももつれたように見える原因である。

この雲が見られた後は、晴天が続くことが多いとされている。

出典

関連項目




「もつれ雲」の続きの解説一覧



もつれ雲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もつれ雲」の関連用語

もつれ雲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もつれ雲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもつれ雲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS