へうげもの 登場する名物・業物

へうげもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 08:46 UTC 版)

登場する名物・業物

作品中には名物にまつわるエピソードがあるが、虚実ない交ぜである。

茶釜
  • 平グモ(ひらぐも) - 爆散する際に織部が蓋のかけらを集め、修復して使用した。
  • 八角釜(はっかくがま)
  • 宗達平釜(そうたつひらがま)
  • 藤波平釜(ふじなみひらがま)
茶入
  • 九十九髪茄子(つくもなす) - 茄子形の茶入天下三茄子のひとつ。アニメ版では付藻茄子(つくもなすび)。
  • 新田(にった) - 肩衝形の茶入。天下三肩衝のひとつ
  • 初花(はつはな) - 肩衝形の茶入。天下三肩衝のひとつ
  • 楢柴(ならしば) - 肩衝形の茶入。秋月から受け取る際に織部が蓋をすり替えた(その後、高山右近に譲渡)。秀吉と決裂した際に利休が故意に落として割るなど天下三肩衝の中では波乱の運命をたどる。
  • 朝倉肩衝(あさくらかたつき) - 肩衝形の茶入
  • 珠光小茄子(しゅこうこなす)
  • 万歳大海(まんざいたいかい) - 大海の茶入
  • 勢高肩衝(せいたかかたつき) - 肩衝形の茶入
  • 円座肩衝(えんざかたつき) - 肩衝形の茶入
  • 青木肩衝(あおきかたつき) - 肩衝形の茶入
茶碗
  • 志野茶碗(しのぢゃわん) - 美濃の窯大将が作った茶碗
  • 荒木高麗(あらきこうらい) - 大名物の染付茶碗
  • 唐物熊川形青色茶碗(からものこもがいなりあおいろぢゃわん)
  • 黒茶碗(くろぢゃわん) - 千宗易の依頼で長次郎が作った今焼の茶碗
  • 大覚寺天目茶碗(だいかくじてんもくぢゃわん)
  • 高麗茶碗(こうらいぢゃわん)
  • 松本茶碗(まつもとぢゃわん)
  • 引拙茶碗(いんせつぢゃわん)
  • 珠光茶碗(しゅこうぢゃわん)
  • 霜夜天目茶碗(しもよてんもくぢゃわん)
  • 織部十作
茶杓
  • 珠徳の茶杓(しゅとくのちゃしゃく) - 珠徳作の茶杓
  • 珠徳象牙茶杓(しゅとくぞうげちゃしゃく) - 珠徳作の茶杓
  • 竹茶杓(たけちゃしゃく) - 茶杓
  • 泪 - 利休が切腹前に使用し、織部に託した
  • 玉ぶりぶり - 有楽斎が国外追放となる高山右近に渡そうとしたが蹴返されたことから命名
  • 玉すべり - 織部が大坂の陣で竹を物色中に(柳生宗矩の配下に)狙撃されるが、太陽光が織部の禿頭に反射して狙撃者の眼に入ったため、弾道がずれて一命をとりとめたことから命名
火箸
  • 鉄羽の火ばし - 文字通り火箸
  • 高麗火箸(こうらいひばし) - 火箸
  • 紹鷗鉄火箸(じょうおうてつひばし) - 火箸
花入・花生
  • 砧の花入(きぬたのはないれ) - 花入(今で言う花瓶
  • 蕪無花入(かぶらなしはないれ) - 花入
  • 貨狄花入(かてきはないれ) - 花入
  • 古銅花生桃尻(こどうはないけももじり) - 花生
  • 瓢形青色花生(ふくべなりあおいろはないけ) - 花生
水指
  • 芋頭の水指(いもがしらのみずさし)
  • 生爪(なまづめ) - 伊賀焼の水指。上田が再三所望していたが、薩摩行きの謝礼として織部が「生爪を剥ぐような思い」で譲り渡した
  • 破れ袋(やぶれぶくろ) - 伊賀焼の水指。二種類あり、それぞれを織部が大野兄弟に譲った
掛軸
  • 馬麟の雀絵(ばりんのすずめえ) - 馬麟作・雀が描かれた絵の掛軸
  • 牧谿の夏椿図(もっけいのかちんず) - 牧谿作・椿の絵の掛軸
  • 空海千字文軸(くうかいのせんじもんじく) - 空海が書いた掛軸
  • 流れ圜悟(ながれえんご) - の禅僧圜悟が弟子に与えた印可状が、偶然日本に漂着したもの。伊達政宗から持主の商人・谷宗卓に対して譲るよう要求されていたが、織部(と、古渓より後の大徳寺住持である春屋)の介入により裁断して分け与えることとなった。この結果、宗卓の手元に残った分は文章としては不完全だがの掛軸とするに丁度良い幅のものとなった。
その他
  • 蘭奢待(らんじゃたい) - 香木
  • 関の孫六兼元(せきのまごろくかねもと) - 業物の刀
  • 南蛮漆器蒔絵箱(なんばんしっきまきえばこ) - 小箱
  • 尼崎の天目台(あまがさきのてんもくだい) - 天目茶碗を置くための台
  • 七台(ななつだい) - 天目台
  • 松島茶壺(まつしまちゃつぼ) - 茶壷
  • 三日月茶壺(みかづきちゃつぼ) - 茶壷
  • 落葉の大壺(らくようのおおつぼ) - 壷



注釈

  1. ^ 史実での妻は黒田氏の娘だが、本作では織部の義弟説を採用している(へうげもの公式facebookより)。
  2. ^ 作中に明記はないが、史実では宗和の父・可重は長近の養子、母も他家の生まれの女性であるため、長近と宗和との間に血の繋がりはない。
  3. ^ 高山右近に譲ってもらった代物。
  4. ^ 原作者側の強い希望による人選とのこと(へうげもの公式facebookより)。
  5. ^ ソフト版では藤城の再録版が収録されている。
  6. ^ 2011年6月に小林が死去したため。
  7. ^ 作中では諡号での呼称はない。
  8. ^ 『モーニング』2012年9号より引用。関が原の合戦で日和見をする小早川秀秋の説得に向かうため古田織部が投石器で打ち上げられるシーン。
  9. ^ 『モーニング』2007年49号より引用。秀吉が諸大名に金配りをする内容だった。
  10. ^ 逮捕された小菅も含めて2012年に再結成され、活動を再開した。 - cro-magnon公式サイト「profile」

出典

  1. ^ a b c 型破りな茶人・古田織部の生き様描く、山田芳裕「へうげもの」完結で候”. コミックナタリー (2017年11月30日). 2017年12月1日閲覧。
  2. ^ 芸術新潮』2007年4月号 speak low 山田芳裕「織部は茶席でギャグを狙っていたと思う」P148
  3. ^ 本格歴史長編ギャグ漫画『へうげもの』完結にファンから悲しみの声続出”. ダ・ヴィンチニュース (2017年12月3日). 2018年2月4日閲覧。
  4. ^ 単行本巻末での公式設定。以下各キャラクター同様。
  5. ^ へうげもの公式facebookより
  6. ^ へうげ山田×細川護煕、数奇者対談がモーニングに”. コミックナタリー (2010年4月8日). 2018年2月4日閲覧。
  7. ^ 【へうげものグラビア】細川護熙元首相×山田芳裕、数寄者剽軽放談!(PDFファイル)(モーニング公式サイト)
  8. ^ マンガ料理、ありマス。無限のレシピ(2010年10月16日放送) Archived 2012年3月5日, at the Wayback Machine.
  9. ^ Twitter 2014年4月21日閲覧
  10. ^ 参考:桑田忠親「古田織部の茶道」
  11. ^ 作品情報と試し読み へうげもの
  12. ^ 講談社モーニング公式サイトへうげものの一覧」 2015年12月22日閲覧.
  13. ^ メンバー逮捕のクロマニヨンが解散(日刊スポーツ、2011年5月2日)
  14. ^ 2011年6月13日22:49の発言
  15. ^ quasimodeニュース2011年6月9日(EMIミュージック・ジャパン公式サイト)
  16. ^ cro-magnon、発売中止「へうげもの」コラボ盤ついに登場”. 音楽ナタリー (2012年6月26日). 2018年2月4日閲覧。
  17. ^ NHKアニメワールド 「へうげもの」織部・大数寄・コレクション Archived 2012年3月5日, at the Wayback Machine.
  18. ^ 平成24年 秋季堺文化財特別公開 Archived 2016年3月31日, at the Wayback Machine. - 社団法人堺観光コンベンション協会
  19. ^ 「へうげもの」と堺の文化財公開展がコラボ、装飾バスも - コミックナタリー







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「へうげもの」の関連用語

へうげもののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



へうげもののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのへうげもの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS